アニメコミックなどの表現規制問題についてのページ 


最近の表現規制反対運動が、完全に間違った方向に
向かいつつあるので書いているページです。
All Texts by Kohji Molimoto
( 現在、児童ポルノ法改正案の単純所持禁止法案について を書いてます。)


Google+とBlogger(Blogspot)に17個近く偽ブログを立てられて削除してもらっています。(詳細。必読。)
15個は削除してもらいましたが、まだ残っています。盗撮画像+コラージュに、個人情報さらした上で、
本文を無断転載、本文に合わない暴力的な文章タイトルを無断で付けている狂った偽ブログです。
同人誌やコスプレイベントの悪質スタッフのシンパが立てているようですが(僕をナチ呼ばわりするので)、
まだ、犯人は逮捕できていません。それ以前の問題なので。(2014_6/29 5:40 JAPAN TIME)


◎ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120423-00000033-flix-movi
  DVD「ドラえもん」が回収・交換へ!「児童にはふさわしくない言葉が書き込まれている」

  ていうか、実際こういう遊びを昔の原画マン(だろうと思う)がしてた事は事実なんだろうけど、いちいちそれを小学館などに通報する事が果たして正しいのかという事はある。DVDを回収して交換するには当然版を新たにしたマスターを作らなければならないわけで、そこには莫大な損失が生じる。版を新たにするだけならともかく莫大な費用が無駄になる(パッケージそのままなら中身の交換だけで済むわけだが)
  で、そういう損失を出してまで交換をして誰の何の特になるのかという事だ。ていうか、ドラえもんというのは漫画で、漫画の本質は手塚治虫氏やトキワ荘系ほか当時の漫画家劇画家が言う通り、基本的に「風刺」だ。PTA(親の意見含む)に単純におもねるようになったら終わりだと思う。(おもねるなら終わりとは言ってない。「単純」におもねるならば終わりだ。と言っている)
  ていうか数年前のドラえもん最終回同人誌問題でも思ったけど、あの同人作家の作った最終回は結局ファンとしてはほぼ理想的な最終回だと思う。それを使って彼が商売したのはとがめられるべきだが、あの作品の完成度は高いわけで、何より僕が子供の頃ドラえもんファンだった者として疑問視しているのは、今回の声明の 「『ドラえもん』は、世界中の子どもたちに夢と希望を届ける作品です。これからも皆様のご期待に応える、魅力ある作品をお届けできるよう努力してまいります」の部分もそうだと思う。
  いつまでたっても成長しないで、たまにすごい事もやるけれど、基本的にだめ人間ののび太のダメさを見て笑う作品を数十年も続けて、当ののび太をかわいそうだと思えないなら、それは絶対に病んでいる。送り手の傲慢だと思う・・・・・・って、そこは今回の騒動とは関係ないか。

 いずれにしてもドラえもんってのは小学1年生以上、小学6年生までの連載作品であって、基本的にその範疇の子供に届くべきものだ。6年生で連載されていたドラえもんが表現していた内容とか心情とかリリシズムみたいなものは高度だったし、そのイマジネーションと繊細なセンチメンタリズムみたいなものが子供に影響を与えた部分も多分にある。

 ていうか小学校高学年〜中学高校生向けで連載されてたエスパー魔美のテレ朝アニメ版もバストトップ全消しアニメで、なんだかなぁだったけど、本質的にエスパー魔美のアニメ版の問題点は、アニメ設定の顔や体が下膨れで身体デッサンがなってない点なんだよね(これは友人高畑のデザインにも顕著なんだが。)  デッサンがなってないから、「何故魔美の父が魔美をモデルにし続けるのか」の表現にすらなってない。漫画版だとこれは素直に魔美と父親が受け継いでいるフランス人の血がそうさせているのだと直感できる。魔美の父親は自分と魔美に継がれているフランス人の先祖の血も、魔美の中に見ていて、それで将来に血をつないでくれる未来ある娘としての魔美を少女像に描いている、わけで。
  ていうか、アニメ版魔美の一番の問題点は、「魔美がエスパーだとばれたら、魔美は殺されたり実験台にされるかもしれない」という恐怖感が希薄な点だよね。これは原作初期の70年代には現実的だったんだけど、アニメ化された90年前後だとあまり注目されなかった点だ。
  魔美のパパにとっては、フランス人のご先祖が受けた魔女狩りの話は、祖母から聞いたリアルなのであって、またパパの母親(魔美の祖母)もハーフとして苦しんだりしたろうし(それは戦争前後でそういう時代だったから当然。しかし時代の共通認識が今では通じないからこの辺は平成の子には解らないかもしれない)。
  つまり魔美のかわいさ美しさ綺麗さ少女さを描く事は、魔女狩りを体験しそうになった先祖やパパの母親を<差別した人々>との、パパの戦いでもあるんだろう。表面的には魔美への愛だけなんだけど、パパの画業は戦いの上になりたっている。
  そういう画業のパパを藤子F氏が何故描いたかと言えば、それは当然、そういう魔女狩りのない世界であって欲しいと、藤子F氏が思ったからだろうし(あー、やっとつながった!)、そういう画家やモデルの少女たちへの偏見がない世の中であって欲しいと願ったからだろう。
  男を故意にたぶらかすふしだらで悪い女は魔女って事で差別されても仕方ないかもしれないが・・・・・エスパーだからとか画家のモデルだからとかで差別されるんじゃ、悲しい世の中でしかないもんな(嘆;)。で、小学館は最近どちらかというと魔女狩りに寄ってるんじゃなかろうかと。差別寄りになってるんじゃなかろうか。違う?
  あぁ、いくら書いてもダメなもんはダメか。理解してもらえそうにないや。ファンの私見だもんな。
  (ふしだらで悪い女や風俗嬢AV嬢が平然と子供作ってPTAになっても、純粋な感情の発露としての少女絵画少女写真のモデルの少女は差別される、と。差別対象逆だろって感じだが。本筋外れてる?)
  ・・・声優さんには頑張ったから文句言わないけど、横沢さんの声は僕は合ってないと思った。つまり原作を表現しきれているかどうかには元々疑問があった。(ていうか僕は魔美は高畑とは結婚しないと思うよ、うん。)
  時代とともにアニメ製作会社の表現性ってのは、あがってきたり部分的には落ちてきたりで、それは原作者が作っているそのままのアニメではないんだから仕方がないが、ドラえもんで重要な部分に風刺があるのは事実なんだから。風刺って、世間の風潮をちくりと刺す事でしょう。言葉狩りと同じ風潮に乗るだけで、回収交換みたいな損害出しても仕方ないだろと思う。
  件のカット、アニメーターは当時の性教育風潮を風刺したのかもしれんけど。僕は別に性教育低年齢化(まぁ、小学校4年以上位)しても構わないと思うし、亡くなった藤子F氏も問題ありとは思ってないと思う。ドラえもん原作内で何回のび太がしずかちゃんのお風呂場でバッティングしたかって事で・・・。
 
  (でも、反差別主義者がみんな正しいかといえばそうではなくて、「人と人の違いすら無視して均一化しようとする共産主義や社会主義や全体主義」の反差別政治運動がその世界では強力だったりする。それはそれで間違いなんだが。それぞれの違いを認めず、「人間みんな同じだ」「だから俺達はどんな女ともセックスする権利がある(これはAVか。AVの裏にも反差別政治運動が隠れていたりする時がある)」ってのは乱暴すぎる)

 「サイボーグ009」の完結編のコミック版も小学館のネットで連載が始まったんだが、あれで最終ストーリーとしてみんなが納得できるのかは解らない。小説版も含めて、おそらく一つのイベントみたいなものだ。僕的に「超銀河伝説」と「時空間漂流民編」があれば、それでラストという考え方もあるし、大体僕は「神や天使を敵にして云々」というストーリーにはあまり乗れない(わざわざ敵に「メサイヤ」なんて名前をつけて戦ってるゴーバスターズとか、ノレないしなぁ)。でも自分は天使たちにも009たちにも共感はできる。せめぎあいの中で作品を見て行くだけなんだが、果たしてその「見るだけ見てみたい」という気持ちに応えうる作品なのか?ってそれは本当に見てみなきゃ解らないでしょ?
  オリジナルのプロダクションの弟子に当たる人物が作っているから評価しうる作品なのか?それは全くもって解らない。1話目を見るならば小野寺原作で同人誌を作ったようだという意見が出ても仕方ない。それは息子さんの小野寺氏の小説版も同じで、僕は一応80%の評価はしているけれど、支持者が少なかったからか(1巻では009出てこないしなぁ)今年まで2巻目刊行に時間がかかったみたいだし。
  描かれないからいいんじゃないか?ってのもあるのかもしれないし、そればっかりは見てみないと解らないんだが。
  これがオリジナルだ、という感覚というか、なんていうのかな、作者の送りたかった作品と、作品に対してファンや他人(送り手内すら)の持つ総合イメージってのは、多分違うんだよね。子供向けアニメかくあるべし、を送り手が追求していて、作者の死後の追従作品が正しい結果になるかってのは、誰にも判らない。

  あと僕はコンドームについての教育を小中学校でするのは普通だと思うけど。親がコンドームやペッサリーを持っていて見つけた子供が質問するなんて事、普通のウチではそんなにできないだろうし。
  いずれにしても公の学校教育の順序をそのまま追った性知識の付け方をアニメや漫画でトレスしても仕方ないと思う。
  まぁ、90年代の小学校の「小学5年生」「小学6年生」は性教育って意味では相当頑張っていたと思う。それも時代の推移で学年雑誌そのものがどんどんなくなってしまった。小学館もよっぽどPTAによるバッシングに苦しんだんだろうと思うけれど、負けちゃったのかな、とは、なんとなく思う。でも時代の推移に負ける事が正しいってわけでもないだろう。僕は90年代の「小学6年生」の努力は正しかったのではと思います。(2012_4/24)




◎ http://www.kotaku.jp/2012/01/katawa_shoujo_released.html
  登場人物が全員身体障碍者の恋愛シミュレーションゲームというのが海外で出来たらしい。
  自分はそういう作品を基本的には否定したくなかった。交通事故など不慮の事故で身体的ハンデを持ったり、生まれつきハンデを持っている人はいるわけなので。そういう恋愛シミュレーションもあるべきだとは思う。僕は基本的には身体障碍の人を差別はしたくない。(僕を攻撃してくるような連中がそうだとしたら別だが)ていうか・・・例えばアビーとブリトニーだって差別とか出来ない。彼女たちは将来記念像を作られたっていい子たちかもしれないと思ってる位だし。
  けれども、僕の事を以前から攻撃してきたのは例の最大規模同人即売会の猟奇18禁同人誌で四肢切断だの内臓露出だの猟奇的内容を描いて作品内で少女キャラを泣き叫ばせてきたような連中とそのマニアたちだ。彼らの猟奇的残虐精神は、僕や家族にとっては恐怖に値する。
  つまり、キャラがそういう悪質趣味者たちの性欲の捌け口になり、いけにえになってしまうのであれば、仮に良心的感性から作ろうとしている作品だとしても、意味合いを失ってしまうのでは?と思う。これは文字通りの「怖れ」で、そういう目的でこのゲームが日本で流行化してしまうなら、それは日本の18禁ゲームオタクだの18禁同人オタク達の低劣さを、世界に見せ付けてしまう事になってしまうからだ。
  ・・・実は自分が中途まで描いた「Vampir」という作品(NBT16のパイロットシュリアが主人公の作品)は、人工的に戦争の道具として作られたパイロットであるが故に、人工的にろうあ者として作られ、ネオナチから脱走してから山岳地帯でおばさんとハイジ状態の生活を送っていて、そこに男の主人公エドー(ボゴバロックの元パイロット)がやってきて同棲を始めるという話だった。(未完成前半はIGに送った事ある)。
  いわば軍国主義の暴力によって、ろうあ者にされた女性パイロットと青年の恋愛を描こうとしたのだが、ネオナチは扱うは障碍者問題は扱うわで、重いテーマで自分自身が気鬱気味になってしまい、しかも世の中の状況はそういう物語を書こうとするときつい時代に突入してしまったので、いまだ未完って事になっていたりする。ていうか、自分の内の中では彼らカップルの勝利で完結してしまってるので、自分以外に見たい人がいないなら、あえて形にする必要もない、そう思ったから隔筆した。判らない奴には判らせる意味もない、当然の事でしかないから。
  なんでこんな事を書いたかっていうと、障碍者だのナチス的ファシズムだのの難しいテーマの作品を描くなら、その公開ルートは絶対に注意すべきだし。(例えばナチスのどこが悪いと思っているような例の即売会では同人でも売りづらい、むしろ売れない。)。他人の作品と混同されて評価されるような販売スタイルでは、誤解を受けて危険な筈なんだよね。報じられたゲームも、異常系18禁ジャンルも売っているダウンロードソフトサイトで流すのであれば、現在のその手のソフトブームのユーザーの目に触れる事になる。
  このゲームも同じで、余計な誤解や、悪質な虐待趣味の人々のプレイを避けるためには、徹底してその国のサーバーでその国のプライドでゲーム頒布すべきなのではないか?っていう気がする。
  しかし、今回報じられたゲームのタイトルが「katawa shoujo」なのを考えると、自分にはそういう偏見をなくそうとするゲームだと思えなくなってくるのも事実だ。普段の生活でそんな呼び名は日本で使わないんだから。使うとしたら罵倒時だけじゃん。「君はか●わ少女だね」なんて、面と向かって言う奴いるか?いるとしたら屑だろ。あと、なんで色々ハンデキャップばかりの少女キャラを揃えなきゃならないのか?その少女キャラで、なんで普通色々目移りする「恋愛シミュレーション」をしなけりゃならないのか?テーマは深いのかもしれないし、ハートフルな話だってあるだろうけど、ハンデある女の子キャラばかりををくるくる変えるようにシミュレーションってのは・・・普通の恋愛ゲームの中にハンデ持った子がいるだけじゃ駄目なのか。
  ここで僕が何を不愉快に思ってるか、判らない人には何を言っても判らない。僕も、批判云々以前に相手を理解できない。ていうかリンク先にも批判文結構ある。
  この企画に日本人が関わっているのが歴然なら、僕はやっぱりこの作品を認められないと思う。でも、日本でのか●わが悪い意味でしか使われてない事を知らずに、海外でスタッフが真剣に真摯に作ったなら、このゲームは見る価値あるのかもしれない。判らない。 (2012_1/21)


◎ ていうか、今年は色々製作面で本気になりたいのでこっちを更新してもと思うんだけど、色々とこの世には「タイムリミット」ってのがあるらしく(特に僕の体力的に)、書きたかった事は書いてみてもいいか、って事でよろしく。
  で、ここまでは主に男性向けの18禁同人誌などの問題について書いてきたんだけど、女性向けの18禁同人誌について書いてみる。いわゆるBLとか。(僕はホモじゃなくて、性的にノーマルなので了解宜しく・・・;)

  一般的に同人界で「男性向け」と書く場合は、「間違いなく18禁」で局部的な(棒線やモザイク入る)描写があるけれど、「女性向け」と書かれている場合は、かならずしも18禁というわけではないらしい。そしてほぼホモネタ。で、その中で局部的な描写が何割かにあったりで細分される。
  で、多分このページのテーマに即して書くならば、女性たちが描いている所謂ショタホモ(少年を性対象にしたやおい系)はどうなんだ?って事になるんだけど、実は大昔から女性同人誌サークルの方々の間でもショタ18禁嫌いの方々は存在していた。それこそ80年代にショタコンややおいという言葉が出来た頃から(正太郎コンプレックス。鉄人28号の金田正太郎が半ズボンなので半ズボンの似合う少年が好きな女性がショタコンと言われだした。)、少年をホモ18禁に出したりする漫画を描く人々は女性たちの間でも賛否両論だった。ていうか今はやおい系なんて一般商業誌にあふれているし、男の作家がショタホモ作品を描いているケースが、最大規模同人誌イベントのカタログなんか見てるとかなりあるみたいで、時代も状況も相当変わっている。
  自分は例えばガンダムキャラ同士のホモ同人だとかドラゴンボールキャラ同士のホモ同人だとかは(いや、フュージョンとかあるしなぁ・・・)苦手というか嫌いです。で嫌いと言ってしまうとまたその筋の女性達から、僕が総すかん食うわけでそれが難しい。やおい人口って実質最大規模同人即売会の来場客数の半数はいるだろうし。ぶっちゃけ、やおい系は最大派閥だから。
  今時「あさイチ」の有働キャスターもBL小説読んでる位なのだけど。BLゲームやBLドラマCDなんかでも有名声優の方々が男性キャラの声当ててたりするんだよね。「何故?」ってのに興味はあるわけだけど・・・多分BLゲームの場合、プレイヤーが全員女性だから、お兄さん感覚で夢を与えるのに徹して、演じられるってのもあるんだと思う。声優当人がゲイかどうかでは無くて。あたりまえだけど。
  で、女の子キャラでの規制論の場合、その「少女」は一体いくつからいくつまでだ?って次元の問題になるんだけど、所謂詭弁論の人たち(男女同じ)は、「少年相手にホモ行為をしててもそもそも法律で性交と認められないから」なんて言うんだよね。困ったもんだけど。それでも少年をBLに使う描写は相当減ってきていると思う。無言の規制推進だと思う。
  要するに「違法性の高い内容を描かれた作品を規制」という事になるなら、女性向けの場合は「少年に対する性的虐待」という事になる筈なんだけど、「女性向け」作品にはそもそも18禁との区別ハードルが低く(性交と法律が認めてないので法律を潜り抜けている)、そこで所謂「虐待」描写があっても、局部的描写がなければ全部潜り抜けるみたいなノリになったりしていた・・・ので、逆に女性達が慌てている状況が現在なんだけど。
  なんていうか、例えば原作「黒執事」なんかの場合、シエルとセバスチャンの間には愛とか全くなくて契約があって、つまり単なる目的果たすためのバディだから、バディものとして成立しているわけだけど(アニメラストでは本当に、バディ兼主従って感じになりましたが)、例えばシエルは絶対精神が折れないというか絶対負けないわけで。負けを絶対認めないキャラなんだよね。だから虐待にはなりえないんだけど、これがファンのやおい同人誌になると一気に児童虐待的になってしまう。その辺がなぁ、って事で。

  ただ、ホントに女性向けってのはジャンル紹介の単語の実質的意味からして違っているので、女性向けの同人誌はほぼ必ずホモなんだけど、綺麗な表紙だけ見てもノーマルカップルかホモカップルかわからないので、中古書店でもネットでも入手まで判らないのが殆どで、その辺はなんだかなと思う。表紙が男女カップルなので一般向けノーマル目当てなのにホモ本だったとか・・・あるんだよね;リサイクルショップのクレーンゲームで18禁PCゲーム取れるかと思ったら、袋開けたらやおいPCゲームだった・・・とか。専門店じゃなくて郊外の店だと、その辺いい加減なんで。
 例えば「陵辱BL」なんて紹介があったとしても、女性向けでは男性向けのように「四肢切断とかス●トロとか内臓露出」は無いわけじゃないですか。男性向けだと・・・特に陵辱系のPCゲームだと、その「陵辱行為」の結果、少女が死ぬなどの描写が、オリジナル二次創作を問わずにあるけれど(全年齢向け作品でも性行為と関係なしに少女が陵辱的に死んだりするが。exエロゲメーカー原作の魔まマ。けいおんエロ同人だと、唯を死(自殺?)に追い込んだ例の作品)、女性向けではそこまで行くのは少なくて(奴隷化位はあるんだが。あとPCゲームだと死亡バッドエンドがあるらしい)、特に若年齢層に対しては少ないみたいだ。
  例えば一般コミックやアニメのキャラを使った二次創作で、陵辱系BL化同人誌があるとしても、今BL作品は多くの出版社が出しているので、出版社がその同人誌を否定するってなかなか無さそうな気がする。(昔サ●デーがコ●ンのH同人誌に待ったをかけた事があり、あれは厳しいのではないかと思ったので一概には言えないんだが)
  で、その男性向け同人と女性向け同人への各出版社の対応の違いや、同じ紹介言葉(例えば「陵辱」)なのに内実が極度に違う状況が、またアンバランスな状態を生んでいて、ややっこしい。いずれにしてもBLマーケットがここまで拡大してしまっていて、女性向けPCゲームが声優界まで巻き込んでいる状態だと、女性向けは女性向けで大変なんだろうと思う。
  ていうか登場人物が成人会社員でも、BL(ボーイズラブ)なんだよね・・・「全部ボーイですから問題ありません!」なのだろうか?なんだかなw それが正しいわけがないけど、調査しようったって、大概断念だよね。
  少女性ってのは年齢じゃないとは、僕も思ってはいるけれど。
  僕は男なので・・・特定の男性や少年キャラを好きになった少女が、その少年のホモ化を願い、やおい同人を書いて満足し、次のキャラを見つけてやおい同人を描く・・・っていう現代やおいサークルの製作連鎖は、見ていてちょっと気に入らないです。
 (2012_1/10)

◎ 東日本大震災後、こちらのページの更新がおろそかになっていたので、色々とまたまとめたりページ分割したり色々してみようと思う。
  なんていうか、東京アニメフェア対ACEも震災でお流れになったようですが、実質的には、都側の勝ちです。ACEを立ち上げながらも開催できなかったK川は、体力不足で初回は義援金5千万円しか出せなかった(ヤフーの孫氏なんて個人で100億円だよ!ヤフーが1億。モバゲーが1億。K川ってその辺以下ですか。)、だけでなく・・・つまり都条例が7月の本施行を迎えた所で、「子供に見せるのは問題ありとして成人指定される書籍」などの指定数が少なければ、「何を反対してたんだろ?」って事で、事実上、都の勝ちって事にしかならないからです。
  ていうか最近多摩のリサイクルショップでエ●ァ2.2.2がエンドレスでかかっていて自分もつい見てしまったんだけど、やっぱり駄作だと思った。まぁ、自分のデザインがエ●ァに無断ネタ流用された( ここ と ここ と ここ など を参照の事。)からムカついてるのもごく一部あるけど、少年が少女を殺すとか殺害的描写とか死体損壊的描写とか精神症まがいの描写が多すぎる。何度も書くけれど、青少年以下が少女を殺すのかエ●ァに乗ってるが止められないとか、そういう描写は駄目だ。
  ていうか作り手が14歳の少女(レイでもアスカでも)に対して、変態性欲的破壊衝動を持っているのを(テレビアニメ版当時からそうですが)、エ●ァだのシンジだのに仮託してやらせてるだけなんだよね。2.2.2にしても「いやいやこれはシンジの乗ってるエ●ァというかダミープラグがやっている事ですから」みたいな表現なんだろうけど、つまりはスタッフ側の欲動の表現に過ぎない。ていうかアニメってそういうもんだ。
  そういう意味では鬱アニメで残虐描写ってのは、あれだよなぁと。ていうか俺はロリコンゲンドウは嫌いですよ。なんかどこぞの書店の社長と作り手自身がモデルなんだとは90年代から思ってるけど。まぁあの人ア●メックの当時から真性ロリコンでその種の発言連発してるしな。
  それはともかく、エ●ァの作品中には、悪質ロリコンの少女への破壊願望が色々な皮をかぶっている描写が本当に多々出てくるわけで(ロリコンの性欲ではなく、ロリコンの破壊願望だから困る)、それを少年少女へのジュブナイル風に提供しているだけだ、ってのが、作品作りとして卑怯というか、狡猾だと思う。僕はそういうアニメ作品は要らない。
  なんていうか電脳●園という脱がせ18禁ゲームを昔ガ●ナ系が作っていたんだけど、そちらに振っていた欲動までエ●ァが歪んだ形で引き継いでいる気がする・・・って事で。
    で、それを2ch削除人代表(元ガ●ナ)などが肯定したり、ガ●ナまわりの業界人までこぞってエ●ァ板使って「名作だキャンペーン」をやってるわけでしょ?工作員が多いと言われるまどかのやってる事って、つまりは昔からエ●ァ作品周囲の業界人だの編集者だの各ネット掲示板のスタッフがやってる事ですよ。下等極まりない。
  名無し掲示板を利用しないと残れないムーブメントならやめればいいのに、と客観的には思う。
  そんなアニメに出ている声優は恥ずかしくないのかとは たまに 思うけれど、後退不可能なんだろうから、仕方ないよね。
  僕に出来る事は阿呆業界に対して「メッ!」と怒るべき所で怒ってやる程度だ。
  僕はエ●ァは駄作だと思ってます。昔からそのスタンスは変わらないし、今後も全く、変わりません。エ●ァという作品は、僕にとっては下等です。
  劇場版エ●ァは子供に見せるアニメではないよね。規制すべきだと思う。バトルロワイヤルなどもあったけどさ、その辺の残虐描写なり点は早期、別条例なり法案の制定可決を求めます。 嫌いなものだとかどうこうではなく、少年少女が殺害的行為を犯す作品は作るのを自重すべきなんだよ。例えばまどかでも魔法少女が魔女になったら魔法少女に殺される、って描写があるけれど、エ●ァの「使徒は実は人間」ってのも同じ事だよね。
  なんていうか極力会話してわかりあえないのか、っていう。監督自体が’unknown ひでー悪意’って、未知の存在を悪意をしか認識しない駄目な人みたいだから仕方ないんだけど。  会話描写があるだけウルトラシリーズだの最近の仮面ライダーシリーズはましなんだけど、エヴァにはそれが無いでしょ?で、解り合えなければ殺すのか?って事で。
  ・・・あのね「君(スタッフ)には分かり合えないかもしれないけど、分かり合える人も他にはいるかもしれないんだから、君らごときが殺しちゃ駄目でしょ!!」っていうことなんだよ。「君らごときじゃ分かり合えないのは解る。でも殺しちゃ駄目」でしょ。警察だって殺人事件の加害者にそう言うよね?
  一般人にとって、ガ●ナやカ●ーやK川や2chやふたばをヒエラルキーの頂点にしているオタクとかが、もはやグロテスクな使徒そのものなんだって事が解らないのかな。
  グロだの残虐だの神経症的描写が過多のアニメや漫画やゲームに「感動」とか言ってる人々(エ●ァオタクとか魔まマオタクとか)がグロイって言われてるのがわからないのかな。
  上のような事を書かれたら「俺は嫌だ」とか、「要らないものなら消すと言うのはファシズムだ」、と言ってるオタクは多いけれど、エ●ァという作品の中でネ●フは何度もそういう決断を下しているわけで、そういう決断を正当化する作品は「やっぱり少年少女には見せるべきではない」って事なんですよ。下等には解らないだろうけど。
  なんども書くけど、この国には少年法ってのがある。少年法がある限り少年少女は犯罪犯しても名前は社会に出ないし減刑されている。でも例えば犯罪犯された被害者の気分は犯人が少年少女でも同じでしょ?・・・ 他のアニメでもそうだけど、少年少女が殺人と同等の行為を犯すのを「仕方なかった」と正当化させるアニメは、少年少女に見せては駄目だと思う。
  多分H描写規制とは順序が違うよ。本来エ●ァのようなアニメを先に規制すべきだった。声優さんには恨みないけれど、僕はそう思います。 (2011_6/5)
  P.S. ていうか、「未だにエ●ァは自分のパクリと言ってるキチガイ 2」(本来●なし)なんて叩きスレが2ちゃんねるに立っていたらしい。全く気づきませんでした。ネットに異常な叩き連中が増えるわけだ・・・。2スレッド目だからこの前に1スレッドあるみたいです。
  >1 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2009/12/22(火) 22:43:57 ID:???
  僕の誕生日の2日前にこういうのを立てるってのは明らかに嫌がらせだと思うんですが・・・。なんていうか、2chスタッフと各社プロ固定監修の元、1年半も僕をキチガイ呼ばわりしてたって、すごいなと思います。2chエ●ァ板はほぼ、版権元公認だしね。2ちゃん批判したガ●ナ別アニメ(グ●ンラ●ン)のスタッフが上から怒られて、取締り役まで交代って位だし。まぁあのアニメのスタッフは表番組のプリキュアのココ射殺漫画とか描いて、サイトに載せたりもしてたけどさ。業界って歪んでる。  (2011_6/5)


◎ まどか☆マギカの同人イベントが異常に巨大化し、サークル数が10倍の600近くに膨れ上がったらしく、しかもイベント数も増加の一途を辿っている。
  アニメとコミックでのマミの死は、特に首なし遺体をそのまま描くという遺体損壊の状態が少年少女にトラウマを与えたようで(テレビでも大画面テレビが多いので小さく描いたなど意味はなく、頭部を咀嚼した音が聞こえるという事で残虐表現であるのは変わりない)、1巻は完全に完売。秋葉原などでもキュゥべえの宣伝ポップが多目的に作られ異常に増加している。もはやこれはとどまる事を知らないだろう。
  自分はこういうムーブメントは不愉快に感じているけれど、それ以上に海外から見て「このアニメに人気の出る日本という国もオタクも怖い」と思われないか・・・というのが不安だと思う。
  日本のアニメを海外などから試聴している人々については、掲示板に極めて真っ当な感想を描いているらしいのだが・・・彼らの内心にどういうトラウマをこのアニメが与えているかは判らないので、自分はやっぱりこのアニメに対しては批判的態度をせざるを得ないと思う。   ただし、この件ではまだ僕(森本コージ)からは、会場側などに連絡もしてなければ中止しろとも言っていない。だから http://toki.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1298977852/696 に書かれているレス内容は、僕に猟奇マニアの攻撃の矛先を向けさせようとする悪質なデマです。ケンカ売ってるのかこいつら。
  イベントを直球で批判するのはやめようかと思っていたけど・・・考え方変えようか?ねぇ?
( 他、この件は 日記 にて。 2011_3/4)


◎ 90年代の表現の自由の運動でも活躍されている里中真智子さんでも各漫画家の方々でも、出版業界の人でもそうなんだけど、「規制があると表現の自由が規制されてしまう」とか「萎縮して新しい才能が育たない」とか言っている方々が多くいる。で、それはそれで正論かなぁとふっと思ったりはするけれど、はっきり言って漫画にも悪質な表現は多いわけで、そういう悪質な表現ってのを、どの程度これらの「所謂良識派の人気作家さんたち」は知っているのか?とも思ったりする。(ロリが悪質とは言わないけど、ロリ対象での残酷描写や汚物描写やDV描写はまずいと思う)
  例えば僕がネットで何を書いていても、たかが個人HPにも関わらず延々と2ch上で誤字や推敲途中の文が自動UPされてあげつらわれたりしているわけで、それらは確かに表現の自由に対して極端に圧力をかける行為である。当然ストーカーまがいなので彼らを許すべきではないとは思うが、そういう圧力をかけている側にはコミック出版関連やアニメ関連の人間もいるわけだ。アニメ制作や広報でも。猟奇描写のあるアニメ関連などが露骨だが。
  盗作批判に対してもそうだよね。アニメとコミックのメディアミックスは、発表時点でもう既にスポンサーなどかなりの所まで決まってしまっているから、アニメ誌に発表された時点で、もう放送など取り返し付かない状況にある。「盗作だから放送やめてください」とは言えないじゃないですか。それがアマチュアに対してやられた場合は、これはもう暴力まがいとしかいいようがないわけで。
  つまり。業界は自分たちのアニメが「これはちょっとひどいのでは?」と書かれると極度に批判者に対する叩きを行うとか、そういう事は放置している。それなのに「規制があると自由に描けない」などと言っているプロ業界というのは、贅沢というかなんていうか、ぶっちゃけおめでたいと思うよね。業界の倫理感が欠如しているのは事実なんだから、反論があってもごり押す、異論は認めない、ってのは・・・どうしようもないなと思います。 (2011_3/4)


◎ ていうか、アニメ関連のH描写ありのコンテンツだけど、地上デジタル放送のテレビとかって、CSの18禁放送を子供が見ないように家庭単位でテレビチャンネルをその時間だけブロックするなどの設定ってないの?俺てっきりあると思ってたんだけど。てゆーかこれ前からずっと言いたかったんだが(笑)
  もしそういう機能がついているなら、地上デジタル放送のオンエア情報にそういうヘッダをつけておいて、「小学生(小中学生)以下のいるお子さんがいる家庭はテレビなどをフィルタリング(なのか?よくわかんないけど)設定にしておいてください」と、テレビ放送で衆知を喚起すればいいだけだから、アニメのソフト自体には規制なしでも構わないって事になる。それって各家庭の問題だから。
  ・・・と、かなり前は思っていたんだけど、無理なのか?そういう話が最近出た事がない。デジタル放送時代になるのなら、それに応じた対処方法もあるべきじゃないだろうか?(2011_2/18)


◎ ていうか、FSSリブートについてK川書店の現社長I氏(元アニメック編集部)が某誌で書いていたんだけど、日記に書いた通りリブートは買いそびれた。
  メディアを使うK川と10社会の自己正当化主張にしてもツイッターでの主張にしてもそうだけど、実質的にそれにアニメファンやコミックファンは同調していくんだろう、とは思う。
  しかしそれはね、ファンが企業に「エンターテインメント」を提供されていて、企業を信じているからでしょう?楽しむ事を提供されている子供や若者達が、自分たちの事を信じているからって、それが絶対的に正しいとは限らないんですよ。必ず間違っているとは言わないけど、「業界やオタクの、ここは信用してもいいんじゃないか?」と「ここは必然性がないし全然ダメだろ。」とは、それはやっぱり都の判断だろうなぁ、と僕は思います。
  ていうかK川だってあの人のスタンスで動いているだけってわけじゃないだろうけどなぁ、なんていうかなぁ。ていうかI氏のツイッターによるとこの時期に社長のPC入れ替えしたらしく。
  なんだか激しそうですね。 (2011_2/17)
  P.S. ていうか。簡単に言って、今回の都条例はなんだかんだ言って、ちゃんと議決の結果でできた法案じゃないですか。反対主張はいいんだけど、10社会どころか出版社をまきこんで空気読め感覚でこういうボイコットをすれば、東京都も言う事を聞くだろうと?それで子供が納得するんだろうか?
  だったら議会制民主主義などを、大人が子供に教育しているのは一体なんなんだって事になる。それはさ、教育雑誌も出している出版社の場合、問題なんじゃないか?
  東京都やその外郭団体の枠組みにいる人々はボイコットしてくれないから我々がやる・・・ってのは一見正しそうには見えるが、そこまで嫌だというのなら、今までのアニメや漫画雑誌の乳首規制や性器規制そのものを、しなければ良かったんだよね。
  出版業界を国から独立させて一つ一つ規制を取っ払っていく、というのは、理想論ではありなんだけど。
  でも、その為には一出版社が主導している状態ではダメで、アニメやコミックを扱っている問屋があくまでも主導権を握らなきゃならない。それ以外の出版社は全部平等じゃなきゃならない。一社の意向に傘下が従うような形であっちゃいけないと思うよ?
  しかも、10社会がアニメフェア関連の決定に至るまで、最大規模同人即売会国際部スタッフの弁護士が主導している運動に乗る形になってきていたのなら、あれには賛同人に某ファシズム政治団体(●々団)の都知事選挙出馬者もいたわけだから、全体として絶対しゃれにならない扱いを受けるのは最初から解っていただろうに。
  何にしても東京国際アニメフェアだって血税でなりたってる部分はあるんでしょ?都との会話をさぼってきた結果で出版界総じて都民の血税無駄にさせます・・・じゃ、話にならないと思うんだけどな。(2/17)


◎ http://toki.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1296619382/
  【東京国際アニメフェア2011】TBSが「けいおん!!」「アマガミSS」出展
  http://toki.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1296656835/
  【東京国際アニメフェア2011】ビジネスデーのTBS出展予定から「アマガミSS」が消失
  という事で、このページに以前書いた意見どおり、大方の製作会社などは、海外マーケティングのためのビジネスデーには出展することが決まったみたいだし、見本市参加のアニメ会社もかなり多いので、いいんじゃないでしょーか?って感じ(^^)

  いずれにしてもA.C.E.と東京国際アニメフェアって、いい意味で競い合えばいいと思うんだが、そこまでの道のりは長いというか。4月を過ぎたら嫌でも青少年条例は施行されるわけで。実質的には意地を張る意味がなくなる可能性がある。施行されても指定される作品がほとんど無かったら、A.C.E.を別立てする意味がどれほどあるっていうのか?単に都を怒らせるだけじゃないか。
  正直、A.C.E.後の条例施行後も、アニメはともかく(これだけ深夜アニメにぼかしや霧が多いと「ともかく」としか言えない)コミック表現的状況が、以前とほとんど変わらないとすれば、K川が10社会を率いた意味なく東京国際アニメフェアに他の企業が戻っていく事も考えられる。もしくは2本立てになるというか。
  ていうかまた後で書くけれど、あえてエロ描写がほとんど無かった「けいおん!!」とか「ひだまりスケッチ」とか、規制があっても大丈夫なようにアニメを作ってたと思う。なんで国際アニメフェアボイコットさせるのか?って。なんのために規制対応できる内容だったのか?って。プリキュアなんかもそうだよね。ちゃんと後々の規制対応できてるアニメになっている。
  K川だの10社会だのが条例撤回を求めるのは別にいいけれど、「なるべくならこう運用してくれ」という要望を出した方が本来は受け入れられやすい可能性もある。
  ていうか最大規模即売会国際部スタッフの例の弁護士とかが、絶対に引かないスタンスを見せたから、都も完全に引かなくなっちゃったんだよなー、と思うんですが。
  なんていうか石原氏が再選されなければ撤回だ、と思っている人は多いかもしれない。けれども、石原氏が元々小説家で結構青春以上向けや大人向けの小説も描いているという事で残虐描写規制が後回しにされてるだけって事も考えられるわけで、要は都側としては、石原氏が抜けてから次の都知事の任期中に残虐描写規制に条項運用すればいいだけなんだよね。
  というか・・・僕も、都条例の提示している規制方法にも問題はあると思いますよ。で、なんで「そこ」(言わないけど)に誰も突っ込みを入れないんだ?と僕は思ってる。でも、別に僕が業界に味方されたわけでもないので、ここで言う気がないだけだけどね・・・(ハァー 馬鹿ばっかだな;
  条例は運用次第なので、僕はそのあり方がより正しくあるように望むけれど。ていうか、局部規制など、より大まかな表現規制をゆるくする方向に行った方がインターネット時代的には楽なんじゃないだろうか?ってその話題はこのページの一番下。
  いずれにしても、エロのないゆるーい萌えアニメまで一般デー参加しないさせないんだとすれば、アニメ会社自体が一般向けと18禁のコンテンツ分け主張を放棄しているようにしか見えない。 (2011_2/14)


◎ ていうか、ニコ動がスポンサーについているアニメは今後いろいろと物議をかもす事になっていくと思う。今の状態でも、ゾンビ系などの残酷描写やエロ系とニコ動アニメは切っても切れない関係になりつつある。ニコ動だのニワンゴのバックには・・・って話と、石原都知事関連の話題は、関係ありそうでなさそうでやっぱりありそうなのか。
  で、ニコ動で作られているMAD系パロディーアニメの著作権侵害などに、K川などがファン活動としての一定条件の容認を与える見解を出したのは、結構以前の事なんだけど。

  ニコ動での中傷が、代々木アニメーション学院の生徒を自殺させたという話があったが、たかだか一般人の批評なんて、結局その作家が好きか嫌いかなどでなりたってしまうものだし、2chでの同人批評ですら、単にその作品が「萌える」か「エロい」かで、ニーズに合わなければ「へぼ」と言われるのが通常だ。けれどもそれは論評にも批評にもなっていない。それをビギナーもアマチュアも知るべきだと思う。
  該当の生徒を「自殺に追いやれたとすれば嬉しい」などとあのニートなんとか言うセドリの人物は書いていたようだけど、彼はニコ動上層部と密接につながっているという説もネットには書かれているようで、だとすればニコ動とのアニメ会社のタイアップというのは、結局ニコ動と管理者側におもねる連中が、喜ぶ結果にしかならない。
  以下ニコ動と関係ない話題だけど、プロの某ヤマカン氏がやめるやめないとか言っているようだけど、プロですら鬱状態でそういう事を言い出す時代だから、創作系のアマチュアが苦しいのは尚更当然だ。
  (ちなみにヤマカン氏のアニメだが、フラクタルシステムがいかんとかなんとかで、自由を求めるだの言ってる連中が、銃撃で大量に人を死なせた描写には唖然とした。もともと重いテーマだし、社会主義だの共産圏だのの現状を思うとああいう描き方もありうるとは思ったけど、だからって年寄りを撃つ事が正当化されるわけではないので・・・なんていうのかな、絶対に正しいとは言えない事をやっている連中を、カッコよく見せたりロリ萌えっぽく見せるってのは、視聴者の若者に対して(特にコスプレイヤーなどに対して)良くないと思う。テーマ的に言いたい事は解るんだが。でもヤマカン氏がやめるとしてそれが正しいかどうか、ってのは・・・見ていて自分はなんとも言いがたい。)  (2011_2/14)


◎ 今日は色々と東京西半分を駆けずり回って疲れた。で、さっき帰ってきた所なんですが。都心のマニア向け店とか回って色々と買って、今日も一日満足だー、と京王線のあったかい車両でぐーぐー寝ていたわけですが。
  なんか話し声がしていて、目を覚まして聞いてみるとなんと目の前に立っていたのが、K川メデ●アワークスの社員だったらしい。2人の人で一人の人は五分刈りか七分刈りの水色携帯持った人で、もう一人はもう少し年上のおじさんという感じだった。
  http://www.tcpl.jp/news/2010/03/post-76.htmlで書かれている「魔法のiら●ど」の吸収合併の件なども話していた。
  で、まぁなんていうか、彼らが話していた会話を聞いた所、なんか買収が上手く進まないって話がちらっと聞こえてきたので、まだどっか買収される気配である。(違うのかな、今の買収が上手く進んでないって事?まぁどっちの可能性もあるね)
  なんか「「魔法のiら●ど」でも充分なんだけど、もっと自由に色々やれる自由度が欲しい」っていう感じの事を言っていた。うーむ。
  「自由」。まぁ今回の都条例改正の事と考え合わせるなら、深いなぁ、とは聞いてて思った。
  で、まぁ僕とK川関連とのエ●ァがらみの事(ここここ)などは(知ってる人は知ってるわけだが)置いといて(笑)、あえてフレンドリーに「自分オタクなんですけど(笑)、メデ●アワークスの社員さんなんですかぁ?」と聞くと「はい」という感じだったので、ちょっと簡単に、K川書店の現社長とか今回の東京アニメフェア不参加のことについて簡単に質問を聞いてみたら(K川現社長の元の会社の話題や、1年前に徳間が不参加になってたことと関係はあるのか?など)、「いやそれは知らない」とか「判らない」とかいう答えだった。まぁ電車の中だからそうだよね、というか実際知ってるか知らないかも判らない感じだった。K川現社長の昔の話は実際知らないんだろうって感じだったが。時代も変わったよねぇ(まぁどう見てもその五分刈り氏は僕より若かったし)。その後二人は調布など別々の駅で降りていったみたいですが。
  「頑張ってくださいね」とは言っておいた。彼らも頑張るだろうが、どうせ僕も頑張るだろうし、それでいい。
  ・・・で、二人が下りていった後で自分が思ったのは、やっぱり今回の千葉の幕張メッセの「アニメコン●ンツエキスポ」ってのは、K川のグループだか流通経路だかなんだかで傘下に属している各社など、グループパワーを使ったやり方だと思うわけで、それによって「東京アニメフェア」が窮地に到っているのなら、それはどうなんだかなぁ、という事で。
  グループの上が不参加表明したら、他も全部不参加なんだろうか?傘下の会社は自由意志でアニメフェア参加するってきつそうじゃないですか。まぁ「表現の自由の為に」とかお題目があったらあえて参加する必要を感じてないのかもしれないけれど。
  青少年条例改正で総すかんを都側が食っているのは事実だけど、企業グループのパワーで都の姿勢(一応合法的条例可決)に対して強硬手段を取れるという事は・・・・・・それはつまり、(同人か否かを問わず)アマチュア作家など、後ろ盾を持たない個々人に対してもかなり強気に押し切れるという事で、僕はアマチュアリズムを考えるなら、当然、危機感を感じる。つまり、個人潰しが簡単にできる状況を作ってしまってる、ってことだからね。
  例えば最大規模即売会のスタッフのデマで、自分が色々コスプレイベントや同人イベントに行き辛い状況になってしまった事は事実だし。そういう事は起こるじゃないですか。
  企業グループが「自由」にできる状況を買収で作るという事は、その分でどこかを圧するって事でもある。それが悪い方向に個に行かない事を願わずにいられない。
  確かK川関連はニコ動などでのファンアニメなどの一部著作権を今後認める方針だという報道も流れた事があるけれども。僕はニコ動嫌いで、Youtube派だしなぁ。
  いずれにしても(その社員がそういうグループ傘下に他会社を納める作業に携わっているかは知らないが)、まぁ、今回のアニメフェアとコン●ンツエキスポ発生の顛末を見る限りでは、なんだかなぁ、という気がする。
  あんまり今回みたいなやり方してると官公庁に嫌われるんだけどなぁ。大麻で逮捕された元社長(最高裁有罪で服役しても容疑否認しつづけた人、映画監督に復帰)の件があるから、ただでさえ警視庁だってそういう目でK川を見てるわけだし。あんまり都とか敵に回さない方がいいと思う・・・関係ないって言ったってグループ企業だって事は今回のアニメフェアボイコットの仕儀で丸判りだし(爆笑)。
  それに都だの官公庁を敵に回して、余計にK川漫画家作品が条例で成人向け指定受けないなんて保障はないし!
  ていうか、自分のような悲しい悲惨な思いをする奴は、もう若者からは出て欲しくないからね、業界の悪しき慣例に業界自身が気づいているんだかいないんだかは判らないけれど、その辺が自覚できていないんだったら(自覚できているんだったら別に構わないんだが)、僕はやっぱり都の側についた方がいいんじゃないか、って気がする。K川なんて所詮一例。
  まぁ、この位の書き方なら、別にいいでしょう。うん、一番上以上の話題は聞いてない。寝てたから。どーでもいーや。
  いずれにしても、うーん・・・って感じだったわけですが。どーでもいーや。 (2011_1/23)
  P.S. ていうか、業界全体のシェアの事まで言っていたわけだけど、それが巨大であるかのように言っていた限りじゃ、僕がK川側につく必要性必然性は一切無さそうだ。
  ま、僕は東京アニメフェアの側につこうかな、と思う。コンテンツエキスポの味方は多そうだし、アニメフェアの味方の方が、甲斐あるかは判らないけど、やり甲斐はありそうじゃん?


◎ ニコニコ動画マニアが代アニ生を自殺に追い込む
  代々木アニメーション学院の生徒が、ニコニコ動画ユーザーに自殺に追い込まれたらしい。
  で、この自殺に追いやった連中とされる人物に、もしかしたら僕も攻撃されているかもしれない、と思い、
  中傷したユーザーのトリップの「◆LIuJMgzRRY」と、僕のHNの「れくと森本」で検索してみたら
  長期僕を攻撃している嘘つき=f●x_zeroのページ(説明)が、1位に検索ヒットしているために
  自分的に、現在混乱しています(検索結果画像)
  ちなみに自分は、ニコ動嫌い(管理人が嫌いだし)なので、ニコ動のアカウントは取っていません。
  あと、僕は2ちゃんビューアー(●)も使ってません。モリタポも買ってません。念の為。

  で、こういう中傷というのが結局「人権擁護法案」に反対した2chの連中の守りたかった「表現の自由」だと思うわけです。極めて下等。
  実質的に2ちゃんでもニコ動でも、管理人や支えている体制は一緒だから似たようなものなんでしょうが。
  死のうかどうしようか迷っている人間に対して「死ね」などと追い詰める行為を行う、そういう「表現の自由」を彼らは常に守りたいんだろうなと。で、正義ぶりたいんだろうなと。

  で、そういう下等な連中が常に偉そうにしているのがネット界だったり業界だったりするわけですが、ニコ動でこういう事をやらかすやつが出ているにも関わらず、
  ニコニコとつるんで「うまみ」を得ようとするアニメ漫画業界もあるわけで、それはどういうものなのかよ?君らって下等? って気がします。
  例えばK川などの業界はニコニコのMADを認める方向性のようですが、オリジナルで頑張っている若者を叩きまくって自殺に追い込むような奴のいる動画サイトと、業界がつるみ続けるのはどうかと思うわけです。
  こういうのを容認している動画サイトとつるんでこれからもアニメを作るようなら、そりゃあアニメ界が政治から援助など一切打ち切られていってもしょうがないだろうな、と。
  ニコ動って政治家子息がからんでるんでしたっけ?言っちゃなんだが、そんなのもう関係ないでしょ。これからは、社会的に、オタクムーブメントの中で何が行われているか?というリアリティーが全てを決めていくだけだ。

  例えば・・・ここからは一般論になるんだが。
  アニメ漫画や玩具やゲームの、作品批評とか論評や研究ってさ、論評者のバックに例えば最大規模即売会系とか特定業界系があれば、それが正しいとかみんな思ってるのかな?思ってたら下等だよね、と。
  例えば最大規模同人即売会は、彼ら自身の主張(著作権違反的なものでも表現の自由だと開き直るような)に疑問符を投げかけるような人々は、最初からサークル参加させていない。コスプレ風俗店参加に不平を言うような人々は、落とされたりしているしね。
  つまり、あそこに出ているサークル群は、初めから「最大規模即売会の主張に異論を唱えないサークル群」で最初から固められているのであって、
  同じ事が2ch同人イベント板にも言える。あそこの旧名は「特設●●ケ板」つまり最大規模同人即売会とのタイアップ板だ。同人板も同人イベント板も、つまりは最大規模即売会の中のスタッフとそのシンパによる情報操作が行き届いている。
  だから、2chで語られている、○×作品同人誌の優れている、いない、なんてのは、要は最大規模同人即売会寄りの「派閥」によってゆがめられた評論で批評だ。つまりそれは特定の、極めて世の中から見れば取るに足らないレベルの、派閥の人々の論説に過ぎない。 
  これはニコニコ動画でも全く同じ事で。
  (何で他のイベントだと上手い下手が話題にならないかというと、ビギナーがいて当然だし、中小規模以下のイベントだと外周サークルのような完売即売れサークルも少ないので、プレミア同人で金儲けする奴らも最初から来ていない。商業論理で下手だなんだと論評する奴が最初からいないという事だ。
  つまり同人作家のビギナーレベルすらろくに知らない、ぬるめのオタクがネットで屑な論評をしているという事。特に同人作家は本来商業作家とは違う筈なので、テクニック論が良し悪しではない。ぶっちゃけその人らしければそれでいいのだ。)
    サークルとして出す出さないでいうのならば、「即売会が出す出さないを選別した作家・サークル群」だけを、上手い作家として、オタクたちが認識している今の現状は、極めて異常なわけですよ。
  たかがその程度のレベルの連中の発言が「2ちゃんで書かれているから」って、特定のビギナー作家に実力があるかどうかを断じようとするのは、最大規模即売会のシンパの連中と、それにおもねるクズ共だけである。
  で、それの主たるものが2chやニコ動でビギナーの作品の論評を続けている「ゴミ屑共」なんだよね。
  ていうか別にそれは業界も同じ事なんだが。ぶっちゃけ業界も同レベルの下等なクズである。
  日記にも書いたけれど、村上隆の美少女絵はコミック業界的には大した事ないかもしれないが高値が付く。それは買う側が何がしかの価値を見出しているからで。つまりジャンルを問わなければ絵的問題は別に大した事ではない。それを問題だと思うのは商業論理だ。

  ・・・自分も作品けなされたり家族に狙撃予告されたりしてきてるしなぁ。相手側につながりがあるのかと疑う。何で?
  狙撃予告がf●x_zeroかは判らないけど、僕の本名がkohji_morimotoなので、こうもり男(=バットマン)に例えられる事があるらしく
  以前、叩きのf●x_zeroは、ブログプロフィール画像を、ジョーカー(バットマンの両親を殺した奴)の写真にしたりしてたので。
  ていうか、こいつは僕が紹介しているレア玩具(店頭展示品みたいなものなど)について、嘘だとかなんだとか書いていますが、実物が実際に玩具工場の作ったものではないなんて証拠を出した事は一切ありません。「表向きに出ている情報以外は全部嘘」と言えば僕を追い詰められるからそう言っているだけです。それもドグマなんだよね、所詮。
  まぁここまで僕が叩かれてても事実を言わない玩具会社は玩具会社でヘタレだとは思うけれども、f●x_zeroの場合は極度に悪質で、玩具話題を叩きに利用しているだけなので、何を言っても無駄。

  このf●x_zeroなる人物の事は、当方の悪口を言うだけでなく彼が実家周辺にまでやってきて
  近隣の児童服店まで撮影し、同ブログに載せるなどの威圧行為を行った為、既に当方が地区警察に相談済です。  (2011_1/14)


◎ ちょっと出版社に電話をかけて聞いてみた所、「東京アニメフェア2011」には
徳間書店も学研も参加しないらしいです。なんかここまで来ると深刻だなぁと思う・・・
ていうか、徳間書店の場合は、昨年の段階から出展していないらしい。
(続く 2011_1/7)

◎ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101221-00000018-mantan-ent
  ><都青少年育成条例問題>アニメフェア「実行不可能な事態」事務局の日本動画協会も“反旗”
  ていうかこれも遅すぎるんだけども。大体において、コミック分野でも出版取次関連とか書籍流通関連が動くのが半年遅い。条約改正数日前になって表立って動くとかどんなだよと思う。
  裏に何がいるか判らないような同人系の反対運動にまかせっきりにしてたの自体が馬鹿だ。あきれ返って物も言えない。
  つまり、表現の自由とかを本気でアニメや出版関連が大事に思っているのなら、乳首規制とかそういうのを「最初からしないべき」だったのであって(僕らは反対だったが。人間は哺乳類なんだからさ。爬虫類とか両生類じゃ無い)、そういう各規制方針にその都度乗って来たこと自体が、今回の条例制定にまで到ったんだし。まぁあれだね。乳首を見せないというテレビ東京規制なんてものがあったから、ここまでPTA組が調子に乗ったんだとは思うが。だから今回の法令でも、残酷描写は規制しないが、軽いHですら規制される、なんて変な噂になって業界もファンもひっちゃかめっちゃかになっている。
  「(性)暴力的なので、この表現はいくらなんでも子供に見せるのはまずいんじゃないか?」と、業界内に自浄努力をする動きが最初からあれば、こんな事にはなっていなかった。
  ただ、まぁ遅すぎるとは言え、とりあえず今の方針的には正しいのかもしれないんだが。
  「アニメでも何でもキャラクターってのはまず人の裸ありきでそこから服着せて描いていくのが普通だから、なんでもかんでも服を着せろっていう方針は、アニメの作画法自体を規制するものではある。」などと、僕なんかは思う。これも実際に絵を描いてる人なら普通に言える反駁だったわけだが。
  「子供が判断力がないというが、大人や親の方が駄目だ」とか「大人や親が共働きで子供をろくに育てようとしないから、子供の良心すら育てられない(※過去比) 。各家庭の事情の為に表現のあり方まで揺り動かしてどうする!!」とかね。いくらでも反駁の手はあった。
  ・・・・反対の方法は僕もいくらでも持ってたわけだけど、それを反対連中に教えなかったのは、結局反対運動の連中が、僕を攻撃しているような最大規模同人即売会系のいかがわしい奴らで占められてたからだし。要は主導権握ってるのが、実際には漫画や同人をろくに描いてない連中やエロ漫画系の連中だったからこうなったわけで。いずれにしても極端主張ばかりが反対してたから。普通の青少年向け漫画を描いている人々が主導権を握ってないから負けたわけでしょ?
  まぁ、「最大規模同人即売会系の反対運動じゃ、全然駄目」っていう「現実」だけが、ちゃんと通ってくれれば僕はそれで良かったわけだけど。実際あいつらは全然駄目だった。表現を守るにあたって何の役にも立たない。

  で、今後の話なんだけど、要するに都側が「例えば単に乳首見えてるだけだったら規制は要求しません」とか、「Hシーンも恋人同士とかだったら規制しません」とか、「絶対に規制しない表現法」を、都が提示していないのが混乱の原因になっていて、これは完全に都の側に問題がある。反面、大御所の作品は規制しないとか、馬鹿じゃないかと思う。
  で、(これも遅いんだけど)書籍流通と出版界と漫画家と都が、顔をつき合わせて「これは絶対規制しない、これは絶対規制する」っていうルールを決めて、最初に出す事だと思う。
  あと、10歳以上向けとか、13歳以上向けとか、15歳以上向けとか、そういうのを先に雑誌やコミックの表紙や裏表紙にちゃんと提示して販売する。都(などの地方自治体)に決めさせるより先に、書籍流通側で決めていく。それをやらずにだらだら構えてたのが今回の結果を招いたんだから。出版社側が先手打たないから馬鹿なんだよね。
  そうしない限り「東京アニメフェアは開催できない」(つまり中国韓国アニメの勝ち)というのであれば、都の側が責任持って交渉するべきだ。「今の共産党的な中国のアニメ」が世界流通で勝つなんて「あってはならない」事だから。
  ていうか、「自分の過去の表現も忘れた都知事らが作ったような、こんな条例一切無視する!!」とアニメ界出版界がいうのであれば、それはそれでいいんだよね。つまり、乳首規制など最初からの規制を全部やめて強硬手段=規制解除に出てしまえばいい。それでも僕は多分、残酷や陵辱などの内容には反対するし、一定の内容規制は必要だと思うけど。
  ただ、コミック・アニメにおける、強制的な規制解除を、全流通で最初からする能力が大人たちに最初からあったなら、18禁系やグラビアの局部全解禁も簡単に出来てた筈だしね。それを一斉にできるだけの連携力が出版界やアニメ界にあるとは、僕には到底思えない。あいつらナマケモノだからね。  (2010_12/22)



久しぶりにアニメやコミックなどの表現規制問題についてまとめてみます。
(今の時点では日記ページに書いた文をまとめてこっちに移しただけの状態ですが・・・)
久しぶり、と書いたのにはわけがあるのですが、その事は今ははしょります。
(91年の頃に、コミック規制問題があった頃、ペンネームで都議会の方に行って色々渡したり、
テレ朝の某ニュース番組に対して色々送ったりした事もあります。
(今にして思うとろくでもなかったのですが。
 でも昔の僕がやったような事を今の若者もやってるのだなぁと思います。自分もまだ若いけどね)

最初に書くと、自分は多少の規制はあっても仕方ないと考える立場です。
特に異常趣味系の18禁コミック、同人誌には反対の立場です。性暴力(特に残虐)描写も苦手。
児童ポルノにも基本反対。でも芸術の裸体表現には賛成で、現状の局部規制には反対です。

法律や条例が最適の方向に向かえばいいと思いますが、難しいですよね。

その点、最大規模同人即売会やその関連の人たちのように規制絶対反対の立場ではありません。

特に僕は、異常系(四肢切断(だるま)や猟奇、汚物系や陵辱拷問系や強姦輪姦系など)には反対なので、
以前都産貿を追い出された異常趣味同人即売会と対立して、シンパたちに名無し掲示板で袋叩きにもあいました。
http://www.policejapan.com/contents/news/20080827/index2.html でAと書かれている被害者が自分です。
(※ポリスジャパンの即売会関連の記事群(ここから参)は、ぬるいオタクは「判ってない」と思うかもしれませんが、
 実際には結構まっとうな所を突いていたりします。)

以下はオール必見かと思われます。
http://www.policejapan.com/contents/news/20080827/
http://www.policejapan.com/contents/news/20080903/
http://www.policejapan.com/contents/syakai/20080717/

また、異常系反対が理由で、
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1193201668/
=「森本●●を自殺に追い込むスレ」等のスレッドを、当時以前から立てられ続けてきています。


最近の日本における色々な規制について、自分の思う事をまとめていくだけのページなので
規制問題についてわからなければ、むしろ他のサイトを見ても構わないのですが、
各サイトが相当に『表現の自由』だけを主張してヒステリカルになっているので、
こんな自分のページでも、見てから色々考えてみて欲しいです。
多分自分の意見って、他人とかなり違ってますので、客観的に読めば結構面白いと思います。
現時点では単なる日記の移動ページですが、その内ちゃんとさせます。 ( by LX=1224 )

(※時系列で読みたい人は下から順番によろしく。
 あと、都条例改正のみについて書いている気はないので念の為)






◎ ずっと思っているんだけど、「18禁(18歳未満購読禁止)」と「18歳以上向け」とは違うと思う。
  というか「禁ずる」と「向ける」とは違うと思うんだよね。「向ける」は積極的じゃないですか。
  自分が書いてるものは大体いつも14〜5歳以上向けのような気がするけど、ならこのサイトが「R禁」か?というと違うと思うし。
  「対象年齢」は「メインターゲット」という事で、でも「禁ずる」というのは「作品を読んで理解できる最低年齢未満に対して」なんだよね。
  この辺を主張すれば、「絶対規制しなきゃならない作品」と「別に規制しなくてもいい作品」を分ける事ができるのではないかと思う。
  自分的にはやっぱり「青少年向け」を描きたいような気がするんですが。

  例えば僕を攻撃している叩き側には、自分と同世代前後の連中も23歳以上の連中もいる。で、彼らは時に僕の書く絵や物語の「表現」を叩いたりしてますが、総じて彼らは精神的に「汚れた大人、もしくは汚れたおっさん」であって。
  「玩具ジャンル」で僕が書いている対象と、「表現ジャンル」で僕が書いている対象は、最初から全然違います。
  僕は汚れた彼らを対象には作品を書いていない。最初から。だから彼らが理解できなくても仕方がない。
  (僕を攻撃している玩具オタクにも、不倫したり離婚したり結婚しているのに風俗行ったり しているおっさんはいるけれど、
  青少年に不倫おじさんや風俗おじさんはいないじゃないですか?当然ですが)
  僕の表現に共感したり理解できる人ってのは、多分何がしか、汚れていない人なんだと思う。
  いずれにせよ、なんていうか、H系で「18歳以上向け」は書きたくない。でも個人的に「18禁」は書いてもいいような気がする。玩具紹介とかだったら別に同世代以上向けでもいいかと思う。
  ものすごく微妙な心理が働いている。(2010_12/21)
  (P.S. で、世の中の「女性向け」に何でホモ系表現が入っているのか?ってのも疑問。みんなで言葉の使い方を間違ってないだろうか??)
◎ ていうか条文は通ってしまったわけで、自分的にはこの先(都条例に関しては)、使い方が大事だと思うんだけど。
  都側も、PTAの意見はしょせん意見であって「親の立場」。本来漫画を見る見ないは子供の自由なんだけど、
  子供の心を親が育てるってのも大事だ。でもそれをさぼる親も多い。ていうか親が違えば価値観違うし。
  ぶっちゃけ、今の子供の心を正しく育てているのは、親じゃなくて、
  「平成ウルトラマン」や「平成ライダー」や「プリキュア」(の前は「ナージャ」「どれみ」とか)だったりする。
  「ドラえもん」とか「ポケモン」とかさ、全部そうだよね。
  今は土地ごとの共同体が崩壊しているかわりに、子供の心を育てている共通のものがそこに存在している。
  親の教育じゃなくて、それらの作品の方が子供の心を育てているかもしれない。それは事実なんだから、
  もっとそういう作品が教育してきた子供たちの事を、信じてあげてもいいんじゃないか、って気がする。
  そうあってくれ、と僕もずっと願って、日記で子供番組の感想などを書いていたのだし。

  要は、アニメやコミックってのは、子供も大人も見れる、テーマ性の深い作品もちゃんとあって、
  そういう作品を見た子供が、ちょっと年齢層高めの作品にシフトしていくわけだから、
  その時に妙な方向には行かないようにする為には、子供が見て心(優しさでも正義感でも)を育てられる作品を
  ちゃんと子供に見せたり、子供と一緒に見てあげる方がいいんじゃないか?ってのが、僕の今の意見です。
  ウルトラマンやライダーのソフビを見て、違うライダーなのに「一杯持ってるでしょ?」って言う大人がいる。
  違う。全部違う。子供が欲しい怪獣ソフビがあるなら、その怪獣の出てきたウルトラの話数を、親は一緒に見るべきだ。

  「アニメやコミックや特撮が、子供の心を育てている」って事実を、大人はもっと信じようよ。ね?
  僕だったら自分に子供が生まれたら、自信をもって「平成ウルトラ」や「平成ライダー」や「プリキュア」をすすめられる。

  これって偽善?本気で率直な意見なんですが。 ( 2010_12/19)


◎ ていうか、自分としては正直ライトH系でも18禁エロ系でも、局部規制とかは馬鹿げてると思うタチです。
  欧米では丸見えが普通だし。インターネット的にも欧米サイトはそのままだし。日本が極度に遅れてて未開なだけ。
  そういう意味での規制じゃなくて、猟奇殺人描写とか暴力描写とかそういうのを規制すべきじゃない?と思ってた。
  エロ系で猟奇や暴力描写が多くなったのは、局部描写が規制されているから、
  その代替物として残酷なエロ描写が多くなってしまったのであって(そうしないと興奮しないから)
  未開ゆえの暴力が、日本国内のH描写につきまとっている、という単にそれだけの問題だと、僕は思う。
  性暴力すらね、日本では島国根性なんだよ。いじめが流行るのと同じ。
  いじめの対象が異性ならレイプや輪姦になっているだけだから。それが見えてないなら規制も意味ない。

  そういう意味では局部解禁後初期の米国のX−ratedものなどが、レイプや残酷描写を避けようとしていた風潮もある。
  だから、性描写についてのみ規制しようとした今回の青少年条例改正案は本当は納得いかない。
  「性・暴力」では、「性」ではなくて「暴力」が問題なのだし。
  暴力を賛美する作品だったら、漫画でも小説でも自分は等しくダメだと思います。
  性的快楽を手に入れるために「暴力」を使うというのが、安直である、ってのが言いたい事なんだよね?
   (2010_12/19)

◎ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101215-00000050-zdn_n-soci
  >東京都青少年健全育成条例改正案、成立 本会議で可決

  文面としては通った、って事で。みんな大騒ぎしているけれど、あくまでも文面なんだよね。
  異常系18禁の連中に叩かれてきた自分としては、本当は18禁の方で規制があるべきだと思ったけれど、
  結局のところ、青少年少女の見る範囲だけで規制の有無を決める結果になりそうだ。
  運用したい側の人に、僕は率直に疑問があるんだけど。
  「子供の見るエッチマンガ」って、この世に存在してはいけないのかなァ?

  自分はあっていいと思うし、子供にとっての性的興味ってのは、人間が生き物である以上、あって当然だと思う。
  それを否定するような条例は、基本的人権保護の観点からも本来あってはならない。
  けれども、この条例が作られるに到った背景は「同じ人間にしてはならない人権蹂躙的感情」を
  子供や青少年少女に見せつけない為だから。相手を不幸に追いやって良しとするような、時には死に到るような。
  特に低劣な表現から規制するという順番を間違えてはいけないと思う。
  そういう意味では「太陽の季節」も問題作だったので(低劣と言うのは妥当でないにしても)、
  若者に対しては規制されるべき、って意見はありうるとは思う。
  (※登場人物で女性が死んだりしているのと、とりあえず影響を受けて「太陽族」まで生まれたりしていたので)
  だったら「出版界は石原都知事の作品を今後は18禁指定にさせていただく」というべきだったよね。
  ていうか可決数日前に東京アニメフェアボイコットとか言い出しても遅すぎる。

  色々疑問のある条文ではあるけど、理想的な形で最低限に運用をとどめていくしかない。
  何度も書くけど、近親相姦によって生まれた子供は、この世の中に目立ってなくとも存在するし、
  彼らへの差別や、従兄妹従姉弟結婚への差別にもつながりかねない今回の条文は疑問だ。
  生まれてしまった子供の人権すら踏みにじっている内容文だから。

  例えば表現者を陥れるために悪用されればおそろしい法案だと思う。
  だから、絶対に都や政治の側はこれを悪用してはならないし、別件逮捕などに利用してはならない。
  つまり今回の条例は、表現されたアニメやコミックやゲームなどがまずありきで、
  その主張や表現を総合的に見て、子供や青少年青少女向けに本当に悪影響があって、
  行き過ぎているか?をチェックする形で、運用されなければならないと思います。
  表現された作品に行き過ぎがないなら、法的に処罰を加える必要はないし。
  自分は青少年の性を扱った表現が全てダメとは思わない。ていうか人間は性と不可分だから。

  ところが、今回最大規模同人即売会などを初めとするオタクでの反対派はそういう人権的主張を一切してこなかった。なぜならば
  数年前の「人権擁護法案」の時に、オタクの彼らは「人権擁護」よりも「表現の自由」を選んでいるからです。
  確かに「告発」などはこの世には必要なので、あの法案に問題点が山積していたのは事実なんだが、
  あの反対運動はけして「表現の自由のため」だけじゃなくて、名無し掲示板などでの中傷表現や、
  版権著作権無視の同人表現を守るためでもあったよね?各同人板(当時の特設●●ケ板)等でも反対展開されてたが。

  例えば都産貿で例の異常系18禁同人誌イベントが開催禁止になった時にも各同人イベンターや同人作家たちは極度の反対をしたけれど
  あの辺のイベントは実際フロア別にまともにゾーニングをしていなかった。
ていうか、そういう異常系を書かせる原作というのはどういう作品か?など都側に問題視された可能性もあるし。
  その後に起きた江東区OLバラバラ殺人も、犯人が猟奇同人誌作家であったにも関わらず、
  コミック作品の彼への影響を、検察は証明できなかった。実際には、証明した所で
  刑が重くなるわけではないので控訴棄却されたんだが、それもコミック規制の必要性が増した理由か。
  同人誌自体は個々の表現の自由にまつわる問題だとしても、商業誌が出版産業で
  大部数販売されているとなれば別なんだよね。その辺は一般向け・18禁を問わずだし。
  むしろ同人イベント側が「この程度なら商業誌の内容にもある」といちいち商業誌を盾にすれば
  スムーズに商業誌の規制話も進むのは当然じゃないだろうか?

  あと、例えば石原都知事や都職員が必死になって頑張っていた「東京オリンピック招致」にも
  会場に東京ビッグサイト周辺が夏場使用されると知ったオタクたちは「最大規模同人即売会が潰れる」と
  極度のネガティブキャンペーンを展開し、結果東京オリンピックは招致不可能になった。
  1/1ガンダムだってその為に応援キャンペーンを展開していたのにね。
  潰れるとしても、一回だけじゃん?数年以上先のその回だけの為に、都税を使った招致活動をオタク大勢で無意味にした。
  世界に「東京都民が各国都市中で一番招致に消極的」と言われた位でその多数が同人即売会中止反対派だった。
  あんなにオタクがオリンピック招致反対をやれば、そりゃ東京都だってオタク本意には考えたくなくなる。

  つまり、この条例改正案の運用で一番大事なのは「規制するならば、一番低劣な表現から規制していくべきだ」という一事につきる。
  でないと、逆恨みとかでどんどん密告行為が行われて、最悪の規制が始まるでしょう。
  僕がデマや中傷書かれて叩かれて、冤罪でイベント出禁にされた時みたいにね。

  で、何が一番低劣な性表現なのか?って事なんだけれど、やっぱり現実の命や人権を無視したものだと思います。
  いかんせん人権や命を無視した表現がコミックには多すぎるから、それはやっぱりダメだと思う。
  で、子供には恋愛や性的な事に興味を持つ「権利」があるよね。それだって「人権」だからさ。
  恋愛は生きる勇気につながったりもするし。性表現がそういう描かれ方ならまだ許容される範囲だと思うけど、
  しかしその性表現が身の危険や病や死につながるような教え方なら、やっぱり子供に対しては規制されるべきだと思います。
  これはいくらなんでも・・・という主張は厳然としてある。それは子供・青少年・大人を問わず、疑問視されなければならないと思う。

  最大規模同人即売会的な主張の今回の敗因(当然彼らは負けた)は、つまり
  今回の条例改正案に対して、人権的立ち位置に立たずに、「非実在青少年」だからいいじゃん、と安易に批判した所から始まっています。
  アニメやコミック、そのキャラクター。それらに対する「愛」をオタクは安易に口にするけど、
  その「愛」そのものが、大人達に疑われたからだと思います。(描き手の愛、受け手の愛・・・)
  あと、R禁ジャンルを作るとか、代替案を出さなかった事だよね。規制反対派は馬鹿ばかりだったと思う。

  反対派の人も賛成派の人も疲れたと思うけど、とりあえずは落ち着いてこれからを考えて欲しいです。
  今回決まった条例にに対して反対するやり方もあるんだけど、僕が書いた所で誰もほめてくれないので書かない(笑)。
  各自で考えるべきなんじゃないでしょうか?ていうかこれまで僕は書いてきたし。
  いままで業界が表現の善悪について考えなさ過ぎた罰かもしれないよね。
  PTAが嬉々として勝利宣言をするのも良くないし、不安を必要以上に増幅させるのも良くない。

  ぼつぼつ文面書いて行きます。万感もあり、不安もあり。思う所が多すぎるので。
   (2010_12/16)

◎ http://gigazine.net/news/20101210_comic_10sha_taf/
   >コミック10社会が東京国際アニメフェアへの参加拒否を発表
  コミック10社会かぁ・・・でも各社見てると自分個人的には言いたい事は山程あるよね。「だから何?!」って感じ。
  多少の荒療治しないと。業界も同人もましにならないよ。ましって何?って言いたいんだろうけど。
  PTAだろうが作家や出版やオタクだろうが、妥協点を見つけようとしない姿勢の人達に、自分は賛同しません。

  ていうか、東京国際アニメフェアというのは、つまり各国のアニメコミックバイヤーもやってくるわけで
  そこに10社会不参加というのは、つまり2010〜2012までの各国バイヤーの購入作品の空洞状況を招き、
  結果としては、最近日本アニメコミックに台頭しつつある、中国韓国産作品群の販売実績を、上昇させる事にしかつながらないのではないか?
  バイヤーを相手にするアニメ会社側ディーラーも結構苦労するだろうなー。
  原作漫画の各出版社などのバックアップあってこその海外マーケティングだろ?
  別に各アニメ会社のブースを出版社員が行き交ってもいいんだろうが、それって有名無実の不参加じゃん。
  あぁ、だから石原都知事も勝手にしろって言ってるのかな?(笑)
  はっきり言って都の意見と最大規模同人即売会の意見で、同人即売会的意見に出版側が寄ったら
  中国パクリ作品群を問題視する上での、国産作品にとっての著作権版権などいう名目は何の意味も持たなくなる。
  あと、僕が出版社批判をするのは、アマチュア作品を元ネタに作品を作る事にルーズな時もあるからだがそれだけではない。

  ていうか、中国が今国をあげて中国アニメを応援し著作権違反すらなりふり構っていない時だしなぁ
  アニメが売れなければ原画動画仕上げの方々も更に困窮していくし、国外スタッフの増加は歯止めかかってないわけで。
  日本アニメの下請け会社が横からどんどんかっさらわれていくんだろうなぁ。
正規販売物が売れなきゃならない時にパロ(同人)側勢力の味方をするってどうなのか(ニコ動MADの勢力含む)。
  例えば、最大規模即売会直営の中古同人誌のネット販売店が、販売している同人誌は
  掲載販売物が4000点を越えたというが、通常の年齢制限の無い同人誌は今100点以内程度で
  残りのほとんどが18禁同人誌の、男性向けもしくは女性向け(やおい・ホモ系)だ。
  しかもその半数以上がパロディ。つまり、この反対運動の主導を握ってきた同人関連の主導格が、
  直営店が実際にネットで売っているものは、ほとんど18禁パロディーの同人誌だって事である。
  最大規模即売会的に、利害に関わる表現というのは結局その辺・・・という事にしかならない。

  ちなみに10社会には、アニメ誌関係で言うならアニメージュの徳間書店や、アニメディアの学研は含まれていない。
  エンターブレイン社やぶんか社も入っていないしなぁ。「けいおん!」「GA」などの芳文社も入っていない。
  今後どうなるか判んないけど。
  (ていうか叩きが言うには「S-BOOKグループに芳文社等入っているだろが」って事なんだが、
  それを傘下っていうのか?大手が動いたら各社そっちへならえしなくちゃならない?
  各出版社にも各意向があるだろうしさ、結論はどうあれ、大手が動いたら
  各社そちらへの動くのが当然、ってのは、間違った思い込みだと思う。)

  出版社側が「統一見解」を出そうとするのは間違ってはいないんだが、遅い上に変だ。
  都側の規制理念も相当譲歩されていたと思うんだが、「一切の譲歩をしない」という規制反対視点は現代にそぐわない。
  東京アニメフェアと離反しながら、最大規模即売会とはなぁなぁでやっていく、というのは良く判らない。 (2010_12/10〜11扱いで)


◎ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101129-00000145-jij-pol
  >漫画家ちばさんら反対声明=青少年条例改正案に―東京都
  基本的にはちばさんらの意見に賛成ではある。ただ、意見に賛成だというのと、ちば氏や秋本氏がマンガの最底辺がどこまで最低かを知っているか?というのは別だと思う。
  ていうかマンガを売る側の意見は、結局、売る側の意見なんだよね。
  けれども自分の結構コアなマニアの知人のおじさんなんかも子供を持つ立場としては、何がしかの規制はあるべきだと思うそうだ。例えばHシーンなんかでも「あまりに異常な恋愛における異常な行為が子供に見られるようだと、子供に「それがあたりまえだ」とすりこまれてしまうので、それは困る。」という意見らしい。それには自分も同意。
  「子供が差別や偏見を持たないように、一見異常に思える人々についての表現も子供が見れる状態にしなければならないんだ」という意見はオタク界にはあれど、単なる趣味的性癖に基づく変態嗜好や変態性欲への防御反応を子供から無くさせてどうするんだ?とも思うし。
  自分なんかも、デマとか間違った情報に基づいて後ろ指さされたり、眉をしかめられるのは嫌なんだけど、「生理的にどうも・・・」って意見は仕方ないと思うよね。
  自分は髪は自分で切っててしかも下手なので、あんまり見た目は綺麗じゃなく思われるらしい(盗撮された写真でもなんとなくそんな感じに映ってる)。でも実はかなり頻繁にお風呂には入る方なので他の男どもと比べると清潔は清潔なんだが。
  実際的には自分よりも、よっぽど汗くさくて身体的に不潔とも言える男どもの方が、女にはもててるよね。分泌物嗜好の女性って、実際には多いようだ。(僕を叩いてる連中には、以前から汚物スカ趣味な奴らが多いんだけど、それとは関係なく・・・)
  男がオーデコロンを使うのは体臭を隠すためなので、オーデコロン好きの女性ってのは、本質的には体臭好きだと思っていいと思う。まじで。
  何が言いたいかというと、清潔指向にした所で、女性にもてるって事はないんだよ、って話。自分って20代中盤までは結構見た目も清潔だと思ったけど(体重も62〜65kg位?)、それほど女性にアタックされた事ってないよね。女性って、息子に求める清潔さと、異性に求めるものとは違うんだよ、結局・・・。
  まぁオタク系でオーデコロンを使うような男にはろくなのがいないってのは事実だが。多分オタク系だとチョイ悪を通りこす悪党が多いよね。

  それはそうと、この間の秋本治先生の読みきり作品(ダム工事と記憶がモチーフの話)は良かった。ダム工事現場で起こった奇蹟の記憶が未来にもアーカイブされて受け継がれるって話。なんとなく「つまりマンガだって記憶と想いの集積なんだ」という秋本氏の主張が伝わってくるような気がする。ダムを作るような政府の記録は政府の記録だが、民間伝承もあるわけで、マンガは民間伝承に属する・・・ってことかもしれない。
  ただ、漫画でもアニメでも「主張」があればまぁいいんだが、売らんかなじゃなぁ、って気はするので。なかなかどっちも引かないだろうなぁ。
  ていうかジャンプで最近の「こち亀」読んだけど、作品の内容がかなり先鋭的になってきてるんだよね!!連載初期のこち亀の雰囲気がなんとなく感じられて、読みながらびっくりしています。これもまた、規制反対意識のなせるわざだろうか? こういう戦い方はいいと思う。妥協点見つけられるまでどっちも頑張れ(笑)。 ( 2010_11/30)


◎ 2chで僕を叩いているスレッドの連中が全く解ってないようなので書くけれど、
  「ドグ●マグ●」の映画公開時に年齢規制が若干入ったのにはそれなりの理由はあると思う。
  この物語の主人公の先祖である「呉青秀」は、中国の若き有名な画家だったが、当時の中国の皇帝が女に現を抜かしているのを見て、女性の魅力のはかなさを皇帝に伝えるために、死んだ美女が時とともに壊れていく様を巻物に描こうと考え、その題材に実の新婚の婦人を選び婦人の同意を得て殺害、描写に到る。しかし彼は女が壊体したのを見て、次々と別の女を連続殺人していった。彼は殺害欲と死体愛に取り付かれてしまっていた。後に中国から逃れる船の中で、呉は女を妊娠させる。そして日本に渡ったその子孫が、その変態性欲の記憶を遺伝的に受け継いでいたことで、現代に凄惨な殺人の再現劇が起こる、という物語である。
  で・・・こういう筋書きはやっぱりどぎついのだが、この物語に年齢指定が入るに到って特に問題だったと思われるのは、腐敗などの描写ではなく(それは映画中でも巻物の絵だけだ)、この「呉青秀」への愛ゆえに、彼の妻が彼の手にかかる事を選ぶ、という愛のあり方、それを悪質に利用した呉青秀の悪鬼のごとき変態性欲、それを表現した作品だからだと思う。性欲の一形態としての殺害欲をテーマにした物語だから、若者に見せるべきではないと判断された。また、嘱託殺人や尊属殺人の問題ともつながっている。
  つまり、一般的に普通の人間というのは「愛するパートナーを生かすこと、幸せにすることを望む」ものであり、「愛するパートナーとともに生きることを望む」ものであるべきだという事だ。それがこの人間の社会で、真っ当とされるべきルールである。夫婦でも恋人でも。
  ところが「俺を愛しているなら死んでくれ」という加虐欲や「夫の目的のために私死にます」というマゾヒズム的欲望は、本来あるべき人間のルールから外れている。そして、その行為が実は変態性欲に取り付かれてしまっている。
  (※実際、これまでの同人界での猟奇18禁四肢切断だの内臓露出系だのは、「キャラを愛しているなら何をやってもいい」という悪質な詭弁の上になりたって来たのであり、忌避されたそれそのものだという事である。愛するものを独占するために相手を殺すとか、それはあってはならない事だ。「O嬢の物語」でも、O嬢は男の言うことを聞いて最後は無残に自殺していく(ことが匂わされている)わけだが、それだって現実の倫理的には絶対にあってはならない。そんな物語に酔うような男どもなんてのはゴミクズそのものである。)
  しかし、その「夫婦なのに相手を殺したり、殺されることを望む」その感情そのものを、映画館にもし低年齢層の観客が来た場合、その子たちは理解できない。また、理解させるべきでもない。絶対に。しかしそれが理解できなければ、この映画は全く理解できないわけで・・・。それが精神病というテーマとともに描かれたのが、ドグ●マグ●に年齢規制が入らなければならなかった最大の理由である。まぁ色々当時は言葉狩りもあったけれども。
  「『夫婦』として、愛する者を殺害したりする過虐行為を、(病気etcという)理由をつけて正当化してはならない」という事で(例のアニメもウィルス感染でゾンビ化するので実は同じ)、それを低年齢層に見せてはならない、って事だと思う。そういう意味では深夜アニメも同じ事で、よほどでなければその種の表現はすべきではない。
  そんなことを解らない分際で、ねらーごときに馬鹿にされるのも、自分としては迷惑千万だと思っている。
  ねらーじゃなくて業界人でも同じ事だが。 (2010_11/10)


◎ 正直「屍鬼」や「ハイスクールオブザデッド」などは規制してもいいと思うが、
  別に「そらのおとしもの」とか「ToLOVEる」とか「ヨスガノソラ」などを規制しろとは僕は思わない。別に乳首見えてようが極論交接部見えてようがどうでもいいじゃん、位に思っている。しかし「生死」や「病気」が扱われるアニメでは、最前の2作品のようないいかげんなものを作るべきではない。
  テレビアニメでのエロ描写規制をするのは問題だと思うが、残虐描写過多で人間性崩壊系のアニメは絶対にまずい。特に、弱者を虐待し死に至らしめる描写のあるアニメは絶対まずいと思う。 
  (2010_11/6)


◎ というか下で書いた「屍鬼」というアニメだが、漫画家が封神なんたらを描いてたらしいので、倫理観の無さになんとなく納得。
  ていうか僕が仏教嫌いだからそう言っているのか?とか言われても違うんだと思うが。僕は仏教よりはキリスト教の方が好きだよ。念のため。   いきなり話がこの作品と若干それるが、なんつーか、嫌がる女に仏像を顔に押し付けるとか基地外かとか、昨日見てて思った。キリスト教信者の顔にああやって仏像を押し付けるとしても嫌がるだろうな、と。キリスト教的には人は死ななくなるというのがひとつの未来像なんだが。弥勒菩薩による救いが56億年後にしか来ないのでそれまで救われないとされる仏教徒が、キリスト教徒をああやって扱っている、という事実暴露・・・なわけはないか。この日本でのキリスト教徒たちの扱いってあんなもんなんだろうけどな。
  (例のナチス猟奇実銃趣味のコスプレイベントスタッフのような異端宗教信者(と言われたと当人がブログに書いている)もいるから、なんともいいがたいけれど)

  ・・・それた話を元に戻すが、封神もそうだけど、つまり中国の古典に題材を取っているので、個別の事象表現の描写に関して、これを絵付きで描写していいものか?という、その思考をする機会が多分ないんだよね。一般モラル的にどうだかを考える前に「原作があるから〜」で済ます癖が作者に付いているのだろう。それは「屍鬼」でも全く同じ事で、原作あるからそれでいいじゃんになってしまっている。
  で、その漫画があるが故に「漫画があるから別にいいじゃん」と、人間性を度外視した描写に拍車がかかって、全てのスタッフによって責任転嫁が行われる・・・と(爆笑)。
  つまり、もともと倫理観を他人の責任にしてマンガが描かれているわけだから、それをよりどころにしてアニメを作るならば、倫理感のどうにもならないアニメが出来て当然である。すっげぇしょーもない話。
  例えば怪談話でも、口頭で話を聞いたり文章だから想像して怖いというのがある。想像をしている段階で自身のモラル的フィルターがあるから怖いわけだが。アニメになった段階でスタイリッシュさだのカッコよさだのが出て醜い本質を脚色してしまうのが困り物である。怪談では当事者をカッコいいと思う事はないんだから。
  例えば「自身の妻が壊体していく様を記録する、というのは夢野久作の戦前の探偵小説「ドグ●マグ●」でも書かれている。原作が小説だし、おそらくこの部分の元ネタはあれなのだろうが、あれは小説であり、アニメではない。おそらくドグ●マグ●は青少年向けのアニメなどの表現手段にも翻訳はされないだろう。以前映画があったが、公開時にレーティングがあった筈だ。ドグラマグラの映画公開時レーティングを知っていて、今週木曜の放送を垂れ流したのなら、ノイタミナスタッフは確信犯もいい所だ。
  正直、そんなことも知らずにこいつらアニメを放送してるのかと思う。
  重要なのはあくまで深夜アニメだのなんだのは「金儲けのためのエンターテイメント」なのであって、そのフィールドでやっている事なわけだ。表現の仕方が下手だとかいうのもあるが、結局一番問題なのは原作への責任転嫁、漫画への責任転嫁、他のゾンビものや残虐描写のあるアニメ、などへの責任転嫁が、このような事態をまねいているんだと思う。
  「表現の自由」にはどこかで「自身」が無くてはならない。その「自身」が希薄だという事だ。だからこういうアニメが作れるんだろう。
  「あっちにもやってるからこっちでもー」でしかない。異論はあるだろうが僕にはそうとしか見えない。
  現在ゾンビものがブームである。昨朝の「スッキリ!」で「ゾンビの肉」が販売されたと報じられていた。「墓場で熟成された未知なるウマサ」だそうだ。(実はビーフジャーキーにくちなしで着色したものだそうだ)。怖いものみたさで食べる人もいるんだろうが、それはモラルとかそういうのではなく不謹慎な「ネタ」なわけ。その「不謹慎」をカッコイイとか正当とか、思わせてしまうアニメってのは、駄目なんだよね。
  「個人で作るより集団で作った方がいい作品が出来るに決まっている」などという業界人が多いがそれは大昔から虚言であり、妄言である。責任転嫁の先には腐敗が待っている。その典型的一例だという気がする。 (2010_11/6)


◎ CX系で木曜深夜にやっている「屍鬼」も最低なアニメだと思う。さっきの放送で、なんか医者が自分の妻が死んでから甦ったんだが、結局甦った妻がなんどメスで切っても蘇生するので結局バラバラにして殺すような描写をやっていた。
  例えば人間性が駄目になっているキャラクターをカッコよく見せるという手法はあるにはあるけれど、ここまでやられるとドン引くしかない。死んだ人が普通に甦るなら嬉しいという人もいるだろう。それを殺すことが正当だとか、死んでしまったんだから殺してあげなきゃみたいな感性を若者に流布することは、ただでさえ人間性を喪失している現代の若者への、低劣感性の垂れ流しとしかいいようがない。しかしそんな感性にも若者は影響を受けていく。それは間違いがないわけで。
  例えばブルーカラーだからとか日雇い労務者だからとか、汚いから死ねみたいな感性が横溢しているこの時代でしょ?ホームレスに凶行をはたらくような下等かつ低劣な劣等学生達もいるし。「あいつら死んでるも同然だから何してもいいだろ」と言ってる劣等学生となんら変わらないゾンビアニメ群って何。
  「死んだけど生き返ったからしゃべる元妻でもまた殺してもバラバラにしても正当」みたいな感性をたとえ深夜アニメでも垂れ流すようなのは、自分としては下賎だと感じる。(自分の意見だからね、これは。他人が何言おうが他人の意見は関係ないし。それをいえるのが「表現・言論の自由」だから)
  例えば流行のゾンビ作品には、ウィルスに感染した人々がゾンビ化するというものも多い。だが、現実的にどんな感染症であれ「病気に感染した人は死んだのか?」と問えば答えはノーだ。重い感染症を負った人をゾンビに例えていいわけがない。(風俗嬢やってるコスプレイヤーや、無差別にコスプレをホテルに誘うカメコが原因で性感染症にかかったコスプレイヤーが、それをゾンビに例えられたら嫌だろ?病気や死を忌むのは生物として健康なら当然だけど、それは相手の魂の軽重と関係ない。・・・そういう意味です。)
  逆に事実と嘘の区別のつかない名無し掲示板の住人たちをゾンビに例えるという手法もあるとは思う。だからといって死んだ人を撃つとか轢くとか切るとかは、人間性の範疇をただでさえ度外視している。妻をバラバラとか、描く必要のない事は描くなとしか言いようがない。
  (仮面ライダーファイズのオルフェノクという怪人は、いわば殺した相手がオルフェノクになっていくわけだが、殺された相手で甦れる人間と甦れない人間がいる。だからファイズは戦うわけだが、正直みんながみんなオルフェノクとして甦ってしまうのなら、ファイズが戦う理由があったかどうかは解らない(インターネット中毒者の若者たちが行うネット叩きによって、ネットをやってない老人店舗が閉店になるのを見て、「ネットやって反論すればいいのにーへらへら」と笑うのは、怪人と同じだ)。逆に、だからファイズはオルフェノクと戦う必要性があったわけで、みんな生き返るのなら戦う必要性は無いじゃん?)
  このアニメはどういう感覚で作ったのかな。所詮はどこまで行っても視聴率稼ぎで作られている商業アニメなわけだが。
  ノイタミナも落ちる所まで落ちたもんだ。自分的には「パラダイスキス」がピークだったな。(まぁ、確かに「のだめ」も良かった事は良かったんだが)
  ゾンビものがブームだった80年代に、同人でもうる星やダーティペアなどのキャラを内臓露主させたり四肢切断させるようなエロ同人誌が最大規模同人イベントなどでかなり流行ったけれど、ゾンビものが流行る(企業が金儲けのために流行らせる)ようなムーブメントってのは、ぶっちゃけた話、最低で下等なわけですよ。2ch元管理人がやってるニコ動がハイスクールオブデッドだとかなんとかいうのの提供とかやってたけどね。あれも愚かなアニメだと思った。結局最後まで見ていない。
  ハイスクールオブザデッドも、結局ゾンビ化した一般人をミリオタと剣オタとロリコンたちがばっさばっさと切ったり撃ったり車でひいてサバイバルというアニメだったが、その一般人ったって本当に生きていたら普通の善良な一般人だっただろうなぁ、という感じに描かれているわけですよ。それを「ゾンビ化」しているから、と言って、切ったり撃ったり轢いたりってのが、差別されてきたという「オタク」のカタルシスになりうるんだったら、そんな「オタク性」なんて肯定されるようなものではないぞ?って事だよね。
  実際僕を攻撃してきたようなミリタリーコスプレオタクや猟奇エロ同人オタクは、ハイスクールオブザデッドを肯定している。
  そんなの結局マルキドサドの「我々は他人を蹂躙し支配する権利を有する」って言葉と変わらないんだからさ。下劣。人権を無視した行為を人に対してしたいからゾンビを出す、ってのはさ、僕は嫌いですよ。
  あの頃どれだけの無数の同人誌でバラバラにされたラムやユリやケイのイラストが描かれていたか。それをブーム的に繰り返しているだけなんだったら、ノイタミナシリーズももうやめた方がいいじゃん?ねぇ。猟奇系のエロ同人オタクが喜ぶだけだからさ。(2010_11/5)


◎ http://news.livedoor.com/article/detail/5014199/
  >「日本ってすごい…」外国人が日本で撮ったゲームセンターの写真が話題を集める
  http://news.livedoor.com/article/detail/5014449/
  >【韓国ブログ】産経新聞コラムに韓国ネット物議「殺傷力をもつ怪物とは…」
  正直自分は、所謂ネット市民の姿勢的に言うならば、アメリカネット市民の方が好きだ。
  やっぱアメリカはちゃんと自由と民主主義というものを判っていると思う。アメリカンジョークなどのユーモアがある分、他人をむやみに傷つけない。侮辱にならないだけの皮肉、皮肉にならないユーモアを身につけていて、自由主義と民主主義も理解しているんだから、なかなか日本のネット市民は勝てないって。
  日本や韓国は結局他からほどこしてもらった自由や民主主義なので、いまだに若者たちですらそれらを正しく使えない。
  ていうか韓国で物議をかもしているという産経新聞のコラムについてだけど、実際には日本の2ch(ていうかサーバーは海外か;)にも似たような「殺傷力を持つ怪物」がいるのだというのは、例の最大規模即売会スタッフシンパやその周辺などに中傷を受けている自分もひしひし感じている事で(ていうかリアルになってしまうと取り返し付かないので、「リアルになってないじゃないか!」などと阿呆を言うな!)。
  でも確かにものすごい叩きを受けた韓国の女優さんなどがいて自殺したケースもあるのを思い出すと、なんか他人事ではない気がする。(僕を叩いている連中にも在日がいるとは言われているが・・・。あんまり信じたくないんだがなぁ;)
  ていうか、日本の在日が必ずしも激しい書き方をするのかってのはあるわけだけど、正直韓国のネチズン(ネット市民)がそこまで激しいと、当然在日の人たちだってネットで韓国ハングルの匿名掲示板は見ているのだろうし、悪影響は受けていくんじゃないかという気がする。韓国の激しいネチズンの流儀を、日本で実行するのは危険だと思う。
  まぁ日本人でも韓国人でも、人の気持ちが判らない奴は、どこまで行ってもダメな奴らだが。(2010_9/17)


◎ ていうか、コミック規制とか同人とかそれに対する一般社会とかを見ていると、
  どこもかしこもゴミでクズにしか見えなくなってくるので、本当に憂鬱になって来る、ってのはあるわけですが。
  例えば「表現の自由」を声高に叫ぶエロ漫画作家や同人オタクとか多いけれども、その多くがやっぱり強姦ネタや輪姦ネタ他暴力系を好き好んで描いている。しかも女の子を故意に汚物描写などで汚したりもあるわけで、それはガキのいじめや、僕を叩いている腐った名無しのレスによくある「臭い臭い〜」とかと同じだし。ああいうレスの連中は下等劣等の極みだけど、実際それがコミックでも欲望自体は変わりがない。美しいもの綺麗なものを引きずりおろしたい、でしかない。それが彼ら異常系オタクの本性。
  で、「コミックキャラに人権を認めるな」という主張を必死で叫んだりしているわけじゃないですか。これはリアルではなくてファンタジーだから・・・って、何?
  もう少し遡れば、「人権擁護法案」が提示されていた時に、人権無視な中傷レスをしている名無し連中や人権無視的内容のコミックやエロ同人を描いている連中は、あの法案にも必死で反対していたんだけれども。(僕は人権擁護法案には基本的には賛成派。細部で問題はあるかもしれないが、連中のように全面反対にはなれない。)
  (ちなみに僕の予備校時代の英語選抜単科の恩師=元衆参両議員勤めた方・・・は、人権擁護法案制定の為の調査委員会の方だったが、反対派の集団FAX送付の対象にしろみたいにさんざ2ch上で名を連ねさせられていた事もある。あの方は福祉関係の方なのに)
  つまりリアル問題というか人権問題を全く無視して「表現の自由」のみを語っているから、コミック同人オタクやその周囲の法律家による政府批判には、説得力が全く無い・・・って事です。
  僕には何もかもダメにしか見えない。真剣にきつい。人間ってダメだね。
(2010_9/9)


◎ 二つ下の話題の続きなんですが・・・
  http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q124013242
  ・・・で、永田町で首相官邸を警備していた警官が日本刀で切られて大怪我をした事件の犯人の本名が露呈して在日だったという噂が、事件直後流れていたんだけど、もしそうだとしたら犯人の感情の中に、菅直人総理大臣がいとこ同士で結婚しているが故の差別感情はなかったのか?とは、ずっと思い続けている事で。
  ていうか、この間日記に書いた、自分が高校の時の漫研の在日女子の子だけど、当時丁度「くりぃむレモンPART1」が発売された頃で、「近親相姦は畜生と同じだ」って言って、かなりの不快感と差別意識を露呈していたんだよね。主人公の亜美とヒロシは、血の繋がらない兄妹だったわけだけど(当然日本の法律での婚姻はOK http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q118612276)・・・。女子ですらかなりキツかったので、やっぱりそういう不快感や差別感情は、同姓結婚を禁じる韓国朝鮮系の人だからなんだな、とは思った。在日の方々は親がそう教えるんで仕方ないんだろうけど、日本だったら同姓結婚禁止ってのは、普通ありえない事態なわけで。(ていうかサムライや寺社以外の苗字は大体明治維新後に付いているので・・・)
  近親相姦を「医学的に見て避けた方がいいかもしれない」(←実際は根拠乏しいが)というのは判るし「婚姻は法律で禁止」も判るのだが(ていうか婚姻は、別家族間契約として必要な事だから、もともと家族内だったらする必要がない;)、
  でも「許されない」という主張は必要以上の差別を生むので間違っていると思う。なら生まれた子供は許されない命なのか?って事で。
  そういう差別は、絶対に、この日本には、あってはならない。

  その点で在日の方々や朝鮮半島側の同姓結婚禁止の極論に寄ってはならないし、国外の人々の意見を参考にするならばアメリカイギリスフランスドイツやオーストラリアや南米諸国やアジアアフリカの意見も考えるべき・・・って事でキリが無くなる。
  イスラム圏ではいとこは生まれた時からいいなづけだったりする。イスラム圏の人も最近日本には多いんだよね。そういう意味では菅政権も、朝鮮半島以上にイスラム圏と仲良くできる可能性があるし、そうすべきなわけなのだが。(2010_9/6)


◎  ていうか、僕は思うんですが、版権会社や原作者側が、「18禁同人や18禁コスプレを認めるか認めないか?」を、いまだ各作品別のレベルで発表してないする気がない、というのが、最大の問題だという気がする。
  クイーンズブレイドとかはH漫画家さんも描いてるわけだから、明らかに狙っている部分はあるしコスプレイヤーが出てくるのも予想はしてるんだろうけど・・・いずれにしても、18禁同人の許可不許可が、作品別に宣言されていない現状は、正しくないと思う。
  版権業者側が、雑誌の巻末とか、ホームページとかで宣言してみてはどうだろうか?
  今の若者は絶対に「言わなきゃ理解できない」。 絶 対 に 必 要 な 事 だと思う。 (2010_9/5)


◎ http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/seisyounen.html
  東京都青少年治安対策本部の公式サイトの所に、青少年健全育成条例の改正案についての都側からの返答が色々載っている。読めば結構なるほどなぁと理解できると思うし、
  スタンス自体は基本的に間違っていないというのも理解できる。児童相手の犯罪的性行為を批判したい、家庭内DVなどを否定したいというのも判るわけだけど、
  一点自分が書くべきではないと思う所は、いわゆる「近親相姦」に関する批判部分だと思う。
  気持ちとしては判るんだけど。・・・正直、近親相姦によって妊娠し、更に出産まで到っている(しかし届け出は私生児)という子は、広い世の中には絶対にいる。確かに近親相姦は各国で批判されているけれども、実の所は、「植物だって自家受粉は嫌がる」とか「障がいや心の病が発現する可能性が高い」という程度の根拠しかない。

  学生の頃授業にあったんだけど、実は近親相姦が批判されている理由は、優れた男女から優れた子孫が生まれて、その子孫が更に優れた子孫が生まれた時に(実は劣性で異常な遺伝子があった場合にそれが発現する確率と同時に、優秀な子が生まれる可能性も高いと言われてきた)、優生学的な種族ないし血統の優秀論が語られる事を、各時代の権力者たちが規制するために、法律的に批判したというのが大きい。障がい者が生まれる確率が高いと言っている人々もいるのだが、その確率は10%以内だとも言われているようだ。
  しかもその殆どは心の問題であり、つまり「社会の無理解により、当人が狂わされる」確率の方が、病気の原因の高い可能性を占めている。
  確かに、身体的に劣性でエラーのある遺伝子などがだぶるといけないとも言われているんだが、馬の場合サラブレッドが優れているのは当然。
  ところが、自分の両親は遠く離れた全く別の家系なんだけど、なぜか両方の祖母(すごく立派で努力家で素敵で優しい祖母だった)とも、どちらもすい臓の同じ病気で、しかも別の年の同じ日になくなっている。俺やばいじゃん(;;)。
  実際の所、なんらかの病気に弱い可能性ならば誰にでもあるから、こういう場合、意味ないよね。(でも、僕は深く考えない。そりゃ将来のパートナーがすい臓の病気に強い家系なら文句はないけど、そんな事を好きな相手に聞ける?せいぜい「性病にかかってないよね?」位でしょ。
  (※ 古玩具がウチに一杯あるから、アトピーの人だと僕との結婚はきついかも・・・とか、それだって実利の問題で、絶対に相手が一緒にいたいと言ってくれたなら、僕だって環境とか考えたと思うよ・・・。ってこれは全く別の話だが。これだけ散らかってても花粉症の家族は大丈夫らしい。アレルギーって人によって違う。アトピーが遺伝するかしないかもいまいち自分には判らないが)
  確かに、病気に対する免疫などは男女別々に発達して、その免疫能力をフェロモンが検知して、お互いの免疫能力を補う形で、パートナーを決めているらしいんだが・・・(一目ぼれってそういうのもあるらしい)。
  「結婚はできない」というのは判る。家庭の医療保険とかの問題もあるから、本当に病気になる確立が高いなら政治側が責任負えないので避けるべきなのは判るんだけど、「生まれてしまった子」が差別に苦しんで心の病気になるような社会にはしてはいけない。そっちの方が罪だと思う。存在すること自体は、当人にだってどうにもならないんだから。

  あと、ロリコンに対する批判があるんだけど、生物には遺伝子に余命を決める「テロメア」というのがあって・・・つまり年長になるまで子供を作らなかった人が、同じく年長の人と結婚して子供を作ると、子供の余命は短くなってしまう・・・という研究結果がある。それを避けるには、パートナーが絶対に若い必要がある、という事らしいです。(妙なフェミニズム団体が反論しているわけだが、僕はこの意見は正しいと思う)
  つまりこの日本社会っていうのは、既に不健全であって、晩婚化によって今後の子供達の平均余命が短くなる社会になっちゃった!!って事なんだよね。そうそう良い未来なんてあるわけがない。
  いずれにしても、そういう恋愛が成立して、生まれてしまった命、子供に対する差別は、絶対にというか極力というか、あってはいけない。そういう意味で、「この年齢とこの年齢の恋愛はあってはならない」とか「近親相姦はあってはならない」などの論理を、日本の政治がふりかざす事は、自分はあってはならないと思います。・・・「犯罪の発生を避けたい!!」それは自分も望むので、全然OKなんだけれども。
  (※ つまりこの社会では、現実的なリスク確率を全く語る事なく、近親者間の子供は障がいを持って生まれてくる事が多いと言ったり、後天的遺伝障害は確実に発生するなどという文言がネットで延々拡大し、実際にそういう結果で生まれてしまった(事を知ってしまった)子の人生を台無しにした上に極度の差別意識が助長されているわけで。
  よく言われる致死遺伝子の問題だが、しかしそれも 致死遺伝子があれば の話で・・・その確率自体も語られてない。もし元々致死遺伝子があるのなら、親の段階でなんらかのその原因があり、誰と結婚しても致死遺伝子が引き継がれる事になるので、結局どこかでそういう遺伝病になる可能性は発生する。それをまことしやかに「絶対に若死する」「絶対に奇形になる」などと広めまくっているネットは変だ。)
 
  (※※ あまり知られてはいない事なんだが、韓国や北朝鮮では同姓同士の結婚は絶対に出来ない。例えば金さんと金さんは結婚できない。ところが戦前に日本に日本名を付けられた人たちは、苗字が変えられてしまいお互い知らずに同姓結婚をしてしまったケースも多く、それを「同姓結婚を強要された!」と言って怒っている人たちがいる。そういう文化の人たちもこの日本には大勢いる。意見は理解しなくちゃいけないが、「避けた方がいい」と「法律的に(結婚は)駄目な理由」と「それが暴力・犯罪なのか」と「生まれた子の人権」 は全部別物として考えるべきだと思う・・・。 )
  (ていうか在日の人たちだって日本にいる人数は限られているんだから、在日の方々の血筋を保ちたいが故に在日同士ばかりで結婚してたら将来的には同じ事。だけど純日本人の女性を嫁に取りながら日本人批判の教育をされても嫌だしなぁ・・・でも、それも人が口をはさむ事じゃない。)

  ていうか、菅直人総理大臣はいとこ同士で結婚しているわけなんだけど(当然合法)・・・。当然僕はそれもいいじゃない!と思う。
  で、兄弟姉妹間だといけない、というのは、やっぱり血の濃さについて法律が出来ているからなんだろうけど、タブーとは言え、ちゃんとした科学的論拠のもと政治側は発言してほしい。
  でもまぁ、それ以外の都側の主張は、正論だと思う。 (2010_9/5)


◎ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100817-00000040-zdn_n-inet
  >「飢えて死にます」――「黒執事」作者、ファンからの「海外動画サイトで見た」メールに苦言
  >ブログ http://d-6th.com/blog/2010/08/post-170.php
  黒執事の作者、枢やなさんの動画サイトのアニメ無断投稿問題についての発言で、同意する人も多いんだと思うわけですが。
  自分は業界の悪弊もわかってるので決して業界に甘い顔する気はないですが、この意見については全く同感です。
  ていうか、自分は結構枢さんのブログは見ているんですが、今回はぱっきりしているなぁ、と(笑)。まぁ確かにサーカス編ラストもパッキリした話だなとは思いましたが。19世紀末風設定なのにパッキリするわけないですが。
  貧富の差や差別から来る問題、だからこそ身分の高い家柄の子供の命をサーカス団が裏切り省みなかった・・・というサーカス団員の感情について、結局「悪でも貴族」なシエルが何かしら言える権限があるとすれば、それは「シエルが謎の団体に誘拐されて生贄にされそうだった」という過去以外ないわけだから。

  話を戻して・・・実際の話、これが原作者の人だけの利益問題なら「飢えて」なんてあるわけないじゃん!と誰でも思うんだろうけど、極貧アニメーター(動画どころか最近は原画も作画監督もそうらしい)や仕上げの人たちはどうなんだよ?!とは思う。
  ていうか著作権・版権にルーズというのは最大規模即売会などが広めた同人文化そのものが育ててきたものだから、同人誌を認め、海賊版を認め、無断配信も認める・・・みたいなルーズ化がアニメファンの間で進んできたのだとしか言い様がない。
  ていうか「黒執事供廚鬟縫各阿罵料公開しているというスタンスも、自分はかなり疑問なんだよねぇ。管理人は元2ch管理人のひろゆきじゃないかwww 誰だよネット公開をニコ動にしてるのwww。
  ていうか youtube の方が一括で、世界中の版権問題をクリアできるじゃないかw
  ・・・まぁ、マーケティングや配信形態については原作者がタッチできる事ではないんだろうし、自分はアニメと原作とブログのイラストが面白くてかわいければ、どうでもいい人なんで。原作者の方、がんばって下さい。

  P.S. ていうかMBS系のアニメにも多いんだけど、アニメ黒執事の場合、写真屋の事件でも心優しそうな結婚記念写真撮ってる富裕そうな人々が無残に死んでいくわけで(しかも魂すら残らないらしい)。そこまで描写されると逆に富裕な層への恨みすら感じるし、豊かな事って悪いのか?と、見ていて思う時もある。
  なんていうか19世紀を描いている漫画やアニメは、「19世紀には惹かれはするけど、20世紀の自由と平等のある世界の方がましですよ!」というオチに絶対持っていくわけで(「エマ」(原作者は知人店員さんの同級生だったらしい。いい作品です)等)、それは前作のアニメ版黒執事も同じだったんだけど。
  自分は正直、最近の多くのテレビアニメ作品のスタッフ達は、身分の高い人々や比較的富裕な人々に、怨念にも似た感情を抱いているんだろうなぁと思う。それどころか一般の善良な市民にまでそれがむけられつつある気がする。
  これは、TBSになってからのガンダムを見ていても感じる事が多い。昔のガンダムはこれほどまでに善良で無力な人々を露骨に殺しはしなかった。というか一瞬で死ぬんだよ。かえりみなさすぎる。昔のアニメで人が死ぬって、その事実を主人公がかなりひきずるものだったんだけどね(フラウ、カミーユ、ウッソ)。ひきずるからって軽率に描写していいものではないけど。
  まぁ、黒執事というのは存在自体にブラックユーモアありすぎではあるんだけども、とりあえずアニメ界自体の貧困がそういう状況を作っているのなら、まずそれの打破をしないと、そういう豊かな人々を無碍に扱うアニメ描写も止まらないと思う。
  エリザベスは作品中で生きているけど、実際物語の進行上、作品の主張上、どうなるかわからないキャラなんだよね。一応その辺は原作者を信じちゃいるけれど。
  もともとアニメ界には社会主義共産主義的な人が多かったからね。自分はそっち系の主義には一切乗れないが。なんていうのかな、前も書いたけど中国などに仕事を依頼してアニメを作る場合、絶対に主張的に社会主義に媚びる部分が出てくるから。これはもう80年代末期からそうなんだけども。
  ていうかキラの乗機が「フリーダムガンダム」だったりするし、「自由であることの大切さ」はアニメ界も判ってるんだろうけど。魂の自由は、支配や身分階層による安堵より大事だ、って事なんだろうか?なら黒執事やセバスチャンって一体・・・

  黒執事だって、素直にイギリス貴族社会を善として描くなら、大陸の人々にアニメ製作に乗ってもらうのはかなりきついだろう。アヘン戦争だってあったわけだから。
  「イギリスの貴族社会をシニカルな視線で見つめる中国人キャラ」もいるから、中国など大陸系の会社が黒執事の製作に乗れる。それを否定する必要もないが、それに飲まれると19世紀の良い点も美徳も消えてしまう。「美徳はあった」と判らないと悪徳が退廃だとも見る側には判らないんだが。19世紀の美徳をめい一杯に体現しているのは、実は執事をやってる時の慇懃でけなげなセバスチャンだったりするんだが(爆笑)。
  でも、これが純然たる日本国産アニメだったら、アニメの主張を中国寄りにする必要は全くないかもしれない。つまり、オタクが著作権頒布権無視の無断投稿などなどを見続けるから、日本のアニメ界が儲からず、どの作品の主張も中国寄りになっていく(最近のアニメに竜やドラゴンがよく出てくるというのもそうだ)。日本のアニメではなくなっていく。
  日本のアニメから日本ならではの主張が消えて行っているのは、つまり著作権版権無視のオタクたちが多すぎるからだ、って事だよね。
  ・・・深層を見すぎだろうか?僕は極度に危機感感じてます。(ダークネス森本・・・・)

  といいつつ「黒執事」はアニメも漫画も好きなわけですが。ついつい自分は、アロイスって実は女フラグ?とか思ったりしちゃうんですが、1話の「ほひぃよぉっ!!」の冒頭を見る限りでは違うかやっぱりw (2010_8/19)



  ◎ http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51065469.html
   >サークル蛸壷屋 けいおん!アナザーストーリー完結編 「衝撃のラスト!」
  「けいおん!」を2次創作し、作品内で勝手に唯を殺して他のメンバーにも同様枕的性行為をさせたり他・・・の同人誌の完結編らしい。以前もこの同人は批判したけれど、
  こういうのを(画面上でも)見ると「ベヨネッタ」の神山氏が言うことが理解できるんじゃないかと思う。
  過去自分も98〜99年位に、仮面ライダーBLACKの勝手に作った最終回同人誌ってのを出しましたが、あれはコピー誌で小部数だったし、TVで不幸だったキャラが比較的最終的にはましなラストになるので、まだマシだったんだよね。これはその逆で。
  例えば「けいおんのキャラに実はモデルがいてその唯に当たる子が実は死んでいる」とかが仮にあるとでも言うならこういう同人誌を作る感情も判るんですが、そうでもないのに勝手に他人(他人のキャラ)にエンドマーク打っちゃいけないですよ。
  これはさすがに版権元が裁判に動いた方がいいとも思うんですが・・・まぁ先の話か。この最終回間際に版権側が相手にするこっちゃないので今は忘れる事を薦める。
  ((※ 知ってると思うが最大規模同人即売会の企業定款住所というのは、暴力団抗争で狙撃事件もおきたラブホテル他諸々のあるマンション内にある。他関連企業CPSの特務隊や、ナチス軍服や猟奇(拷問呪術薬物死体本)性風俗書籍やダガーナイフなどを過去販売していたり、海外に実銃持っているスタッフがいたり、三拡集会に総会屋スタッフが来ていたという噂があったり・・・・
  同人イベントサンクリと最大規模即売会委託系の参加サークルの個人情報がウィルスで漏洩した件も、CPSスタッフの個人PCかららしいのだが、実は不正経理で切られたCPS側スタフが、不満を持つ参加者に対する威圧行為で情報漏洩させたのではという説もある。個人情報が漏れれば、実際(言われている通り)サークルの描き手がどんなストーカーに会うかもわからず、つまり別働隊が不満分子を脅しやすくもなるって事らしい。
  最大規模即売会スタッフには、この僕を脅している他にも八王子サバゲー場反対住人を短刀画像で脅した自称与太者(ヤクザ者)のスタッフ連中もいるので・・・。どうも変に意見するとまずいようである。))
  自分は「ドラえもん最終回同人」は著作権版権侵害での儲けが極大だから裁判になって当然とは思ったが、小学館側の「ファンはずっとドラえもんが続くことを望んでいたと思う、藤子氏もそれを望んでいたと思う」という発言は変だと思う。そういう意見は無しでただ儲け額に対してのみ言及すべきだったのではないか。ただ田嶋安恵氏のエロ漫画については、自分の感情的に絵はいいと思うがストーリーは苦手なものもあるのは確かなんだが。
  とここまで書いてハッ!となったんだけど、例えば原作がバッドエンディングだったのを、勝手にハッピーエンドに変えて、人気キャラを幸せな形で終わらせた最終回同人誌、っていうのが出たら、それも訴えられたりするんだろうか?
  ファン感情を無視してそういう態度取るような版権業者があったらふざけんじゃないぞ、とは思うんだけど、その辺どうなんだろうね? (2010_8/12)


◎ http://getnews.jp/archives/59025
  >【ゲーム】「ベヨネッタ」開発者の神谷氏「エロ系同人誌に作品への愛があるとは到底思えない」
  なんていうか、そういう意見らしいんで、ヤフーで「ベヨネッタ 同人」で画像検索かけてみたら「コリコリ」だのいきなり吹いた(笑;)
  ていうか「ベヨネッタ 同人」でヤフー画像検索してみた結果の殆どがいきなりエロなんだけど、実はほとんどはベヨネッタ系では無く。消されたのか元々少ないのか。各同人専門店やダウンロード店のサイトを見る限りだと存在はしているようだ。まぁいわゆる「そそるキャラ」ではあるので、仕方ないんだろうなぁと思うんだけど、結局内容だろうって感じだよなぁ。ニュースの意見でもそんな感じ。最近のエロ同人誌の内容って、キャラを使ってAVの方法論に置き換えてるだけだったりするし。
  ていうかエロ同人誌を著作権侵害の海賊版と考えるなら、各同人誌専門店だのダウンロード店は著作権侵害物の売買を延々行って来た事になるわけで、
  売る側のどこかに恥やつつしみはあって欲しいわけだけど、なんか同人側の権利主張ばかりでギスギスするのは嫌な時代だなぁ、と思う。なんでそういうのの総元締めイベントの準備会周囲が表現の自由とか言ってるのかわからない。それってやっぱ結局はテロの正当性主張と変わらないんだよね。 (2010_8/6)


   ◎ 都の青少年健全育成条例の改正は今回は見送られた。ただここから先はもう一度改正案の練り直しになるという事なので、自分が期待している内容規制の方にちょっとでも近づいて欲しいと思う。どちらにしても民主の連立が半ば空中分解状態になってしまったわけなので、そう簡単に上手く運びはしないと思う。正直一番大事なのは、女の子の結婚年齢を16歳以上から18歳以上に引き上げさせたりを絶対にさせない事だ。これが通ってしまうと正直少女漫画の恋愛描写すらほぼアウトになっていくと思う。
  多分アニメやコミックよりは、インターネットの無料ゲームや販売されているクリアに時間のかかるゲームの方がよほど有害だ。コミックは1冊数十分から数時間で読み終わるけれど、ゲームはこれだけ数が多い上にはまってしまうと、クリアに数十時間いやそれ以上かけた所で、その間何をやっていても現実的な一切の生産性に繋がらないんだから。いっそゲーム税導入しろよって位だと思う(ゲーム好きには不評だろうが)。
  大学無償化なんて言っている人々もいるけれど、とんでもない事だと思う。大事なのは、中卒からでもちゃんと結婚して一人前の生活を出来るように、中小企業に就職したとしても給料的に結婚して一人位は子供が持てるように、生活の底上げをするって事で、みんながみんな大学に進んでエセインテリになるって事ではない。
  そんなんだったらまだ小学生の円周率の教育をおよそ3から3.14に戻すとか、惑星の公転についての教育カリキュラムを中学生から小学生に戻すとか、ゆとりを廃止するとかした方がましだと思う。
  教育だったら夜学でもやっているし、むしろ仕事をする時間をフレキシブルにして高校の3年卒業と4〜5年卒業を選択式にするなどした方が、仕事と勉強を両立できる生徒が増えると思う。
  自立を早めにしたい生徒は早めに自立させてその分責任も負えばいいって事だと思う。むしろ一度早めに自立をした方が、結果失敗しても親元に戻れるゆとりが親に残る。これが年食ってからの自立失敗だと子供もやり直しきかないし親も負担が大きい。
  今既に定年は65歳くらいらしいんだけど、自分の肉親を見ている限りでは70歳定年というのは仕事によっては危険かもしれない。
  何にしても大人の都合で青少年少女の成長をコントロールできると思うと、あとでとんでもないしっぺ返しを食らうと思う。実際この世界はもうペナルティーを食らってるか。大学卒業しても意味がないって悩む大人も増えてるし。 (2010_7/30)


◎ 意味がない性表現ってのはあると思う。エロ系で過度なSMとかフェチとか猟奇とか汚物系とか、別に僕の恋愛的に一切合切ツボにならない。18歳以上向けでも妊婦系はまぁいいと思うけどでも妊婦虐待系は嫌だとか、色々あるじゃないですか、多分。よくわかんないけど。
  でも、その種のエロコミックとかAVとか消えてもらって一向に構わない・・・って書いてしまうと、「不必要な表現は消せ」というナチスになってしまうとか言われるんだが(実は過去最大規模即売会系でも「美術系」「純文学系」の男性参加者は逆に弾圧されていた。昔はコミックはB級カルチャーだったので、美術純文学などのA級カルチャー側の参加者があのイベントでは弾圧されていたって事である。これは後述)、実際エロ系の虐待描写は下手すればナチス以下の低劣さを横溢させた虐待描写なので、なんともいいがたい。
  大事なのは「意味がある性表現」を伸ばすって事で、
  恋愛→(結婚はする人もしない人もいるが)→ 出産 → 成長 → 恋愛
  のループを肯定できるような性表現を伸ばしていくって事。ぶっちゃけ生きる素晴らしさとか命の大事さとかが描かれてればいい・・・ってありきたりだが真実。
  なんか美少女陵辱系とか虐待系とか多いんだけどさ、逆説的な意味で命の尊さを描いているんだか、虐待が楽しいのか意味不明だし。ウケるのを探すんじゃなくて内面で模索するのを大事にしている作家は多いとは思うんだけど。肯定すべきものも否定すべきものも同じ様に規制側に見てもらった方がいいのではと思う。
  「政府や都は作品を見ないで言っている!」っていうのはありきたりな意見で、なら良い作品も悪い作品もイーブンに見てもらったのか?って思う。手練手管じゃなくて、腹割って話しあうべきなんじゃないかな。過去の規制の恨みを追ってても仕方がないよ・・・  
(2010_7/30)


◎ 大体。お金や生活力のない人間は子供を作って育てちゃいけないかのような風潮があるけど、戦後の時代から、社会保障制度ってのは、お金のない家庭や障碍を持ってる方でも子供を育てる上で急場をしのげるようにする目的で存在するわけだから、お金や社会性重視で結婚するという考え方自体がまず頭っから間違ってるわけで。
  子供を持つ権利って、子供を愛せて子供が自己実現できるように育てられるかどうかってだけだろうと思う。考え方は色々あるだろうけど。
  自分だったら子供をまっすぐ正しく美しく育てたいとは思うけど、子供を博士やスポーツ選手にしたい親がいる反面、ヘビメタロッカーに育てたい親もいておかしくはないし、それだって愛ではあるじゃないですか。
  AVや風俗やってた女性がどこかの男性と結婚して、仮に子供がAVや風俗を目指しちゃったとしても、親や社会はDQNがらみや性病の件で、そのリスクは語らなきゃならないかもしれないが、より良い生き方や恋愛の素晴らしさを提示する以外に何もできやしない。で、アニメやコミック以上に、社会や教育が恋愛の素晴らしさを表現できているとは思えないんだよね。国が子供をそういう意味で守れるっていうなら青少年育成条例じゃなくて、AVや性風俗禁止法案打ち出すべきなんだからさ。僕はそれを批判しないよ。実際自分は性風俗店は生まれてこの方一回も行った事がないわけだから。
  (けれどもそれを僕が余り言いたくないのは、例えば「写真家じゃないからスナップ写真を撮る写真家は無視してでも無断撮影を批判する」とか「コミック作家じゃないし独身オタクと違って子供もいるからコミック性表現を批判する」とか、そういう大人が嫌いだからなんだよね。)
  ていうか、子供が必ずしも自己実現できないとしても、その分愛せてればそれで構わないってのはあるよね。社会的自己実現ってのがかなわなくても、家庭内自己実現ってのはあるわけだし、それはそれで個々の子供の自由だし?
  結構ディープな話題になりそうなのでこれはまたいずれ。  (2010_6/11)


◎ http://sankei.jp.msn.com/life/body/100608/bdy1006081316003-n1.htm
  >都の漫画児童ポルノ規制条例で自公が修正案を提出へ
  8日、都条例問題で、自民党公明党が修正案を提出したそうです。修正案は、
   「非実在青少年」を「描写された青少年」に、
    また「青少年性的視覚描写物」を「青少年をみだりに性欲の対象として扱う図書類」に
  ・・・変更したのだそうですが・・・ぶっちゃけこっちの案の方が広い範囲を示す単語になっているので、余計に紛糾するでしょう。コミック以外にも適用されてしまうよね。何を考えているか判らない。
  けれどもこれは、要はこの造零案に反対していた最大規模即売会関連の反対運動だの漫画家たちだのが「非実在青少年」という単語に難癖つけて条例案叩きを煽りまくって、つまり自公側が逆ギレした結果だから、反対運動側自身がまいた種の結果だと思う。どうにもこうにもだ。
  何が一番駄目って、あれだけ駄目だと言われている、「みだりに」って言葉をまた無理やりに入れている事で。どんな頭の人間がこの修正案作っているんだ?って聞きたい。
  例えばこの「みだりに」を「特に悪質な」だったら誰だって理解できると思う。悪質なものを指すんだな、と。普通じゃありえないものなんだな、と。それを「みだりに」ってするから、誰も納得できずに混乱が広がるわけでしょ?
  ・・・はっきり言って、人間ってのは生まれた時から性とは不可分の状態で生まれてくるのだから、子供だって異性を異性として認識して生きていく。そういう子供に対して学習雑誌などで表現をしてきた子供向け漫画家もいるのだから、「性欲の対象として」も何もない。子供も青少年も性に好奇心を持つのは当然だし。
  しかも、性を子供を作るためのものだとか、大人がいくら言った所で、大人自体が子供を作るためだけにセックスしてきたわけでも何でもないわけじゃないですか。逆にルックスの良くない男子女子には、ならきれいだとされる恋愛はありえようもないものなのか?という、その辺の問題もあるでしょ?
  大人の言う「責任能力」ってのは、つまり結局離婚裁判を見ても判るように所詮はお金でしかない。くだらないけどそれが大人の現実だから、結婚するときに女性は生活能力や収入の多さをを選ぶ。大人社会が教育している「大人の責任」ってのは要するに「お金」。だから子供や青少年に大人の論理が受け入れられないのは、判ってるでしょ?わかんないか阿呆だから。「お金」は悪い事でも手に入れられるから、「お金=責任能力」って世の中だけ子供や青少年が見てたらいけないんだって。
  学校や親の立場が子供を支配する上での性認識も不正解なら、コミックなどの二次元産業の語る性認識も不正解だよな。
  子供に教えたい理想の夫婦間セックスってぶっちゃけそこに到る社会的価値観ってのが間違ってるから、そういう親側の理想論を理由に規制をしても意味がないわけで。
  今回の規制はさ、いわば子供や青少年への「安全保障」から必要になっているんだから。それを忘れないで下さい。これだったら初期案の方がましじゃないですか。
  しかも、その種の漫画を「子供にだけ見せるな」というのは意味不明だし。あまりに悪質なものは、大人も子供も関係なしでしょうが?????
  しかも、その種の悪質表現のあるコミックを見て加害者になるとされるような人々は圧倒的に大人が多いんだから、子供が見るのを禁ずる事にはほとんど実質的に意味がない。
  正直この修正案を出した人は、ここまでの議論を全部鉄板で無視しているとしか思えない。
  はっきり言うけど、「みだりに」という語句は、この国の法律からも条例からも一切消した方がいいと思う。もうその段階に来ていると思うので。
  もう一度書く。この国の法律と条例から、「みだりに」という語句は、廃止しなくてはなりません。 (2010_6/11)


◎ 秋葉原の無差別殺傷事件からちょうど2年です。 (2010_6/8)


◎ ていうか某アニメにしても、ヤクザと少女が交流するアニメなんて子供向けに放映してんなよと思う。ヤクザやテキヤにも いい人 がいるのは・・・実際にはありうるのかもしれないし、フィクションとしてはありうるけど、圧倒的にやばいヤクザはやばくて、薬物で大人や青少年を貶めたりもしてるんだからさ。AVや風俗に女の子を売りとばすそういうのと関わりある連中もいるわけじゃないですか。
  なんていうか今のご時世・・・漫画家や同人の連絡先代行だの(報道例)、同人コスプレイベントだのがその種の連中のしのぎやみかじめ(用心棒)とつながり持ってる事が多々ある時代なので、作家がそういうのを書きたくなるのも、別の例えならエロ同人誌で美少女キャラをやくざばりのやり方で輪姦する内容の同人誌が流行るのもわかるけど。媚びだよね、ぶっちゃけ。
  ぶっちゃけ(本当に改心して宗教に入ったりしたヤクザがいることもわかっちゃいるが)、ヤクザに媚びる作品を作っても仕方がないだろうと思う。
  (その点、●映系も全体では、やくざ映画を作りながら刑事ものやヒーロー番組を作ってたわけで、ライダーやプリキュアの映画も作ってるわけで・・・結局はエンターテイメント=娯楽なんだよね。主義とか信念とかが企業に一貫してあるのかとは昔は疑問に思ってた。なんかしらはあるんだろうが。)
  各業界でも、版権側が裏でみかじめとつながってる事は昔はあったんだろうが・・・例えばパクリに文句を言った側への圧力とか。今はネット時代なので中傷などの嫌がらせもネット化している。したがってその種の人々もネット上での嫌がらせの代行業にシフトしていたりする。現実的な嫌がらせと違って刃傷暴力沙汰にはならないので、警察も取り締まり辛いらしいが。
  先の件に話を戻すと、フィクション(現実にも)としてはありうるし、少女がすさんだ人々を癒していく街角もの的ドラマもわかる。しかし、子供に軽はずみに見せるべきものとは思えない。僕は女の子にヤクザを癒せとは言えない。(しかしその種の人々が女の子に萌えて改心していく事は有り得るとは思う。けれども、AV嬢や風俗嬢がその後の人生あまりよくないケースが多いってのも事実だろう)。 (2010_6/8)


◎ http://news.livedoor.com/article/detail/4808891/
 >ポーランドの「乱交ゲーム」 「日本の成人漫画が起源」の報道
 なんかこういうゲームがあったらしい・・・という報道なんだけど、この報道は一応その現場にいた少女によるとデマらしい。ただ、ゲーム感覚でそういうプレイを若者たちがしたのは事実のようで、参加した少年の視点と少女の視点が違う可能性はある。少女にしてみればぎりぎりOKでも、少年の中にはそのつもりだった奴もいただろうし、大人はそういう風にしか見なかった、という事なんだろう。
 ていうか日本の成人向けコミックはかなりハードなので、AVによる影響よりも大きい青少年への影響性が海外的にはあるのかもしれないのだが、グループプレイなどは海外のXXXでもありふれているので、必ずしもコミックネタではないのかもしれないし、その辺は判らない。(「絶対にコミックの影響ではない」という言い方は、議論放棄だと思う)
 実際にそういう乱交ゲームになっていなくて、日本の成人漫画が起源でもないのなら、こういう報道はすごく不愉快なんだけども。ていうか自分は中学生妊婦でも高校生妊婦でも全然いてオッケーだろ、っていう金八先生ブーム世代なので、なんていうかこの女の子たちには、いい子を育てて大人たちを見返して欲しいという気がする。いや「いい子」って社会的な意味だけではなくてね。人間としてね。
 以前も書いたけどさ、子供ってどんな境遇であれ生まれた時点でラッキーだと思って欲しいよね。5人妊娠の内で3人に堕胎させたのには大人の力もあるんだろうし(若いので流産もあったのかもしれないが。レイプだったら仕方ないが)、そういうのの方が聞いてて不愉快だ。こういう報道に日本の議員が乗る必要は無し!!! ・・・ぶっちゃけ日本の漫画描いてる人々は、この子たちの応援するべきだと思うよ。   (2010_6/8)
  追: ていうか前にも書いたけれども、変なのは、海外で日本の18禁コミックやゲームが問題になってるのに、国内規制をしようとしている事で。
  まずそういう場合は国外(該当国)への輸出を規制しないですか?その上での国内規制が筋。


◎ 自分が行っているフリーマーケットで、自分と母親の姿が、ストーカー達に目撃されたらしく
  ’フリマでれくと森本(自分の事)を囲むオフ会をやろう。俺は模造刀やエアガンを販売する。カメラ持込可 ’
  などとする、ストーカー予告レスが、2ch同人イベント板に書き込まれた件 → コチラ
  P.S.過去知人の方々には、上のような事などこれまでも起こってきたわけで、ナイフ趣味とかミリタリー趣味とかにも
  僕が反対せざるを得なくなっていくのは僕の立場としては当然だ、と理解してもらうしかないと思っています。(2010_6/8)


◎ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100528-00000094-mai-soci   ><都条例>性的漫画の販売規制…改正案否決の公算大
  なんというか、多分石原都知事の「非実在青少年という単語がよくわからない」という発言が全てをぐだぐだにしてしまった気がするのだが、とりあえず色々な意味で障害が大きかったのではないかと思う。改正案は自分はかなり正しい路線になっているように思ったんだが、なんていうか蓮舫参院議員も集会で反対声明していたらしく、
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100531-00000004-mailo-l13
  >都青少年健全育成条例改正案:蓮舫参院議員も200人に反対訴え−−千代田 /東京
  ていうか蓮舫議員が言うのどうなのよ?!って感じではあるが。石原都知事が自民党だから言ってるんじゃないだろうね?僕は事業仕分けは支持するけど、それは駄目ですよ。都条例改正案調整してるのは民主党の議員がメインなんだから、それって背中から切ってるのと同じでしょ。
  ていうか自分は多分他の人が見ているのとは全然別の意味で、今回の都条例案には疑問を感じていた。
  1: 海外で問題にされているアニメコミックゲーム表現上の児童ポルノについて、問題にされているのが一体通常コミックなのか18禁コミックもしくは18禁同人なのか全く判っていないのに、同人を問題にしないと軽率に言ってしまったり、海外論議に釣られて規制増強案出している人が多すぎる事。
  2: 性暴力は問題にされているのに、実質的な暴力行為(や暴力団や愚連隊行為)に媚びるかのような肯定描写を問題にしていない事。
  3: 大御所の作品にも問題性のあるものはあるのに、大御所の作品はノン規制になりかねないこと。あくまで平等であるべきだと思う。
  その他もろもろ疑問点はありますが、なんと言っても某最大規模同人イベント側が出してる主張にふりまわされた自体が最悪でしょう。あのさ・・・同人誌ってのはパロディ作品が多いし、パロディである以上はアニメや漫画やゲームの販促を必ずしも応援しているとは言えないわけで。同人誌は版権料払ってないんだから。ファン精神で作ってなければ海賊本で盗作本でしょ?だからこそ異常趣味系のエログロ系パロディー同人に自分は反対してきたってのはあるわけで。
  ていうか、何のために規制案を作りたかったのか、そ の 原 点 に条例案は立ち戻るべきだと思う。あまりの反対の多さに、都議会側が原点を見失ってるよ。その為だったら僕は都産貿同人規制の際にこのスレ立てられた立場として、都条例改正案作る側に協力しても構わない。どうせヒマだから。(・・・って、誰もそんな話は持ち込んでこないだろうなぁ)
  ていうかコスプレイヤーが金属製模造刀を最近持ちすぎなので、京都や栃木なみに、青少年条例で青少年への金属製模造刀の販売貸与を禁止して欲しい。そっちの方が急務かもね。    (2010_6/8)
     

◎ 石原都知事は「非実在青少年」なんてわけのわからない表現はやめるべきだ、と言ったらしいけれど、自分はこの用語には賛成する。石原氏が現状のコミックの問題性を直視しているかわからないので。問題は現実にそぐう規制になるのか?って事で。
  ていうか、漫画家が1400人近く署名というか都条例改正に反対したみたいなんだけど、そりゃ表現に制限加えられれば反対するよな、って事で、人数自体は政治側としては多分全く無視して構わない人数なんだよね。大御所がまじっていようがそれは無視でいいのではないか。問題はその他大勢の漫画家たちの作品の現在から今後への指向性なのだと思う。
  どういう指向性の人が条例に反対しているのか?もしかしたらとんでもないエログロかもしれないしね。女が半裸で剣で戦うのに服は破れて血は流れない作品とか、自分はフィクションとしても最低だと思うね。そうじゃない動機で反対している人たちもいるかもしれないし。有象無象ピンからきりまででしょまじで。
  たとえば、一切今回の都条例改正に反対しない漫画家さんがいるとして、そういう人はどういう作品を書こうとしているのか?その人って今売れてないかもしれないが、作品は良作かもしれないじゃないですか。
  反対している漫画家さんたちの漫画は全部都でチェックしてみる価値あると思いますよ。いちいち見ないと思っているのかな反対漫画家たちは。
  自分は「ヴァン●イアバンド」はなかなかかなとは思ってはいたけど、やっぱりこの作品の原作者も18禁の規制強化があったからあの作品を書いたらしいし。ていうか僕は同作家の18禁のフラ●ボウ輪姦公衆便所化同人誌やその他グロ系エロ同人にはほとんど賛同できないもんなぁ。歯止めあった方がいい作品描けるタイプの漫画家にとっては、その方がいいんではないかなぁ、と。
  アニメやコミックから牙を抜くのがいい事だとは思わないけれど、今のアニメやコミックは(18禁など特に)弱者の味方ではなくて暴力やごり押し(18禁作品的にはレイプ団など)の味方をする牙ばかりなんだよなぁ。そういう作品の牙は抜いてしまえってのは、確かにあるかもね。(2010_5/26)


◎ http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1005/21/news026.html
>都条例改正案 アグネス・チャンさん「子育て条例だ」 里中満智子さん「誤解生むあいまいな条文」   自分的にはどちらの意見も理解できるしどちらももっともかもしれないとは思うけれど、正直漫画家である里中さんも今のコミック界が少女を性的対象とした・・・という意味のコミック内容のすさみっぷりは理解していないかもしれないと思う。18禁の異常系とか、どうせ里中女史は見ないだろうし。
  というか都条例が規制したがる焦点がかなり現実とずれてきているのは確かなんだけどね。だって異性の少年少女を性的対象にしたものを、少年少女から遠ざけるって、それは変じゃん。少年少女にとって性的対象は同年代に決まっている。あと、少年少女にとっての性的対象は異常な作品の方が影響性が高いのに、それを大人が入手できるが大人が影響を受けない(に違いない)と思う・・・って?
   何でそう思えるのかな。児童に対する犯罪を犯す多くは大人だと思ってたんだけど。そこまで未成年の少年による少女へのレイプや輪姦などの犯罪行為が最近多いって事なんだろうか?いや実際多いんだろうとは思うが。携帯小説ってそればかりだし。
  大体においてまず民主党が言う「18歳成人」で「18歳になるまで全部児童」というのが「青少年少女期」を丸々除外した極論に過ぎないわけで。
  親も学校も18歳になるまでは児童として性の世界の情報は与えないけれど、18歳前に既に風俗店に普通の女の子が青田刈りされてるわけで。そういうのと必死に自分は戦ってきた気がするけれど。
  ていうか教育でも何でも「第2次性徴が来たら青少年少女同士で恋愛感情は持つのが普通」というスタンスに立たないと駄目なわけで、親が子供を育てる上で大事な事はちゃんとそれまでに叩きこんでおくべきだって事で。親のぐうたらを認めてどうするの?
  気持ちとしてはどちらの気持ちも判るんだけど、どのような最低な表現があって、何が少年少女に「悪影響」を与えてるのか、って事を、直視しているのだろうか?と思う。
  コミックやアニメ業界には売れる売れないでの淘汰しかないので、そこには自浄もなければ善悪も無い。
  大人の漫画家も、真剣に悪影響を与えている作品群を直視し断罪しないから、問題が解決しないのだと思う。 (2010_5/26)

   ◎ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100525-00000049-mai-soci  
  >コンビニ標的に用心棒代…資金難で新手法
  自分の事を同人イベント板で攻撃しているスレッドを見ている人なら、何について僕がいいたいのかなんとなく判ると思うんですが、記事の場所柄も含めて「察するように!」としか言えないなぁ(笑)。ていうか、警察の方々も色々頑張ってくれて感謝ですまじで。
  企業の用心棒は与党総会屋だけじゃないしなぁ・・・って話。同人界や業界も無縁じゃなさそうです。 (2010_5/26)


◎ なんというか、最大規模同人即売会関連の悪質スタッフ集団によって、僕とかが脅迫的なデマ中傷を受け続けたあげく、僕的には言葉狩りなど色々と表現するのが困難な状況に置かれている昨今なわけですが、
  「表現者が萎縮する」・・・? ・・・連中の言えた事かと思う。「販売停止にするぞ」とか「サークル参加させないぞ」「ナチスコスプレやミリタリー趣味や猟奇18禁を批判したらてめぇ出禁にするぞひっひっひっ」などと萎縮させ続けているのは即売会のスタッフの側なわけだし。
  なんていうか、自分に対しては、表現者でも何でもない連中が表現規制かけ続けてきているわけで(自分も相当に休んでいるけれど)、その辺自分は極めてうざいわけですが。

  要するに最大規模即売会のスタッフほど規制行為や販売停止行為に酔っているスタッフたちはいない。にも関わらず都の規制推進派を叩くというのは、つまり「規制をするのは俺たちであって、一般人のやる事じゃねぇぜ」というだけの話で、つまりはくだらない縄張り意識と、スタッフ側がイベントで同人作家を規制するという権利意識に酔い続けたいという妄執でしかないよね。

  ぶっちゃけ今出版社はそこまで表現者を萎縮させてないでしょ?一番表現者を萎縮させてる存在って、ぶっちゃけ最大規模即売会のスタッフだよなと思う。にも関わらずあの改正案にも文句があるの?
  要するに規制全面反対連中ってのは「俺たちは規制を受けたくないあーあー聞こえない」って言いたいだけだよなと思う。で、大人は大人でどこまで現在の漫画がひどいか見ておらず、同人誌を規制から除外するとしている段階でかなり規制側は負けてるよね。ぶっちゃけ「風と木の詩」は大丈夫、「ハレンチ学園」は大丈夫、とした事の根拠が、どっかおかしい。
  性的な事は確かに色々問題かもしれないが、現実的な身体的「暴力や傷害行為」の描写の方が問題なわけで。「暴力や傷害沙汰」の内容に関してノン規制だというのが自分は理解できない。

  ちゃんとした内容規制するなら過去に支持された作品も今の作品も、同じ目線で規制すべきであって、大御所の作品だから許すっていうのは自分はどうかと思います。
  僕はぶっちゃけ、どっかの漫画家が「過去こんな作品書いて若者に悪影響与えてすいませんでした。自分は筆置きますから若者には好きにやらせてやってください」って、断筆する作家が出たっておかしくない状況だと思っているし、そういう筋の通し方が必要な作家もいるんじゃないかなぁとは思っている。

  ていうか、海外(カナダ等)で問題になっている「児童ポルノと見なされたイラストの絵」って、本当に版権イラストのなのか?って聞きたい。同人系のイラストが流出して問題になっているのに、同人にノン規制ってのはなぁ、と思う。
  若者に悪影響を与えるというか、十分成人男女に悪影響を与えるものが多いじゃないかと。「成人男女なら自己責任だから」それでいいんですか?まじで?
  つまりこのままでは「日本という国が出版を認めている産業文化的には一応1段階規制をあげましたよ」という、ただの スタンドプレイ になってしまうわけで・・・
  ぁ今後国会がおちつけば児童ポルノ法改正案についてもどこかで国会審議はあるのかもしれないけれど、何らかの規制をする側としては、もっと色々と広い視野での現状直視をするべきだと思う。
  規制側もそうとう頑張ってるみたいだけど、まだまだ現状直視できてないのかもしれない。

  ていうか、彼らのわりを食って規制された3D写真方面や写真家芸術家側の有識者たちからの意見、臨床精神医学側からの有識者の意見や、人権問題のプロフェッショナル側の有識者たちの意見が、この議論には全く欠けている。  (2010_5/18)


◎ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100513-00000005-jct-ent
  >「『ラブ●ラス』美少女キャラ汚された」 漫画雑誌ストーリーにネット騒然
    >寧々が漫画雑誌で「淫乱」に描かれていると、ネットで大騒動になっている。
  ・・・で、こういう風に騒然となったりするんだけど、だったらどうして同人ではそういうキャラクター群に対して、18禁でかなりきつい(集団)性暴力的妄想をしたりして描くのかというのが本当に自分は疑問。
  その上で、エロ好きのオタクにウケて売れる方を出版社が選ぶなら(この場合講●社)がこういう事が起こるのは当然なんじゃないかと思う。いや、煽っているわけじゃなくて。
  セリフで見る分にはわからないかな。過剰反応って気もするんだけどな。オタクの過剰反応って最近確かに多いよ。

  最近の自分がオタクどもを見ていてマジで不愉快なのが、けいおんの「律ちゃん」が「ビッチ」呼ばわりされているって事で。   http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1271222062/
  >【アニメ】「けいおん!!!」律ちゃんが「アニメビッチ四天王」の一人に! ちなみに他の3人はナギ、八神はやて、東風谷早苗
  彼氏がいるってだけだろうと。海外だったらビッチって娼婦のことだよ?「非処女=娼婦」?そんな事すら数十万人もオタクいて気づかないで何も恥ずかしくなくて連呼してるのが、本気で恥ずかしい(ていうか某店内のアンケートの話だがそれが2chのけいおんスレとかに拡大するか普通)。軽蔑に値する。
  (「ビッチ」ってのはさ、金でHする女とかの事だから、確かに貢物とかやたらもらってアッシーメッシー(死語)がいるような、「金・権力志向」の女性ってのは海外でもビッチ呼ばわりはされるんだけど(それで彼氏選んだり結婚したような場合でも。)、律が金満権力志向だなんて自分は思えないんだよなやっぱり。誰とでもってわけでもなかろうし)
  妄想で律ちゃんのような好キャラを侮辱して、逆に妄想で寧々ってキャラクターを崇拝しているわけでしょ?最近のクズオタって何考えてんだろ?やっぱネットだけで現実の女性と会話とかしないからそうなるのか。
  大事なのはキャラの気持ちの問題じゃん。キャラクター自体を描き損ねているんなら別だけど、男同様、女の子にも性的欲求あるってわかってない子供が多すぎるんじゃないか。
  本当に病気だって人だけじゃなく、全オタクが集団で擬似アスペルガー方面に突っ走っているんじゃないかって気がする。深呼吸すべし。
  つまり、なんでそういうキャラクターのH同人誌できついようなのが同人でのさばってても誰も否定しないのに、公式ものがちょっとH系にずれると批判になるのか?って事なんだが、それはさておき、まぁラブ●ラスの場合は確かにファン感情を無視した事は、出版社側は反省すべきだと思う・・・が、無理っぽいかもなぁ。
  同様、そういうのがウケルと認識させているのはファンなわけだし、2次創作の同人誌でそういうのを描き続けている人々は反省すべき・・・って気がするがそれもまた無理っぽい。
  リアルな素のままのキャラにぎゃあぎゃあ言ってるようなオタクっては、身近な女の子にもぎゃあぎゃあ言うのだろうか?言って好転するならまぁいいけど。
  いずれにしても自分は、律ちゃんビッチ発言している連中が嫌いだって事で。 
(2010_5/14)


◎ http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/384543/
  「しずかちゃんの入浴」「エヴァのヌード」はOK 都2次元児童ポルノ規制条例
   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100504-00000571-san-ent
  >漫画家を参考人招致へ 泥沼化する「2次元児童ポルノ規制」で都議会
  自分的にはこれでそこそこいいと思うのだが、根本的に「18歳未満を全て児童と見なしたい」とする今の政権側のスタンスはあまり変わっていないわけで、悪い性表現より良い姓表現を伸ばしていく、と云った、そういうスタンスじゃないのでどう言ったものか、という感じではある。ただ、自分はこの代替案にはほぼ同意。
  なんていうかすごい進歩だなと思うのは文中の

  >一方、規制対象は「いわゆる『エロ漫画』のうち、子供との性行為がメーンとなっているもの」。
  >「(非実在青少年の)悪質な性行為シーンを『売り』にしたものに限られ、(近親相姦や婦女暴行といった)通常の子供が経験する性交と明らかに別物」とし、
  
  の部分で、「通常の子供が経験する性交と明らかに別物」の所。通常の子供が性交を経験することは「ある」としたのがすごい。その上で、それとは別物の異常(アブノーマル)な性交・性交類似行為を 児童に見せるべきではない とした所に意義があるんじゃないかと思う。「近親〜」などが必ずしも異常かは別として。イトコ同士の結婚は法律で許可されているのだから、「異常」と言う根拠を追求するとろくな回答が出てこないケースはある。スカトロなどは異常としても。
  あと、一般コミックの方が同人誌より影響性があるとするのは当然なのだが、同人誌に一般への悪影響性がないとするのはどうかと思う。最大規模同人誌即売会の名前をオタクが知らないとは思えないし、コミックファンで同人誌ジャンルを知らない人が多いとは考えられない。
  大体、海外から突き上げを食っている2次元児童ポルノなどには同人イラストもかなり混ざっているはずなのだから、その内また突き上げを食らう筈だ。言ってみれば規制までの時間が稼げたという事でしかない。
  
  逆にいうとしずかちゃんのヌードがOKという事は、これまでのバストトップ規制自体をコミック系ではほぼなくしても構わないのかもしれないし、その辺の衝突軟化を自分は期待したい。
  多分自分たちの人形ジャンルとかは今後ほぼ無問題になるだろうし。
  書きたい事は色々あれど、今日は子供の日なので自分的には子供に戻った気分にひたりたいという事でこれ以上は更新しません。一応連絡まで。(2010_5/5)



◎ http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/325202/
  >日本製「エロ画」所持で有罪判決! カナダ人の双子青年
  今後のアニメコミック規制に関してかなり影響しそうな判決が海外で出たので一応紹介。
  カナダ側からこういう判決が出て、それが日本に圧力をかけてくる可能性が出てきたわけで・・・本来、問題はこの双子青年たちが、どういう「エロ画」をコレクションしていたのか?という事だと思う。カナダの人々がいわゆる日本の美少女系などに詳しいとは思えない。カナダの人は多分単なる少女のヌードイラストも、幼女のヌードも、過激な性描写も、四肢切断やスカトロなどの悪質虐待表現も、ごっちゃにして把握してしまうのだと思う。
  カナダ的には、おそらくこの双子青年も日本のエロ文化の被害者だと見なすだろうから、その「カナダという国の持つ親感情」を無視することは難しくなると思う。

  だから自分は内容規制をする上で、「どこまでが許され、どこまでが許されるのか?」という基準(テンプレートでもいい)をしっかり作るべきだと昔から何度も言ってきたわけだけど、コミック擁護派とかいう連中はそれを一切聞き入れていない。
    例えば、今の2ch「萌えニュース」板などでの論議がおかしいのは、「幼い少女に対する悪質な性虐待妄想でも、2次元なら許されるが、現実の少女を被写体とした少女ヌードはたとえそれが芸術でも許されない」としているギャップ。
  つまり、それを彼らオタクがを主張している事で、「要は少女を使った性描写のあるコミック中で、オタク達が守りたいのは 虐待表現 である」という事が、逆説的に歴然となってしまったわけです。
  「芸術だろうがどうでもいい」しかし「コミックの登場人物には人権がない」とする感覚は、要は「現実じゃなくてもいいから少女への性虐待を見たい」という願望でしかない。
  なら人権がなければ何でもやるのか。それはナチスなどがユダヤ人ポーランド人や障害者に人権がないと言ったが為に、弾圧や虐殺が暴走したのと変わらない。
  昔は「高慢ちきな強い大人の女を性的に(集団で)しいたげる」的内容のコミックが流行していたけれど、今の「かわいいが弱い少女を性的に陵辱(しかも集団で)虐待、異常行為に到る」という18禁コミックが流行る現状は、18禁のユーザー層が昔より低劣になっている証拠だと思う。

  ただ特に日本の文化には神道の文化もあるわけで(実は自分も母方の母方とか傍系をずっと辿ると神社だったりするのだが)。神と通じる「巫女」は必ず処女だと昔から決まっているし、「源氏物語」の紫の上の話(自分は登場キャラでは紫の上が一番源氏には合ってると思ったのだが)もあるし、「少女」に対して聖性や純粋さを見いだす価値観や暗黙のモラルが昔からある国なんだというのが、ある意味日本文化の「取り得」だったわけだよね。
  そういう意味で、「ロリコン=絶対悪」じゃ無い国が日本だったわけだけれど・・・その視点を自ら捨てているのに、今のコミック系が正当性を語るのは無理だと思う。
  で、国に対する圧力を跳ね返して「わが国の価値観はこうだから」と政府が言うためには、それなりの「良い作品」「許容しうる作品」もなくてはならないのに、それをみんな描く能力がないからこうなってしまったんだとも思う。
  そりゃ無理だ。少女を撮影した芸術ヌード写真ですらポルノ扱いにしてしまったんだから。「内容の良い作品」をポルノ呼ばわりして消した報いなのだから、仕方がない。
  少女を「汚す」ことにカタルシスを感じる奴らが多いからこうなった。セックスとかHとかは、本来子供を作ったり愛を確かめる行為なので、汚す行為じゃない筈なんだが、綺麗な存在を汚すのが大好きなマニアが多いのでこうなったんだろう。
  コミックなどの性表現でもその辺のモラルが守れればよかったのかもしれないんだが、今のように異常趣味系とかなんでもござれじゃあ、海外に対する言い訳は難しい。海外に弁明をするには、2Dと3Dの区別化じゃなくて、内容の悪質さをキャラの年齢を問わずに正していく力も必要なわけで・・・
  こんなニュースもあるようです。 ・・・年齢関係なく、規制らしいよ。
  http://www.excite.co.jp/News/column/20100421184900/Slashdot_10_04_21_074229.html
  >男女共同参画局が「女性に対する性暴力表現規制」を検討するようだ
  (2010_4/22)


◎ 昨日開催された同人誌イベントのサンクリに、刃物男が出現して女の子を追いまわしたあげく警察に連行されていったらしい。2chの現スレッドとツイッターのまとめは以下。あとは各自で調べてくださいと。
  http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/comiket/1270992596/
  http://togetter.com/li/13744
  しかしなんか動機とか経緯がさっぱりわかんないなぁ。東方マニアだという話も出ているけれども。サンクリはCPSと手切れした後、客観的には結構頑張ってると思ってたわけで、ぶっちゃけこれはアキバ事件と同じ個人個人の問題だと思うのだが、バックボーンにはオタク問題や社会問題とかがアキバ事件同様控えているかもしれないので、今後の報道を待とうと思う。ていうか報道されないかもしれないが。 (日記と同文ですが、以下進展あった場合は書きたい事はこっちに書きます  2010_4/12)
  (追:ていうか自分、アキバ事件以後にサンシャインの会場側にも、刃物チェックと猟奇エロ同人誌チェックはしたほうがいいと、連絡した事はあるんだけどなぁ・・・。かなり残念;) 
  

◎ http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/comiket/1270465374/97
  ↑こんな事を書いてる人が、この人だけでなくかなりの数いるみたいなんですが、最大規模即売会が無くなったとしても同人文化が消えるという事はありえないよね。僕はあの即売会がすぐ無くなるとも思っていないけれども。
  ぶっちゃけ2chの特設●●●板が、同人イベント板になって、元がほとんど宣伝板のような効果を持っていたが故に、ビッグサイトの同人イベントなどでも名無しで2chに書き込むスタッフ数が多いイベントが勝ち残って、イベント擁護のようなことを名無しでしない(つまり品行方正なおとなしい)イベントは、ビッグサイトのような大きな会場を離れていった。例えば、コミックワールドとかコミックライブとかね。自分はその辺にサークル参加してたんだが。
  これは会場レンタル代の高騰化も原因なのだが、ぶっちゃけた話、アキバブームで客観的にも90年代よりも参加者数が倍になった「オタク層」が、実はディープではない新参層もしくはエロオタが多かったために、具体的に知っているイベントやイベント会場が少なく、結局大規模なイベントが話題にのぼるため、結果、最大規模イベントの一人勝ち状態になってしまっていった、という事があると思う。
  都産貿や文具協和なんかは老舗の会場だけど、あそこでオンリー開いてきた主催達は元はよほどに頑張ってきた人たちだしね。でもそこに最大規模即売会の派閥がオンリーイベント開くようになると、結局 俺たちは最大規模の手の者だ偉いんだぞ 的に好きな事をやる。結果、異常趣味系同人イベントが都産貿で開催禁止になって、ゾーニング必須化して現在に至る、わけで。
 (※例えばビッグサイトでいつもは長物禁止なのに、水戸でイベント開催すると銃刀法22-4で本来携帯禁止な筈の金属模造刀をスタッフ自身が持ち込む・・・ってのもその種の好き勝手です。)

  ていうか、コス研究のページなどにも書いたけれども、元々漫画同人誌が有名になったのは、石森章太郎氏とかトキワ荘の人々が同人誌を作ったりしていた事が有名になったのと、聖悠紀さんたちが超人ロックや作画グループ系などで頑張っていたからだし(最初の超人ロックなんて1967年だから)。80年代頭くらいまでのトキワ荘漫画家ブームやアニメブームがあり、先達の巨匠たちに追従する形で同人誌文化が生まれたのだから、即売会がなくなろうが同人誌ジャンルが消えるわけがない。「マーケット」としてはダメージあるかもしれないが、同人誌が法的に禁じられる事はないでしょ?
  ていうかまずベクトル的にそういう問題ではない。
  ファンジン→アニパロ→やおいやエロパロなどがあまりに増長し過ぎたような現在の「同人誌文化」ってのは、ある意味最大規模同人即売会がゆがめていった文化なわけで。いや最大であるか否かを問わず、「即売会」というものがあるからこそ、売らんかなの同人文化に捻じ曲がっていったわけじゃないですか。でもプロになる上では「売る」という行為は大事だけれど、パロディーだけじゃ自分の中の何が売れて何が売れないのかってトレーニングも出来ない。
  例えば、小学館が石森章太郎氏の「まんが研究会」というマンガ創作法本を出したり、80年代になってからは「つくろう!同人誌」というような本も出ていたわけだけど、それらはあくまでも「オリジナル作品を作ってそれをみんなで持ち寄って作った同人誌を売る」という形態を奨励するためのもので、やおいパロやエロパロを推奨する為にそういう事を各出版社が勧めたんじゃないじゃないですか。
  もし最大規模即売会がなくなったら?だけど、自分は結構同人誌文化が本来のオリジナリティーのある形態に戻りながらも、色々ラディカルだったりアバンギャルドな表現は出てくると思うんだよね。当然創作系のコミティアみたいなのは生き残るだろうし。
  既にキャパシティーを越えている以上、問題点を修正しながらでなければ、最大規模即売会だって続けようがない筈なわけで。その修正努力を最大規模即売会がするのはあたりまえですよ。「表現の自由」にしろ、トキワ荘作家さんたちの若い頃からの「同人誌」にしろ、今は理想もなく肥大化しまくったオタクや腐女子やスタッフの集団でゴムを伸ばしているようなストレスをかけているんだろうなぁと思う。
  多分その「表現の自由の名を借りた他者への影響を考えない勝手し放題」がストレスを過剰にかけてジャンルのゴムを切る瞬間が、最大規模即売会の終わる時だと思う。
  それが5年後なら5年後、10年以上後ならそうなるだろうし。けれどもそれが今だと言うのなら今なのだろうし。判んないよね、時期的な事は。
  でも、キャパシティーに余裕があるから水戸ではコスプレで金属模造刀携帯OK、ってそれは違うでしょと言いたい。
  そのストレスを軽減するための努力なくして、ジャンルは続かない。要するにジャンルを大事にするためにはどういう表現をすべきか?という逆算で、描いていい同人、描きたいと思ってもやめておいた方がいい同人を、考えて欲しい気もする。18禁を描くなとは言わないので。それが手遅れかどうかなんて、きっと神ですら判らない。  (あ、僕もわかんないです。  2010_4/6)


◎ 最大規模同人即売会ですが、茨城で開催されたSPその他等で、やはりまずい事をしている可能性大のようです。
  この辺(※4/12現在8スレッド目)に書かれているわけですが・・・なんていうか、
  ワンフェスでもディーラーが限定欲しさに上に行こうとしてエスカレーターに詰め寄ってたりしたけど、このスレッドで話題にされている件はスタッフ内輪の行為なので、あんなもんじゃないようです。
  (現時点(2010_4/4AM3:00)まで自分はこの話題のスレッドに書いてません)
  ていうか、イベントは参加者の為にあるのであって、イベンターが一番利を得ちゃいかんだろう、ってのが、やっぱプロ意識の足りなさだなぁと毎度のごとく思うわけですが。
  新会場で会場側の目が行き届かないとこういう事になるのだなという感じ。CPSの不正経理謝罪も個人情報のWinnyによる流出問題もあったけど、再び問題あからさまに再燃のようです。
  ていうか随分前からビッグサイトのイベントでも準備会総本部が東の18禁同人誌売り場などに隣接していてその気配も噂はあったわけだけどね。茨城の方はそういうのを見慣れてないので、見た人が暗黙の了解を出来ずに問題化したみたいです。当然と言えば当然だが。
  スレッドの進行度からしてほぼ事実のようですが、アニメコミックファンももっと注目すべき事だと思います。(2010_4/4)
  

◎ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000928-yom-ent
  >「みんなのうた」に不適切映像…DVD回収へ
  「おばあちゃんの背景に女性の尻や胸、下着姿の写真がそれぞれ約0・1秒ずつ映っていることが判明した。」って事なんだけど、ぶっちゃけた話、こういう回収騒ぎこそ「異常」だろうと思う。当時子供が見ていたわけだし、当時はそれで良いという事で発表したものでしょ?子供向けなんだから母性じゃないか。おばあちゃんが生きた時代の表現であるというのならそれでいいじゃないか。子供がそういうのを見て性的妄想をふくらますとでも言うんだろうか?
  なんか母性ってみっともないって思ってるんだろうか。こういうのにクレーム出す人たちって、「大哺乳類展」も子供に見に行かせたくないんだろうなぁ。それにしても0.1秒ずつって何?むしろサブリミナルとか、ポケモンの画面点滅てんかん発作事件的で問題になるとか、そういう回収理由の方がまだ納得行くじゃん。まぁサンプリングやコラージュ的に写真を使ったというのなら、たいした重みもないかもしれないけど。
  大体回収がNHKのDVD会社によるものだっていったって、その手数料も手間賃も代品のプレス費用も、日本の各家族の払った受信料から払わなくちゃならないじゃないか。
  なんていうか「みんなのうた」もまた「表現」だと思うわけだけど、テレビ局が一回公共放送でOKだして表現したものをここまで自信なさげに回収するって何なんだろうと思う。  (2010_4/2)
  

◎ 10年以上前に栗山千明さんのヌード写真集が児童ポルノだと言われて問題になった時に、撮影者の篠山氏が 芸術のためにモデルが頑張ってくれたものをわいせつだと言われてハイそうですかと認めるわけには行かない みたいな趣旨の事を言っていたんだけど、自分も本当にそう思う。それ以前だったら撮られているモデルの少女側は芸術のためにと思って脱いでいるわけで、それを政府だの各地方自治体側が勝手に「児童ポルノ」だとか「わいせつ」だとか決め付けるのは、思い上がりもはなはだしいと思うわけで。僕もそういう論理には乗りたくない。
  ↑に書いた「コンピューターおばあちゃん」のDVDに限らず、本当にモデルにお金を払って表現された昔の映像や写真ってのは、その時々で協力努力している人たちが多いわけで、そういう人たちは「実はあの場面の子はね」とか「若い頃はテレビ番組や写真集や芸術のために協力した」と、それを誇りにしてその後の人生を生きていく人たちもいるわけじゃないですか。
  そういうのをポルノだとか不適切だとか言い張ってつぶすって、それは過去に身体を張った表現をした人たちへのガチガチ頭の人たちからの侮蔑でしか有り得ないと思う。女の子の裸で金儲けを狙う人々については自分もどうかとは思いますが・・・・・・身体を張った人たちに対して、頭が悪いから軽蔑しても良い、なんていう風に権力側が考えてるなら、自分はそういう人たちには反対です。 (2010_4/2)


◎ なんていうかこの社会って、子供もいない側に対して、子供のいる側が
  「子供の身体は私たち子供を持ったものだけが見る事のできる特権なのよ。あなたたちのように子供のいない人たちには見ることができないのよ。うふふふふふ・・・うふふふふふ・・・・・・」みたいな社会になだれ現象起こしてる気がする。結婚して子供を持てるのはそれは幸せだろうけど、それで他人を軽蔑しないで欲しいよなぁと。子供のいない老人とか子供作れない人とか泣くぞ。どうせ正しい結婚かなんてわからないし。同性から汚いやり方で異性を奪って結婚しただけかもしれないし。
  一応子供ができない人でもスキンシップを人間として求めるからこそ、養子制度のようなものも存在するわけだし。
  2chのゴミ集団が勘違いしていたけど、養子制度って財産をつがすためにあるんじゃ無いぞ?書面問題じゃないだろ、偽装結婚じゃないんだから。 (2010_4/2)


◎ ていうか、例えば80年代に起きた昔の最悪な事件のおかげで、例えば仮面ライダーBLACKRXの続きの3作目ライダーは製作中止になってたわけだけども、
  例えば「剣」や「ナイフ」を使ったTVアニメは軒並みスポンサーと製作会社が自粛する事になった記憶がある。事件のあった年からだけど当時は結構長く感じた。
  それが緩んできたのは、確かテレビアニメの「ドラゴンクエスト〜ダイの大冒険〜」位からだと思う。あれはまぁ国民的RPGだし敵がモンスターだったからまぁOKだったのだろう。「テッ●マンブレード」というのもあったがあれは主人公たちがテックセットした後の戦いなので・・・と思ったもののレイピア=ミユキに対する虐殺描写は自分的には完全にアウトだった。まぁ作り手側が不必要にバイオレンス大好きみたいだしどうにもならんか。作り手スタッフに本質的に虐め(いじめ)が好きな奴がいると、作品にまる見えなんだよな。
  そういえば「FSS」でもモーターヘッド(ロボ)は実剣装備だが、パイロットの騎士はほぼ一貫してスパッド(ライトセーバー)だった。アマテラスとか脇差持ってるし後に実剣持ってるキャラ増えたけども・・・TVアニメ化の想定が消えると同時に・・・って感じだったんだろうか?
  その次が「るろうに剣心」。今の子たちは客観的に「あれは普通に刀剣が登場するじゃないか」と思うかもしれないけれど、主人公の剣心は「殺さずの流浪人」であって、主人公が絶対刀で人殺しをしないというのが大きかったわけです。だからTVアニメが通った(DQダイもるろうにもジャンプ系なんだが。実は自分は「剣心コス本気でやるならば木刀塗装で逆刃刀作れよ!」などと無茶な事を思ってたりもする。剣心コスは模造刀(※規制問題ページ)でやるより木刀や竹光を塗装しなおして逆刃刀作った方が「リアル」なのです。抜刀禁止イベントだと意味ないってのは確かだが)。
  でも剣心のサブキャラクターたちは結構無茶に人斬りやってたりするし、そのサブキャラファンが増えたようなニーズから、結構時代劇アニメとか剣で人を切るアニメが復活してしまった気がする。そうなるともうテレビでスポンサーが気にしていた刃傷沙汰規制なんてみんなコロっと忘れてしまう。その内「ひぐらし」などが出るに至り、深夜アニメでの刀剣描写やミリタリー描写激増に至って現在に至る(随分はしょってるが)
  そういえば、18禁コミック・同人モノの四肢切断的描写というのも最初はサイボーグロボット少女や人形少女の描画から始まったんだよね。一旦人間じゃない擬似人体にした上での表現という。それも80年代後半のスプラッターホラーブームでもうグロテスクな方向に行ってしまった。ていうかあれはバイ●レンスジャ●クの影響も大きいか;
  一旦規制で収まったとおもいきや、またグロブーム復活するし。
  つまり結局の所、調子に乗るお追従連中というのは絶対出てくるものだから、倫理を気にしている作品が表にある分にはまだしも、時が過ぎて過激を求める作家が倫理を捨てるとともに、良識ってのが失われて、結果、再び規制されるに至る、その繰り返し・・・って事かもしれない。 (2010_3/23)


◎ 極めて造型が緻密なビスクドールの少女を数十〜数百万円出して購入する大人の方々がいる。その方々は40代どころか50代以上の方々もいたりするが、子供がいないという方も多い。
  そういう人にとっては、そのドールは娘の代わりであり、ていうか娘そのものだと思う。
  その種のドールにいわゆる修正だのなんだのがないのは、自分の命を代わりに受け継ぐ者という意味で、次に命が続くことを夢想する意味で、修正されないことが必要条件ってことなんだ。
  そういう風に思える人形、いつか自分も作れればなぁと思いますが。遠い遠い夢だね(^^)!! (2010_3/22)


◎ ていうか、なんで18禁ジャンルでの異常系内容規制をしないんだろうか?なんで海外のように局部無修正化をしないのだろうか?不思議でならないわけですが。
  欧米系だとアダルト系は全部無修正が当然だし、実際海外アダルトサイトもほぼ規制なしで日本で見れるわけなので、もう無修正=わいせつっていう考え方はかなりの時代遅れなんだよね。考えようによっては、規制撤廃をする事によって18禁コミック業界が活性化するって考え方もあるし。同人とかも全部再販かけられるだろうし。
  でも、なんで業界とかが無修正化したいと言い出さないかというと、つまり過去に修正付で売ってきたAVやコミック類の再販売ができなくなるから。コミックは印刷の版を変えなきゃならないし、AVは女優さんに修正除去の許可申請をしなくちゃならなくなるし、過去のAVやコミックなどは内容の薄い作品だと意味がなくなって価値が暴落するかもしれない。それでみんな「修正を外させてくれ」って言わないんだよね。異常系禁止だと売れなくなる作品群も多いじゃないですか。で、海外サイトで日本の美少女アニメや流出AVが売られる顛末になっていくわけで(違法ではないが)。
  でも、悪い事に、無修正=わいせつとして取り締まっているからこそ、DQNな人たちが流出ものの裏DVDや裏サイトで大もうけするんだよね。最初から無修正が当たり前になっていて内容審査があれば、そっち系の人たちの金儲けには使えない筈でしょ?(って、まともな人たちはAVとか作らないか)・・・でも海賊版として取り締まる事はいずれにせよ可能。
  そういうのを作ってる側は、まずもって芸術系とかけはなれてるわけで・・・なら、芸術系だけでも無修正にならないか、とか言うと(意外と最近はスルーされてるんだけども)、絶対にAVや18禁コミックが怒り出すわけじゃないですか。別に自分はそれでもいいんだけども。
  ただ、やばい系の人たちの裏仕事にお金が入っていく事を防ぐためには、政府側が無修正を認可した方がいいのは確か。過去の作品群が暴落する可能性があるとしても。でも18禁業界って法律を変えようって根性ないから、多分無理だと思うけど。大人って駄目だね。 (2010_3/22)


◎ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100321-00000005-mai-soci
  ><児童ポルノ>日弁連が「単純所持」禁止…規制で方針転換
  表現規制問題はなんか昔(18年以上前)とった杵柄なんでついつい書いてしまうわけだけど、一応後でページを移す予定です。とりあえず今はここで。
  都議会の件も問題なんだけど、こっちの方が問題かもしれない。
  例えば今では児童の裸の写真(や印刷物)は芸術的なものであっても販売など禁止になってしまっているわけなんだけど、そのせいで芸術やコミック表現にも資料的にダメージが加わるようなら、問題というか。(いや、資料としてなら大丈夫・・・な筈だけどここまでヒステリカルでは何とも言えない)
  例えば都条例の場合、2D対象なので、今自分が作ってる球体関節人形には直接関係ないだろうけど・・・服着せる予定ではあるし、少女なのか妖精なのかって路線でやってるけど(元々女性向け販売物として作ってるので発禁になる事はないと思ってるけど、もし人間の少女だと問題というのなら耳長にしたり羽つけて妖精として出さなきゃならなくなる。半ば美術作品として作ってるわけだし、ポルノじゃないとは言いたいが、政府側が何言い出すかはわからないし。ていうか事が3D造型に展開すれば某社のSDとかも規制かかる可能性あるけど。まぁ某社的には下手に動いて目をつけられるよりましかもしれませんが)

  ていうかこういう結論を日弁連が出すってのが判らない。風潮としての萌え文化とか、そういう18禁のエロゲームやコミックに喚起されたロリコンとかは問題だしペドフェリアはもっとまずいと思うけど、本当に現実の心の病気でそうなってて誰にもなかなか言えないって人はいる。そういう人たちへのカウンセリングとか心のケアがまるでない状態で、ポルノどころか、政府が勝手にポルノだと見なしたものを頒布販売禁止にしたのはおかしいと思う(以前だと清岡純子女史の写真集とかを規制したのは神経質を通り越して異常だと思う)。美術と芸術ってのは性と不可分であって・・・って何言ってもわからない奴は判らないんだよな。
  今、都条例改正に反対している弁護士ってのは、完全に考え方を間違えてるから何を言ってもこれを抑えられそうにないし。普通みんなが思う児童ポルノってのは性行為を指すんだろうけど、どう見てもそうじゃないんだから、これはおかしい。

 なんていうのかな、そうなると結婚していない人は児童の裸を見れない時代になってしまう。結婚したくても心や身体や境遇の問題でできない人は大勢いる(僕も境遇的にはそうだ)。自分にも彼女がいて子供がいればなぁと思う事は僕だってあるけれど、そういう人が写真ですら児童の裸を見れない時代ってのは、かなり異常。服着てればいいじゃんってあるのかもしれないけど、家族が欲しいってのはスキンシップを求める気持ちなんだろうし。判るかな。
  (いや、海水浴場やプールに大人一人が行って「寂しいなぁ」なんてもの思いにふけるとしたら普通に不審者扱いされる時代なわけで。)
  ていうか、障害者の人(身体もそうだけど心も)だって、その周囲の人だって、結婚したくてもできない人はいる。パラリンピックはすごいと思う。努力次第でなんだってできるのかもなとは思うけど、できるようになればいいけど、それは人によるし家庭によるしケースバイケースだ。大体資本なり団体の協力がなければあそこまで行けない。こういうのは協力を勝ち得る云々の問題じゃ無い。人権の問題だから。
  仮に結婚したくてもできない境遇の人がほとんど美術品クラスの海外のラブドール(ダッチワイフ)を購入しても、日本に輸入されると性器切除なんだって!!海外ではリアルなのもあるけど、日本だと駄目らしい。目的すら考えてないわけだから、無茶苦茶過ぎる。下手すると数十万円じゃないですか。どんな気持ちで海外から買ってるのかを考えたらこんな残酷な行為はない。
  で、自分の携帯にもどっかの誰かが勝手に登録したようなイタズラメールで、「健常者と障害者とをつなぐH系出会い系サイト」なんてメールが届いたりもするし。(毎日携帯に迷惑メールが届く。どうもどこかのメーカーのメルマガに登録したメルアドが漏れたらしい。涙出るほど迷惑)
  でもさ、潔癖な人は、純粋な人ほど性風俗にも行かないじゃない?
  女性となかなか交際できない状況にある障害者の人や、境遇的に交際が苦しい人で潔癖な人は、一生異性の性器を見るなとでも、この日本社会は言うのかな。結婚してない人は一生人間の子供の裸を見るなって。キチガイか。(海外サイトは海外サイト。日本が認める認めないとは違う)
  そういう意味では局部修正とか、過剰な児童ポルノ禁止法だとか、この国の司法ってのは、この件においては、完全に気が狂ってるんだよね。法律自体が完全に精神異常になっている。

  問題は、もしかしたら病気ではなく正常かもしれない人達まで、異常の枠内にくくった上で、病気だとしてもろくな治療法も確立していないのに、おっぽりだしている現状だという事です。(逆に明らかに異常な攻撃性癖の人たちが野放しになっている)
  いわゆる幼児愛好とかのペドフェリア(「ペドフェリア 矯正」と検索しても多くが「矯正不可能」としている事が判る。滅茶苦茶だと思う)は把握したいのはやまやまだろうが、例えば小学生時代の好きだった同級生が後に他の大人によって性的に酷い目にあったと聞いたことで、自身のアニマ(女性像)が、少年期から成長しないままになってしまう、のような本当の意味でのロリータコンプレックスというのはあるわけで(あんまり詳しく言いたくないが)、トラウマ起因の場合は大人社会に責任があるわけじゃないですか。
  ていうか、昔のブルセラブームでも少女を一番買ってたのは銀行員とか金持ちの社会人だった位だし。仮にだよ?18歳未満との恋愛禁止とかそういう事になって、それで喜ぶのって、要するにこのモノカネ偏重教育の時代だったら、大人とか老人だけでしょ?18歳以上の女の子は20代どころかどんどん30代40代以上の金持ちの大人になびくわけで、それだと秋葉原事件の犯人みたいなのまた増えるよなぁ。
  最近の女の子って(アニメコミック業界や同人界でもそうだけど)結局権力とか地位金のある男(おっさん)と付き合ったりしてくじゃないですか。同世代じゃなくて。それは結局「結婚するなら金のある男と」って事でしょう。人間的理解とかそれより生活力重視なわけで、価値観とか考え方とかよりそっちが勝っちゃうから、例えば同人コスプレイベントに来た業界人に次々と同人コスプレ系の女の子が食い捨てられるみたいなことが昔から起こるわけで。それはコスプレイヤーが同年代より年上の地位や金のある者につくから仕方ない、って意見は確かにあるにせよ、そういう教育をしているのは結局親の責任なんだけど、政府と法律がまるまる親の責任棚上げてるってすごい。
  更に。12〜14歳で女の子に第2次性徴が来るのなら、男が無垢の女の子に引かれるってのは全然異常ではないのだが、健全な恋愛や美術表現すらも規制して勝手に病気扱い異常認定していくのが法曹界だというのなら、いわゆる心のトラウマとか脳の生育による本当のロリコンやペドフェリアの人どころか、ただのハイティーン傾向の人たちも、みんな異常者として切り捨てて、心の病気にしたまま苦しんで死ねというのと同じになるでしょ?
  実際自分も権力や金におもねる女ってのは、汚物としか思ってないけれど。
  で、ともあれ。社会による心のトラウマとかによる少女崇拝をことさら異常視したり、病気扱いしたいのなら、こういう腐った社会によって生まれた「病気」ってのは、国が患者にお金を払ってちゃんと治療させるべきだ、って僕なんかは思う。病気だと言いたいなら病気認定も対応も治療も全部公費でやるのが当然です。
  つまり今回の日弁連の論理ってのはさ、子供を心配する親の視点もあるんだろうけど、健常者と金持ちの、自分と違う境遇の人を思いやってない論理も、半分あるんだよね。
  ていうか、きれいをきれいだと言っても思ってもいけない日本だったら、僕は二度と生まれ変わってきたくない気がする。っていいつつ日本のアニメもオモチャも意外と好きなので生きてる間は楽しみたいけれど。まだこういう事を書いても違法ってわけじゃないので書ける時に書いておきます。 (2010_3/20)
  (追: つまり、今の規制反対派はこういうスタンスに立てないから駄目なんだよね。本当に心から表現を必要としている側の気持ちが判ってないで、単なる2D表現による後天的なエセロリとかエセペドのやりたい放題表現の肯定スタンスに立ってるから、大人に理解させる事ができない。
    当然だよね。最大規模同人即売会は15年間も直営店でナチス軍服趣味などのグッズを売ってきたが、ナチスはユダヤ人やジプシー同様障害者も差別して、同様の弾圧や虐殺もしていたんだから。最大規模同人即売会のカタログにはいまだに障害者対応の語句がないし(昨年頃からな非公式に対応はじめたらしいが)。そんなんじゃこういうスタンスの主張をする資格もないって事かもしれないけど。つくづく主張って、語る人を選ぶよ。)


◎ ていうか下でちらっと書いた侮辱メールの自称23歳女子コスプレイヤー(僕に去勢しろみたいに書いてきた奴)ってのが、僕のことを処女崇拝者でキモイみたいなことを書いているんだけど・・・なんていうか、それって薄汚れた下衆女の嫉妬ですかって言いたい。
  
  というか、自分みたいに性風俗店に全く行かない出会い系も使わないタイプにとっては、女の子とつきあうっていわゆる恋愛しか有り得ないわけで、でもそういうのって縁じゃないですか。縁ってのはどこにあるか判らないんだから、自分で変に可能性を消す気はないです。
  それに、今みたいに性病や伝染病(HIV含む)が怖い時代だと、少なくとも性的経験のやたらありそうな女の子(ごめん僕にとっては10代でも20代でも女の子なんで。)ってのは基本的にはノーサンキューなわけで。多少はあっても仕方ないけど・・・。
  (キリスト教で言う「処女は神に捧げなさい」がまるで嘘!な2000年前後のこの国でございます。しくしく)
  自分もそうだけど、結婚するなら付き合うなら性的経験の少ない女性がいい、って思うのは、生命科学的に自然の摂理だと思うんだよね。性病にかかりたくないし(性病検診受けてて「全く性病歴、ないです!」ってのなら別なんだが)。僕が子供の頃なんかは恋愛経験豊富な人がいいとかいう考え方あったと思うけど、それって「誰を選ぶか」って所でかなり逡巡してHに至らない範囲での恋愛経験じゃないですか(せいぜいキスまで)とか。肯定的に言われる「恋愛」経験って、デート人数やラブホの人数じゃないでしょうと。
  なんていうかじゃなきゃ女性の身体に貞操守る機能がもともとある意味も無いって時代だしなぁ。
  とにかく今回の条例案って、男が「生命倫理で経験の少ない女性を求める」っていう健全さをまるごと否定している気がする。
  で、この間の和田アキ子さんとかが出てる整形番組・・・最後に出てきた42歳でまだ男性と付き合った事もないって女性(見た目すごく地味)が、整形もしないで(整形なしだったんですよ!自分は整形批判派。せいぜい二重化まで)ホントーーーぉぉに!!花のように綺麗になって出てきた時にはホント涙出るほど素敵だと思った!!
  あれだったら婚活しても即売れだよ!!と。あんな人ならお嫁さんに欲しいって思った視聴者、とんでもない数いただろうなぁ・・・。いや正直僕も一瞬思ったけど、あんだけキレイにせっかくなれたのだから、いわゆる社会的にも立派な男性か将来ある若い男性と結婚して欲しいよね。
  シンデレラって本当にあるのかもね。カエルの呪いが解けて王子様に戻る事も、きっとあるんだよ。(・・・と信じたいがぁ、僕の場合は攻撃側に邪悪な呪術マニアとかいるからなぁ。次から次に呪いかけられてるようだと、なかなかかなぁ・・・  2010_3/20)
  

◎ ていうか今回の条例や児童ポルノ法などでいう「児童」って、15歳未満に設定すべきだと思う。「青少年健全育成条例」では青少年という言葉があるのだが、なぜこれらの条例や法案だけ「児童」と「青少年(青少女)」を混同しているのかわからない。
  女性は16歳以上で結婚できるのだし、いいなづけってのもいまだ違法ではないし、Hなしで結婚するわけがないなら、「児童」の年齢設定は15歳未満というか、義務教育期間とすべきだよね。規制派も反対派もなんでこんな簡単な事判らないのだろうか?
  ていうか単純に政府側が「15歳になったらセックスは自分の意思で出来て自己責任取れるようにしなさい!親はそう教育しなさい!」って言えばいいだけなんだよね。高校が実質無償化するんだったら、子供が大学に入らない限りそういう教育も可能だし。(民主党は高校義務教育化したいらしいが、それはそれで平均が高学歴化して誰も下請け仕事を望まなくなるのでこの国はまずい事になる。)
  例えば高校大学教育はなくても工場の工員や料理店の人々などは勉強してひとり立ちしていってたじゃないですか(今はそれも難しいんだろうか)。それなのにこの日本には下請け工場が今本当に少ない。玩具製造工場は海外で、アニメの下請けも海外だ。生き方はひとそれぞれなのに、上が無責任に下を切り捨てコストダウンを求めて下請け側の利益や「下請けとして生きる人生」を全部海外にあげてしまっている。頭だけじゃこの国が動くわけがないじゃない。ねぇ?  (2010_3/20)


◎ 以前同人板かどっかで自分が「処女の子は童貞の子と付き合えばいい」「男がそう何人も処女を騙すべきじゃ無い」って書いたら同人イベントスタッフらしき奴らが「騙される女が尻軽だ」なんて勝手な理屈でゲラゲラ笑ったって事もあった。80年代の昔っからイベントスタッフ(同人、コスプレ問わず)には処女狩りしてる奴とかいるしね。住所氏名など個人情報をつかんでる分連中悪質だけど。そういうのは表現の自由とかそういう問題じゃ無い。(2010_3/20)


◎ http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100319-00000001-diamond-bus_all
  >地方の『美少女図鑑』に“萌え”の行列!大手マスコミだけが知らない儲けの新常識
  別に美少女図鑑に興味があるわけじゃないけど、こういう販売法もあるわけで、
  都条例が気にいらないという人は都外に行くんだろうな、って感じです。
  地方活性化にはいいんだろうけど、件の八王子サバゲー場問題や僕の住んでる近場に金属模造刀イベントが来た時のように、地元民に不安を与えないかみたいな点は心配ではある。 
  つくづく最近のオタク連中が馬鹿だと思うのは、キワモノ趣味について「個人の趣味だどこが悪い!」を声高に連呼しすぎるんだよね。法律違反はしていないというけど、法律と倫理とは違うじゃないですか。自己正当化が過ぎるぞというか。
  小学校の先生が「俺はナチス軍服やナイフを集めるのが趣味で、休日は家で着ているぞ!!だが法律違反ではないんだ!日本はいい国だ!!」なんて言わないでしょ?(すまん書いてて滅亡感を感じてきた・・・)
  「変わった奴に見えるかもしれませんが、おとなしくやりますのでどうぞ許して下さい。」位の方がまだトラブル解消できると思うんだけども。 (2010_3/19)
  (追: ていうか、例の侮辱メールの自称23歳女子(←馬鹿)によると僕は「美少女図鑑」をHな雑誌だと思っているんだそうです。僕は「東京をのぞいた販売経路」って意味で書いただけだよ。阿呆ですか?)


◎ たまに出かけると知り合いの某漫画家さんに出くわしてそのまま歩いて話す事が時々ある。いわゆる劇画系の人なんだけど、とにかく長く(昭和40年代当時から)仕事を続けている人で。で、久しぶりに成人コミックジャンルで描こうと思ったらしくって。でも原稿を送ると「画風が合わない」とか言われたらしい。年齢を考えればそういう事もあるかなぁと思いつつ、感心するのは本当にずっと長く続けていることで、新しい事にも貪欲に興味を持ってるって事。劇画系だけど、マンガも描くしホラーも描くし時代劇も描くし成人向けも描くし小説まで書く。レディースコミックを描いてたりもした。携帯マンガサイトに登録したりもしてるそうだ。自分なんか全然判らない世界。でもやっぱりプロでストーリーは面白い。若者を否定したりしないしね。
  (以前親の知り合いが別の「人間●●●」を描いてる漫画家さんの知り合いで、アシストやらないかと誘われたけどあまりに方向性が違うっぽかったので・・・って事がありました。なかなか難しいもんです)
 話を戻して、漫画家さんいわく「最近の18禁マンガ描いてる子ってみんな上手いよなぁ!目なんか大きくてよぉ。で、身体なんか意外としっかり描いてるんだ。ああいう目の大きい女の子とか、森本君も描けるんじゃない?描けばいいのに」と言われたので自分は照れてしまい「いや、描けるかもしれないけど、出版社とのそういうのって縁だと思うし、やっぱああいうのって風俗店とか行きまくりの人とかじゃないと身体の量感とかしっかり描けないじゃないですか。ねぇ?(笑)」って言った。半分本音。
  ちなみにその漫画家さんって、劇画マニアの世界では意外と評価が高い。けれどもその人はネットをやっていないので自分の評価がマニア達的に高いって事を知らなかったりする。専門店でサイン会とかやればコア層に受けるかもしれないなんて言ったり、「お互いいい話あるといいですねー!」って言って笑って別れた。方向性全然違うし、僕はプロじゃないけれど、続けるって事は大事な事だといつも思わされる。「続ける」って、規制を越えるよ。 (長い視点も大事だって話 2010_3/18)


◎ http://sankei.jp.msn.com/entertainments/game/100318/gam1003180500000-n1.htm
  >【Web】「表現の弾圧ではない」 東京都が青少年健全育成条例改正案を説明
  一応こんな感じで説明されてるらしい。この説明は比較的安心できると思う。
  >『漫画家などの著作権者が対象ではない。青少年に対する販売や貸し出しを規制する。非実在青少年の性描写をするのは駄目、それを成人が見るのは駄目といっているわけではない。表現の弾圧や検閲ではない』
  >「ランドセルや制服、教室などが明らかに描写されている場合は、18歳未満と判断される。少女のように見えても、そうした点が表現されていなければ、18歳未満とはされない」   (ファンタジー系は結構クリアできる気がする)
  >「非実在青少年」に対する、『表現の激しさよりも、設定を重視する。通常のストーリーで必要な表現として描かれた性行為ではなく、強姦や近親者との性行為を肯定的に描くなど青少年の感性がゆがむような表現が規制対象となる。』
  との事なので結構安心は出来る筈・・・・。
  「青少年健全育成条例」なんだから18禁以外の作品を青少年(少女)に見せたり貸す事が問題になるってことらしく。要は京都や栃木での金属模造刀と扱いが同じになるわけだね。
  つまり青少年が見ない分にはOKという考え方らしい。でも「近親者との性行為(兄妹とか姉弟等?)が肯定的に描かれたコミック」を青少年が読むと「感性がゆがむ」って、普通ではないけどそれを「ゆがみ」というのは違う気がする。大体ギリシア神話その他とか漫画化できなくなる。って現代の少女でなければクリアでいいのか。
  いとこ同士の結婚は法的に許されているわけだし(ていうかイスラム圏だといとこ同士が自動的に許婚だったりが普通だしなぁ;)。いとこ同士は近親者じゃないのか;
  「近親者間の性暴力を肯定的に描いたものを規制する」と言い換えた方がいいんじゃなかろうか。
   自分ギリシア神話描きたいんだよ機会あれば。でも「描くのはいい」という事であれば別に問題ないのかもしれない。ていうかベッドシーンをはしょるとか(笑)。まぁお給金もらえなければ無理だけど。何の話をしている自分(笑)
  「非実在青少年」という概念をはじめて持ち込んだ事で反対派がはじけちゃったのかな。なんでここまで問題になっているのか判らない。それこそ、この規約ってR禁位からはじめた方が良くはないですか?(2010_3/18)

◎ たった今、年金振り込め詐欺らしき電話。前にもかかってきたような。怖い!!(2010_3/18)


◎ 自分は一応アニメやコミックでのバストトップ(乳首)規制には反対です。(いや、今さっき例の侮辱メールの自称23歳女子(嘘)から変態呼ばわりのメールがあったんで書くんですが)
  ていうかあえて書かない表現もあるしそれでもいい表現はあると思うけど、過剰規制は反対というか。理由は「人間」がほ乳類だから。
  ・・・殊更バスト規制させるってのがいまいちよく判らないんだよね。例えば昔7時台のアニメでHネタとかホモネタとかが多かった(例えばパタリロやひばりくん)のは流石に家庭によってはきまずい雰囲気になるという例のAAみたいな状況ってのはあったと思うんだけど、家族の食卓の時間帯でなければそれほど悪影響はないと思うし。なんていうか人間ってのはバストトップもあっての生き物なわけだからさ。男女問わず。乳首なしって、爬虫類か両生類?
  ていうか児童も少年少女も結局は大人になるわけだし。自分自身各々が、男であり、女であるっていう事を自覚して生きた方が生きやすいのは確かなんだよね。性を売り物にするのではなくて、異性が自分をどう思っているのかを自覚していく、っていうか。異性と恋愛して結婚して子供作って生きていく、っていう。で、それを頭の良い(良くないと官公庁なんて入れないから)人たちがどう思っているのかっていう。
  頭の良い人達だけじゃないよね。PTAの連中ってのも何を考えてるか判らない(例のナチス軍服やダガーやナイフや猟奇書籍を過去販売して僕を攻撃してきた最大規模即売会の元スタッフが、都内某小学校のPTA会長になるらしいですよ!わけわからん。被害側にしてみればPTAをモンスターペアレント集団にでもしたいのかとすら思う)。親世代も何を考えてるかわからない。
  頭の良い子もいるけど、そんなに頭が良くない子もいるじゃないですか。男女ともに。でもそれぞれ結婚はいつかするだろうし、子供も作るわけで。頭良くないと結婚しちゃいけないの子供作ったらいけないのか?っていう。自分って高校時代偏差値が大阪では65だったけど転校して東京では45に落ちた。編入試験で高いレベルの高校は帰国子女以外入れなかったから(受験戦争期で編入受験者180〜200人中合格者17人とかだったし)。でも、45の高校の奴らが駄目ばかりって事はなくて(駄目もそりゃ多かったが。未だに新興宗教に勧誘してくる人もいるが)、高校入学時に一流高校落ちたような生徒もいたわけ。挫折知ってる分いい奴もいたよ。確かに。ていうか、イイ奴かどうかには頭の良しあし関係ない。
  で、掲示板なんかでは僕に対して「お金も職業も難有なのにセックスする資格や結婚する資格や子供を作る資格や女性に告白する資格はない」なんて、例の叩き連中が延々暴言言ってるわけじゃないですか。それは違うよね。例えばホームレスのおじさんおばさんだって、セレブに告白する「権利と自由」はあるわけですよ。何が価値か判らないじゃないですか。人生によって蓄積されたものから生まれる言葉が相手を癒すこともあるかもしれない。・・・それをあいつら全く判っていない。
     それはともかく、恋愛して結婚して専業主婦になるって生き方もあるわけで、専業主婦には母性が不可欠なんだけど、この世の中は「自立して社会で生きていく事が女性には大事」ってなりすぎちゃってるから、女性の身体性を賛美する表現に、偏差値高い女性が眉をひそめたりするわけじゃないですか。
  女性の身体をないがしろにする表現には眉ひそめてもらって構わないけど、規制するなら描き手や作品への理解も必要だよね。それは男の子が同年代の女の子の女性なり母性を求めるのを批判するって、それは変だから。青少年が水着アイドルのグラビアに興味持つって普通じゃないですか。(だから虐待暴力描写以外は規制しない方がいいと思うわけで)
  ・・・で、男女同権(まぁ、いいけど)の果てに、男も女もそれぞれ車持って、ガソリン代が余計にかかって、定期を使って何から何まで複数必要で、結局コストが余計にかかったあげくに、どちらも金って必要性を失って離婚したりするケースまであるようだし。なんだかなでしょそれ。
  Hしたら男って女性の胸を吸わない奴っていないと思うけど、それってほ乳類だからでしょう。っていうことは母性ってのは女性にとって(未成年〜未婚女子が学ぶものとして)必須なんだよ。無理に学ぶ必要がないとしても社会が表現否定しちゃいけない。会社OLや公職のせいで母性本能がないような女性って多いしそういう仕事も大事だとは思うけれども。バストトップ規制ってその象徴だよね。母性を持てない女の子や仕事に生きる女性は喜ぶ規制だろうけど。税制を消費税に一本化したいという動きにとっては新生児人口増加が不可欠なのに、女性が生まない権利を主張して自らの母性を認めない世の中じゃ、どうにもこうにもだよなぁ、と。
  その分自分は残虐表現はよくないと思うわけですが。その点は規制側を認める。つくづくアンビバレントだよね、この規制問題に自分が感じることって。
  バストトップ規制とかって要求するもんではないと思うんだよね。あえて描かない表現も魅力だと思うけど、その辺はレーティングによって描く側が選べるようになればいいよね。もっと段階的にフレキシブルな表現規制にならないかなと思います。 ( 2010_3/18)
  

◎ ていうか、「青少年健全育成条例」自体についてあんまりにも文句つけすぎな人が多いと思うんだけど。要らないとか言ってる人は間違ってるよね。警察のポイント稼ぎの為とか言ってる人も間違ってる。
  要するにこの条例は青少年少女が、麻薬だとかに染まらず性病などで取り返し付かない事にならず、暴力団やチンピラなどと関わったり入ったりしない為にあるわけ。自分の知人が近所の小中学校のすぐ近くにヘルスだかソープランドだかの広告があってそこに月給●百万とか書いてあったのを怒ってたけど、そういう事なんだよね。小中学生の頃から女の子が「性風俗店だとそんなに金儲けできる」と思ったらそれは問題じゃないですか。AVや性風俗だと儲かるとか。   で、こういう事を書くと別に職業選択の自由だとか言う人たちも出てくるんだけどさ、昔からそういうちょっと堂々とできない商売の人たちってのはDQNな人たちにみかじめ料(用心棒料)を払ったりしているわけで。
  例えば性風俗店に入る事で、風俗店(も力づくだったりする事あるらしいが)のワンクッション置いて、女の子が自分の身をヤクザな人たちに守ってもらう事になってしまうケースが、往々にある。麻薬と関わる内にそういう人たちとの関係が切れなくなっていく。そういう事になってしまうのを避ける為の「青少年健全育成条例」なんだよね。
  で、例えば自分が叩かれてたある件で、あのマンション(入り口ロック)の中には秘書代行団体他に性風俗店とかブルセラショップとか興信所とかAV女優スカウト会社とか過去はカルト系宗教団体とか色々入ってたわけだけど、そこにはやっぱりその手の人たちが入っていたり、入り口では弾痕騒ぎとかあったわけで。実は自分の知人警官の方は昔あの土地の警察署に勤務していたんだけど(先に書いたおじさんとは別の人だが同所轄。件のマンションにも立ち入りした事あるそうだ。)、やっぱりその人によるとその種の業種の人はみかじめ料を払っているって事なんだよね。これは例えだけど、そういう事があるのは警察や都なんかも知っているから。
  児童を性的対象にする内容を避けて欲しいと、規制側が思う理由ってのはそういう事で。暴力をひけらかして集団で個々の生活を脅かす暴力的な集団と青少年(むしろ青少女)に関わらないで欲しいという事なわけでしょう。刃物持ってる奴をかっこよく見せる作品を避けて欲しいというのもそういう事だ。だからそう簡単には規制側も引かない。引くわけがない。
  出版界も言いたい事は多いんだろうけど。18禁系なんかもだけど一般でも、例えばK川の今の社長さん(既婚)はアニ●ック時代にロリコン特集(Vol.17)なんかもやってて、80年代には少女系の同人誌も出してたような人だから(内容は知らない)、今のK川アニメ系ってのは中高生をモチーフにした作品が多いのかなと思ったりもしてますが。でもアニメの主人公が少年少女ばかりなのもなぁ、って気はする。まして大麻で逮捕され服役した元社長(いまだ無実主張らしい)の方に大量のお金払ってまた映画製作させるってのは・・・とも、思うわけだけどね(後注:昔のK川映画の印税だけでなく、昔のK川文庫の版権も移っているらしい。たとえば普通のアニメ会社やマンガや特撮のプロダクションでこのような大麻騒動があるとしても、以前であれば大麻騒動を起こした側に版権などの権利が動くなんて事はなかったと思う。)。あの元社長さんはカリスマだし会社としては仕方ないかもしれないけど、世間や政府や都の思う事は、K川アニメを享受しているオタクたちとは違うわけだから。ね?
  講談社の元編集者も大麻で捕まった事があるし、集英社の漫画家も淫行で捕まった事がある。下で書いた長期覆面レイプ事件もそう。海外までロリコンツアーに行った18禁漫画家もそう。そういうのを普通人は忘れちゃうけど、取り締まって手続きした側は忘れないわけじゃないですか。その差がコミック界同人界は、判ってない。
  しかし、今の同人界とかもね、イベンターやスタッフのやってる大顰蹙行為についてクレームを書くと、統制の取れたスタッフどころか参加客までこぞってデマと情報操作でネットの掲示板やホムペやブログで袋叩きでしょ?いわばネットによる集団暴力だよね。それどころか例のイベントのスタッフ群の場合はナイフやエアガンを多数所持、海外に実銃を所持、国内で散弾銃所持予告。めちゃくちゃだよ。怖いし。写真を無断撮影したら恫喝とか、祭りのテキヤ+ミリタリー+ファシズム的密告肯定の方法論でイベントを守ってるわけだから。
  とりあえず自分はネット暴力団指定ってのを政府に作ってもらえないかと思っている。デマによる言葉の暴力程度であっても、「集団」でそれやってれば問題だ。
  広域ネット暴力団●●●組(●はイベント名や掲示板名)とか、彼らが呼ばれる日も遠くないかもしれないよ。大体その方が警察だって活動意義あるでしょ。それほどに連中、卑劣だと思うし。  (2010_3/18)
  P.S. 要するにコスプレでも同人でも、女の子は日常生活でも特にそうだけど、「自由」を求めているつもりで、どんどん「不自由さ」や「支配」の中に転落しているわけじゃないですか。その辺をもっと同人コスプレ系の女の子は自覚した方がいいと思います。
  あと、昔から、一般人とDQNでは、DQNの方が弁護士を「活用」する、というのも知っておいた方がいいです。
  男は・・・強いんだから自分の生き方位自分で決めるように。


◎ http://www.asahi.com/national/update/0317/TKY201003160528.html
  >漫画の性描写、都規制案 結論先送りの方向
  タイムリミットが6月位まで(※どうも先送り決定らしいので)延びたという感じらしい。でも本当ぎりぎりかもね。ひさびさ動いて都の側を説得してみるかとも思ったけれど、91年やそれ以降の時と違って最大規模即売会スタッフシンパ連中の叩きがあるからなんだかムカつくっていうかその義理もないなと。動くとしても個人の気持ちって事でしかないわけで。ていうか現時点ではこの条例施行規則は駄目だけども。ていうか「みだりに」なんて言葉を条例に使ったら絶対に駄目です。法律や条例運用の自由度は、良心ある人にとっては自由な表現の不自由だよ。良心ある作家がかなり減ってるのが問題ではあるんだけど。
  あと、純愛であれば淫行やわいせつではないと判断された判例 が出たのだから、それを現実かつ内容的に「みだり」乃至「軽率」の定義としてもらえばいいだけで(淫行にひっかかる事項もそれにのっとり、ひっかかる事項は克明には描写しないと決める、等)、それは都の側も政府の民主党判断でも、とっくに十分判ってると信じたいんだけどね?去年から問題視されているのは強姦や残酷表現などだったわけだし。  (2010_3/17 by LX=1224)
  

◎ ま、そういう意味では今週の「ダンスインザヴァンパイアバンド」のエピソードなんて名作だと思ったわけですが。ゆずる君の決意はいいよね。男はそうじゃなくちゃいけない、っていうさ。そういう主張は正しいと思うし。直接性行為描写もないし。
  しかし「ヴァンパイアは一つの思いだけで永遠を生きられる」ってのは、ファンタジックな言葉だなぁとは思うわけですが。判るけど誰しもそうじゃないので、可能性問題の言葉だね。ベラやゆずるや委員長はそうだって事。
  
  要は直接性行為を暴力とからませた表現についてと、R禁など年齢制限設定だと思うんですよ。とりあえず深夜アニメは刃傷沙汰規制するとか小学生以下には見せないようにテロップを冒頭で打つとか、その辺で手を打てばいいんじゃないですか?って。バストトップの問題じゃないと思うんだよ。
  ていうか迷惑防止条例じゃないけど「みだりに」って文言は絶対文中に入れるのをやめろと。乱用必至だし不明瞭だから。
  むしろ「軽率に」とすべきだと思います。そういう意味でしょ?
  反対派が最大規模即売会系だけだったらこんな助言もしないけど、マンガ家の里中さんとかまで出てきたみたいだからとりあえず仕方ないって事で書いておく。里中さん以外は反対派にまともな人殆どいないけどね。弁護士系でもまともな人反対派にいないし
  (この僕をコスプレイヤーに対し「関わるな」とそのコスプレイヤーのブログ(該当ブログ=http://d.hatena.ne.jp/red_sakiko/20091108 ←消えたら隠蔽なので注意。コスプレイヤーではないって説も有。)に書き、僕を18禁呼ばわりした中傷者たちに加担した弁護士(最大規模即売会国際部スタッフ)が反対派に加わってます。弁護士は弁護士ブログにも中傷文を書いていたらしいです。迷惑だって。このコスプレイヤーに僕はメールなんか出した事もない!!ていうか叩きにも言いたいが、僕は18禁コスプレROM撮ってないだろうがと。その種の同人誌を専門に書いてたわけでもなければ、同人自体ももう10年近く描いてないんだからさ。でもコスプレイヤー達に対して18禁だなんて今言われたら、レイヤー達はまた僕を18禁コスプレの撮影者かと思うでしょ?・・・(まぁ、あのブログであの弁護士は僕への中傷事象に加担して「関わるな、相手にするな」と、コスプレイヤー達多数の僕への不信を煽ってしまったし、内輪の準備会スタッフ。その時点で、僕に対して件の悪質スタッフ(ナチス軍服ナイフ猟奇を直営店で販売していた元スタッフ等)が嫌がらせ法的措置起こそうとしても、裁判にはその弁護士は参加できないと決まってるわけですが(画像は保全して警察にも連絡済。あんなひどい暴言中傷に弁護士としてデマの裏打ちレスされたらたまったもんじゃないよ。しかも多摩の金属模造刀コスプレイベントの代表とも一緒に書き込んでるし。法曹にたずさわる弁護士が村八分攻撃連中に助勢してどうすんの)。・・・まじで注意)。
  ・・・自分はなんらかの規制はあるべきだと思う派です。 (2010_3/17 by LX=1224)


◎ http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/15/news074.html
 >「文化が滅びる」――都条例「非実在青少年」にちばてつやさん、永井豪さんら危機感
  うーん、微妙だね。昔だったら自分も規制反対したのかもしれないけど、今の異常系18禁コミックだとか刃物持って精神を病んだ女の子が多数登場するヤンデレ系とか、バトロワみたいな同級生殺し合い作品が受けたりするような現状なので、自分は正直刃傷行為の表現規制してしまった方がいいと思える時もある。ていうか単なるまともな性表現の規制には反対なのですが、児童への異常系はやっぱりよくないと思うんだよね。あと、なんでコミックにはR禁とか14禁ジャンルがないんでしょ?「成年コミック」「14禁」「一般向け」って分けていけばいいだけじゃんねぇ?
  実際2007年に(ごめんなさい時期見間違えた)、ある大人が18歳以下の少女と不倫Hをした件の裁判で判決があったけど、
(http://www.j-cast.com/m/2007/05/24007891.html 女子高生とのセックス 「愛」あれば不倫でも「無罪」 等)
  二人はちゃんと恋愛感情があって(男の側が妻と破綻していたというのもある)真剣に交際をしていたので、淫行ではなくて無罪という判決が出てた。この判決自分は若干疑問があるけどそれが時代の流れらしい。基本的には不倫で未成年とHしちゃいけないと思うよ。このケースはもう結審しているから仕方ないけど・・・結婚している男女が、18歳以下の未成年とセックスするのは罰するべきだと思う。って、結婚という形で責任の取りようがない状態でHしたらいけないでしょうがと;
  男女が恋愛してセックスに至り子供作ったり結婚ってのは当然の事だから(普通それが生きる目的だから)、それは未成年同士でも未成年と大人でも仕方がないと思う。そういう意味では仮に成人と未成年がHしていても「無罪」というのは正しい判決の流れだと思うんだけどね。自分もそういう恋愛をどこかでするかもしれないから文句はあんまり言えない。未来の自分の心境や境遇なんて判らないし。
  とにかく、今の時代の判決では「未成年との不倫でも真剣に交際していればセックス=猥褻行為とは見なされない」という事らしい。要点としては「恋愛が遊びではない」という事なんだろうなと。多分本来は二股だとアウトなんだと思う。(でも僕個人は不倫は反対)

  ていうか、残虐表現をホラーとして書くのはまだしも、過剰に暴力や残虐行為と性行為をごったにした表現ってのは、あまり良くないと思うんだよね、自分。
  あと、永井豪氏だってステイタスは築いてるけれど、デビルマンやバイオレンスジャックでやりたい放題やってきてるし(あ、自分はハニー好きですが・・・でも秋夏子の死はへこんだかな)、「風と木の詩」だって後々の無差別ホモ妄想腐女子を生み出してしまった原点という意味では名作ではあっても影響自体は良いといえるかどうかだし。自分はデビルマンの牧村美樹の最後があまりにトラウマで子供の頃はコミックでの彼女の魅力的な姿とか全く思い出せなくなってしまった位だしね。微妙だよなぁ。
  ていうか恵まれない少年少女の周囲のバイオレンスな現状すら描けないってのは問題かもしれないなぁ。いまどき書きたいって人も少ないかもしれないけど。ただ『現実を描きたいんだ!』が、登場キャラへのコミック作者ならではの幼稚な全能感発揮で、ただの少年少女キャラへの虐待だったら読んでて不快なんだよね。
  重要なのはさ、作品に「殺人や傷害行為は基本的にいけない事」という心があるかどうかだと思う。で、それがない、むしろ刃物持ってるのがカッコいいかのように見せてる倫理観なしの作品群がやたら多すぎるって事なんですよ。コミック作家がまじで傷害行為とか暴行強姦行為をイカスと思ってたらそれは読者にも通じてしまうし、やっぱその辺は規制が必要でしょう。どうせそんなマンガなんてものは売らんかなの大量生産で過激さが暴走した、販売を目的としたドラマの捏造に過ぎないのだしね。各書店のメディアミックス展開とかでそんなのばらまかれるといらいらするんだよマジで。
  要するに大御所も18禁コミック作家も各自のジャンルでのキワモノ描写における表現を規制されるのが嫌だから何も規制するなと言ってるだけで、影響力がまねく(まねいた)最悪の結果とかまるで考えてないよね。何らかの別対応を提示する気が無いなら、規制反対とか言っても仕方ないだろと。
   江東区OLバラバラ殺人の場合、犯人はダルマ(四肢切断系)エロ同人系の人物(読者兼描き手)だったわけだが、それでもそれらの作品群の影響性について判決が認めなかったのは、既に1審で無期懲役が確定してしまったので、彼がその四肢切断妄想を実行したと司法が認めても認めなくても、2審でこれ以上重い刑は付けられなかったんだと思う。影響性を判決で認めてしまえば、異常系コミック側から裁判官や試験裁判員が袋叩きにされる可能性があり(検察は袋叩きも覚悟してたわけだが)、判決が変わらないから影響性を認めるのを避けたという事だと思う。被害者家族の今後もあるしね。
   ひぐらしファンの起こした事件もそうだよね。父親を斧で殺したゴスロリ少女とか、バトロワブーム後同級生を殺した小6少女とか。殺人じゃない所ではマンガ家兼同人作家の野々村が起こした覆面長期レイプ事件とか、調教系イラスト描いてた監禁王子の事件とか。
   その度にアニメマンガゲームの影響が疑われて、その度に規制反対派が批判派をネットで袋叩きにした。その規制反対派の調子付いた行為があっての、規制だから。
  むしろ異常系18禁同人即売会などなんてのが都立産業貿易センターで開催されたり(会場側はそのイベント開催禁止にした)、同様の異常系同人誌が最大規模同人イベントで販売されたら、当然都産貿もビッグサイトも都の外郭団体なんだから、都の条例に響くのは当然でしょ?ガキが描いてる異常な同人もだけど、大人がプロとして描いてるものにまずは責任を取ってもらおうって事でしょ?規制反対派は馬鹿かと。
  あと、松文館事件裁判について書かれた書籍は自分も読んだけれど、規制反対側の自己主張があるだけで、読んでて腹が立った。規制側の心情を何も汲んでない身勝手論しかない。あんなやり方で規制の流れをくつがえせるなんてありえない。親側の視点に偏重するのもあれだけど、大御所が動くからどうこうってのではないよね。むしろ18禁コミック界的には局部規制を90年の大騒動から20年経っても覆せないふがいなさを恥じろよと(笑)。
  暴力表現がかなり規制されたとしても局部規制撤廃できれば相当に 開放感 があるはずなんだけどね。どう思う? (2010_3/16)
  追:それにしても。この規制の件で名無し掲示板どころかTBSアクセス掲示板まで、「そんな規制はナチスと同じだ!」みたいな言い方で反対派がうるさいんだけどさ、昨年6月まで最大規模同人イベントの直営店で大々的にナチス軍服やナイフのレプリカを実物レプリカ問わずに売ってたわけですよ。そっちは反対派が批判してないじゃないですかと。つくづく規制反対派ってダブルスタンダードだよなぁと思う。(2010_3/17 by LX=1224)