※ コスプレイベントでの金属製模造刀に関する文章です。


ヤフーとGoogleの「金属模造刀」での検索で、全国1位になってるみたいです。感謝!(こんな感じ)
ヤフー検索で「コスプレ 模造刀 規制」で検索すると1位です。感謝 画像


金属製の模造刀剣類の正当な理由なき携帯は、
銃刀法第22条4項で禁止されています。

また、ダガーナイフと同様クナイも製造販売および所持は禁止されています。
クナイ所持者の方は、早急に警察に提出してください。(こちら参照)

◎ 一応、前回コミケ93カタログでは「銃刀法抵触物の会場持ち込み不可」となってますので、
金属製模造刀(22条4違反)は一切コミケ会場には持ち込み不可になったという事で、
なんとか僕達の主張してきたとおりになったようなので。まだ次回カタログ確認していないけど、
コミケに金属製模造刀持ち込みは禁止だと思っといて下さい。念の為。
まぁ銃刀法どおりという事で少量宜しくお願いします。(12/4 9:49)


◎ 成人式、羽織・はかまなら刀…模造刀所持し逮捕
もうなんていうか、もっとこのサイトも頑張らなきゃなぁ・・・と思った。これは当然中の当然の例。
厳密にいうとこのタイトル、「所持」じゃなくて「携帯」と書くのが正しい。
成人式コスプレもあるとは思うんだけど、せめてさやと柄だけとか
プラ製位にして欲しいというかできれば武家コスは避けて欲しい。
木製でも迷惑防止条例違反(ぐれん行為や凶器準備集合罪)扱いにされる可能性はあるので。
(2011_1/9)

 
コスプレ研究TOP
  ※ この、下関の成人式で金属模造刀携帯者が出たというニュースですが、
  調べた所、会場の「海峡メッセ下関」という所では、いつもの土日祝日等、
  いくつかのコスプレイベントが開催されていたようです(事件当日は無し)、
  警察によると、今回の件は「コスプレとは全く関係ない」との事でした。
  現段階で、僕はイベント中止しろなどの言い方は全くしていません。その点はご安心を。
  ただ、コスプレの金属模造刀使用については、やはり全国的に見直した方がいいと思います。
  例えば全国どこの会場でもそうですが、一般人は駄目で、コスプレが持つ金属模造刀はいいの?
  ・・・って事には絶対なってしまうので。頼むよ本当に;(2011_1/20)

 (※ちんどん屋さんの持つ金属模造刀も規制されてます。



 模造刀を各自が所持すること自体には反対しません。業者や個人が販売するまでもことごとく反対するつもりはないです。
 でも、イベントで金属製模造刀を使用することには現状、僕は、反対です。

 今から二ヶ月ほど前の事です。このサイトのアクセス記録に、見慣れないブログからのアクセス記録が残っていました。
 自分が見てみるとそのブログは、自分の住んでいる近場の日野市の市内施設で開催されている、定員制のコスプレ撮影イベントの公式ブログでした。既に一度試験開催されていたらしいのですが、会場名の名前もありませんでした。まだそのコスプレイベントの公式第1回の開催前の事です。
 該当のコスプレ撮影イベントの公式ブログには、僕が、脅迫行為を行っているとか、このサイトでコスプレイヤーに対しての性的侮辱を書き続けているとかなどなどのデマや中傷まで書きこまれました。あげくに僕の個人情報まで書かれていました。主催は自分を攻撃してきたミリタリーコスプレ関係者の友人(a●z)でした。
 彼当人のブログによると、ナチス軍服や猟奇署の販売をしていた例の最大規模同人即売会の元コスプレ総統括の友人で、元総統括同様、a●z氏も海外に実銃を所持しているとの事でした。
(※ このページに書いてある問題を彼が起こした後、2011年にその人物はアダルトコスプレヌードROMに手を出し、その人物自身が主催した該当イベントの参加者をマクロスFのランカ(ぜ●こ嬢。別の人はシェリル)のヌードにしたROMをコミケなどで販売してきています。また彼らとその仲間はその後、日野新撰●まつりのコスプレイベントにも審査関係やスタッフなどの形で深く関わっているようです。
 更にa●zは某子供向けテレビアニメ(某カードバトルアニメ)の演出&絵コンテをまかされてるらしいですが、それをやりながらまた別人をモデルにマクロスFの18禁ROMをコミケやROMイベントで販売しているわけで、子供アニメに携わる人々ってもうルールも何もないんだな、とは実感。
 コスプレヌードROMの問題もですが、一番の問題は主催イベンターが相手の住所氏名など知っていて更に武器類多数所持の状態でコスプレヌードROMの話をそのレイヤーに持ちかけ実現したという事が一番問題だと思います。断ったら何されるか解らないと思いますよね、普通。)

 それは自分的に本当にショックな事なのですが、このページではその件については置いておきます。


 むしろ、僕が地元付近の住人として気になったのは、そのイベントでの銃刀関係の規制表記でした。そのイベントは、特に刀関係の規制がゆるいイベントだったのです。

 例えば玩具銃や刀剣類の取り扱い注意とは書かれていました。それは当然ですが、実際にナイフの持ち込みが全面的に禁止と書かれているわけではなく(合法範囲は可?)、海外製模造刀の中の危険な品は禁止するとか、美術品登録済み日本刀等を撮影に使う時は注意を払って撮影しないと怪我をする可能性がある、というような事などが書かれていました。ダガーナイフなどは当然持ち込み禁止でそれはいい、しかし模造刀でも怪我や大事故になるのでスタッフが確認するとありました。

 つまり、金属製の模造刀が、美術品(登録済み日本刀等)刀剣 まで持ち込んで構わないと宣言されていたわけです。

 僕を攻撃している掲示板住人は僕が例えば「金属製模造刀の中で、切れる可能性のある品が持ち込まれる可能性があるぞ」とか「危険すぎるエアガンが持ち込まれているぞ」とか言いたいんだろうとか掲示板で言っているのですが、
 僕が言いたかった問題は根本的には、そういう事ではありません。

 銃刀法(略称ですが)に、

 (模造刀剣類の携帯の禁止)第22条の4 何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、模造刀剣類(金属で作られ、かつ、刀剣類に著しく類似する形態を有する物で内閣府令で定めるものをいう。)を携帯してはならない。

 と書かれています。正当な理由なくして、金属製の模造刀剣類を携帯してはいけない筈、なのです。

 色々悩んで悩み抜きました。つまりはそれが開催地の警察への電話のきっかけでした。電話をかけたのは9月の開催前日で、その日の警察からのリダイヤルへの返答電話(ややこしい!)でも自分は22条4項についてはっきり言いました。色々理由はあったのですが、結局はそれが動機です。それ以外の悪口なら僕の地元の警察署での扱いに見えたからです。また中止しろなどとは言っていません。

 このイベントはチャリティーイベントなので業務とは言えません。もともと開催イベントの公式ブログに業者の氏名やその他、普通書かれていそうな表記もないです。その他正当な理由に、コスプレが当たるのでしょうか?それについて書いてみようと思いましたが、

 調べてみると、実はこの銃刀法22条4項について、ちゃんとルールに書いているコスプレイベントのページは極度に少ないです。僕はもしかするとどこも似た状況なのかもしれないと思い始めました。

 例えば、実銃や、実剣(ナイフ刀剣やりなど)については、どこのイベントも不許可にしています。しかし、長物になるとあいまいです。実は僕が件のコスプレ撮影イベントについて、警察に連絡せざるを得なくなったのも、これら模造刀剣類について、一般社会で携帯が禁止されているというそのくだりが全く書かれていなかったからです。それで以下を書いてみます。


 例えばコスプレイヤーの人は「コスプレに使うと言えば、正当な理由として認められる」と思っているかもしれません。特に最近、時代劇系や戦国時代系のコスプレイヤーが男女ともに増えているので、そういう人は多いようです。
 しかし、警察官の人に聞けば、大体の警察官が「正当な理由というのは特にない。模造刀だから自宅で(コレクションなどに)所持する事は許されている。けれども、携帯は不可。」
のように言われると思います。
 両者の認識は完全に食い違っています。


 法律で言う「模造刀」についてはWikipediaで調べてもらうと判りやすいのですが、

 >模造刀(もぞうとう)とは、金属で作られ、かつ、刀に著しく類似する形態を有するものを指す。
 >(中略)
 >判例による模造刀剣類の要件
 >模造刀剣類に関する判例は極めて少ないが、古い判例[6]に、鋼質性でないものは刀剣類ではないとされている。 従って現時点では、鋼質性の材料を除く金属で製作され、かつ、内閣府令で規定された形態を有するものを模造刀と解するのが合理的である。
 となっています。内閣府令で規定された形態というのは、同wikiによると、

 > 銃砲刀剣類所持等取締法施行規則 第十七条の四 (模造刀剣類) 法第二十二条の四 の模造刀剣類について内閣府令で定めるものは、
 > 刀、剣、やり、なぎなた若しくはあいくちに著しく類似する形態を有するもの又は飛出しナイフに著しく類似する形態及び構造を有するもの とする。

 となります。アルミだったりジュラルミンだったりの合金で、必要以上に硬くないもので出来ているそれらが「模造刀剣類」=模造刀・・・なのですが、それでも強い力で身体に当たると金属なので怪我します。当て方では更に危険です。


 しかし、最近のコスプレイベントで、長物を許可しているところが、長物と書かずに「模造刀の持込許可」と書いてしまっているようなところが非常に多いです(許可と言っても・・・)
 問題なのは、長物許可している各コスプレイベントのイベントルールの説明ページで、「模造刀」についての標記が極めてあいまいな事です。
 また、多くのイベントルールページでは、金属製と竹製プラ製木刀等の区別があまり書かれていません。だから(法的に模造刀と言うと、金属製のみを指すのですが)、
 参加するコスプレイヤーが「実際に切れないなら、竹でも軽いアルミでもプラでも一緒なのね」と思うかもしれませんが、その時点で、もうすでに間違っているわけです。アルミ、ジュラルミンなどの合金で切れなくても法律的には不可です。しかも、法的に模造刀と言えば、金属製しか指しません。

 なら、コスプレイヤーが「金属製の模造刀剣」を携帯して、コスプレイベントに参加するのは「正当な行為」なんでしょうか?僕は絶対にそうとは言いきれないと思います。
 なぜなら、アマチュアが使う「切れない剣」といえば、「竹光」(たけみつ。銀紙竹光とも言います)がちゃんと存在するし、そちらの方が昔から知られているメジャーアイテムだからです。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%85%89
 >竹光 (たけみつ) は、竹を削ったものを刀身にして刀のように見せかけたもののことである。
 >刀工の名前風に言ったもので、「銀紙竹光」(ぎんしたけみつ)などという言い方をすることもある。
 >真剣風に見せる場合は、表面にかつては銀箔、現代ではアルミ箔を貼る。
 >なお模造刀や模擬刀は金属の刀身を用いた模造品を指し、竹光は含めない。
 (※ ちなみに、最近の水戸黄門の撮影などで使用される竹光は   アルミ箔を貼るのに、接着剤ではなく卵の白身を使っているそうです。
  卵1コで約6本の竹光にアルミ箔を貼れるそうです。) 


 竹光については、「竹光 販売 」などでネット検索を試すと、販売店が色々とヒットします。そちらを購入する事は可能なわけです。しかし、なぜか竹光ではなく合金製の品ばかりが流行っています。
 自分が疑問に思うのは、もしかすると、時代もの系のコスプレイヤーは、竹光を使う事がみっともないと思っているのでしょうか?
 もしくは竹光を知らないのでしょうか?後者の可能性はかなり大きいと思いますが、前者の可能性もあるので自分はなんとも言えないです。
 どちらも剣を模したものとは言え、銃刀法22条4で携帯が違法である「金属製=模造刀」と、携帯が銃刀法では禁じられていない竹光とでは全く扱いが違います。(それでも正当な目的は必要ですが)

 祭りのパレードなどでも金属製模造刀が使われるケースは少ないんじゃないかと思いますが、
 例えばインターネットによると、新撰組まつりの流山隊などは、金属製ではなく特注の竹光を使用していたそうです。

 http://blog.livedoor.jp/arteiji/archives/51213488.html
 >行事の最大の汚点は、第三者が負傷することです。
 >新選組流山隊は金属製の模造刀でなく、特注の竹光を使用します。
 >安価な模造刀の4倍ほどの価格ですが、安全面への配慮です。

 こういう姿勢は正しいと思うわけですが、
 ここで一応、たとえば何かの歴史系のお祭りでアルミ製刀剣を使ったパレードなどが行われる場合には、大体はお祭りする上での地方自治体や警察側の許可がいるわけで、「そういう金属模造剣携帯者が来るけど、イベントやっていいですか?」という申請だったり許可認可だったりがあるわけです。そういう場合は「正当な理由」になりえます。でもおそらく 色々考えて考えて があります。他がしているからというような安易ではありません。

 ・・・「正当な理由」というのは、法律の中の文なので、法的に正当な理由という事です。やってもやらなくてもいい事は、正当な理由に中々なりません。コスプレというのは非常に正当な理由になりづらく、さらに「絶対に竹光ではなくて、金属製の模造刀!」とコスプレイヤーが言える理由も少ないです。(理由は、竹光が存在するからです。)
 もともと金属製の模造刀剣の携帯禁止は、それが強盗や脅しに利用されると困るからで、それでできた法律でもあります。各家庭内や企業内で所持することはOKですが、携帯は不可なのです。

 しかもコスプレ=コスチュームプレイです。プレイという英語は、客観的に言ってしまえばすなわち「遊び」です。
 イベントでのコスプレは通常、なんらかのキャラクター(なんらかの軍服)に着替えた自分の姿を、個人の自由意志で他者に見せびらかす行為で、誰からも要求された行為ではありません。
 「遊び」のために金属製模造刀(金属製とはいえ振り回して当たれば大怪我です)を携帯することが法的に「正当な理由」だとは、普通は言えるわけがありません。友達に見せるために持っていくとかいうのも普通は不可な筈です。
 「プレイ」とは「演技」という意味だ!!と言う人も多いと思いますが、演技で必要!ならばギャラは?という話になり、結局多くのコスプレイヤーは答えにつまる筈です。警察も多分コスチュームプレイと聞けば、「プレイ=遊び」としか思いません。ゲームの「プレイヤー」=「演技者」とは思いませんから。「シールド」が判らなかった方もいますから(;;)

 つまり、コスプレイベントのために、金属製の模造刀を持って外出するコスプレイヤーというのは、この銃刀法22条4に抵触しているとみなされる可能性が高いわけです。

 法的に「正当な理由」というのは、以前は、
 それを使用する事によって生計を立てているとか、伝統文化の維持のために絶対に必要、とかそういうものです。切れないとは言え凶器にもなりえて法的に規制されているものを持ち歩いているわけですから、「絶対に」というのが欲しいわけです。所持は可でも携帯を禁じている以上、それをくつがえすにはそれなりに重い理由が必要です。
 「コレクションにしか使わない一般の人には、購入時以外携帯する事が禁じられている模造刀剣だが、コスプレイヤーなら趣味のコスプレイベントに持ってくる時には携帯しても可」なんて、普通の一般人は納得いかないと思います。

 この点には各コスプレイベントのイベンターの責任がかなりあるんじゃないかと思います。
 同人イベントやコスプレイベントでは金属(主にアルミ等)製の模造刀剣の持ち込み者が最近本当に増えているのですが、実は彼女ら(最近は女性の歴史オタク女性が多いです。戦国武将ゲームが多いのでそれでマニアが増えているわけです)は、銃刀法22条の4項(模造刀剣携帯の禁止)の存在を根本的に知らないようです。検索しても見当たりません。
 それは、イベンター側がその禁止法律について、イベント参加注意書などに書かない所が多いからです。もともとコスプレイベントには、長物禁止といって長い剣などの自作アイテムからして持ってきてはいけないところが多いので、そういう所は金属刀剣どころか30cm以上の長さのものを駄目、として、その辺を書く必要が全くないからです。
 が、僕らなどは90年代末などに、エアガンや模造拳銃や模造刀剣、レプリカナイフなどを使って、強盗などに及ぶといった事件の報道をニュースで聞いているのですが、今20歳代の若者たちは当時子供で、(イベンターも含めて)それらの法律の存在を知らず、なぜ金属製模造刀剣が禁止されているのか自体判らない子達(20歳でも、僕より約20歳年下です)が多いのです。しかし、22条の4項に触れていない以上、・・・僕はそういうイベンターを認めたくない気がします。


 「模造刀がOKになりました!」とするコスプレイベントは他にもあります。しかし、銃刀法22条4について触れているコスプレイベントは、殆どありません。
 このアンバランスは本来、考えられない事態です。

  http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1230311702   で、ベストアンサーとされている人が、下の模造刀イベント持込反対の人を無知な人、としていますが、法的には「模造刀」という語句は金属製のみを指すので、これはriris0810さん(※僕とは全く無関係)の方がはるかに正しいです。それなのに正しい人が無知呼ばわりされてしまっている。あまりにも変です。


 他、この辺も参考になると思いますが、
  http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315000743?fr=rcmd_chie_detail
  >コスプレイベントで模造刀を使用した写真を撮りたいと思ったので、
  >通販で亜鉛製の模造刀を購入しました。

 というこれがもうすでに銃刀法22条4を無視しているのですが質問なので仕方ないとしても、
 >厳密には法にひっかからないとは言え、
という解答もかなり疑問で
 >学芸会で使う銀紙を貼った木剣も¨模擬刀¨であり、扱いは同じです。素材の違いは関係ありません(鉄を除く)。
 ・・・しかし、この表記も「違う」のです。完全に22条4項がすっ飛ばされています。

  http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1014594775?fr=rcmd_chie_detail
  この回答もベストアンサーになっています。変です。そういう書き方が、今ネットで、異常に増えています。

  ・・・ヤフー知恵袋で 「コスプレ 銃刀法 22条」 で検索したのですが、1件もヒットしませんでした。
  「コスプレ 銃刀法 」で検索すると意外とヒットします。
  しかし、おおかた半端な解答がベストアンサーになってしまっていて、ここを見てもらえば判るとおり、お役立ち度にはポイントが入っていません。

 ・・・コスプレ文化の中だけで考えると、「こうして持ち込めば大丈夫」という情報を信じてしまう。それはあくまでも「方法論」で、一般人の視点も大事にして欲しいわけです。イベントでコスプレを一般人が撮る撮影に厳しいのと同じくらいの目で見てください。

 かなり長く書いたので疲れたんですが・・・・・・何故 「 金 属 製 の み に 限 っ た 」 模造刀の 「 携 帯 」が禁止されているのか?というのがみんなの頭から抜け落ちているのでは?と思う位です。
 (あとで書きますが金属製模造刀の携帯には罰金規定があります)下手をすると警察官の頭からも抜けおちているのかもしれませんが、

 つまり正当な理由でコスプレなどの剣に使うなら、銀紙竹光や木製もしくはプラ・ポリ製(ブロー成型など)などしか、本来はあり得ません。(銀紙竹光ですら携帯中はたぶん警察の方には「ちゃんとカバーしてね!」と言われるでしょう。)
 竹光やプラ製などがちゃんと存在しているのだから、携帯に禁止法のある金属模造刀の屋外携帯という選択枝は本来無い筈なのです。そういう頭が多分昔法律を制定した側にはあったわけです。


 例えば、大体模造刀携帯者の「正当な理由」というのは、「仕事に必要不可欠である」というのが理由です。
 コレクターが自宅に美術刀剣や模造刀を持ち帰る過程、は仕方がないとして、実剣の場合の刀剣はまとめて厳重に保管するなどの決まりがありますが、模造刀でも扱いを気にするのは同じで、演劇に使う人たちだって模造刀剣の扱う時にはまとめて移動させるとか、一度芝居小屋に移動させたら、毎回持ち帰ったりしないとか気をつけます。
 しかし、コスプレという「趣味」は基本的には非営利行為ですから、仕事と思ってもらえません。また、なぜ金属模造剣なのか?なぜ竹光ではなく金属製をイベントに持ち込むのか?という点で、正当性がありません
 例えば居合いの人は試技や練習の上で剣に強度が必要なので、金属模造剣を使います。テレビの場合は主役はUPが多く打ち合いをするのでアルミ等の金属模造剣を使います。殺陣を同時録音すると音が聞こえてしまうからです。逆に切られ役は身軽さが必要なので竹光を使います。
 演劇でも本舞台では金属模造剣を使いますが、客席に打ち合いの音が聞こえるからです。
 演劇=コスプレではありません。舞台の上は観客が全員見ているにも関わらず絶対に踏み込めないある意味隔離された世界ですが、コスプレの場合は、コスプレイヤーとイベント参加者が必ず同じ所にいるので違います。
 (※ 例えば昔、新装開店などを宣伝するちんどん屋さんの侍のコスプレをした人は竹光を使っていました(だから竹光は模造刀に含まれないのです)。大道芸で果物を刺すなどでレイピア状のものを使う場合でも地元警察の許可が要りました(今許可されているか判りません)10/13)。
 例えば舞台やテレビ用の刀というのは大体番組や演劇を作っている企業の品だし、個人で持つなら役者の方の個人の自宅に置きっぱのがあればいいわけで、模造刀が双方往復する事はあんまりありません。


 しかし、コスプレイベントでは模造剣の持込は許可されていますが、大体パフォーマンスや演技は禁止されています。金属製を使う理由がないのです。
 竹光(竹に銀紙を貼ったもの。銀紙竹光とも言う)などで十分のはずなのです。
 「竹光 販売」でネット検索すれば、本格的な竹光は手に入ります。ひとつ1万円台〜高いのになると7万円台とかしますが・・・ちゃんと(当然合法で)売られているわけです。

 最近のイベンターが22条の4項に触れないのはおかしいです。知らないのかもしれませんが大事な事なので書いておいて欲しいです・・・例えばコスプレで必要だ、といわれても、事態が判らない警察官の方々がほとんどだと思います。
 コスプレは自らをかっこよくかわいく見せる為のなりきり趣味行為です。華麗に見られたい、もしくは好きだからという理由なので、プロコスプレイヤーでもない以上自らの生活に関係しません。リアリティーのために撮影してそれを映像化してビジネスにする営業・・・などなら理由になる可能性はまだありますが、
 好きだからって理由で、端から見れば違反者と同じ事をされては、イベント周辺地の一般人は不安なわけです。

 (※ コスプレイベントで模造刀所持可としているところもありますが、会場や地元警察とちゃんとその旨確認しているかわかりません。
   あと、一応持ち込み可としているところでも、絶対に鞘から抜かない、または移動中は剣を抜かないとか、打ち合いやアトラクをしないとか決まりがあります。
   しかし、鞘(さや)から抜かないなら竹光で充分だし、打ち合いなどのアトラクに使ってはならないイベントが殆どである以上、これらのイベントではアルミ等合金製である意味は「見栄え」以外無く、見栄えのためだけに警察は金属製模造刀の携帯を許可してくれるかしないだろ、という問題があるわけです。 10/13)

 竹光やプラ製などではなく金属模造剣を使う事は「正当な理由」になりえない。

 しかし件のイベントはその辺を前回ではすっとばしてしまっていたわけで、(警察側がそういうイベントが開催されると知らないと言っていたし、前回開催後に電話をかけた時にも「会場場所がわからなかった」と言っていたので把握してなかった可能性が高いです。単に受付場所が違っていたのかもしれませんが)、僕が疑問を感じた点はその辺に起因しています。警察がこれでOKだと太鼓判を押せば別・・・しかし個人攻撃されているこちらから見れば何とも言いがたいものはあります。模造刀剣所持しているのに人の悪口言うべきじゃないですよ。

 また、だからイベント場所を公式ブログで非公開にしていたのだと思われます。僕を過去から攻撃していた参加者のライダーコスプレ+エアーソフトガン画像の人物(mixiコミュニティー「エロ団」の元メンバー)がイベント名と場所を明かしてしまっていますが・・・そのエアガンは主催が貸したそうですが、模造刀をライダーコスプレに貸してと言われれば貸したのでしょうか?アンバランスですが、それはコスプレに必要な模造刀でしょうか。というか仮面ライダーのような視界の悪いコスプレで長物を持たせるのは変です。
 これは例ですが、そういうのだと正当な目的だと余計言えなくなってしまうわけです。


 特に戦国ものマニアは最近女性に多いですが、剣道が必ずしもできるとは限りませんから(僕もできませんが)、コスプレと無関係の暴力的な男がイベント後に見かけた女性の剣を奪って逆に・・・などもありえるのでかなり注意が必要です。昔護身用にナイフを持つ人たちが問題にされた理由も、「護身用とは言えもし逆に敵に奪われたら一大事」だからで、模造刀も土壇場では金属バットと同じかもしれません。(アルミや合金でもやっぱり痛いと思う)。悪用される可能性もあります。
 金属模造剣を、剣道の経験も無い女性が、個々人でばらばらに持ち寄ってくるなどというのはコスプレイベントだけです。自分は現状が不安です。

 そして実は、この銃刀法22条4項に違反しても、20万円以下の罰金です(銃刀法35条2項)。

 20万円という額は、単なる趣味のコスプレのためなら携帯を許すというような罰金額ではないです。コスプレに使うと言っても、例えば住んでいる地元で警察官の人が理解してくれなかった可能性を思ってみてください。それは現状、本当に、双方、人によるから、誰がセーフだからアウトだからみんな、とか、言えないです。
 20万円以下の罰金をコスプレイヤーは簡単に払う事ができるのでしょうか?
 そういう行為に参加客が疑われてしまう責任がコスプレ系イベンターに負えるのでしょうか? いや、自己責任しかないんだけれども、悲しいと思います。

 コスプレに使う場合は金属模造剣携帯でもOK!とするような、
 そういうコンセンサスはまだこの世の中にありません。コスプレイヤーとカメコとイベンターだけの中だけのコンセンサスです。伝統の祭りのコスプレと混同してはいけないのです。
つまり、ウチを出た瞬間から、金属模造剣携帯のコスプレ女子は、職務質問を受けて警察に連れて行かれるか罰金の可能性が、ハンパなく、マジで、あるという事です。

 なぜ警察の方々が表立って何も言わないかと言えば、ぶっちゃけた話、コスプレ(特に模造剣を使う武士関連コスプレ)というものの実態が、ほとんどの警察官にはわかっていないからです(正義に命かけてる人たちが揃っているので、オタクみたいなナンパな話は知らないと思います・・・)

 それに「持ち運びにカバーをすれば大丈夫」という固定観念がまかりとおっているので、
 警官には持っている刀剣が金属製なのかプラスチックか竹光か竹刀(しない)か判らないからです。

 少なくとも警官は、コスプレイヤーの女性たちが「金属製の模造剣を持ってくる」なんて思っていません。
 警官は女性はそういう事をしないと基本的には信じています。だから、特に所持品検査などをしてこなかったわけです。コスプレで銀の剣といえば、手作りか木製か竹光だよな、と多分信じています。カバーに収まっていれば竹刀かと信じると思います。だから普通警官は女性への所持品チェックをしません。
 しかし、それでコスプレイヤーたちがイベントに金属製模造刀を携帯して持っていっているならば、女性だと思って信頼している警察官の方々に君たちコスプレイヤーは済まない事をしているんじゃないか?と思います。
 その辺の事がこのページを作った理由でもあります。
 自分も・・・えらそうに言えるやつじゃないけどね。人生最低だけどね。

 客観論として僕的には銀紙竹光をすすめます。高いのも安いのもありますが・・・
 竹光はレンタルもしているようです。1週間で数千円とかで借りれます。しかし折れやすいという欠点があるので必要な人は買った方が弁償考えなくていいです。コスプレするときに道具に細心の注意を払うのは当然なので、それでも大事にする人が本物のコスプレイヤーじゃないかと思うんですが。
 一般社会のルールも極力守って欲しいです。

 自分は金属製模造刀のムーブメントに、必要以上の加速はしてほしくないです。このページはだから、ちゃんとイベンターには銃刀法22条4項の存在を、知って告知した上でコスプレイベント運営をして欲しいという内容です。

 各自の趣味と自由意志でコスプレイベントに持ってきてコスプレに金属模造刀を使う事が「正当な理由」・・・それ以外の正当さが必要だと思います。。
 それでも自由意志だと書かれるなら、コスプレ界と警察界とでコンセンサスを決めるべきだと思います。しかし明文化された法律が変わる可能性は、どんな場合でも少ないので、変わるとすればコスプレ界の側だという事になると思います。
 イベンターもこの条文を知っているなら、無視しないで、可能な限り法律を遵守し、金属模造刀剣を所持しているコスプレイヤーを、違法携帯行為扱いされる事のないように、しなければならないのが、本来のイベンターの責任の筈です。

 みんなが金属製を持っているから・・・とか、
 演劇の人たちが使っているからコスプレも・・・とか、
 そういうのじゃなくて、TPOの必要十分を考えて欲しいです。
 非営利かつ趣味でやっているコスプレイヤーが、趣味のために金属製模造刀を携帯するのは、僕は勧められません。

 当然、本当の正当な理由だとして、どうしても必要でこういうものを携帯するなら、持ち運びができる距離も最短距離という事になります。たとえ当日の行き帰りでも自宅と行き先を結ぶルートと別のルートに乗ると「正当な目的」を逸脱します。銃刀法で携帯禁止されてる品を持っている時は、寄り道は駄目だとされる場合が多いです。
 銀紙竹光持っていくレイヤーの方が、僕はずっと一般人にも周囲にもやさしく、健康的でいいと思います。
 しかしあくまでも個人の自由だというのであれば、障害にぶち当たる事を覚悟でそういう人はやっぱり金属製使うのだと思います。

 金属製模造刀剣について、「所持」と「携帯」の法的な概念の違いと、金属も木製も「模造刀」とひとからげにする今の表記を全面的にコスプレイベント界が改めるべきだと思います。少なくとも何も知らないのは一番良くないです。


 あと、ネット出品者の方などへ。金属製の模造刀を売ること自体は相手の年齢が18歳を超えていれば規制がないし、合法ですから、僕も反対はしません。ただ「コスプレに使える」というのは・・・使えるかどうか、まだまだTPOやコンセンサスは確立していないように見えます。
 「歴史好き女性の大切なコレクションに!」のような売り方の方がまだ、という感じです。
 模造でも刀剣販売してる方々だと思うと自分も小心者なので強くは言えないんですが、どうぞご一考願います。_(_ _)_

 もう一つ書かなければならない事で大事な事はあるのですが、今はこれだけという事にしておきます。
 一応コスプレ研究サイトを立ててるので、長い文ですが頑張ってみました。僕的にはこれで責任を果たしたつもりです。

(2009_10/12 15:47 某撮影イベントの開催に影響がないよう、この時間にUPしました。)



 (※ 木製模造刀ってのもあります。「コスプレ用 木製模造刀」で検索すると結構出てくる。かなり安い。
  でもつまりは木刀と同じ扱いなので当然扱いには注意  2009_10/14)


 (※※ また、きっちり梱包して持ち歩けば法に触れないと言う人もいますが、銃刀法における「運搬」という言葉は、実銃や実剣を運搬した人にもペナルティーを与えるために存在しています。
  例えばいわゆる密輸業者というのは運搬だけやってる人たちですが、ペナルティーを負わなきゃならないのでその為にある言葉です。
  模造刀などは普通の業者が移送しても移送者の罪にはならないので、「運搬」という言葉が条文に無いだけです。
  (例えば、模造刀剣を1本〜たくさん持った持ち主が、それらきっちり梱包して車に乗せ、彼らの言う「運搬」をしていれば、道中の路肩にある気に入らない人物の家の周囲まで行っても許されるか、と言えばそうではないわけです。家の近くで荷を解かれたら意味ないわけですから。それは「携帯」なのです)
  だから、きっちり梱包していてもいなくても、購入時以外に出かけた先で持ち主が持っていれば、とりあえず「携帯」とみなされる可能性が高いです。 10/15)

 ※※※ 自分をメールで侮辱し続けている某自称女性が(僕を障害者差別者だなどと書いて侮辱してきた人)、「貴方がよく行かれますワ○フェスやコ○ックライブやその他の小規模同人誌イベントでも持ち込みは認められています」なんて書いてきたんですが・・・・・・侮辱口調が許せません(いや、ライブは遠くなったので最近行ってないけどね。行きたいけど行ける距離じゃ無い)
  (2chにもありましたが)別に「金属製模造刀」を許可するなどとは両者のカタログルールや公式ページの参加ルールのどこにも書かれていません。嘘を書くのはやめて欲しいです。
  ライブのホームページでは「モデルガン、エアガンなどの武器類は持ち込み禁止です。」とした上で、「刀剣などの長物は高さを1m以内として、人を傷つけない素材を使用してください。抜刀は禁止です。」となっているようです。法的に金属製を意味する「模造刀」の語句はないです。
  人を傷つけない素材、となっているわけで、金属模造刀可となっているわけではありません。(金属刀だって打ち据えられて強い打ち身が出来れば軽傷扱いです)。
  また、抜刀禁止なので刃が金属製である必要はなく、それでも金属製の模造刀を持ってきた場合は会場からの行き帰りが銃刀法22条4に違反します。これは、法律を知らない子もいるので、トラブル防止と思いやりを兼ね備えたルールだと思います。
  ルールに抜刀禁止とあるコスプレイベントに、金属製模造刀を持っていくと、道中全てが銃刀法22条4に抵触とみなされると考えた方がいいです。
  ワンフェスの場合も、カタログには「コスプレーヤーの方は、衣装や持ち物(とくに長モノ)でディーラーに迷惑をかけない心配りをしましょう」と書かれているだけで(2008年冬公式ガイドブック。会場変更後は不明としますが・・・)、持込禁止物制限などが書かれていません。ルールの数が少ないです。
  これは、ワンダーフェスティバルはカタログの先行販売が殆ど模型店だけだったり、また造型イベントなので、ガレージキットの展示や修理に必要なツールそのものに金物が多いし、いちいちチェックできないというのがあるからだと思います。しかし、それでも金属製模造刀に関するルールは銃刀法22条4が有効の筈です(ディーラーも金属製とか出してないと思う。プラキャスト製の模造武器塗装前の販売とかは別として・・・)。だから会場でコスプレの人が金属製模造刀剣を身につけていても、自己責任です。許可してるってわけではないんだよね。造形材料の危険度を理解しないでガレージキット作るなんて、考えられないわけだし。
  ワンフェスは大型ロボの着ぐるみとかも可で、持ち込み禁止物とかもゆるいですが、自分的に楽しいイベントではあったかなと(幕張遠いから今後行けるか不明・・・)。
  危険物はわかっているし法律はみんな気にかけている、というのが前提条件で、ルールが少なく書かれていない部分は一般社会に準じ、自己責任だ、というのを忘れない方がいいです。(2009_10/15)


◎ 八王子サバゲー場反対の方に脅し短刀画像をUPしていた例の人物がまだ珍妙な理屈を並べているんですが・・・
  模造刀の「運搬」は禁じられてはいませんが、それは文中どおり、模造刀の所有者が運搬者とは別の場合とかがあるからで(そりゃ配送業者は普通は別なわけで)、
  所有者が持って運んでいればそれは「携帯」だし、「運搬」の場合は入り口出口が決まっています。運搬ルート以外に外れたらやっぱり警察に怒られたり、署まで同行って事になります。という事は、持ち主が持っている場合は、携帯も運搬も同じとみなされるって事です。梱包されてるからって規制がないわけじゃないんですよ。
  梱包形態とか問題じゃありません。だから模造刀の項には「運搬」って書かれていないんです。購入後の持ち帰りなら運搬だけどね。その場合はレシートがある筈です。
  ていうか例えば、携帯電話がうるさいからって、電源切ってエアパッキンとビニールやお菓子の紙箱で密閉して持ち運んでいたらそれは携帯電話を携帯してないことになるんですか?違うでしょ?22条4で規制されているのは小刀の金属模造刀も含めているわけで、そういう事なんですよ。「隠したって携帯してない事にはならない」わけです。
  重要なのは、金属模造刀の製造目的というのは、「見られる事だけが用途」のアイテムで、だから無差別な持ち出しが禁止されているという事です。見える位置にある場合は携帯中というより「使用中」で、携帯理由自体に金属製である必然性が薄いなら、不当な携帯としかいいようがありません。
  無差別の携帯の規制目的には、模造刀による故意の恐喝や、凶器に使用しての殴打暴行を防ぐ目的もありますが、
  喧嘩などでカッとなった際に使用されるのを避ける、傷害犯罪防止目的もあるわけです。
ただでさえ怒りっぽいオタクやコスプレイヤー達なのに、金属模造刀を携帯して問題ないかのように扇動されるのは無考え極まりないです。竹光や木製があるのに、金属模造刀である必然性など、普通、コスプレには存在しません。
  とにかく、持ち主個人が持って運ぶなら携帯と同じなので。何にしても嘘は良くない。(2009_10/22.23)



  ですので、コスプレイヤーの方々は極力

  ● 「抜刀禁止」とイベントルールにある場合には、金属製模造刀は持ち込まない。
    (往復の途上が全て銃刀法22条4に抵触します)

  ● 「長物可」とイベントルールにあっても、金属製模造刀に触れていない場合には、
    金属製模造刀は持ち込まない。(書いていなくても法律は有効です)

  ● 「模造刀持ち込み可」とある場合は、竹光・木刀 と 金属製 のどちらも可なのか、
    イベント主催に聞いてみるというのも手です。
    (何もルールに書いていないと、金属製でもOKという事になってしまいます。)

  ● 木製模造刀(木刀と扱いは同じ)を持ち込む場合、イベントへの来場、帰宅途中は、
    同様の武器類を持っている複数との同時での帰宅は極力避ける。
    (ルックスがやばかったり他の根拠で疑われてしまうと、凶器準備集合罪になる可能性あり)

  ● 剣道の心得がない場合は極力、木刀や金属製模造刀を持たない。
    (奪われて大変な事になるとまずいです)

  という感じで、気をつける事を 一応 勧めます。 (2009_10/22)





 




 
コスプレ研究のページ TOP 
プチ日記 TOP 
 
 
MO-Cute TOP 


by Kohji_molimoto(れくと)

(※ 最近首都圏でカメコしている、森本ま●と=頂●禿氏 とは 別 人 です。)