初代リカちゃんのページ
 デラックスドレス・ローマ 
レザーシリーズ・マギー を更新 ↓
リカちゃんページTOP にも ローマ の画像載せてます
(マギーはパリーの下です)
 

初代のリカちゃんのお洋服を紹介しています
(一時的に非表示だった件は、ページの一番下に書いてます)
いづみちゃん・くるみちゃん 初代ママ リエお姉さん
初代リカちゃん初期箱・デラックスベッド・家具 他
 



◎ デラックス・ローマ(1967年・タカラ レストア)

祝・リカちゃん50周年!!で、今日は記念すべきその5/3、ハッピーバースデー、リカ!!
・・・という事で、やっとこ「リカちゃんの夢・ローマ」の更新です。
最初に販売された15着の内のプリンセスマキシドレス3着中の、真紅のドレス!!
着ているのはツイストの子ですが・・・本当はへそリカちゃんじゃなきゃ、なんだけど。
結局レストア品紹介という事になりました・・・(;▽;)でも50周年だし!!

レストアと言っても結構生地などは気を使いたかったのです。それで、
ヴォーグ学園講師の本多氏に相談した所、多忙な中、当時と同じ生地を譲っていただきました!
Thanksです!!なんとか首と袖のポンポンブレードの方はほぼ同じ品を自己入手できていたので、
あとは縫うだけ、と思いきや、かなり難しかった!! 僕は基本レストアは手縫いなんですが、
本来ばらけた状態から縫製していく筈のこの種のドレスを、型紙なしに部分のみ縫い合わせるのは
やっぱり意外と難しいです。あと多分このテトロンシャーという生地の袖は、当時から女の子泣かせで
子供によっては一瞬でそで取れてしまったんじゃないかなぁ、って感じ。ほつれ方がハンパない。
本当はバルーン部分はもう少し小さめな気が・・・。そして、ヘッドドレス。
某ネット店によく似たバラレースがあったので今回はそれと普通のサテン巻きバラを使いました。
本当はこのバラもテトロン製の巻きバラでは?でも、なんか自分的に
テトロン怖い怖い病になってしまったので、今回はサテン製にしました。
・・・そでは大きすぎたかなぁ、ヘッドドレスはもっと大きいよ!!
うぁぁ・・・でもいいんだ・・・まだバラレースあるし・・・

やっぱり何で「ローマ」がテーマに選ばれたかと言えば、ギリシア神話や女神さまのイメージ、
「ローマの休日」などでのあこがれの町で、更に「ロマン」「ロマンス」の語源でもあるからでしょう。
そう考えるとこのドレスはフロントのエバプリーツもギリシア神殿の柱のようだったり、
ヘッドドレスも貝がらのようで、ヴィーナスの誕生のテーマを表現しているようです。
首元と袖のポンポンブレードも、ミルククラウンって感じで。
このデザインセンスは本当秀逸です。テーマからデザインが出来た好例だよね。
このドレスとともにリカちゃんが誕生した時、一体誰がリカちゃんシリーズを、
50周年も続くロングセラーになるだなんて想像しただろうか?・・・でもこれはもう、運命みたいなものかも。
あざやかで気品あふれるドレスです。そんでもってとてもかわいい。
僕のはレストアだけど、その雰囲気がちょっとでも出ていてくれるといいなぁ・・・(;▽;)



 (※背景のハウスは儀燭世韻鼻∈能藉ではないかも。)
(2017_5/3 AM1:56)





 



◎ デラックス・パリー(1967年・タカラ)

トップページの続きで紹介です。初代リカ最初期のデラックスドレスです。

ヘッドドレスはアンリスさんのページの写真で正しいようです。
僕のはヘッドドレスがレストア。でも綺麗になってくれたんじゃないかな、うん。
入手はヤフオクでした。多分僕としては過去一番高額入札したドレスです。

昭和3、40年代の映画や少女漫画でも、やっぱりフランス・花の都パリは、少女たちの夢の街でした。
他のウィーンやローマもそうですが、リカちゃんはフランス人のパパと日本人のママのハーフなので、
このドレスは重要なドレス?そこまで深くないか。
とりあえず街の名前付ドレスはリカちゃんの最初期からあったわけで。
パリがタイトルのこのドレスも、ふわっとした如何にも少女っぽいドレスになってます。
花売りの少女とかをイメージしてるのかな?本当のリボンはドレス通り、とてもふわっとしたものです。
このふんわり感はなかなか今では出せないし、「かよわい少女」のイメージそのもの。
遊びに耐えうる強度重視の現代では、玩具として販売できないイメージに見える。実際には意外と丈夫そうだけど。
ホントはもっとチュールは小さいようですが、牧先生イラストブックレットの
後期に乗ってる 画像 が市販品だと思うので、それを意識して作ってみました。
実際には頭の上の小花は、オーガンジーのガーランドブレードなんだそうですが・・・
入手したら作り直します。今はドレスセットの花束挿してます。こんな感じ(画像)

ブックレットの「月の光のように輝くドレス純白のレースかわいいお花のついた帽子
月光のセレナーデのメロディーが聞こえてくるよう」って感じに到ってるかどうか。

モデルになってくれたのはこっちではツイスト初代ですが、
これはこれでかわいいな、って気がします。
このパリーはウエストVラインが結構鋭角なので。もっと浅いVのもあるようです。
基本的にドット付へそボディ用ドレスですが、牧先生後期ブックレットにも載ってるので
ドットなしへそボディが着てても間違いではないと思います。
ヘッドドレスの材料は今回、本多氏に提供していただき感謝でした。
(リボンの幅が合うのが見つからず、ドレスと同じ幅のを頼んでもらってしまった。すいませぬ)。
髪につけたリボンは結構褪せてきてるのですが、このアセテート製のリボンは
本当に当時そのままの材質&幅だそうです。いつかビンテージまんまのリボンになるそうだ(^▽^);

最初期15着のデラックスドレス3着の内ウィーンとパリーは入手したので、

これで残るは「ローマです。なんと言ってもローマです」が・・・はてさて?
  人形つき No.9801 980円 ドレスのみ No.6015 600円。
(2012_8/2)





◎ レザーシリーズ・マギー ( 70年? タカラ )

 以前買ってたドレスを今頃紹介です。レザーシリーズの1着。
 マギーというのは人の名前でいう「マーガレット」の愛称です。
 ライムグリーンにレッドのアクセントが効いたチェック地を斜めにあしらって、
 オレンジ色のレザーを生かした1着です。レザーは当然ビニールレザーですが、
 リカちゃんのレザー服なのでそんなにフェチっぽくはなく、屋外向けのアクティブな服って事でしょう。
 グリーン基調のレザードレスなんて最近は全然見ないけど、この70年前後頃は牧場生活に憧れたり、ユースホステルづたいに旅行するのがブームだったり、
女の子でもボーイッシュでベレーやハンチングかぶるファッションが流行りだしたりしてたようなので
全然こういうファッションもありだった、って事かもしれません。

 なんで更新が遅れたかというと、レザーシリーズはほぼ白系網タイツ+ブーツの組み合わせが多いので
 この服も完品紹介したいなと思いつつ、でもタイツをそろえた所で、その上にクツはかすのが難しい・・・と、
まぁ下の「ダイヤ」の時の困難さから、結構パーツ集めにめげてしまい、
結局今の今まで更新しなかったのでした・・・(^^);
それで立たせづらいのでニューリカ用のマグネット靴にしてるわけだな!なるほど
着せてるリカちゃんは、この間まとめで入手したものですが、意外とこういうぱっつん気味のショートの子も
服や設定のTPOに応じていい感じにお洋服着てくれるので、なんかそのままウチにいてもらっています。

  ※ 価格などは後で調べます。
 
(2017_5/3 AM2:20)





◎ リカちゃんのクリスマスセット(暫定版。71年)

初代リカちゃん当時のクリスマスセットです!♪
クリスマスイブなので・・・やっぱり紹介する事にしました!
多分リカちゃん最初のサンタ服のセットだと思います。
作られたのは多分71年。ツリーとサンタ服とくす玉、モールと
プレゼントの箱とリカちゃんのクリスマスソングが入ったソノシートがついています。
はっきり言ってかなり豪華です。箱は初代リカならではの真紅!!
発売年度のクリスマスに、かなり売れたんじゃないかと思います、
実はツリーの星と、クリスマスカードが欠品しているので暫定紹介です。


そんなわけで、サンタさんの衣装を着せてみました。カワイイっ!!
セットに付属しているって事で、結構安手の服だと思う人もいるかもしれないけど
手首にもボンボンがついていたり、ズボンもパンタロンと同じ裁断だったり
初代リカならではのおしゃれセンスが炸裂しています。
ダッコちゃんつき刺繍タグは角文字。

で、画像の赤の色合いが変だと思う方いるかもしれませんが
実はこの服の赤いあったか布地はとんでもなく強い蛍光色なのです。
帽子やサンタ服の白も多分・・・ブラックライト使うと相当に光ると思います。
厳密に書くと蛍光サーモンピンクみたいな色です。説明難しいけど。
ズボンのウエストはかなりきついかな。あと、帽子も結構きついです。


箱の横の文字はこんな感じ。楽しそうでワクワク感を誘う感じです!!
いや実際結構自分も楽しんでるんだけど。
この後くす玉やプレゼントの入ったブリスターを開けて、ちゃんと飾り付けをしました。

箱の品番は、LX−980なので、当時価格は980円だったはずです。
これで980円って絶対安いと思う。本当リカちゃんからのプレゼント!って感じです。
なんでLX・・・自分のペンネームで「LX」(誕生日が12月24日だから
アルファベットの12番目と24番目で)ってのもありますが、
あぁ、Licca X'mas セットかぁ!なるほど!!・・・と(笑)。


実はこのセットの入手に到るまでには、結構語るも涙だったりしました。

入手価格自体は結構高かったです。分割で買う事にしたんですが、当時から、
ネットでは多分その半額以下くらいで落札されているので、僕の買値は倍値以上で、
なんていうか、その後色々あって、自分の取引が遅れてしまい、相手も待たせてしまい。
むしろそれ以外の理由でその町に行くと自分自身が危険だったりしたのですが(察してね)。
お金を10000円以上払った状態で、もう別の人に売られてるだろうな、と諦めていたんだけど
その後「品物あってもなくても・・・」とお店に行ってみたら、
なんとお店のおじさんは、品物売らずにちゃんと取っていてくれました。
正直涙出た。欠品や難点あるし買値は高かったけど、お店の方とはまた仲良くなれたので
今ではやっぱりこのセットを買って良かったな、と思ってます。
どっちに悪気があったわけでもない。そういう事ってある。
本当はあっちゃいけないのかもしれないけど。

ソノシートは若干曲がって反ってるかな。上から本とか積めば戻ってくれるだろうか?
お星さまは、自分で作るか、別の品から流用してみようかと思ってます。
ていうかもうイブの夜も過ぎちゃったよ!!あー年取りたくない;
でも、ツリーは1/15ごろまで飾っててもいいって親とかに聞いた事があるし、
サンタさんはどうせ夜明けまでクリスマスを祝えないだろうから、
これからクリスマスを楽しんでも、全然いいかなって感じです。
パーツ入手したら、また更新する予定ですが、今はとりあえずこんな感じです♪

 ※ LX-980  980円。
 
(2010_12/24)





◎ お散歩セットの服 ( 68年 タカラ )

  初代リカちゃんの台紙ドレスの一着、お散歩セットです。
  すごく目に鮮やかな虹色のプリント地のワンピースとバンダナ!!
  いかにも6〜70年代っぽい、カラフル&ポップなドレスセットです。台紙つきドレスなので、人形付販売はないのかな・・・わかりません。

  で、「お散歩セット」なのにも関わらず、写真では靴をはいてません。黒のストッキングです。絶対領域すごすぎます。
  この着合わせは、単品台紙売りの「お散歩セット」の取り合わせではなくて、実は「企画・全国趣味の会連合会 選定・タカラ リカちゃんトリオ 頒布会」と裏に印刷されている大きい台紙のドレスセットの着合わせ方です。
  そのドレスセットだと、いづみちゃんのミニのワンピース「ちいさいお花」とセットになっているので、販売時期も68年だと思います。
  (※ 実は「お散歩」という、別デザインの初代服もあります。)
  ストッキングだと、多分やわらかい頃のブーツかサンダルじゃないと靴をはけなくなってしまう。それでこのままにしてます。
  実は腰の右側のお花のマゼンタのビロード地が欠品しています。だからこの掲載は見切り発車だったりするんですが・・・だって載せたかったんだもん、いーじゃないかァ(;。;)

  このドレス、実は結構入手するのに苦労した服で・・・入手が一番早かったのは、実はこの黒ストッキングで、そこから集めだしました。
  その後ネットで、腰の部分もちゃんとそろったドレスを買いました。でもバンダナがそろってなかったのであまり着せてなかった。
  で、その後某店でちょっと安めの同ドレス+バンダナを見かけました。帰宅後「ああ、今持ってるのを手放して、あれを買えばなんとかそろうかな?」と思っていたんですが・・・
  自分のを出品した後に購入した某店の同ドレスは、花の真ん中が一個欠品してたのでした・・・(;▽;);;
  で、せっかくのちゃんと花がついていた綺麗なドレスを手放して、バンダナ+ドレスを買ってこの状況です。
  更に続きがあって、その後新しく生地がもっと綺麗な同ドレスをもう一着購入。けれどもそれはお花部分欠品で。いまだにお花の移植に成功してません(泣)
  結構このお花のアイロンプリントはがっちり生地に食いついてるのです。・・・ひ〜〜っ ;;

  ・・・たった一着のドレスをそろえるのに、こんなに苦労させられるのも珍しいです。けれども結構気に入ってはいるんですが。
  これから購入する人は、素直に台紙付新品を買って着せちゃえ!!って感じです。
  なんていうか、ピクニックに合いそうだよね!! ’冬来たりなば 春遠からじ’って事で色々写真撮ってみました。 ( 画像→  )

  ※ 価格などは後で調べます。
 
(2010_12/23)




◎ レセプション ( 71年 タカラ )

  初代リカちゃんシリーズ後期マキシドレスの最高傑作、レセプションです。
  時間かかりましたがやっとこ買えました。長かったんだぁ・・・(^▽^)!!   ピンクのレースと銀色ラメの生地がまぶしい、真っ赤な花が鮮烈なリカちゃんドレスです。
  カタログ掲載は71年頃からです。最初期のマキシドレスの名作がローマやウィーンなら、後期は間違いなくこのレセプションでしょう。
  ' reception 'は歓迎会とか歓待、応接とかそんな意味。この服を着るパーティーでは、リカちゃんが招く側という事になる・・・筈ですが、判りません!一応receptはreceiptと同語源。
  ブックレット画像はこんな感じ(画像)。これはマドリッドのバラが表紙の「リカちゃんトリオ」のです。色々とファッションに関する豆知識が書かれているのが優れてる。
  この服は「感動にうずまく」にも載っているんですが、どうもママがパリの「モードグローバルデザインコンクール」に出た時にもモデルのニコルが着た雰囲気・・・です。
  ブックレット画像ではアップヘアなんですが、某JLBさんのサイト(コチラ)によると、ミント品では普通の外カールにティアラをつけた品も販売されていたようです。

     オークションで数千円位で入手したドレスです。ありえないと思いました。思ったよりもはるかに安くて嬉しかったですが、ティアラと首のチョーカーが欠品していたので自作しました。
  実はティアラがこないだ出品されていて、自分も入札はしたんですが、なんと4000円以上になってしまい落札断念。それで自作した感じです。本物は脇の白パールが3コずつなので念の為。(UP画像)
  首のチョーカーは多分服についているリボンと同じだろうという事で買ってきたベルベッティーン(俗に言う別珍。ベルベットとは織り方が違う)の黒リボンに極小のパールビーズ。
  ティアラはなんとなくこんな感じだろうという事で買ってきたパールビーズとクリアのビーズで、なんと新宿オカダヤにクリアレッドのビーズがなかったので(切れてた;)、
  Mr.Colorの「色の素」のマゼンタを薄めて塗ってます。色の素はいわばプラカラーを作る上での原色なので、こういうプラスチックものを成型色っぽく塗る時には有効かもしれません。・・・大きさ全然違うけど。
  胸の真紅の花は当時のリカちゃんシリーズの造花です。同じ花が使われていた花束などのセットが、某店で3000円で出品されていたので、そちらからもらいました・・・。
  レストア材料と購入費用と電車賃だけでドレス代と同じくらいかかってしまった(;;)
  でもかわいいから全然OK!!嬉しすぎます。(室内写真。画像暗いけど結構可愛い♪)
  
  レセプションって初代リカちゃんコレクターの中ではやっぱり一つのハードルだと思うんですよね。欲しいことは欲しいんだけどなかなか手が出ない入手しづらい一着。
  これがあったらっていうハードルが一つクリアできるとやっぱり幸せです(^▽^)!!

  人形つき No.1001 1000円  ドレスのみ No.6001 600円。
 
(2010_8/9)




◎ およばれ ( 68年 タカラ )

 初代リカちゃんではへそつきリカちゃんの頃の服、『およばれ』です。
 「白いたっぷり入ったギャザー ワンピースは銀色のような線がソフトな感じを出し赤がきれいです。」と、ブックレットに。初期の服らしく、シンプルなのに凝った所が多いお洋服です。
 へそリカちゃんの服だけど、いつもどおりツイストの子に着せてみました。付属の靴は本当は白の初期用ローヒールです。
 
 一応ネット入手なのですが、この服はかなり人気が高く手に入れづらいです。例えば他の服と出品されていると、説明がなくてもぽーんと値段が上がってしまったりします。本来赤い印象の服だと思うんですが、スカートすその赤ラインがビロード風のブレードなので結構退色していて、既にオレンジ色の印象を持ってる人の方が圧倒的に多いと思います。
 銀色の線っていうのはスカートのオーガンジーに入ってます。おしゃれ!!スカートに2コ付いている六枚葉はなんとメッキしたプラパーツ!それにクリアグリーン塗装されていたものでした。塗装かなり薄いんだけど、リペイント前にとりあえずUP。
 凝ってる所はそれだけじゃなくて、スカートの内側に更にレースつきのペチコートがついてたりします!(画像
 見えない所にこれだけ気を使うってのは、やっぱり遊ぶ女の子がリアルに夢を見られるように、って事なんだと思うんですが・・・それにしてもこれでこの当時価格↓は安いです。

 それはともかくタイトルの「およばれ」・・・僕なんかは子供の頃よく聞いたけれど、最近の子たちは「およばれ」って言うのかなぁ。現代っ子は「○○ちゃんの所に遊びに行って来るーっ!」って感じじゃないだろうか。昭和当時ならではの素敵なコトバってあるよね。
 この服は欲しかった服なので、入手できて感無量です!!仕立ての具合かこんな具合にちょっとスカートがなびいてるんだけど、それも初夏っぽくていい感じかな? 季節は春。初夏もすぐそこです。


  人形つき No.6501 650円 ドレスのみ No.3500 350円。
 
(2010_3/28)




◎ ダイヤ・レザーシリーズ (70年?レストア  タカラ )

 多分70年か71年ごろに発売された、レザーシリーズの「ダイヤ」という服です。何度も掲載してますが単品で紹介してみます。随分前にレストアしました。
 最初にこのリカちゃんたちを、フリマで見つけて買った時にはひなげしなどの服を一応着てはいたんだけど、初代服だとは気づいていませんでした。わすれな草もそう。だから自分的には、この服が最初に「初代リカちゃん用の服が欲しい」と思って入手した服でした。
 銀色とビニールレザーのピンク色が映える、とてもPOPでサイケデリックな服です。胸のダイヤ(プラ製)は虹色に光ります(少年サイボーグのサイクロイドZと同じ)。ブーツファッションなのでこの服もロンドンファッションっぽい流行服かもしれません。初代リカちゃんには前にも書いた通り銀色服が多いです。角文字タグ。(カタログ画像
 ですが、ジャンク品を安い状態で購入してしまったため、かなり銀ラメが落ちまくっていたのでレストア(きれいな状態の服はリンダさんの「ドウニモトマラナイ」などで見て下さい)。完成した時には元の状態よりはるかにギラギラしたとんでもない仕上がりになってしまいました・・・(^▽^);

 前はあまり書かなかったんですが、ペイントテックスのシルバーなども試してはみた。試したけれどもどうしても青味がきつくなるしで断念。結果としてレストア方法は単純にエキステンダーで銀粉(ハンズで売ってたダイヤモンドピースとか言う品。まじダイヤってわけではないので安いです)を塗布していった感じです。実はミラーマン(タカラ製)と同じレストア法(画像
 どうせエキステンダーを使うなら、銀箔を貼れば良かったと今では思ってしまってますが(レディリカの「カトリーヌ」用に既に銀箔は買ってきた)、その時はまさかこういう服を銀箔で直そうなどとは思いもしなかったので。レストアにはあんまり値段を意識しない方がいいかもね。結果良ければ全て良し。
 ブーツも実はリペイント品です。最初はこんなにひどい有様で(画像)、白サーフェイサーを吹いて(画像)から蛍光ピンクで塗りました。見た目荒いですが、カッコよさは出てくれたので満足です。

 実はレザーシリーズはそれぞれに何種類かの網目タイツが付属しているのですが( 画像 ←例)、ブーツがかなり固くなってしまっているので、タイツの上にブーツをはかせられません。可塑剤(かそざい)が揮発しきってしまっているので仕方ないと思うんですが。ちなみに人形つきだとアップヘアらしい。
 実はこの服用にバッグも合わせて買ってます!!自分的には結構こだわったつもりなんだけど、ね?

  人形つき No.8023 800円 ドレスのみ No.4523 450円。
 
(2010_3/28)




◎ バンビ ( 69〜70年? タカラ )

 新年です!って事で・・・2010年代、最初に紹介する初代リカちゃん服です。
 ノースリーブのワンピース。タイトルは当然、ディズニー映画のバンビからなんだと思います。
 ラメが織り込まれた布です。ノースリーブだから手足が長く見えてかわいいよね。あったかそうな毛皮をイメージ?ウエストのワンポイントのリボンがかわいいです。首元と胸元V字に波型ブレード使われてます。単純なんだけど印象の強いファッションだよね。
 ’ 子鹿の〜バンビ〜は〜かわ〜い〜いな〜っ♪ ’ ← 知ってる?

 なんていうかUP写真を何枚か撮っていて思ったんだけど、リカちゃんの目ってアニメの「バンビ」の目に似てるよね!瞳の輪郭とか一つ星な所とか。これだけシンプルだと、意外と目の印象が際立ちます。もっと子鹿っぽいUP写真もありますが、こっちの方がかわいかったので右写真で掲載!
   
 この服も最近の専門書には載っていないみたいで・・・以前ネットオークションに出てた時には誰の何て服だかまったく判らなかったので手を出せませんでした。で、「日本着せ替え人形協会」の本多氏のブログで、特別展示紹介されたママの服「すずらん」の掲載カタログが紹介されていて、その隣に映ってたので名前を知った服です。(まだカタログをあまり持ってない自分・・・)
 で、その直後に初代リカちゃんの服とまとめで出品されたのを見つけて、それで入手しました。だから年代とか、どのカタログ掲載かが判らないです。すいません。
 タグは角文字で、すごく小さいです。裏地つき。
 
 そういえば、僕が北陸某市に住んでいた頃、土日に通っていたおもちゃ屋さんも「おもちゃのバンビ」って言いました・・・。もしかしたらそれで落札したのかなぁ。T岡店なくなっちゃったんだなぁ、ダイエーも今はない(;▽;)
 ともあれ、昭和っぽい作りだけど、当時としてはとんでもなく斬新な服です。白とシルバーと赤なんて、本当はクリスマスカラー?新鮮だよね。(※’bambino’だと「赤ん坊・幼いキリストの像」の意味。教会の鐘みたいなフォルムはそこから?チビッコチーちゃんの服にも似た色を取り合わせた服があります。)
 新年です。今年一年、2010年代も飛び跳ねて行きたいよね。僕もがんばるので、期待してて下さい。(^▽^)/;;
  人形つき No.8029 800円 ドレスのみ No.4529 450円。
 
(2010_1/1)





◎ ハイキングセットの服 ( 68年〜? タカラ )

 これも上の「バンビ」と一緒に入手しました。袋入りのドレスセットの「ハイキングセット」に入っていた服です。リカちゃん開発者の小島康宏氏の本「リカちゃん 生まれます」に掲載されています。「ドウニモトマラナイ」さんの、袋入りドレスの項で紹介されています。台紙売りのシリーズです。
 オレンジ色のローウエスト!着せると体がすごくスマートに見えます。足を長く見せるだけがスマートに見せるやり方じゃ無いよ?!って事で、ある意味最近のファッションにも通じる服です。でも金属バックルだったり。僕が子供の頃はハイキングって流行ってた気がする・・・
 それにしてもドウニモトマラナイさんは、台紙についた状態でローウエスト服だと判るのがすごいなぁ。自分は着せるまで何が何だかだった。
 この服もチビッコメイトシリーズについているような、すごく小さな角文字タグです(チビッコ系も再紹介したいんだけどなぁ・・・)

 「リカちゃん生まれます」でも紹介されてた、背面の布づかいがこちら!!(画像) ・・・生地の流れがひし形になっているという。やっぱりすごいなぁ。自分のはちょっとズレてるけど。
 ハイキングの「セット」なので、完品にはバスケットやマット、サングラスに手もち用の花束がついています。うーんバスケットどこかに出ないかな(^^);
 まだ冬はこれからだけど、それが過ぎればもう春です!♪ 初春にちなんで紹介、って事にしてみます。
 ドレスNo.など判りません。すいません。
 
(2010_1/1)




◎ ぼたん ( 72年タカラ )

 これも「感動にうずまく・・・」のブックレットの一着です。かわいいピンクのワンピース。
 前から欲しかった服です。カタログだとこんな感じ( 画像 )。モチーフカラーはピンクとゴールド!鮮やかで映えるよね!!このブックレットの服はどれも素敵だと思いますが。
 最初はレースのパフショルダーのゴム糸が切れていて、リボン欠品、花も一個なかったのですがレストアしました。

 襟から胸にかけては金糸の刺繍がされた花柄で、すごくゴージャスです。胸のカットは逆Vで、こういうデザインは子供じゃなきゃ着れない服なんじゃないかと思います( 画像
 ウエストからスカートのピンクはポリエステルっぽいです。注目すべきは、縦に入った金糸と銀糸のダブルステッチ!!光があたるときらきら反射して綺麗です!!
 この布はもともとこうなのだと思いますが、初代リカちゃんならではで、特に背中側の布使いも本当におしゃれです( 画像
 つくづく凝ってます・・・花がなくても十分成立する服なんですが、そこはリカならではという事で・・・(^^)

 レストアですが・・・手芸店に行ってゴムカタンを買ったのですが、それが手持ちの針に入らない太さで・・・仕方がないので表面の繊維をはがしてゴムのみで縫った感じです。  青い花は当時のリカちゃんシリーズの花束からもらいましたが、大きさが若干違います。向かって右側のが正しいサイズです。
 裏地はちゃんとついてます。当然角文字タグです。女の子女の子していて、リカちゃんやいづみちゃんどころか、ピチリカちゃんにもとても似合うかわいいドレスです。
  人形つき No.8018 800円 ドレスのみNo.4518 450円。
 
(2009_10/5)
◎ 「ぼたん」を着た初代リカで撮影。髪にかかった虹がいい感じなのでUP



◎ 発表会 ( 69年タカラ )


 リカちゃんの服です。「ピアノの発表会へ」という真っ赤なドレスもありますが、それとは別、これは黒いカラーのフリルが映える服・・・のはずなのですが、色々と難有です。
 黒の染料がかなり色落ちしてて花がぼろくなってしまってます。カタログ写真は こんな感じ 。ページでは赤い花が付いているのですが、この白い花でも合っているのか・・・判りません。僕的に黒ドレスは初。

 フリルは初代リカちゃんやチビッコメイトのドレスで多用されているエバプリーツです。カタログにもある通り、’折れ目が取れません’(笑)! ある意味当時の初代系ドレスを探している人はエバプリーツを見ると衝動的に手を出してしまうんではないかと思うんですが、今現在ネット検索してみると「エバプリーツ(ever pleats)」では数件しか反映されません。・・・それもびっくりですが、一番びっくりなのはこのプリーツを除いたワンピース丈の短さ!!逆光で置くと全部足です!!カワイすぎる。
 袖の生地は黒いシフォンで、透けてます。袖は比較的状態良好。ふわふわしていて手触りがいいです。タグは角文字。

 こういう状態の場合、レストアした方がいいか放置がいいかは悩む所です。服としての体裁がなくなってしまっていたら困るけど、こんな感じの色落ち具合でもレトロ感(100年経ってないのでアンティークではないですが)があって◎という考え方もあるし。逆にペン型布用染料で生地をまた黒く塗れるものならそれでもいいかもしれない。このままだとなんとなくアニマルパターンですが;
  でも花まで赤いサテンなどで作り直してしまったら、(以前のダイヤの服みたいに)もう別物になってしまうかもしれない。微っ妙ーーっだよね。放置できる花の状態ではないけれど。
  ただ、意外とこの服は(傷みやすいからか)あんまり各サイトでは紹介されていないみたいなので・・・とりあえず自分の入手状態のまま紹介してみる事にしました。レトロでいいですね、という人がいてくれれば嬉しいです・・・♪
 
  人形つき No.7508 750円 ドレスのみNo.4008 400円。
 
(2009_9/28)




 
◎ レモンの香り ( 67年タカラ )


 この服も前から欲しかった服です。レモンイエローのサテン地の服です。
 初代リカちゃん初期のイラストを担当していた牧美也子先生デザインです。
 牧先生ご推薦!とは言え、先生デザインの服は初代中けっしてそう何種もあるわけではないので、ファンだったら押さえておきたい服の一つではあります。(他、オレンジ系の懸賞ドレスなどもそうらしい)。カタログ(画像)だと左右逆版なのは、某専門サイト通り(^^)
   牧先生のイラストがきれいなんですよ・・・箱は憧れですね、本当に
(まだ初代系のお人形の箱入りは一個も持ってないです。しょんぼり)

 とにかく、何から何までかわいい服です。『 可憐 』という形容がぴったり。
 スカートに大胆なサイドカットのあるワンピースで、そこがレース地になっているのが涼しげでおしゃれ。女の子たちにとっては憧れだった&とても着れない!!だったと思います。
 初期リカちゃんのいかにも女の子っぽい服ですが、フランス人形っぽいリカちゃんだからこそ似合うんだ!と思った女の子はやっぱり多かったでしょう。
 お花の真ん中の宝石(プラスチック製)も◎!当時の子にとっては斬新だったろうなぁ・・・

 多分、「けいおん!」EDで、むぎが着ているドレスはこの辺もモチーフになってる気がします。
 あっちはモノトーン縞ですが。←さすがにレース地ではない
 本来は初代初期のへそつきリカちゃんの服です。最初の15着ではありませんが初期の丸文字タグ。
 靴もこれとは違う靴です。とりあえずって事でごめんなさい。
 某有名店で、服だけ1500円で買えました。結構汚れてたんだけど、つけおき洗いしたらきれいになりました。ニュービーズばんざい(^▽^)
 
  人形つき No.7003 700円 ドレスのみNo.3503 350円。
 
(2009_6/30)




 
◎ ムーングロー ( こんな感じ版 )

 これも復刻ドレスだけ手に入ったので、初代リカに着せてみました! 
 71年頃のつなぎドレス「ムーングロー」です。一応ウィンターファッションらしい(笑)
 初代リカちゃんの発売された67年〜72年までの間に起きた世界的な出来事として、1969年のアポロ11号の月面着陸があります。この頃の宇宙ブームにはすごいものがあり、かなりリカちゃんシリーズにも影響を与えているんじゃないかと思います。へそリカちゃんとツイストでは銀ラメ服の数が全然違います。
 つまりこのドレスは、宇宙服モチーフなのです。すごく未来派です♪

 ムーングローというのは、つまり「月の光」の事です(moon glow)。やっぱり宇宙開発を想起させるテーマではありますが、moon growingなら「満ちていく月」に近い意になります。女性と月の満ち欠けとは関係あるわけで、女性的と言えます。リカちゃんは11歳だし、ママがこれからのリカちゃんの成長を暗喩したデザインしたとしても不思議ではないです。多分「成長」がテーマなんじゃないかと思います。
   また、「女の子でも宇宙に行ける!」っていう夢を持って欲しくてデザインされた服かもしれません。そういう意味では「未来」ってテーマがかかってるよね。

 オリジナル服はアップヘアのリカちゃんと一緒に販売されました。復刻とオリジナルでは銀ラメ生地のパターンが違います。オリジナルはシルバーとホワイトが縞パターンですが、復刻版はチェックパターンです。この復刻シリーズって、他も71年服ばかりなんだね。
 手首のファーがあったかそうですが、着せる時には指先が袖にひっかかるので痛めないように注意です。これもロケット噴射的だよね。
 なんか「私を月まで連れてって!」って感じで、とてもかわいいドレスです(^^);
 
 オリジナルは 人形つき No.8531 850円 ドレスのみNo.4831 480円。
 
(2009_6/30)




 
◎ ウィーン(67年タカラ)

 初代リカちゃんが新発売された時の、最初のデラックスドレスの1着「ウィーン」です!!
 リカちゃんの最初のドレスは全部で15着、その内のデラックスドレス3着の中の水色ドレスです。ずっと欲しかったドレスです。オークションで服だけ入手しました。
 そんなわけで、ヘッドドレスは僕のお手製です。手縫いしました(^▽^);

 ウィーンは音楽の都として有名なオーストリアの首都。・・・有名な音楽家たちが演奏している風景が浮かんでくるような素敵なドレスです♪
 青いサテンとふわふわした生地が使われていて綺麗です。ボンネットスカートのフロントはレースのプリーツで、水色・白・黄色のグラデーション。

 着ている子は前からサイトに掲載しているおへそつきの子です(市内リサイクル店で入手)。でも、本当にかわいくなりました!!染みがあったのをここまでおとすのは大変でした(^^);; 普通の外カールの子が無理やりツーテールにされてしまってた子なので、お湯パーマしないとならないんだけ
ど・・・背中はドットなしなので最初期ではないです。花はオリジナルにはないので注意。でもかわいいです。
 とにかくとても見栄えがするドレスなのですが、やっぱりヘッドドレスがないと寂しいので材料を買ってきて自作。

 最初は こんな感じ で、こういう風に作って、後で輪っかにしてプリーツ状にして、リボンをつけて完成。本来リボンはウエストのと同じ織り方なんですが、近場では同じ織り方のものはあっても、幅が同じものがなかった・・・で、今回は幅だけ合わせています。オリジナルよりは小さくなっちゃったけど、あるとないとじゃやっぱり違うよね。縫うのは1時間40分くらい。素材の入手の方が時間がかかる(汗
 できばえは こんな感じ です。オリジナル画像を参考にさせていただいた ドウニモトマラナイ サイトに感謝!!
 次は「青い月の精」のヘッドドレスにチャレンジですが、あっちの方が難易度高いよね。
 
 とにもかくにも素敵な服です!!最初のデラックスは他に「パリ」、そして「ローマ」がありますが、3着そろえるのは難しいだろうなぁ〜っ・・・
 ていうか、新発売15着の内、最初に手に入れたのがこの服なんて、普通なら絶対ありえません!!感謝です・・・(;▽;)/
 
 デラックス No.9802 980円 ドレスのみNo.6013 600円。
 
(2009_5/19)




 
◎ リカちゃんの夢(社交界へデビュー) (68年タカラ)

 「リカちゃんの夢」シリーズのマキシドレスの1着です。このドレスもかなり前からほしかったのでした・・・
 ダッコちゃんマーク付刺繍タグは丸文字(筆文字)タカラ (画像)。 牧先生イラストの後期リーフレットから掲載されている服です。
 社交界にデビューって・・・つまりデビュタントたちが着る服。とてもフレッシュな清冽に若々しい服です。サテンピンクと、バラが浮き彫りになったようなレース生地に、紫のリボンがアクセントとしてとても生きてます。ちょっとベビーっぽいのがこの服のポイントだよね。カタログ写真で一緒のわたる君もえんび服でキメています。
 リカちゃんは小学5年生なので、デビュタンツにはいくらなんでも若すぎですが。詳細はこの辺 参照。リカ旅ブログでも説明されてます →コチラ

 この服もファンにはとても人気があります。オルゴール内蔵のスタンド=ファッションステージの上に載っている写真や、リカちゃんのCMソング・・・所謂主題歌レコードのジャケットに掲載されているので、有名。
 
 この服は、オークションで落札したレディリカ服のついでにお取引を頼んだ所、出品者の人が快く了承してくださったおかげで入手できました。
 ただ、こちらも服だけで、ヘッドドレスが無かったので、メリーちゃん のヘッドドレス(というか赤ちゃん帽というか)にリボンをつけてかぶせてます(画像 てっぺんも一部プリーツにしてある。糸をきればすぐメリーちゃんの帽子に戻せます)。上手く撮れてないけどとても似合ってます。心なしかおすましして見える(^。^)♪
 あと、このドレスもボンネットスカートですが、リカ服のボンネットスカートは現実のドレスとは逆に、ふくらみが前に来ている事が多い。丁度手でスカートの前側を持って走るあのシーンみたいなボリューム感です。たぶんコスト的な理由です。

 社交界・・・初代リカちゃんはママがファッションデザイナーなんだけど、もしかしたら結構ママが良家なのかもしれません。今の4代目以降の設定だと、良家以外の何物でもないんだけどね?若い頃世界旅行をしたママ・・・すごすぎ。リカちゃん自身も外交官になっちゃうしなぁ・・・近年の設定には難もあるとは思うんだけど、頑張ってはいるよね。

 自分が今まで買った初代リカドレスの中で今の所一番高額ではありますが、でも自分的には手の届く値段で買えました。
 それにしてもこのベビーピンクなドレスのリカちゃんは素敵です!♪ 夢のドレスだもん。
 
 No.9001 900円 ドレスのみNo.5001 500円。
 
(2009_5/19)




 
◎ ロビン(こんな感じ版)

 初代リカちゃんシリーズでは、どちらかというと後半に販売されたロビンという服です。71年度の発売だと思います。
 大体こんな感じ。実は上着が復刻版で、ピンクのパンタロンが当時品です。材質が合ってるかまではいまいちわかりません。でもかわいいです。当時カタログと比べるとベルトの形状に違いがあります。
 円形バックルは6〜70年代に流行っていたファッションで、近年も人気再燃しているので、それで使われたのかもしれません。オリジナル服では、貝をモチーフにした この服 のバックルです(ただし色がゴールド)。

 Robin は英語でコマドリの意味。ロビンフッドなんかも当時から子供には有名な童話です。確かにベストとスカート部分のすそがフサ状に切られているのは、鳥の羽のようで、童話チックです。ピンクのパンタロンがいいよね!!当時コンテストのチビッコデザインの服らしいんですが・・・童話風なのがニューリカにも通じます。
 この服を着て販売されたリカちゃんは、本来アップヘア(プレミア高)なので、オリジナルでこの服を本当に再現するとなると、かなりお金がかかります。
 下は以前買った服のパーツのセットから。上着はリサイクル店で300〜500円位で買って無理やりこの状態にしたんですが、結構カラフルさを楽しんでいます。

  当時服は、No.8534 850円 ドレスのみNo.4834 480円。
 
(2009_5/17)




 
◎ わすれな草(タカラ72年)

  No.8511 850円 ドレスのみNo.4811 480円。
僕が最初に手に入れた、初代リカちゃんシリーズの服です。フリマで頭の毛が切られてしまっていたレディリカを買った時に彼女が着ていたものです。
 初代リカの最後のブックレット「感動にうずまくリカちゃん」に掲載されていた内の一着です。
 最後のパンフは、リカちゃんといづみちゃんとママの服中心で構成されていて、もうわたる、くるみ、ごろの服は掲載されていません。代わりに登場する予定だったパパと妹ミキ(小学3年)のプロフィールが入ってきたりしています。
 このパンフで、リカちゃんの服はテーマ服が「花ことば」であるように全て花の名前の服、いづみちゃんの服はテーマ服が「恋うらない」であるように全て感情を表す言葉が服のタイトルになっています。ママ服の場合はほとんどが星座の名前です。それぞれニューリカのドレス箱でも販売されてます。初代ラストであると同時にニューリカの最初のシリーズ服です。
 
 ・・・一応この服もマキシドレスなのですが、後の「ジェニー・スイートカントリー」っぽいデザインで、「大草原の小さな家」なんかで出てきそうな純心な印象の服です。蝶のシルエットがきれいです。
 花はなくなってしまっていたので、造花をつけようと思ったのですが、当時の花びらがビロード風の造花は作りづらいので、結局白い家具セット付属の花瓶からカタログのと近い花を取ってつけました。1輪だけにしたのはカタログに合わせました。それが似合うと思ったからです。
 
 花言葉は「私を忘れないで下さい」。この気持ちは当時の女の子へ向けて初代リカシリーズが送ったメッセージでもあったりするかもしれません。
 そして、これがきっかけで自分は初代リカちゃんシリーズを集め出しました。
 ある意味運命的な服です。手放すことは多分ないと思います。
 
(2009_5/16)




 

◎ 水色の世界(タカラ68年)

 自分が一番最初に買った初代リカちゃん用のマキシドレスです。
 リカちゃんトリオの始まる頃から「レモンティー」などの服が販売開始されてもまだ売っていたようなので、かなりのロングラン商品です。当時価格はドレスのみだと550円。
 ブックレットの表紙になった事もあるし、かなりメジャーな服です。サテン地のドレスの表面がオーガンジー(じゃなく、水色シフォンでしょうか?)で覆われていて、胸全体は銀糸で織られた布地です。
 まさにイメージは「水色の世界」。これほどまでに服のテーマと見た目の印象が合致する服ってあるだろうか?(いやない)
 なんていうか現実的ではない夢の世界の服です。最初にこれを買うところがいかにも僕っぽい。リカママはブティック経営のデザイナーだから、こういうドレスも自分で作っちゃうんだろうけど。
 オークション入手です。いづみちゃんの本体つきで入手しました。入札時には丁度新宿のゲームセンターの暗い中携帯入札で、かなりどよーんと落ち込んだ気分でいたのですが、落札できて辛さがふっとんじゃいました(^▽^);;

 初代リカちゃんやいづみちゃんのマキシドレスは、へそつき当時から3〜40種近くが販売されましたが、かなり色々なドレスが入れ替わり立ち代りだったので、ファンによって好きな服は様々です。ていうか、必ずヘッドドレスやリボンがセットになってイメージが作られてるので、それが未入手だと僕のように、何着か持ってても足らない印象なのでホムペで紹介しづらい・・・のようになっていきます(^^);;

 自分のは赤い花やリボンが色あせてしまったり、袖口が簡単補修されていてあんまり状態良くないです。花も多分2コイチ。
 刺繍タグはダッコちゃんタカラの角文字タイプですが丸文字もあるかも。 ヘッドドレスは(何度も書いてますが)モリハナエエクセリーナのです。
 
  No.9008 900円 ドレスのみNo.5508 550円。  
(2009_5/12)




 

◎ テストがすんで

 初代リカちゃんのブックレットで、牧美也子先生の表紙が載っている品の後半期に乗っている真っ赤なお洋服です。赤いリボンも純正品です。
 テストがすんで、お買い物?おでかけ?テントラインの服なので、意外とママやお友達とサーカスに行くのでしょうか?それにしてもかわいすぎ。
 実はこの服はリカちゃん用に作られた服ではありません。アメリカのトッパー社が作った「ペニー・ブライト」というお人形(1963~)の服です。このテントラインの服はすごく人気があるらしく、かなりロングランで販売されました。
 で、この服の場合は、タグが この画像 のような感じなので、タカラのリカちゃん用に作られたのかどうかは判らないんですが、この服は時期によって、すその花の刺繍柄が違っていたりします。僕の持ってる分は、「テストがすんで」の頃の刺繍と一応同じようです。
 当時は「パパとおでかけ」がタミーちゃんの妹ペッパーちゃんの服だったり、服を流用する事もあったようです(でも初代リカのパパって行方不明の筈では)
 意外とリボンの純正を入手するのは難しいんですが・・・。頭のてっぺんの丸いのは、まち針です。
 初代リカファンなら知っての通り、初期のリカちゃんは頭のヘッドドレスなどを頭にまち針で固定する習慣があったみたいで、この服もカタログどおりだとそんな感じなので、写真もそれに習ってみました。でもかわいそうなので針は後ろに逃がしてあります。刺してません。
 ペニーブライトの当時品も、本当にいかにもアメリカの女の子って感じで、すごくかわいい人形なんですが、実はこの服はブライスマニアならみんな知っているかなり有名な服です。ネオブライスに着せるドレスとして一時期かなり大流行したからです。その為一時的にプレミアがついてしまったり。とにかくすごくアメリカンでかわいいので、みかけたら入手を勧めます!
(2009_5/3)




 

◎ 初代リカちゃん服・マラカス

 今まで画像の隅に小さくしか映っていなかったので、大きいサイズで紹介してみました。
 いわゆるつなぎ=ジャンプスーツです。初代リカちゃんでもパンタロンは結構種類が出ましたが、ジャンプスーツはあまり数が多くないようです。あとは「ホップステップジャンプ」「ムーングロー」位だと思います。ニューリカちゃんにも「ジャンプ」って服はあるけど。ジャンプ系は狙いたいよね〜!
 角文字の刺繍タグなので、ツイストになってからの服だと思います。
 入手はリサイクル店。初代いづみちゃんの後期人形が着た状態で、1000円で売られてたので、買いました♪ 
 専門書でもあまり紹介されてない服なのですが、やっぱり当時の服にしか見えなかったので、ほぼ即買いしました。買って正解でした。
 ただし胸の金ボタンは欠品していたので、80年代のタカラの服の似たようなボタンからもらいました。大体この位の径だと思ってもらえれば。
 胸のボタンや全身の赤い水玉模様がマラカスの形やリズム感を連想させて楽しいです!!
 ところどころ糸がほつれちゃってるけどね〜(−▽−);;

 マラカスを振って、リカちゃんなら何の曲を演奏するんだろう?小学生ならではの曲だろうか?それとも・・・リカちゃんって音楽は得意教科なんだよね。
 色がオレンジなのも意外とラテン系?かなり元気っぽい服です。
(2009_5/3)






 


ディジー・ディジー♪

デイジーの鉢植えを親戚の方が持ってきたので記念撮影〜っ♪
隣の初代リカちゃんの服も「ディジー」という名前です。
こうしてみると確かに色合いが似てるねっ!(^^) →画像2

このディジーという服は初代リカちゃん最末期の
「感動にうずまくリカちゃん」というカタログの、最終ページに載ってます。
そのカタログでリカちゃんがいづみちゃんやわたる君と別れ、
転校することが発表されるのですが、その後ろ扉に掲載されてる服です。
(カタログ写真)結構このカタログには最近の専門書に載ってない、
知られてない服が多く載っていますが、これもその一着です。タグ付でよかったよかった。
(ピーターパンカラーと金ボタンもかわいい!)
随分前の入手だけど、ずっと室内で行方不明でした・・・ベストタイミングです

ディジーの鉢植えも、かわいいよね〜(^▽^); なんか目が貼ってあったり。
トトロとかに出てきそう。最近はお花屋さんも楽しんでるな〜・・・(笑)
初代ラストのリカちゃんの服は全部花の名前がタイトルだったんだけど、
なんかそれもカーテンコールにふさわしい感じ。テーマ性を感じるよね。
そろそろ春なので、リカちゃん服も映えて見える季節です。
色々集めるか〜っ、とか思ったりもしてます。とりあえずは更新更新っ!♪

No.7007 700円 ドレスのみNo.3507 350円。


ひな祭り間際!更新更新っ

(2008/3/1)




ひなげし(初代リカ服・71年?)

初代リカちゃんの服 『ひなげし』です。
下の『ディジー』と同じカタログに載っている、初代リカちゃん最終期の服です。
隣はタイムスリップグリコおまけのシングルCD!

自分の手持ちのいづみちゃんの服がすごく少ないです。
先日落札した服に、画像の上の服があったのですが
(『デイトかしら』のジャケット)それ以外は後期のストロベリーの苺柄が薄いのしかないのです。
この服自体は最初に初代リカちゃんたちをまとめて手に入れた時一緒に彼女たちが着てたものです。

さて自分的にはこの間の件でも、どちらかというとアグネスさんも応援したいですが・・・
なんか今回はコミック系規制は見送りらしく。この経緯には色々思う所あります。
やっぱりアグネスは病気から生還した事と、アイドル時代大事にされた事とで、
なんとか日本や世界の女の子のために彼女が出来る事をしたいんだと思うわけで、
空回りも多いけど、それは認められて当然だよ、うん。
こっちが、同人的な気持ちと、大人としての気持ちに折り合いをつけるのは大変だけど。

というか。少女が少女らしくいられない時代は、イヤだよね。
スカートすら最近の女の子はあまりはいていないし。やさしいとか、か弱いとか、罪みたいだ。
女の子が女の子らしくいられる時代に、もう一度なればいいのに。
僕の勝手な願望か。どんな時代だって、
いつだってリカちゃんたちは元気いっぱい!!心配ないよね?

No.7507 750円 ドレスのみNo.4007 400円。


 頑張れ、女の子!!

(2008/4/15)


◎ 自宅前の歩道にひなげしの花が結構咲いていたので、
  いづみちゃんに「ひなげし」を着せて写真撮影。こぼれ種らしい。不思議。
  休日なので人通りほとんどなくて安心して撮れました(^^); 他写真
  (2010_5/10)


◎ 背景は庭の秋明菊です。秋にはウチの庭にものすごくたくさん咲きます。
  キクと名前がついてるけど実はキンポウゲ科。



リカちゃんページ TOP


MO-Cute TOP
 
メールはこちらまで!
dexiosu@hotmail.com
 
この 初代リカちゃんページ が意味不明に消えてた件ですが(今は復帰しました)
僕が初代リカページで紹介しているアイテムが捏造だとかデマ言ってる人がいて
それでかもしれないのですが・・・全部カタログに記載されています。
(※ 最後期ブックレットの画像→ コチラ 赤いリボンを見ての通り、初代のブックレットです。)
その他画像 。ミキちゃんと書かれているのは、後の双子のミキじゃなくて、
販売予定だった小学3年の妹ミキちゃん。画像2
掲載のお洋服は販売されたけど、小学生ミキとパパは予告だけされて72年当時は発売されなかった)
初代リカの服は、初期のものは後期では売られなくなるので、その品番が使われ、
品番がかぶるアイテムがあります。また、最後期は2代目ニューリカのドレス箱でも
売られているのですが、逆に2代目リカのカタログには最後期服は載っていません。
最後期ドレスの紹介が駄目なら、リンダさんなどのサイトも駄目って事になっちゃうよ;
by あいすぴっく(kohji_molimoto)