Petit log 2009年9月分


イチロー9年連続200安打達成・鳩山首相就任・政権交代
仮面ライダーW・各アニメ雑感・写真撮影について思う事
アニメSPジャングル大帝感想・オリジナルヒーローラフ画他・
お台場ガンダム写真続き・コスプレ撮影イベント公式ブログにデマ中傷される 他


2010年   4月 3月 2月 1月
2009年   12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月
バックナンバーへのジャンプページ





2009年9月↓

◎ 東京オリンピック再び!!とは願っているんですが、なんだか不安だなぁ。シカゴとかいかにも取りそうじゃないですか。オバマ大統領の地元(出身地はハワイだった;)だから!!ってのはわかるのですが、2016年までオバマ氏が大統領しているかはわからないわけで。ナディアコマネチも好きだしジョイナーも好きだしなぁ(コマネチが日本の報道と聞いてタケシのコマネチをやってみせた所はまじでびっくりした。バレエで言えばドゥミプリエ+アンオーだね。初歩の初歩じゃないか誰でも知ってるぞという)。でも日本のメダリストの応援も負けてないぞ!!なんたって1/1ガンダムが応援するくらいなんだから!!なんというか東京五輪の開会式で1/1のロボット軍団が会場にやってきて握手をかわす姿を夢見てしまったよ(ねぶたなら可能)。なんか巨人の星の消える魔球や番場のハイジャンプ大回転のパフォーマンスや天上サーブのパフォーマンスがあればいいのに・・・って野球は正式種目なんでしょうかその時も?バレーボール頑張ってるでしょうか?日本の国の歴史を紹介するショーが何時の間にか日本スポ根アニメ史になってたらどうする?(笑)
  多分一番環境にやさしいオリンピックにはなるのだろうし・・・その辺は一番大事かなと。でも、もし日本が真っ先に選にもれるようなことがあるならば、シカゴを選ぶ可能性とともに、リオデジェネイロへの投票も考えてあげて欲しいよね。なんか過去の東京オリンピックの実現には、日系アメリカ人の方が巡った中南米30ヶ国の応援投票が欠かせないものだったらしく。ブラジルはその時協力してくれた最たる国だったわけじゃないですか。熱さや湿度の問題はあっても、南米開催を夢見ている人々はいるだろうから、一考はするべきだよね。マドリードも闘牛の国だしね。でもなんとか東京に買ってほしい・・・p(;。;)q(悲願! 2009_9/30)


◎ ていうか、つまり、バリ島の日本人女性殺害事件(被害者の名前が名前じゃないですか)があって、それであまりに腹が立って、それで下の文を書いたってのもあるわけですが・・・
  なんていうか、こういう事件が海外で起きると本当にひどいことをすると思うけれども、日本国内でも言葉の通じる男達がそういう事件を起こしたりしているわけで、
  そういう嗜虐的感性ってのを18禁コミック同人誌などでもてはやしている現状って何だ?って事で。全然違うという人もいるかもしれないけど・・・そういう事です。国内海外関係ないんじゃないか?って事です。バリ島で犯人たちが逮捕されれば死刑になる気がするけれど。警官のふりをして乱暴して殺すなんて酷すぎるし、一概に海外の方が判決は厳しいし。
  それにしてもあの江東区OL事件・・・あの事件の判決がもう少し厳しければ、長崎市長殺害事件の犯人への判決ももっと厳しかったかもしれない。2chのスレッドには江東区事件犯人への擁護意見が多かったけど、その殺害人数が1人であるがゆえの量刑というものがなければ、長崎市長殺害事件はこういう判決にならなかったかもしれない。逆の意味で、それと同じ判決法がバリ島の事件でとられてしまうと・・・と思ってやるせなかったりもする。(2009_9/30)

◎ 一応都立産業貿易センターを使用しようとする同人誌即売会のイベンターに対しては   http://www.sanbo.metro.tokyo.jp/riyou/doujin.html のようなルールが今はあるわけで、それはかなりいい事だと思う。
  普通のH系同人誌を扱うなら、あんまりかっちりきちんとするのはどうかとは僕も思うけど、でも18禁どころか21禁以上じゃないのこれみたいな同人も多いじゃないですか。普通のH系なんてあるの?って位どうにもこうにもだし。なんかこないだ(ンケ月前)中古書店でみくる系の18禁本を買ってきたら、ハルヒがSOS団の活動を教師に容認させるために教師にみくるを与えて、しかも「ハルヒの命令で何人中絶した」と教師がみくるに聞くような内容の同人誌だったので、相当にがっくし。内容判ってたらその同人誌買ってなかったと思うけど、ビニールに入ってたしなぁ・・・。手放そうにも自分のIDで売れないじゃないか。久々18禁同人誌買っていきなりそれなのでめげた。400円だったのでそんなもんと言えば言えるんだが、400円で中古同人誌買っても、個人的にヒットもあれば駄目本もあるよね。みくるってキャラが好きだったら普通そんな展開描かないだろうという・・・(←完全に愚痴りモード)
  自分は基本的には自由恋愛主義なので、18禁の描画対象に年齢制限を設けるとかも本来同意はしてないし、H系同人誌でもまともなのは比較的好きな方なんだけど(一応半分ほどオタだし)、でも、虐待的描写を断じてやめないと描き手たちが言う以上は、ゾーニングも本の袋詰めもしょうがないじゃん?と思う。身から出た錆びの落とし前位、同人界が自分でつけるべきだし。まぁ本の袋詰めのせいで買って損したと思う事はよくあることで・・・でも18禁系の袋詰って要するに絶対販売側に得なんじゃないか?って思うんだけども。内容薄い本があってもビニールに入ってたら気付かないよなぁ(笑)
  ていうか、一般のアダルトグラビア誌とかAVも、不倫や変態のオンパレードだし、あっちの方も含めてそろそろ全面的に内容規制すべきなんだけど、政治が動かないね。だめじゃん。見えてるか見えてないかじゃないと思うんだけど・・・日本ってダメだね。さすが性的劣等国。(2009_9/30)
  

◎ オークションの話なんですが、
  page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/128083693 とか   page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h134195462 とか、いくら何でもこの辺凄すぎ。
  リカちゃんの服だったら今ではほぼ全部名前は判るけれど手が出ないよ。この間「ぼたん」が難有で手に入ったので「ばら」が欲しかったんだけどなぁ(初代リカのラストブックレット系はブックレット自体がまず新刊本に掲載されないので見分けるのが難しいみたい。※写真のは「パピー」だった)・・・こんなに上がるだなんてびっくりです。自分の予算と桁的にかーなり、違います、どんなだよ(;▽;)
  ウルトラセブンの初期変身セットと移動基地(これは小3のクリスマスに買ってもらった事がある)のセットも、どうしてこんなに上がったのか不明だけど、各20万円って考え方なんだろうか?こんなだとブリスターでセブン初期変身セットを持っている人とかどんな長者だよという感じです。なんていうか、今の移動基地のデッドストックのポジションって、昔のロボットマンやタワー基地初期箱のデッドストック並のポジションなんでしょうか?不明。
  ミクロで一番高いのは、(知られているものなら)DXアクロイヤー軍団セットとかDXユニーカー軍団セット(2001年過ぎたごろで各大体30万)じゃないかと思ってたんだけど。ロボットマンも古玩具ブーム最盛期ではデッドで30万円だったよね。今は10万でも高い。自分は知られているアイテムに対してはほとんど動かない奴なのですが・・・以前アキバにあったフライヤさんがM21X系のゴールドミクロマンとか、試作成型色のタイタンコマンドとか売った事があったよね。
  昭和ミクロマンでも、子供の頃の僕の記憶にはあるけど以降再会してないアイテムはあるのでその辺はネットで見るだけでもいいから再確認したいです(例えばアンテナショップに試作展示されてたスパイマジシャンのスパイ道具セット1とか、子供の頃にしか見てないので、どっかでまた見れないかなぁという感じです)。サイボーグ系でも72年系と74年以降系のレアアイテムはまだ探してます。でもサイボーグ系はマニア同士のだましあいや腹の探りあいがきついので、自分はマニアからはもうサイボーグ買いたくない。
  それはそうと・・・状態なのかなぁやっぱ。どっかでめぐりあいたいものです。他に欲しいものも多いからどれが優先とか言い難いものがあるけども。移動基地とマシーンZは再入手したいね、いつか。コレクションは長く考えてるので、焦る気はないです。(2009_9/29)


◎ 「絶望先生」と「GA」と「かなめも」と「咲 −saki−」が最終回。どれも面白かったので本当に寂しいです。感想は書いても書ききれないので書きませんが、どれもコミック原作を最大限に生かしてそれ以上に面白いものにしてたと思います。
  「かなめも」は、こういうストーリーを夜中に放送して、かなちゃん可哀想なんて思ってるだけの人はダメな人だろ!!と思ったりする事もありますが(というかそんな彼女の日常を見ながらけらけら笑うのが多分一番まっとうな見方なのですが、)、
  「GA」も「かなめも」も、この作品が「まんがタイムきらら」の作品だって事が重要なんだよね。「まんがタイム」自体が4コマ雑誌で本来世俗描写マンガのところだから。言ってみれば「萌えの対象である少女の生活描写について徹底的に突っ込んでる」のがきららの作品なわけで、そういう意味でどこの製作会社だから受けているって事だけではないよね。きらら系のアニメが全部素材が良いわけです。アニメ会社も相当頑張ってると思うし。で、自分も頑張ろう!と思えるアニメになってるのが一番良い所だと思う。せっかくファンになった1クールアニメで、ダウナーになる事なんか絶対許されないわけですよ!!(笑)「咲」も結構泣けたし大笑いできたいいアニメでした。「咲」は第2シリーズを絶対みたいです。「GA」「咲」については全く文句なし。
  「化物語」も良かったよね、原作読んだことないけども。ひたぎはかなりかわいいキャラでした。客観的に見る限りでは。自分は他ではあの悪魔の手を持った女の子がかわいいかなと思った。客観的には。新房監督頑張りすぎじゃないですか??ダブルで全く違う作品を共通する要素も残しつつ監督するってのは、何か思う所もあるのかなぁとか思うけど。同時に別作品を監督するアニメ監督って、これ以前だと富野監督がイデオンの映画と同時にザブングルのTVやってた位しか記憶にない(笑;)
  「真マジンガー衝撃Z篇」はかなりテンションが持続したアニメだった。監督絶好調だったしね。一応バンダイとのタイアップも上手く行っていたのではと思う。ラストあしゅら男爵が自決で終わるというのがなんともハードでダークだなぁと思いましたが・・・・とりあえず最終回はガミアに燃えたり萌えたり。なんていうのかな、欠点としては、テーマがこれでちゃんと描けているかというと違うと思うんだよね。家族の愛憎劇というか、種族の覇権をかけた愛憎劇というか(むしろ愛憎がテーマにすら見える)。
  ・・・でもこの作品で兜甲児が主人公である意味というとそんなに無いと思うし。人類を守るために闘うなら、なら人類って何だ?って事でしょう。ぶっちゃけ甲児とテーマが遊離している。中途、過去の世界でゼウス神と一緒に闘っていた話数でテーマの端が見えている筈なんだけどね。それが着地点になっていないから、続かざるを得ない。
  闘う者たちを描けば描くほど守るべき人類が不在化していく。シローにそれが集約されてしまってるけど、シローも本来当事者の一人なわけで。旧作ではロボットジュニアに乗ってる位だし。
  かといって庇護対象を出しちゃうとコミック版デビルマンのようにどんどん死んでいくのがダイナミックプロ作品だからうかつに出せないのかもしれないけど・・・でもさ、アニメを作るってそういう事ではないんだよね。何かテーマがあって、そのテーマの為に主人公が存在するのが健康なあり方だから、その点は兜甲児が機能していたか不明なわけじゃないですか。だからグレート編に期待したりもしています。何も結論が出てないし。(2009_9/29)


   ◎ 今日の写真。庭にトンボがいたんですが(種類不明。多分秋だから)、携帯を持ってなかったので、いったん家の中に戻り、ルミックスを取ってきたら、まだ枝の上にいてくれたので、
  写真撮ろうとしたら、ピーーーーーッッ!と音。電池切れました。
  がっかりして電池を取りにいってまた庭に戻ってくると、まだいてくれたので、撮影したものです。かなり撮った。
  よほど撮ってもらいたかったんだろうか?なんか人なつっこく見えてかわいいよね。
  子供の頃の自由研究でトンボの口の動作を調べるために自分のあまかわ食べさせて調べた記憶がある。口の上のジャバラがスライドして横アゴが動くのです。
  蝶も好きなのにトンボもかわいいと思うって、結構矛盾している気もするけど。(2005_9/26)



◎ http://www.angelfire.com/planet/nectaful/sketchs.html の方にラフ画2枚追加。デッサンじゃなくて、なんかキャラ化してます。結構色々違ってるし。
  なんとなくやりたい事も見えてきたんだけど、まだ微妙。
  それにしても同人サイトの上下のgoogle製広告バナーがかなり充実してきてすごい。
  同人誌印刷所やらショップやらイラスト講習ページやら・・・自分ですら興味ひかれてしまいます・・・(^^);;;
  と思ったら今日はスピーチ講習の広告???・・・うーむぅぅ;;   (2009_9/26)


◎ 今年も秋明菊が咲きました!ユリはほとんど咲かなかったんだけどね、もう秋明菊だけなら花屋できそうなくらい。結構今年は花の色が濃いです。
  秋明菊は秋冥菊とも書きます。つまりお彼岸の頃の花って事で、こないだ両親がお墓参りに行く時には、少し持ってってもらいました。
  それにしてもこの間「オーラの泉完結編」で、「花は与えるだけだから美しい」という言葉があったんですが、それはなんとなく自分も判るよね。咲く花もあれば突然枯れてしまう木もあるし。
  下の蝶の写真は自宅前のガードレールの植え込みに止まっていた時に携帯で撮ったもの。多分黄蝶の一種。かわいいよね〜(^。^)♪
  車の往来の多い所なのにわざわざやってきてくれる事に感謝。でも、蝶って飛ぶとすごく速いよ。大きめの蝶なんて風に乗ってものの数秒で家一軒分位の距離を移動するし。あまり心配する必要ないのかもしれないね。
  特にどこかにでかけて蝶や昆虫を撮ろうとした事もない自分ですが、撮れるものなら撮りに行くのもいいかなぁ。携帯でじゃなくて。
  篠山紀信さんはフレーミングが肉体化しているそうだけど、自分も最近撮ってないと肝心な所でエンジンかからなくなってくるのでよくないよね。
  篠山氏は私小説じみた写真は要らないとも言ってたりするが。逆にアラーキーは自宅バルコニーからじゃないと「空(くう)」じゃない、って言っていたりする。
  ・・・自分にもそういうのを大事にする気分はあるけど、悟るにはまだ若い気もする。まぁ気分しだいでいいんだよね♪ またどっかに出かけて写真撮りたくなってきました(笑)
  (2009_9/25)


◎ ていうか「国立メディア芸術総合センター」の件ですが、センターというか、必要なのは「庁」とか「省」だと思うんだよね。
  例えばJASRACが最近暴走していたりするけど、JASRACが暴走するのは著作権侵害者がいるからで、でもどこまでがファン活動でどこから著作権侵害かってのもあるじゃないですか。素人が実写でアニパロするとか、学校の体育館でコピーバンドが演奏するのはどうなんだとか、同人でもどこから合法で、どこまで原作毀損すると違法なのかとか、色々と。
  そんな中でもビジネスではない、アマチュアリズムは大事にしなきゃならないわけじゃないですか。アマチュアがプロに盗作されたら、プロに「それはいけませんよ」って言える機関がなくちゃならないわけ。JASRACは所詮プロしか守んないんだから。
  で、それを文科省に聞くにしてもどこに?ってのがあるし、たらいまわしされる可能性だってあるから、「アニメやコミック、CGやゲームなどはこのカテゴライズされた省で聞きますよ!」っていう所がないと、この混沌としたダブルスタンダードな状態はどうにもなんないと思うんだよね。でも結局「庁」とか「省」だと箱が必要だし、だったら別に小さくても箱作るのは悪い事じゃないじゃないか、と、こんなんでましたけど。   アニメやコミックには、民間や在野の気風が大事だ!という意見は判るんだけどさ、アートとかの規制問題についてもそういう民と官の折衝の場としても、どっか箱があるべきなんだよね。でないと変な奴らが今のままオタクジャンルでのさばってくだけだし。(2009_9/25)

◎ TBS「アクセス」をひさしぶりに聞いてみると、やっぱり「東アジア共同体」にリスナーが賛成か反対か聞いた所、反対が賛成を3倍上回っているという結果が出た。まぁ当然だと思う。こないだ書いたけど自分もこの件は反対に一票。環境対策関連の企業を振興すれば、かなり日本は世界的にイニシアチブを取れるだろうし。(2009_9/25)
  

◎ 件のコスプレ撮影イベントについてわかった事がいくつかあるけど(その中の一つは主催のHNが山田詠美の小説から来てるらしいって事だが;何それ)、まだ書ける状態じゃない。
  自分に対する中傷そのものは意外と簡単にカタのつく問題なのかもしれない。被害届けを出しませんかと勧められてもいる。だけど、各コスプレイヤーの住所氏名が相手側にばれていると考えるなら、あんまり大胆な行動はこっちも取りづらく(この間の暴言メールのようなコスプレイヤーもいるし)、その辺が悩みの種だったりする。
  結局、住所氏名を知らせているナイフやエアガン等を大量に持った相手に、コスプレイヤーが反発するとは思えない。それは最大規模即売会での件でも立証済みだ。コスプレイヤーはイベンターが例え嘘つきで悪かろうが、彼らに反対する人の味方は絶対にしない。それはつまり住所氏名を知らせた怖そうな相手の敵にはならないという条件反射だ。そんな勇気は彼女らにはない。そう思った上で僕は今まで行動してきたし、その結果は常に正しかったと思っている。要は問題なし。
  もう一つの悩みはオークションの売れ行きがゆっくりな事。
  でも今日はポピニカ1コ売れてくれたので嬉しい。それはそれはニコニコです。(2009_9/25)


◎ 「狼と香辛料2」が終わったんだけど、なんかラストシーンは結婚っぽいオチだったのかなぁと。主人公たちが二人ともある意味根性ねじくれてるので、素直になればいいのにどうにもならないのが端から見ててもどかしくもう勝手にせいモードになった人も多かったんじゃないかと思われるんだけどね。なんかラストはロレンスが女二人に殴られまくりでしたが、あそこまで物語の為に作られたニブ勘キャラってのも珍しいし。
  物語自体が作った話だから致し方ないんだが・・・いくらファンタジー世界の話とは言え、女(この場合ホロ)と商人としての成功を一瞬でも天秤にかけてしまうというのは自分は好かないから・・・見ててなんだかなぁと後半では思ってしまった。今回は前半エピソードも後半エピソードもホロが賭け対象になったり取引のカタになったりしてるんだよなぁ。
  こういうのがリアリティーある話だと思われてるんだったら、現代っていかにも悲しいよなぁ、エロ商売流行るわけだよなぁ、と。人身売買にまつわる描写とか、本来アニメでそんな露骨にするものでもないしね。深夜帯だからこういう表現もあるんだろうけど、助かったら助かったで「アニメだからねぇ」・・・って思われるのが普通なので、あまり好かれる構成ではないんだけど、まぁギリギリの着地点だったよね。
  ラストのドアパタンでちょっと結婚式っぽく見えたのはつまり「富める時も貧しき時も互いを愛し、死が二人を別つまで」が覚悟できない限り、神様は君らを祝福なんてしてくれないよ?って事の表現だったのかもなぁと思う。そういう意味では金銭的成功をさせる事にこだわるホロも、ロレンスと同レベルにバカなんだよね。どっちも「愛してる」がプライドで言えないってここまでバカか、っていう。普通現実的にはプライドの高い方が折れるしかないんだが(生活水準が高い側が妥協するしかないって意)、バカが二人を同レベルにしているって事で。
  ある意味賢狼もロレンスも頭脳戦に長けてるけど一番大事な事を見落としているんだよ、ってそれが視聴者に伝われば2の目的は達成だったのかなぁと。3はよもやないだろうけど、なかなかいい恋愛沙汰を見せてもらいました(笑)。しかし1クールかけてほっとするアニメってしんどいな(;▽;)  (2009_2/24)


◎ 巨人がセリーグで優勝!!いやなんていうかすごいね。V3ですよ。
  でもクライマックスリーグがあるので、なんか優勝したといっても、この先日本シリーズに行けるのか?っていう不安があり・・・なんであるかなプレーオフ。すごくおめでとうって言いたいんだけど、あとふた山もあると思うとねぇ。でもとにもかくにも原監督率いる今の巨人が滅茶苦茶強いというのはよく判った気がする。
  この間NHKの「ONの時代」を見ていたんだけど、やっぱりONの時代というのは長嶋、王両大スター選手の努力というのは半端ではなかったわけで・・・昔はスター選手というのは=国民の悲願そのものを背負うようなプレッシャーじゃないですか。ものすごいものを一人の(二人の)選手に負わせてしまう時代だったんだなぁと・・・で、完全なチームプレイとスタープレイを川上監督が指揮してV9達成できたわけでしょう、やっぱ。
  そう考えると、そういう時代を舞台にした「巨人の星」や「侍ジャイアンツ」のような作品が生まれたのは当然だって気もする。逆に言えば、巨人が今回V3を達成したって事は、また新しいスター選手が入ってくる兆しが見えてきたって事だよね。連勝を続けるチームあってこその新風なんだから。星飛雄馬が来るか番場蛮が来るのか・・・いや、別に他のプロチームに入って、第2のイチローが誕生しても全然いいわけだけども。いや、第2の新庄でも全然良くて(笑)ちなみに自分の祖父はアンチ巨人でした。子供の頃の自分はこんな野球の見方があるのかと思ったよ。僕はアニメはジャイアンツものが好きだったけど。(爆 2009_9/24)


◎ ・・・などと下で書いた矢先に、国連で、2020年までに温室効果ガスを25%削減することを宣言してしまった鳩山首相。夫人とともに、国際的には歓迎されたんじゃないかと思うんだけど(歓迎されないよりはよほどいいよね)。
  この発言自体は自分は好意的に受け止めたいんですが。
  つまり・・・もう日本は徹底的に未来に向かうしか、道はありえなくなった って事なのかもしれない。太陽電池、風力発言、ハイブリッドよりも完全電気自動車に向かう日産、リサイクル問題・・・僕は未来に向かうのは悪くないと思う。それは望む所って人も多いと思う。でもついていけない人もいる。たとえとして言うなら、町の自動車修理工場とか大変になってくると思う。
  大体温室効果ガスの別の出所は農業で家畜から出るメタンだったりするわけで、ならメタンを押さえるとなると、家畜は国内需要できなくなったり有機農法が制限されたりしないのか?とか思うじゃないですか。
  全く別の考え方として、クーラーが効いてない部屋じゃないと作業効率がはかどらない人は多い。エコを気にしすぎて不快指数に影響すると、GNPが落ちるのでは?暑い夏には熱く燃えた方が仕事がはかどる人もいるんだろうけど、人それぞれだしなぁ・・・(。。);
  よほど良いエアコンが今後は必要になるのかもしれません・・・。
  でも電気は必要なのに八ッ場(やんば)ダム建設は中止・・・など、色々な矛盾も出てきているし。確かにダム工事に入ってしまえばどれだけの税金が使われるかわからないわけだけど、それで将来地域がうるおうのなら・・・って考え方はあるわけで。中止じゃなくて、一時ストップでもいいんじゃないかという考え方もある。疾走する前に考えなきゃならない事は多いんじゃないだろうか。
  時代の車輪はまわりはじめた。ドライブ感があるのはいいよね。できるならば自分も極力乗っかっていきたい。でもスピード上げすぎると事故の元なので、控えめにして欲しいという気持ちも半分。自分も年なのかなァ。  (2009_9/23)


◎ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090922-00000038-jij-pol
  これはどうかと思う。先走り過ぎと思う。これでは次の参議院選は自民党が勝ちかねない。そうなればまた衆参ねじれで国会空転である。こんな発言は4年後の選挙まで取っておけばよかったのに。
  まず第一に社会的経済的イニシアチブをどうするのかという問題がある。ヨーロッパがEUを作れたのはヨーロッパ自体の相互理解があるからで、日本と中国とは違う。なぜなら中国には中華思想がある。中華思想が中国にある限り、チベットや台湾の問題がある限り、著作権問題などがある限り、手を組みたいなどと今言うのは・・・いけないと思う。これでは中国の少数民族を見捨ててるように見えてしまう。中国というのは、こちらがイニシアチブを取りようがないほど大きい国だし、わざわざ同じ土俵を作ってまでそこに上がって国としての敗北を選ぶというのはどうなのか?という。
  ていうか、今の日本は工場を中国やアジアに持ってる製造会社が多いから、つまり日本のやってる事は頭脳労働なわけじゃないですか。特許や著作権関連がゆるい国々と共同体作ったら全部持ってかれる気がしませんか??
  というかこの日本は社会主義国家じゃないだろうという問題が。ていうか自分は「円」という通貨も「ドル」という通貨も好きなんですけどね。中国の通貨を日本の資本がハンドリングできるのかという。いや、してきたんだろうけど、民間が投資するには中国は底が知れないし、得するか損するかの先も見えないじゃん?それに、今だって中国マフィアで結構日本社会は苦しんでいるのに、この先ボーダーレス化が進みすぎたら、日本人が対応できなくならんかという・・・関係ないのか政治家には・・・まぁ、遠大な話ではあるけども。
  一番不安なのは、今の中国では「自由」などの言葉は規制語句なので、中国の政府や企業などに日本のサイトがごり押しされた場合に、日本サイトが中国ローカル基準で表現の削除要請をされたりするようにならないか?って事などの問題が出てくると思う。
  福祉社会をもたらすためには社会主義的発想が必要とはいえ、日本は社会主義国家ではない。主義が完全に違う国家との共同体を作れると考えるのはどうなのか?だったらまだ米国やオーストラリアとの共同体化を進める方が感覚的には超早い。少なくとも中国韓国同時に話を持っていかないと、変な誤解を受けるじゃないかと思う。少なくとも韓国の方が資本主義的なのだが、北朝鮮がこれほど突っかかってきている時にアメリカの傘から離れようとしているとアメリカに思われている現状は、かなり不安。(2009_9/22)
  (・・・といいつつwiki見てみたけど、これはめっちゃ遠大な話だよ。今すぐ出来るってわけではなさそうだから、その点は安心した。)


◎ そろそろ7月開始のアニメや4月からの2クールアニメの最終回が近づいてきているので寂しいです・・・
 「東京マグニチュード8.0」は、3話くらいから見始めて最後まで見続けた感じでした。滝川クリステルさんは以前から好きなので本当は1話から見るべきだったのかもしれないけれど、地震とかカタストロフものって自分はあまり得手ではないので見ようかどうしようか放送開始しても迷ったんだよね。で、結局このアニメはイントロの紹介通り、事実交渉にもとづき緻密にシミュレートされたアニメだったと思う。悠貴くんが亡くなっていた事に未来が気付かないこととか・・・阪神大震災でも同じ境遇に陥った人の話が確かあったと思う。スタッフ的に、あの体験談が心に強く残っていて、それを中心に物語が組み立てられていったんじゃないかと思う位です。
  ドラマは創作なんだけど、構成するセンテンスがリサーチや過去の事実、データだったりするから、過去の哀しい震災に思いをはせたり、見る人によって色々違ったものを残すドラマにはなっていたと思う。
  キャラクター的には自分が一番好きなのは悠貴くんでしたが、引っ張って行くのが未来とマリなので、すごく女性的な母性の強さ少女の不安定さを描くドラマだったよね。一瞬ロードムービーかと思ったけれど違った。結局は一つの家族の哀しみを描いていた。その哀しみを視聴者が共有できるのかどうかが、この物語の意味だったんじゃないかと思う。「震災が来るぞ気をつけよう」というのは確かにあるだろうけど、それがメインじゃないよね。「共有ができる視聴者なのか?」がテーマだったんだと思った。共有ができなければ誰も支えられないし、乗り越えられないんだろうな、と。
  (注: 実際に悲しみの体験を持っていない人が体験の共有とか出来ると考える方がおかしいが、「共感しました」とかいうのも更に違う気がする。つまり体験の共有ではなくて、大事なのは「他人の痛みを痛む気持ちを共有する」って事で、それができる僕らなんだろうか?って事が一番大きいんだよ、多分。)
  (注2: OPの破壊された東京を見て、もう僕らの住む東京は破壊されているのかもしれないと感じた視聴者は多いだろうなと思う。地震か経済問題かの差で・・・。常に東京では破壊と再生が繰り広げられていて、東京タワーが倒れるのもアナログ放送終了の暗示なのかもしれない、などと考えたりすると、まともにこのアニメは楽しめなくなるので、そういう隠喩を探る見方は今回自重しました。)

 やっぱり「バスカッシュ!」は面白いと思う。路線変更は如実だけれど、2クールの話数の中で世界観がテーマに繋がっている。巨人のナヴィー(※ナヴィガ)が現れた時点でやっぱこれはマクロス世界とどこかリンクしてるんだろうなとは思ったけれども。それにしても、セラどうすんだよ(笑)。いや、自分はダンとルージュが仲良くしているのは見ていて楽しいですが、ミユキやフローラがちょっと寂しい側に行ってる時点で、やっぱり製作体制的には迷走してたんだなと思ってはいた(まぁ、女の子キャラが誰とくっつくかってのはこの物語の本筋ではなくて・・・なら何で女の子を出すんだって話なんだけど、それは青春アニメだからに決まってるw)。けれども各キャラの魅力が落ちるところまでは行っていなくて、ちゃんとダンははっちゃけてるし、アイスマンもデストロイしてるので(笑)、その辺は見ていて安心(※キャラデザ的にはサイバーフォーミュラの吉松氏が頑張ってるのでそれは良かった。SUEZEN氏オンリーだと多分この雰囲気は出ないし)。ただ、もっと遊べるはずの設定が、遊びきれていないのでSFに走ってしまうとちょっと違うかなという気はするけど。やっぱこのアニメは3〜4クールは欲しかった。でもフランスと組みつつ日本アニメの元気さテンションを全く落とさず頑張った、それが一番偉い。(ていうかフランスとの合作アニメって大昔「ルパン8世」ってのがあったような・・・関係ないかw)
  「宙のまにまに」は、ちょっと普通の人と自分の見方は違うと思うので感想パス(笑)。ていうか自分は美星より姫派。星空の画面とかきれいでさわやかなので、楽しみにはしてます。
 「咲」は相変わらず麻雀わからないけど見ています(笑)。なんでこんなに面白くて燃えれて楽しいかなこのアニメ。役とかさっぱり判らないのに(笑)ほぼ全キャラかわいいです。自分の好みはのどっちと福路美穂子とステルスモモなんだけどね、咲が勝つ時やっぱり痛快なのはさすがに演出が上手いなぁと思う・・・(笑)
  「ハルヒ」は一応「エンドレスエイト」の2話目ラストで自分的にはもういらんって感じだったのだけど(新作以外は今回見てないので余計この夏はきつかった。ていうか「宿題をする」ってオチには原作読まなくとも1話ラストで気付いたので、残りの7話見ていたら拷問だったと思うし、その間のDVDは全部消した)、むしろその拷問のせいで、自主制作映画の回を半分見なかったのがちょっと惜しかったかもしれないけど、DVDでそこだけ見ればいいんだよね、つまり。映画撮影の回はすごく面白かった。
  それにしても本当にDVDが枚数飛ぶように消えていく夏でした。秋はどうなる事でしょう・・・
  あと、他人の痛みを他人の痛みとして共有するとか、そういう気持ちがないんだったら、どんなアニメを見たってダメはダメなんだ。言葉だけの共感とかなりきりとかは別にどうだっていい事だと思う。そういう意味ではオタクやレイヤーのアニメの楽しみ方より、子供の楽しみ方の方がまっとうだよね。痛みを負っている他人になりきりたいだなんて、ほんとは不遜かもしれないし、必死に生きてるキャラよりも設定が気になるってのもなんか違うのかもしれないな、と最近思います。  (2009_9/22)
 

◎ ていうか、日野のコスプレ撮影イベントスタッフのハンドルネームって、やっぱ山田詠美の小説から来てるんだろうか?山田詠美は別に嫌いではないけど、中学生の女子も来るようなコスプレイベントの主催が意図してああいうHNを使ってるのだとしたらなんだか嫌なものがある。なんだか彼の友人が運営参加していた件の2ショットライブチャットを思い出してしまう。(2009_9/22)


◎ ていうか、 ここ の続き。何度も書いた通り自分は性的盗撮とか個人中傷目的の盗撮なんかは批判してきたし、昔のペーパーでもイベントでの正面からの性的撮影の見分け方(レンズが異常に長い、カメラを床に近い所から撮る)とか書いて注意喚起運動とかしてたんですけどね。その辺のことを全く知らないコスプレイヤーの人々も最近は多いらしくて。
  で、ナチス軍服腕章ナイフや猟奇書、ダガーナイフ、性風俗書を販売していた例の最大規模同人即売会のコスプレ広場元総統括のシンパだと名乗る「女レイヤー」(でもネカマの可能性大)がメール出してきたんですが、あまりにも無知で困った。というより罵倒の連続でもう必死。ezwebからのメールで3000文字級を6.5連投なんて普通考えられないでしょうと(笑)。
  ヤフオクの写真で後ろにピントが合っているのは携帯で撮っているからだしなぁ(笑)。LUMIXは持っているけど、バッテリーの単3電池がすぐ切れるので、オークション写真のように枚数撮るのには使わないよね。オークション写真は全部携帯です。
  最大規模同人イベントのカタログ11万部以外に、サークル向けのアピールが3万5千部あるとか言っているけど、そのアピールをもらったサークル(個人サークル含む)がカタログ買わないとは考えられないわけで(理由は自身で送ったサークルカットやマンガレポートが載る載らないくらい興味があるから)、という事はその3万5千部は大方だぶりになるという事です。サークル以外にそのアピールが回る事は考えられないしね。1サークルは基本的にイス2脚なので、最大7万人が最低7万のカタログ+アピールを消費するなら、残りのカタログ+アピール数は14万5千−7万で7万5千になります。カタロムは昔は確か1万強だったはずなので、それって55万人÷3=延べ18万人向けの、延べ8万前後って一体それで足りるのかと。各日10万人がイベントのルール説明を持っていない計算になりますが?
  ていうか、「電車の乗務員」が客席の女性を撮ったから盗撮で逮捕されたっていうんだけどさ、確かに基本、電車ホーム内の無許可の対人撮影は禁じられてるわけだけど、この場合は盗撮以前に鉄道会社的に服務規程違反なんだよね。それにいくらATCシステムがあっても運転士が逆方向向くのは危険でしょうと。だから盗撮でも逮捕されているわけです。電車内から撮影をするのが一切禁止だったら、列車マニアや旅行好きの人たちはホームでも車内でも写真撮れないじゃないか?ってのがあるわけで。法律って運用しだいだからね。
  電車どうこうじゃない問題を書くなら、つまり被写体が嫌かどうかにかかっている。迷惑と思うかどうか。でも嫌だと思ってないなら違法じゃあ無い(性的なのは別。だが万人が通常見ているもの(個々人が見れる状態にしているもの)を生活を阻害しない距離で撮るだけでは、迷惑行為にはならない)。その辺を勘違いしている人々が多すぎです。例えば僕をイベントで盗撮した写真は多く出回っていて、僕は不快を表明しているけど、彼らは消さない。彼らのあれは盗撮ですよ。中傷目的だしね。
  迷惑行為じゃない撮り方ってのはあるわけで、発表するしないの問題。顔がわかる状態で発表したら肖像権問題だが、肖像性がなければ肖像権侵害ではない・・・。
  でも日本カメラやアサヒカメラの投稿写真群なんて祭りの写真とか多そうだし、このメール女性の論理が正しければ片端から訴訟対象って事になる。しかし、その論理が理不尽なのは写真撮ってる側なら誰もが判っている。結構難しい問題だとは思うんだけど、写真撮影してるアマチュア含めたカメラマンの人たちがどういう考えで写真を撮っているのか、っていうのは『撮る自由 肖像権の霧を晴らす』っていう、丹野章氏の書籍があります。70年の著作権法全面改正にあたって写真家の「著作権」を確立した方の本で、「撮る自由」と「写真の著作者の権利」についての本。盗撮を取り締まりたいというならこの本をボーダーラインにするのが当然だと思います。
  あと、「アニメの殿堂」について、箱モノ行政で著作権料がかかるからダメだなんてこの人書いてるんですが、なら例の同人誌図書館は元ネタの作品に著作権料払うのかよという。まぁ図書館が著作権料を払うって話は聞いた事がないけど、それはもともとどこかで新刊として買われて著作権料が払われているからでしょう?著作権料分だけ無駄だから作るな!!というのなら、同人誌図書館はそれを支払わずに住むから良い、って事にしかならないわけですよ。それは不条理だろうと。ていうかこれから払うの?払えるの?
  酒井法子の同情はするのに、押尾の同情はしないのかとかも書かれてるんだけど、酒井法子の場合は赤の他人の生き死にに関わってないが、押尾の場合は女性の死についてまだ事実が明らかになってないしね。なんかこの女性によると、「覚醒剤は売るのも悪いが買うのも悪い!!」のだそうだ。しかしそれって今のマスコミの風潮と同じでしょう。売った側の追求より買った側を責めて喜ぶなんて、僕が書くに値しないよ。
  それに勝手に例のスタッフからこっちが刑事告訴されてる事にして文章書いてるしなぁ・・・2ch情報信じるのも大概にしろっていう感じだし、もし告訴してるようなら誣告罪(虚偽告訴罪)ってのが日本にはあるので、その時点でその告訴者は逮捕ですよ。それをわかってないのがまず阿呆です。事が公的な問題だった以上、公的な論評の法理ってのがあって、内容が事実だった場合は、罪にならないんですよ。事実を言ってるのに嘘吐きだと言ったら、言った側が罪なわけです。でなきゃ無茶苦茶になるでしょう?
  例えば、以前彼の側の警察から「おまえが(件のスタッフの子供について)脅すようなことを書いたんだろう!!」ってまるで別人の書き込みを僕のものだと勘違いした電話がかかってきたので「違う!!」ってどなってやった事があるんだけど(2006年の話)。そういう事ばっかりだしね。でも何度それを違うと言っても「おまえだろう」のノリなわけじゃないですか、叩き達って。嫌になるしヘドが出る。
  ていうか悪口罵倒暴言を書くだけ書いて、自分の名前は出すなというような卑怯者らしいので、女だろうがなんだろうが、そういう人の倫理なんてのはカスみたいなものでしかないんだけどね。二度とメールとかしないでいただきたいです。(2009_9/21)

  P.S.ちなみにその自称女性の書いた侮辱発言はこんな感じ。サイテー(失笑 以下メール内の僕への悪口の引用↓)
((>>残念ながら貴方のお気楽森本ワールドでしか通用いたしません。
>>なのに貴方はレイヤー、特に女子のレイヤーに対して、かなりの偏見を持ち、軽蔑と性欲のみで見ているのが自身のコスブレ研究や2ちゃんねるの書き込みから透けて見えます。
>>とどのつまり、これは貴方の発言、行動、思考など全てに当てはまるのですが、貴方は自身に自信が無く、他人に誇れる物も皆無なのに自己顕示欲は誰よりも強いので無理をして知ったかぶったり浅くて薄い知恵を無理矢理広げて実際の数倍、いや数十倍に自分を大きく見せ、時には嘘をついたり虚勢を張ってまで他人から称賛や喝采を浴びたり誉められたい!注目されたい!という典型的な重度のさみしがり屋で構ってちゃんなお子様なのです。2ちゃんねるの皆さんが貴方を41歳児と馬鹿にしているのも最初は合点がいきませんでしたが、今は、なかなか良い表現で的を得ているな、と納得しております。
>>ではここで私が貴方のことを 41歳のガキ、無職、甲斐性無し、キモい中年おやじ、嘘つき、我が儘、親不孝者、親の拗ねかじり、現実逃避、ネット弁慶、絵が下手、臆病者、女子レイヤーの敵、セカンドレイパー、へたれ、非常識 と列挙いたしましたが、事実のみを書いたので中傷にはならないのです。))

  ↑ ちなみにこれは中傷行為になります。僕は公的に責任を負っている企業や団体や部門の責任者とかそういうのではないので、自称彼女の発言には「公的な論評の法理」が成立しません。(例えば、件のスタッフは今でも2.5なんとかのプロデューサーだったりイベントを仕切っている責任者なので、やはり問題は問題なわけです。やめろとは言わないけど)
  どんな23歳女子なんだろう?さすが最大規模同人即売会スタッフのシンパは言うことが滅茶苦茶だと思った。こういう文を他人に送る連中が揃っているんだから、例の都産貿出禁イベントのように異常趣味が揃っているのもうなづけるよね。(追記:9/21)
  (さっきETCと書いて釣ったので直しました。メール送ってきた人物がスレッド住人ならこの半日だけでも既に2chのwatch板スレッドに書き込みを残している筈)


◎  今テレビでやっぱりしんちゃん原作の臼井氏だったと報道されていて・・・既に9日前だったというのも、言葉がない。
   「失踪した」と報じられたから、自殺かと思ったんだけど、そうじゃない気もする。疲れで山から転落しただけで自殺じゃないかもしれない。そう思うべきかもしれない。けれども、何か臼井氏の死も、色々原因はあるかもしれないし、それをコミックやアニメ業界や、社会や政治が考えて、今後の方策を徹底的に見直す事は、けして意味のない事じゃないと思う。
   どちらにしてもフリーズしてしまって、ご冥福をとすらすぐには言えないし、ゆっくり寂しくなっていくのを待とうと思う。でも、多分犬丸りん先生以来のショックだ。向こうで会っている事を祈ろう。とっくかもしれないが。
   今すぐご冥福を・・・なんて書いても、まるで各ネット辞典の更新が競われているように見えるのと同じにしかならない。時間経ったら何か書きます。言葉って熟すには時間が必要だよね。(2009_9/20)


◎  多摩地区で行なわれたらしいコスプレ撮影イベントの公式ブログでデマを書かれた自分が迷惑している問題だけど、自分が会場に対してかけた電話の内容を「脅迫」とか言われてそれもまた迷惑・・・。なので、手ぶら電話を携帯録画していたMPGファイルをSDカードに入れて、そのまま警察に渡しました。これで自分が脅迫なんかしていないと警察にはわかると思う。ていうかSDカードも最近は安くなったからできるわけだけどね。
   ついでに昨年の某世界的コスプレイベントの主催側さんとの電話内容についても警察に渡しました。件の審査員がはずれた理由について、僕の責任であるかのように色んな奴らから警察に言われてると嫌じゃないですか?変な勘違いされたままだと困るんですよ。真剣に。それは問題回避の為だから、大目に見て欲しい。
   あと、他にも連中は、極度の勘違いを警察に強いている所があるみたいなので、その辺も誤解をとくのが大変かもしれないんだけど、なんとかなるとは思う。
   ていうか最近本当に身体がだるくて、そっちの方が心配。2日で1kgダイエットしたのが1日でリバウンドとか嫌になる。しかも連休だからオクの入金もぱたぱたとしか入らないし。
   ゆうちょ銀行から入れてくれるとタイムロスがなくてお互い助かると思います。今かんたん決済入金されてもヘタするとこちらの口座反映は25日とかもっと先になります。
   ・・・オンエアされてるアニメが唯一の楽しみです。いや、まじで楽しい。幸せ〜〜〜〜っっ!!♪♪・・・ひきこもり的楽しみ方は達人の領域かもね、既に・・・(; (2009_9/20)


◎  鳩山内閣総理大臣誕生!!政権交代した事自体自分としてはいいと思う。いつか絶対になくてはならない事だったしね。>政権交代。
   国民新党の亀井静香氏と、社民党の福島みずほさんが内閣のしかも腕が立ちそうな所に入ってくれたのは、それこそ悲願がかなったんだろうなぁ、良かったなぁ、と思う。一種の奇跡だよね。民主党岡田氏もちゃんと外相に入って安心した。というか民主党の政治自体が今後ベールを脱いでいくわけなので、何が安心できるできないってなんともいいがたいんだけど・・・超重要ポスト、頑張って欲しいです。
   障害者自立支援法が見直されるっていうのは本当にいい事だと思う。昔は障害持ってる方の薬代ってのは全額無料だったんだしね。
   でもアニメの殿堂を完全に反故にしてしまうのはどうか?と自分は思っているし。海外の海賊版(特に中国)や、あまりにも酷い系の同人誌(同人誌全部酷いと言っているのではなく)が流行っている昨今、国が海外に対して守らなければならない権利というのは存在するんじゃないかと思うし。しんちゃんもそうだけど、明らかに保護されなきゃならない部分はあるんだよなぁ。(自分なんかは業界になんどもパクリ受けてきた側なので、過剰に国が業界保護するような事言ってきても困るわけだが。その辺のフェアさは国はまだ持ちようがないと思うし)
   それにしても、麻生総理の引退会見の言葉 「日本の未来は、明るい。」に、自分はマジで感動してしまった。そう言い切ることのできる政治家がどれだけいるだろうか?こういう言葉を言い置いて引退できる麻生元総理は、時期さえ良ければ素晴らしい総理大臣になりえただろうと思います。首相官邸を出ていく時にそこの人たちが暖かい拍手していたけど、自分も一緒に拍手してしまったよ(悪い意味でなく)。
   あと、元枡添厚生労働相の引継ぎ式の笑顔も、本当にやるだけの事はやったという充実した明るいものを感じました。枡添氏は本当に頑張ったと思います。あの人が悪いんじゃないんだもんね。本当にお疲れ様でした!!
   次の厚生大臣もすごい人のようなので、もしかして歴史が過ぎれば、2人がかりで超党派で頑張ったのと同じに思われるのかもしれないね。それくらいの頑張りを期待してたりします。(2009_9/19)


◎  クレヨンしんちゃんの原作者の臼井儀人さんが失踪したとニュースで知って、確かに嫌な予感はしていた。けれども見つかる事を信じていた。のりピーも見つかったんだから・・・と。
   失踪の原因は色々あるんだろうなとは思っていたんだけれど。宗教とか色々言われてたけどね、それだけじゃないだろうなと。しんちゃんという作品には色々なことがあったみたいで、特に中国の海賊版問題なんかはその最たるものかもしれない。それだけじゃなく、http://www.j-cast.com/2007/08/12010231.html の件とかで、そのきざしはあったのかもしれない。
   周囲が勝手に作り上げた表のイメージが暴走しすぎて、それなのに作者として努力しなければならないってだけだって辛いのは、「負けないで」を24時間テレビでエンドレスで流されたZARDと同じような気もするけれど、それだけじゃないかもしれない。最近のニュースの報道姿勢にも色々思う所はあったのかもしれないし、個人問題でも色々あったのかもしれない。バラッドの映画についても、思う所はあったのかもしれないけれども・・・それはわからないか。
  臼井氏が社会派なのは間違いない。もはや祈るしかできないような気がする。(2009_9/19)
  (※ 社会派って、社会第一というのではなくてね。社会を直視している作家だって意味ね。)

◎  酒井法子被告がやっと保釈された。あの謝罪で精一杯なんだろうなぁと思う。言いたい事言いたくない事もあったんだろうけど。
   彼女としては薬物に溺れる夫を警察に突き出す事はできなかったんじゃないだろうか。突き出した所で自分の生活が崩壊するのは目に見えているし、だから一緒に落ちる道を選んだんじゃないかと思う。保釈された車の中で警察の人と色々話したかなぁとか色々考えた。むしろ高相被告の方が・・・って感じだった。
   でもそういう内心の事は何も言わず、謝罪会見で「自分の弱さゆえに」と言ったのは、多分ファンや若い子が影響を受けて薬物への道に走るのを止めるためにそう言ったんじゃないかと思う。自分だけの理由じゃないはずだけど、「自分の弱さ」と言った。
   薬物をやっていた芸能人はもっといるだろうにそれも言ってるかどうかは不明・・・それは問題あると思うけど。保釈されたって、言ったか言わなかったかとか電話連絡来かねないじゃないですか。ちゃんと言う方がいいのにと思う。
   彼女がCMをやっていたポニョも、父親が航海をしていて、母親と一緒に暮らす子供が老人と関わり続ける話だった。ある意味彼女の環境に通じるものがあったのかもしれない。
   一般人が逮捕されたって、あんな風に会見で詫びることはない。色々思う所はあるけど、深くおじぎをした彼女の髪は40日分伸びた所が黒かった。あの黒い所には、覚醒剤は入っていない。それを救いに感じました。(2009_9/18)        

◎  http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090915-00000000-natiogeo-int    >木星、彗星を捕獲して衛星にしていた
   木星っていうのは太陽になれなかった星だと言われているんだが、もしなってた日にはこの太陽系は二重太陽系になってしまっていたわけで、この星の生物や人類は誕生していないか、もしくは全然別の生物になっていたと思う。そういう意味ではとりあえずは木星に感謝推奨!!とりあえず木星=ゼウスの象徴と言われているし(とりあえずですが)。
   それにしてもなんていうかこんなすごいことが発表されるのも、あぁ、来年2010年だからかなぁ・・・と思ったり思わなかったり。映画「2001年宇宙の旅」や「2010年」(主演:ロイ・シャイダー)ではとっくに人類は木星まで行っているんですよ!!僕は原作のイマジネーションは2010年の方が表現できてると思うが。ていうか来年の映画の「ガンダム00」も木星がらみの話じゃんと。熱いなぁ木星(笑)
   それはそうと捕獲されて周回後宇宙に戻された彗星は、串田・村松彗星というらしいんだけど、こんな事件があったら、串田さんも村松さんも絶対に世界の天文学者には忘れられない名前になってしまうんだろうなぁ、と思う。それにしてもこんな事実をよく突き止めたもんだと思う。やっぱそれが偉いよね。(2009_9/15)
   

   ◎ 「仮面ライダーW」1〜2話見ました!!感想は一応ここにまとめて書く予定です。
  じょじょに書いてく予定・・・
  翔太郎とフィリップ、主人公達の演技はすごく良いです。会話とかかなりセンス良い感じの脚本です。現代の翔太郎がバイクから降りるシーンで顔つきが舘ひろしかと一瞬思いました(笑)フィリップの検索シーンはすごいアイデア!と思ったけど、検索ワードの たこ焼 一つで朝まで時間を食ってしまうってのはとんでもないなぁと思った。   ・・・でもなんていうかスタッフにテレがあるのか、、なんか思ったよりもかなり青臭い探偵に見えてしまうので、その辺が・・・
  ていうか正直あの大阪弁少女が・・・自分は・・・と思ったら2chでなんか祭りになってました。今はなんだかなーとしか言えないけど、考えてみれば彼女も父親が死んでいる可能性があるわけで(生きていたら配役はズバット早川=宮内洋氏にしてほしい)、そういう意味ではハードな展開になるとは思うのでね・・・書いてて自信ないけど、演技所で真価発揮してもらうしかないでしょう。
  2話から登場のなすび=ウォッチャマンも、悪くないです。なんかいわくありげでいかがわしい雰囲気が出てます。いくらなんでもフレッシュプリキュアのカオルちゃんほどのいわくは無いと思いますが。
  ・・・今回のライダーのテーマは「ハードボイルド」なわけですが、ハードボイルドを描くには、本当に昔のその手の映画とかをばんばん見て、スタッフが感性を鍛えなくちゃだめだよ!とも思ったのだが、ある意味平成ライダーもかなりのハードボイルドでやってきたんだよなぁ。   ハードボイルドと言えばもう石田監督最強なのはわかりすぎるほどわかっちゃいるが。いや、でも長石監督も田村監督(テレ朝)もハード系は得意そうか・・・ある意味とっかかりとしては田崎監督が一番子供に判るハードボイルドを描けるからかなぁと。
  ジョーカーエクストリームキックなどは子供向け雑誌でネタばれがあったんで驚かなかったですが、怪人ドーパントを倒す=殺人ではなくてメモリブレイクなのが気に入った。ルナジェル山内明日さんの津村真里奈が犯人では?というのはなんかパターンで考えるなら1話終了時にほぼばれてたんですが・・・でもなんか含蓄深くて、子供は色んなことを考えたんじゃないかと思う1〜2話でした。YOH氏の戸川陽介=マグマドーパントも出番少ないけど1話怪人としてはインパクト大きかったです。それにしても真里奈さん綺麗だった(笑)。
  多分、ドーパントっていう位だから、薬物によるドーピングもイメージしてるんだよね。最初の設定ではガイアメモリじゃなくて薬物で怪人になるのを、隠喩としてメモリに変えてみたのかもしれない。なんかテーマがあるよなぁと。1〜2話では戸川と真里奈というカップルが、結婚する筈だったのに、ガイアメモリの力に溺れて結局究極的に不幸になってしまう。逆に、メモリを流通させている園咲ファミリーでは、タブードーパントが「結婚したい人がいるの」とか言ってるわけじゃないですか。なんかその相手の男は2話で謎のベルトを継承したわけですが。
  もとは善人だったカップルが禁じられた力に溺れて結婚という幸せを失い、悪徳の限りを尽くしている一家が富をむさぼり結婚して幸せになる、っていう不条理は、多分この作品の1話から最終話まで通底するテーマになってると思うので、今後もちゃんと見ていこうと思います。
  子供が理解できるかなぁと放送前は思ったんですが、芸能界麻薬汚染が最近テレビでかまびすしいので、こんなすんなり理解しやすいドラマはないだろうと。スタッフはこれ運命だと思ってその辺今後も描いていって欲しいですが。
  (※ でも、薬物の例えかと思えば、ライダー自身もガイアメモリを使っているので・・・なんていうのかな、言葉通りの「力」や「武器」を買っている感覚なんだろうか?パワーアップのアイテムが「記憶」である、ってのが現代的だけど)
    ていうか ハードボイルド作品 って敵も味方もいろんな意味で 人死にが多い から、仮面ライダーでハードボイルドっていうと、善人も悪人も死にまくるだろうって意味で・・・翔太郎がハーフボイルドでも別にいいような気がするんですが、どんなハードボイルド作品になるんだろうね?
  換装型変形バイク=ハードボイルダーのギミックは結構わかりやすいんですが、なんかあのトレーラーは玩具ギミック以外あまり意味をもたないので、ストーリーを純然と楽しむ意味では邪魔に見えます。少なくともOPのWの疾走シーンの後ろについていくのは邪魔です(笑)。むしろ基地内のオブジェ状態が一番渋い。あ、なるほど・・・「基地」なんだ、あれ(基地扱いで売った方が売れるよきっと・・・)。
  それはそれなんですが、1話のWとマグマドーパントの戦闘シーン、足技の連続は本当にカッコ良かった!!これですよ!!と。さすが高岩最新ライダーです。当然、そういう意味も込みで楽しみにします。 (2009_9/15)


◎  イチロー・9年連続200本安打まで、あと1本!!!!!(◎▽◎):::::
  と書くやいなやの歴史的大記録の偉業達成!!アンビリーバブルインクレディブル!!!
  本当に嬉しいです。おめでとうございます!!なんていうか本当にセンチュリー単位での歴史を塗り替えちゃったんだもんなぁ・・・誇張も何もなく、目の前に証拠があって、歴然と塗り変わっちゃったんだもんな・・・でも、過去の歴史的記録も本当にちゃんと打ってたんだと思うと、昔の人に本当にそんなすごい人がいたんだと、ありありと判る。
  イチロー選手が言ってたように、100年以上前の選手と記録で肩を並べて隣りになるなんて、本当にスポーツって意外な感動を与えてくれるし、素晴らしいと思う。(2009_9/14)


◎ 例の日野南平のコスプレ撮影イベントについてですが、自分が一応会場に電話したのは確かなのですが、イベントを中止しろなどの脅迫行為などは一切していません。電話は手ぶら電話で会話内容を携帯録画済ですので・・・僕が脅迫をしていない事は完全に判ると思います。当方の電話番号については、会場側には伝えましたが、主催側に教えないように言ってあります。でもさっき妙な電話がかかってきて、それで困っているのですが。
  また、イベント主催と、例の「見敵必殺」の短刀画像をブログにUPした人物に面識があるのは事実です。各ブログページの画像(PrtScr)を押さえてあります。(2009_9/14)


◎ 今朝というか深夜時間帯に描いたオリジナルヒーロー。またも気まぐれUP。
  昨日描いたヒーローの頭部のデザインラインを使った別デザイン。ていうか、もろエッシャーのだまし絵みたいな頭部なのは、この7月からのアニメ「GA」OPで、エッシャー風だまし絵描写を久々見たからだったのだろうか?と気付いて爆笑。僕にこんなの描かせるとは偉いぞGA。
  植物生命なので全身緑色。なんというか、アロエのような色なんだと思う。目はカラーグラデーションのクリアで、わき腹の肋骨部にもインジケーター状の発光器官が存在する。カラータイマー的器官を避けてデザインするのに必死になるとこうなる(笑)。植物生命体なんだけどね、一番似てるのはゲーム「ヴァンパイア」の水棲世界のオルバスかなぁ。色が変わらないじゃないか(爆;
  多分ジェット水流を操れるのかもしれない。やっぱオルバスだよなぁ・・・
  目の形についてはこっちの自作ライダー「フロウ」とか、過去にデザインしたもの「シュラトのブラフマーシャクティデザインコンテスト」に送ったものと大差ないんだけど、常々配列パターンを変えてはいる。でも好きな形が結局残ってしまう。
  目の個数が複数のデザインは、小学生の時に「タマゴちゃん」という鉛筆漫画で「時変人」というキャラ群を出したのが最初なんだけど、成田先生のバンキッド宇宙人キャライラストでも「グザレ指令」というのがあり(全部で目が6つ並んでるすごい美形宇宙人キャラ・・・と書いても、わかんないよなぁ・・・)、ある意味昭和の時代から、オーソドックスなのかもしれない。(2009_9/13)
  

◎ ていうか件の最大規模同人誌イベントコスプレ広場の元総統括が、僕と公開討論をしたいとか彼のブログに書いているようなのですが、絶対にお断りさせていただきます。
  なんか80人くらい仲間を連れてくるから、おまえも仲間を連れて来い、みたいなことを言っているわけです(各定員80人なら彼の仲間は即埋まるでしょう)。そのテーマエントリーが「性犯罪」とかなっているのがまず異常。性的盗撮は僕は批判してるって前から言ってるし、それはあっちも認めているのにね。煽りなんだろうけど、ケンカ上等とか言って突っかかるほど僕は若くもないです。(大体僕の方が生まれ年も小学生での学年も上じゃん?引き離すまでは僕の誕生日のクリスマスイブまで待たなきゃならないけど。いつから元総統括は僕より年上気取りになったんだろうか?)
  で、彼は別にいいんですよ。血の気が多くて喧嘩っ早くて僕の家の周囲にまでやってきて自宅や近所の写真をネットにUPしたり、イベントで僕を盗撮して叩きスレッドのオフ会までやってるような、異常趣味系18禁同人マニア、ミリタリーマニア、ナイフマニア、ナチスマニア、そういうのが80人来るわけでしょう?言論だったら簡単に負かせる相手でも、暴力ひけらかすような連中を相手にリアルで口論するほど僕はケンカ強くないですから。彼らには言論で済む保証がないんですから。臆病者とか言われた所で、別にどうでもいいですよ。どうせ相手が支離滅裂に「手を打つ」としても、それで僕の生活が変化がするわけも無いです。
  でも僕の知人と言えば、アニメファンだったり、玩具ファンドールファンにコスプレイヤーなわけですよ。僕側の味方の名前も素性も顔も、相手に晒すわけには行かないじゃないですか。その為にブログのコメント欄は閉じていたし、このサイトにも掲示板をつけてない。だからそんな公開討論なんて乗れるわけが無いです。僕は仲間うちを盾にする気はないですから。僕の仲間が誰なのかとか、探ろうとしても無駄です。(2009_9/13)
  

◎ 例の日野南平のイベントですが・・・他人(例えば僕)に対するデマや誤解はばらまくのに、彼ら自身は自らを誤 解するな、って事でしょ?偏見をもたれている!と言いながらデマをばらまくのは何ですか?
  文面見ればわかるよね。つまり八王子のサバイバルゲーム場設置の擁護の人々の言い方と同じ。「サバイバルゲーム場」が「コスプレ」になっただけじゃない?他は発想が全く変わらない。(確かに利潤追求とチャリティーでは違うのはわかるが)
  ミリタリーチックなものを表現できる場所が欲しいという目的性はわかりますが、それなら最大規模即売会があります。エアガン所持は禁止だけどね(うる星もゴーグも軍服は出てきたアニメですが、森林と込みの描写ってそんなに多かったでしょうか?ボトムズもテレビシリーズの場合密林だしね。ホラー系ゲームとかなら見た事があるとは思うけど。大体リアルを求めてエアガン使おうがナイフ使おうが似ない人は似ません。リアルを追求するやり方ではありますが、そればかり日本全国で増えたらコスプレの全体モラルが崩れます。
  現地に行かない僕よりも、現地に来るミリタリーマニアの方が、はたから見れば危険なんですよ?!八王子のサバゲー場だって、来る客が車の中にナイフ持ってても判らないから怖いってのがあったわけですから。会場には持ち込み禁止だが、外までは大丈夫、ってのは困るわけでしょう。
  サバイバルゲーム用のゴム製ナイフですら怪我をさせる可能性があって危険だという事で(この辺など参照) 、既にゲーム大会では使用禁じている所が多いというのに、美術用刀剣まで持ち込み可なんてのは、不信感持たれて当然です。85年夏のイベントでも(僕が最初に行った回(この辺参照))だって、取材者に抜刀した奴がいてそれが問題になったんじゃなかったですか?
  ナイフはまず見た目から怖いなんだから、近場に住んでるこっちや端からみれば、実物かどうかなんて関係ないですよ。強盗だってリアルな模造銃や模造刀使って脅す時があるじゃないですか。実際に傷つけられない限り、周辺には 実物如何は関係なく怖い んですよ。
  しかもこっちを少年相手の淫行だなんてデマまでまいて。。。最大規模即売会元コスプレ広場元総統括の一派である彼らは(いや何派もあるかもしれませんが!)、他人(この場合僕)が性的盗撮者であるかのようなデマをまいて、その他人がどこに住んでいるかまでネットで暴露してきました。その近辺でイベント開催して、でも僕が参加しにくると思われるとコスプレがそろわなくて困るから、最初から行ってもいない僕を「出禁にした」といい、更に公式ブログで本名まで晒しているわけです。まともなイベンターならそんな事はしないでしょう。卑怯卑劣きわまりありません。イベント主催側が1から10までマッチポンプで自縄自縛なわけじゃないですか。同情の余地もないです。最初からこっちをデマであげつらわなければいいのに。
  自分はこのようなコスプレイベントは一切勧められません。まずもって自分は被害者ですから勧める義理などありはしませんが。低級ばかりが集まるイベントなんかどうでもいいけど。(2009_9/13)


◎ 今朝書いたイラスト。CMの男の子とオリジナルヒーロー。
  こういうイラストは山ほど描いているんだけど、今回は気まぐれUP。
  CM見てた時に白人の男の子なんだけどちょっとインパクトある子がいて、そのままだーっと描いた少年。自分の趣味で描いてる男女キャラの路線とは全然違うんだけど、最近は描ける枠が広がってきていて、描いてみると意外と気に入ったキャラになったりするので、そこが面白いってのは確か。
  オリジナルヒーローの方は、ウルトラマンというよりは所謂成田ヒーロー路線のヒューマンとかあっちの系統(これはご容赦下さい)。まだ2chで過去に「ウルトラマンマグロ」(↓)と言われた絵の方がウルトラマンっぽい。プロテクターの形状はやっぱり体操選手のランニングとかああいうイメージだと思う。正中線を逃がして両脇にプロテクターがある感じ(ゼロのラインもそんな感じ?)。カラーはシルバー、レッド、ブルー、ゴールドなので、ヒューマンや平成ウルトラや流星人間ゾーンと変わらないです。
  口は開けていいじゃん!って感じ。ヴォイスクリスタルと言って、流体震動場でダイレクトに会話できるという設定。
  頭が重いという不平は出そうだ・・・ディケイドもコンプリートフォームのディケイドクラウンはめっちゃ重いらしいし。個人フィギュアで作る分には全く問題ないんだけど。でもこの頭の形って他になかっただろうか?その辺自信がない。肩もグリッドマンっぽいのでまだ悩んでる。
  冬の映画に出るウルトラマンゼロに下ではちょっと不満書いたけど、やっぱつり目とあのアイスラッガーがとがっているだからだと思う。正面顔しか出てないからなぁ・・・ゼロの首から下には全然文句ない。ブルーなのが若い星の色のようでカッコいいと思う。
  自分がお話とか書くんだったら、ゼロは未来で科学により生まれたウルトラマンで、やっぱりダンとアンヌの子で、その誕生まで4〜5話分位かけてやるよなぁ、などと思ったりするんですが。2人の子供を誕生させるために地球人とウルトラ族が奔走する話、みたいな空想してみたり・・・なんだろう自分。なんかダンとアンヌだけの話で終わっちゃいそうだけども。
  (とはいえNTV系の「太陽エネルギー作戦」シリーズがあるから、ダンはダンで幸せになってても問題ないってことなのかなぁ)   デザインと物語がセットになるなら、ゼロもまた記憶に残るウルトラマンになるのか・・・インパクト以上の感動を子供に送れればいいんだろうな、と。 (2009_9/12)



◎ コスプレイヤーにむけて、一般論として何度も書きますが・・・ナイフマニアを自称する人とかナイフ持っていそうなミリタリーオタク、ミリタリーコスプレと男女交際するときには、本当に、よくよく考えてください。
  「刀持ってるから守ってくれそう!」と思考するコスプレイヤーが昨今多いって事自体情けないですが、男女の仲がこじれて別れようとしても、相手がナイフを一杯持ってるから怖くて別れられないとか、ものすごくよくある事です。で、文句を言えず男の二股とかに甘んじてるコスプレイヤーだって多いわけだし。でもその辺のトラブルまで僕がどうこうできるわけがない、というか縁もゆかりもない女性に対してその義理はない。恋愛の選択ミスの問題は警察に言うか各自で解決してください。( 2009_9/12)


◎ 日野南平で開催されるらしい(しかもその地区に僕の悪口をまくと宣言している時点でストーカー意図まるだしですが)件のコスプレ撮影イベントの公式サイトに書いてある、「実銃や刀剣を持ち寄る危険なイベント」だと彼らのイベントについて僕が言った、という文面は事実ではないです。しかも公式サイトで僕の実名出してるよ彼ら。何考えてるんだ??
  『アメリカに実銃を持っている人物が主催している、ナイフ等持ち込みが全面禁止されていない不可解なイベントである』というのは事実のようですが。イベント中止にしろともまだ言ってないしね。相手方公式ページのようなデマ中傷はやめて欲しいですが。何にしても他の人と相談して考えます。当然でしょ? (2009/9/11)
  (※ というか、この件(http://changi.2ch.net/test/read.cgi/cosp/1251714902/140-)をやらかした最大規模同人イベントコスプレスタッフ(居合い趣味あり)が、関わっている可能性がある以上、こちらとしては不安はあるわけですよ。脅迫もへちまもない。むしろどっち側がだよって事です。営業妨害だと言っていますが、中止にしろとは言っていません。デマをやめろというだけです。それに、彼のイベントは「参加費不要のチャリティーイベント」らしいので、営業行為とは元から関係ない筈です。
    主催側スタッフが刀をチェックすると言おうが、主催側のナイフやエアガンを誰かがチェックするわけじゃないんだから。
    そのサイトで刀剣使用説明について更新されていたんですが、規制は相当ゆるいらしく、文中によると「美術品(登録済み日本刀等)刀剣」まで持ち込み撮影するらしい。
   刃が切れなくされている刀剣だとしても、そんな金属性の重いものを都心のイベントで持ち込むわけもなく、撮影会でもめったに持ち込まれる事はなく。
   あとやっぱりナイフ(実際に切れるものを)持ち込み不許可というわけではないらしい。刀剣の形をしたものはチェックする、とは言っているけど、ダガーなど法的にダメなもの以外にもナイフはいろいろあるし。「実際に切れるナイフを持ち込み不許可」と書いているわけではないんだよね。結局
   「模造刀でも実際に切れるものがある」というのは、要するに昔の刀のレプリカのようなものだろうし。確かに「模造」と言える事は言えるんだろうが。ていうかなにげに「俺たちが日常持っている模造刀でも傷害能力はあるぞ。」と言ってるのと同じなので恐ろしいです( 2009_9/12)

◎ 気持ちを明るくするために頑張って「初音ミクオーケストラ」を買う予定!!
  好きな曲ばかりなのですごく嬉しいよ、嬉しい。しかも散開コンサートと同じ曲順!!だってさ!!
  YMOファンにも激おすすめ・・・らしいZ!! (2009_9/11)


◎ http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20090910/20090910-00000685-fnn-soci.html
  >東京・江東区女性バラバラ事件控訴審判決 東京高裁、死刑求めた検察側の控訴棄却
  今日の2chのニュース板ですら、犯人が所謂異常趣味系(この場合グロ・四肢切断(だるま)系)18禁同人誌の描き手であった事は知られていて、僕がスレッド見るより前からその話題が多かったのだが(数ヶ月前ヤフオクでも、例の都産貿出禁になった異常趣味系同人イベントで彼が最初に販売した同人誌とか出品されてたし。また別のが出品されてるようだけど)
  ・・・過去の快楽殺人者って、別に性行為がなくとも人を殺す事自体が快楽だったわけでしょ?たとえば僕を攻撃している異常趣味系の連中も、僕を盗撮した顔写真をヘルレイザーみたいにサイコロみたいに切り刻んだ顔写真をネットにUPしてるわけですよ。それは彼らにとっての快楽なわけじゃないですか。
  で、スレッドでは「日本ではこんなにひどい事をしても死刑になりません!」みたいな感じで祭りになってるし、犯人擁護や裁判官擁護の書き込みも異常に多い。異常趣味エロ同人系のやつらによる横槍があったんじゃないか?とすら思わせるような判決。大体犯人が出廷しないのでは、新事実などがあったってそれに対する質問ができない。本来裁判官が被告の出廷をうながすべきであって、出れないんだったら出れる状態になるまで公判を延期するのが普通だと思う。判決が死刑にならないと判っているからこそ出廷しなかったのでは、と思うじゃないですか。
  なんかスレッドでは法律勉強している連中が犯人擁護意見でやんややんやって感じなんだけど、なんだそれと思う。とは言えこの判決に反対している人の意見の方が圧倒的に多いんだけども。
  一つの可能性として このような犯人でも矯正できると信じます のような裁判官側の意見を、他の同趣味の同人系連中にも言いたかったというのもあるのかと思ったけど・・・それって類型事件の再発防止につながってない。自分が何かの被害を受けた時にもこういう判決かと思うとぞっとする。ある意味犯罪者予備軍と裁判官弁護士法曹関係者たちだけが納得しているような判決と言える。わけがわからない。 (2009_9/10)


◎ 八王子サバゲー場反対してた人々に対してブログで短刀画像ちらつかせたコスプレスタッフ関連の、撮影イベント主催が僕に関するデマをまいている件で、言う事がころころ変わってます。主催当人はどうにもならない人物なのでとりあわないことを勧めます。デマ中傷されている自分としては「そんなイベント参加したらダメだ」と言いたいですが、ダメ主催がダメレイヤーダメカメコを呼んだ所でだから何ってのもあるし(とは言っても)。
  こっちとしては南平の知人や八王子市内に火の粉がふりかからなければいい、レイヤーについては知った事じゃない、とも思うけど、ヒエラルキーなりイベント内ポジションの為にこっちへの攻撃に荷担されるとやっかいだから(世の中見た目かわいい子の言う事はころっと信じる人が多いしね・・・)、なんらかの手は打つつもり、とは言え何を・・・???(2009_9/10)

◎ こういうのは良くないと思う。アンヌの息子とかでもない限り
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090909-00000037-oric-ent
  やっぱりあのセブンの最終話は尊重すべきなんだよね。それができないならウルトラセブンをわざわざ出すべきではないし。テレビシリーズ後に色々あったとして・・・それが描かれずにいきなりというのはちょっと判らない。まだ甥とか姪のほうがいい。
  ウルトラセブンXは、マーベル風の展開としてもありうるとは思うんだけど、なんていうかこういう変なところまでアメコミ系のまねしなくてもいいじゃないか。パラレルをやりたいという意向だけが見えてくるのが・・・あと、ウルトラヒーローの生命感はマスクの優しさにあると思っているので、怒った顔のヒーローや無表情系が増えていくのは哀しいと思う。(2009_9/10)


◎ ていうか、酒井法子は離婚した方がいいと思うんだけど・・・覚醒剤を売った犯人についての情報がないねぇ・・・。心の弱さが原因だろうかとか、いつから覚醒剤と・・・ってのはあるけれど、世の中ってのは無茶苦茶だな、とは思う。麻薬販売してるよりも酒井法子ばかり責めてるし。販売者を逮捕しろとかの話題は少ない。
  でも、自分もデマとか中傷とかあまりにもひどい奴であるかのように言われてると、本当にそういう奴であった方が気が楽だったかもしれないと思う時はあるし・・・そんなに強くはないんだよね。だけど、叩きに負けて自分がもしも変な方に走っちゃったら、こっちを信じてくれてた人たち(2ch住人じゃなくて身近な人とか落札者とか)もそっちに走ったりするかもしれないじゃないですか。望まないハメルンの笛吹き状態になるのは嫌なので、気持ちが折れない限りはまっとうに頑張りたいです。むしろ気持ちが折れたらホームページの更新もしなくなると思う。(2009_9/10)


◎ 昨年の児童ポルノ法改正反対運動をしていた署名運動(例の元総統括やファシスト革命家外●恒一氏なども賛同人に加わっているが)をしていた弁護士氏だけど、知人に連絡を受けたので再度書いておくと、最大規模同人イベントの国際部のスタッフらしい。ていうかもろ最大規模総人即売会全体でやってる署名運動だったわけですが・・・
  つまりそこのスタッフ的にはナチコスとか児童ポルノ法関連や、例の猟奇エロ同人誌群などについても、擁護の姿勢を取っていて、海外に同イベントのナチコスが批判された場合も、渉外をするのは彼らだという事になるわけで・・・そういう意味では彼らはいままで海外の一般層の意見に対して、道を譲ってきてるようには見えませんでした。それでも確かにローカライズはしてきたんだろうし、ナチス軍服や猟奇書籍などを売っていた、モンドの方の直営店は閉店になったわけですが(それでもナチス等のコスプレは禁止化されていないし、局部描写規制以外エロ同人誌にも内容のひどさへの規制はないが)。とにかく最大規模同人イベントの主義主張の全面的味方をしているのが彼らのポジションだという事です。
  「全面的味方」というのは、客観的にはありえない事です。ファン文化としても同人誌はかなり攻性の強い特異な文化であって、それを全面的に擁護するのは一般社会では一種の極論ですが、しかしそれを主張しているのが彼らです。正しいか間違っているかだけではなく、つまり「極論は容認しがたい」というのが自分の意見です。
  この件については客観的に書きますが、元ネタありの同人誌で、あまりに猟奇描写や元キャラへの毀損描写の激しいものは、著作権無視といわざるを得ないと僕は思っているし、児童ポルノ法改正運動は結局政権交代以降に持ち越しになってしまっているわけです。
  ただ、ある意味著作権を無視している同人誌が数十万人に対して売買されているイベントのスタッフさん中心で、コミック表現の自由を守ろうとかいう署名がされた所で、それはあまりにも説得力がないのではないかと思います。著作権は頒布権と一体なのが普通なのだし、それは変なのではないかと思います。あくまでこの程度にとどめておくけれども。(2009_9/10)



◎ 要するに、僕が少年を盗撮したとネットで言われた写真っていうのは、以下の写真(2005年に展覧会見に行った隣の上野公園での写真。60年代のカメラで撮ったもの)なわけですが。ブログは例の異常趣味系同人即売会関連に2ch寄りのWindows Live(メッセンジャー機能の広告に2chの元管理人を使っている)が味方したせいで今閉鎖しているけど(単純に僕がキレたから)、自分は普通に見れるので、写真もそのまま残っている。
  で、こういう写真を口頭で許可を得たかも知らない癖に「盗撮だ!盗撮だ!」と騒ぎわめくっていうのは、異常以外の何物でもないわけで。というか根本的にコスプレイヤーやカメコというのは写真文化というのを勘違いしているんじゃないか?と思う。例えば自分なんかはアサヒカメラとか日本カメラとかのアマチュアカメラマンによる投稿が、普通の姿勢だと思うし(でなきゃ60年代の一眼レフやレンジファインダーで撮らないよ・・・)、ブレッソンの「決定的瞬間」とか、ルポルタージュ系とか、美術写真ってのが、写真なんだと思う。写真って、「真実」を映す事でしょう。撮られた相手が写真を見て不快に思うのだったら、そりゃそういう撮り方はやめた方がいい。自分も盗撮されてるからよく判る。例えば写真家のアラーキー氏とか汚部屋とか赤裸々に撮るけど、撮られた人が嫌がるような写真は撮らないとよく言われてるじゃないですか。
  なんていうか、部分集合の記号を使うと、
  日常風景撮影 ∋ 無断撮影 ∋ ブレッソンの「決定的瞬間」 ∋ 盗撮 ∋ 性的盗撮   なわけじゃないですか。無断撮影=性的盗撮ではない。やっぱり撮影するのは真実があるからだし、瞬間があるからだし、要はそこに美があるかどうかなわけで。一応成田亨美術教室の日野南平教室に2年間(89~91)通った自分はそう思うよ。

  大体今のコスプレカメコたちが話にならないと思うのは、コスプレイヤーを撮る時のスナップって全部同じなわけじゃないですか。誰であっても同じでしょう。最初から完全に演技だから瞬間どうこう関係ないし。極端な話キャラクターの再現度とか全部コスプレに依存しているわけで、シチュエーションも全部同じだし、なら何で、誰を撮ってる?その人どういう人?とかそういうのまるでないじゃないですか。瞬間の美なんか何もない。演技すらできてなかったりコスチューム関係ないじゃんってのはあるけどさ。世界のコスプレイヤーと並んでやっと日本が優勝できたようなので、これからだと思っときますが。
  下みたいな写真だって、やっぱ歴史を感じさせる空気感と若者の対比がいいなと思ったからUpしたわけで。肖像でもないし、それを盗撮とか言うのはどうかしてる。自分の住んでる町の警官さんだって(若い頃写真を撮ってたそうで)、何年か前にいい写真だと言ってくれたしね、これ。
  でさ、ようするに花があったらコスプレイヤーがひきたつとか(なら花が撮れてるかっていうと別の話で)、自然の中だったらひきたつとか、リアリティーを求めて演技して撮るとか、その場の空気感とか・・・例えば、自然の中で撮るというのもキャラを引き立たせる上では理想なわけだけど、それは誰でも考えるんだよ。自然の中、風の中で髪のたなびくコスプレを撮る、とか?大した事じゃ無いの、全然。しかもその為にナイフまで持ち込む。
  そういう事と地域感情を天秤にかけろとか考えてる時点でおかしいわけ。
  ・・・とにかく。彼らが僕をホモ扱いさせようとしている写真ってのは、以下のようなものだったって事です。
  偏見をぬぐってもらいたいと言うならまだ判るが、他人に偏見を持たせながら、八王子サバゲー場反対してブログに短刀画像までUPした奴らが偏見を持たないでくれとか言うんじゃないって事だよね。そんで彼らは(公式ブログによると)地域住人に僕がホモだというデマをまくのだそうです。極めてみっともないし、醜悪。
  なんていうか・・・秋葉原の歩行者天国がまだあった頃に、その様子を写真撮影していた人たちは一体何なの?って事になるじゃん。さっき2chのスレッドを覗いてみたらこんな文が書かれてて馬鹿かと思ったけど、僕はレイヤーに彼氏をつくるななんて言った事はないよ。(彼氏がいるいないは正直に言った方がトラブルにならない、とは言った事あるけど)(2009_9/10)
  



◎ 秋だけに、展覧会に行きたいです。行きそびれた展覧会が多くて自分的にすごく憂鬱な夏でした。結局ひきこもりっぱなしだったしね。今年の夏は昨年に比べると肌の水泡も結構おさまっていたんだけど、毎年調子がいいとは限らないじゃないですか?肌具合のいい時に出かけとかないとさ、ってのがあって。
  何にしても、何でもかんでも、色々準備していかないといけないのに、へんてこな叩きへのエクスキューズばかりしてたら、時間がどんどん浪費されていくわけで。涙出る。嘘ばっかりな人間たちなんて大っきらい!!だよ!!と思いながら、ヤフオクどころか知人友人にさえ義理を果たせない自分にもいいかげん嫌気さす。
  時間がいくらでもある、とか、最強だ、とか、そういう問題じゃなくて、瞬間瞬間大事にできてるか?って事じゃないですか。
  ロングスパンで物事を考えることは絶対忘れないにしても、瞬間性は大事にしなくちゃだめだと思う。それもまたポテンシャルだと思う。邪魔多いけどね。  (2009_9/9)


◎ ていうか、今日は2009年9月9日!!って事で「銀河鉄道999」の9.9.9記念切符が練馬区内の西武鉄道12駅で販売されてるらしいです。1000年に一度の日だそうです。一番頭に2がありますが。1999年9月9日には負けますが(笑)
  http://www.asahi.com/national/update/0907/TKY200909070390.html?ref=goo
  もう売り切れたかなぁ・・・999円で2999セットらしい。練馬まで今から行くのもきついけど、本当、どうしようか悩んでます。もう売り切れてるか・・・(^^);;;;
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090909-00000008-maiall-ent
  <銀河鉄道999>1000年に1度の「999」の日 SL特別列車運行 静岡・大井川鉄道
  http://mainichi.jp/enta/mantan/graph/anime/20090501/?inb=yt
  銀河鉄道999、夢のデザイン電車、西武鉄道に登場
  静岡の999はさすがに凄い!!西武鉄道のデザイン列車は今後乗れるようなので、期間中に行ってみようと思ってます。
  ていうかDVDも欲しいんだよね。ブルーレイはウチ的にかけられないけど・・・劇場版「999」「さよなら999」は本当に名作なので、何度も言うけど見てない若い人は見るべきです。大人になってから気付く事もあるよね。こんなにも僕らは若さを信じてもらえている(いた)のだ、と。 (2009_9/9)


◎ こないだのオークションで、落札者が本体代金しか入金してこなかったので、送料着払いで発送した僕に対して「料金二重取りで詐欺だ」などと評価欄に書き込んで嫌がらせをした人の件ですが、僕の携帯への最後の電話が手ぶら電話で録音されている可能性があります(通話中背景音も聞こえていたので)。ていうかIDをネット検索すると多くの意味で不安なんだよね。
  で、その僕の応答部分が録音されていて悪用されないかが不安なわけですが、とりあえず、最後の電話の場合、バックでは先日の衆議院選挙の「開票結果速報」のようなものが流れてました。でもまぁ、録音されてるとしたら、完全に背景音を取り去って編集するのは不可能じゃないかと思うんだけど。背景音を消したら消したで音声データが不自然になるのは間違いないし。こういう特異な事があると自分も悩む。(2009_9/9)


◎ 例の元総統括の友人イベンターが多摩地区で開催しようとしているコスプレ撮影会の主催者 (この件 )ですが、また嘘をついているようです。(色々入ってきてる情報もあるけど一応以下通り)
  ていうか僕が「電車内での 少 年 盗撮」をした、などと書いているようなのですが、そんなことをしたと自分は言ったこともないし、そんな捏造証拠の例すらも過去出ていません。いいかげん彼はデマ吐きに必死になってきているようです。しかし言うにことかいて何故少年・・・
  (※ ていうか心当たりがあるとすれば前のブログにUPした上野公園で撮影した、スケボージャンプのデモンストレーションしてた青年たちの写真位しかないわけだけど、被写体自体10代後半から20代なわけで(しかも顔もまともに映ってない)、このイベンターが読者に妄想させようとしているのとは意味あいがまるで違うわけじゃないですか?もはや病院に行けよとしか言いようがない)
  あと心当たりがあるとすれば旧ブログのこの彫像の写真くらい。 →
  どうも、この間難癖をつけてきた人物がからんでいる気がします。かなり悪質かつ粘着な女装系コスプレイヤーのようなので。(というか自分がネットオークションでウルトラ系やライダー系のような玩具中心に出品しているので、それを売れなくさせるための嫌がらせだと思われる。または、今TOPページの「今日のテーマソング」のコーナーで、マイケルジャクソンの曲を紹介しているので、それを見て主催が思いついたデマかもしんない)
     また、他にもこの主催者は色々デマを言っているようですが、自分はコスプレの性的盗撮などでイベントスタッフにしょっぴかれた事や警察に捕まった事などありません。
  一応、何度も言ってますが、無断撮影というのは一般社会で許されうるものなら、盗撮扱いはされません。例の最大規模同人即売会でも、1回の最大規模同人即売会で警察にしょっぴかれる盗撮者の人数は片手で足りることからも、判ると思います。つまり、そこに犯罪性があるならば、もっと多くの人々が盗撮で警察にしょっ引かれているはずです。いずれにせよ、彼が言っている事には事実性がないわけです。
  また、彼はブログによると映像制作関係者であるようです。コラージュによる捏造証拠写真などを簡単に作れる人々が身近にそろっているわけです。いまやよく出来たコラージュは素人目には確認する事が不可能です。
  前例として、例えば名無しの叩きが僕を盗撮した顔をこまぎれにした画像(パーツずれてます)や、僕を盗撮した写真の手にナチスのマークをわざわざ嫌がらせにコラージュした写真(見え見えですが)、同様に僕を太らせて加工した写真などもいまだにネットでUPされています。その技術を悪用される可能性があります(僕の本名でヤフーの 画像検索 をすると一部が出てきますが、あんまり見せたくないってのは事実)。その辺一応了解願います。(2009_9/8)
  ※ 自分は嘘は言ってないです。でもそのブログからの直接リンクははじいてます。単純に言えばそのようなイベンターを信じる程度の人間はカメラだろうとコスプレだろうと、僕のHPを見る資格はないと思っていますので。嘘つきたちにこのホームページは見て欲しくありません。以上です。
  ※ また、該当の撮影イベントでは刀剣の持ち込み制限がゆるいようです。実銃は持ち込み禁止と言っているようですが、刀剣については「チェックする」と言ってはいても、禁止になってはいません。コスプレイベントにも関わらず何故全面禁止にしないのでしょうか?近場に住むものとしては、気になる所です。


◎ 「まんが あなたの知らない特撮ヒーロー秘密FILE!」(コ●マガジン刊)がコンビニで売ってたので、特撮オタクでもある自分は、ご多分に漏れず買いました。
  自分たちの世代だと成長してくる間にどこかで聞いたりしたような特撮界の噂を全部まとめたような本です。逆に言えば特にそういう噂関係に興味なくここまで来た人は別に読まなくてもいいかもしれないです。子供には全く勧められません(汗)。1冊の本の中で、漫画ページと解説ページで説明の違う所もあるし、そんなに多くはないけど明らかに違う所もあるし。藤岡弘が旧1号撮影時事故ったのは、本郷猛の姿でバイクに乗ってたシーンだし、コミック項でバンキッドの後番組がファイヤーマンになってたりする。ある意味アレンジもあるのかなと。だから情報的にあれっ?と思う所はある(むしろ近年項に)。
  でも、スーツアクター紹介のコミックで、古谷敏さんの所で成田氏が出てくるコマが2カットあって、それが「イーネッ!!」とセリフを発しているのが本当に好印象だったり、ウルトラマンの準備稿デザイン群の紹介コミックで、自分もフィギュア作ったウルトラマン初稿(レッドマン)のコマが無茶苦茶カッコよかった(このポーズでフィギュア誰か作ってよって位。僕は2コも3コも作るのきついよ;)。などなど・・・特撮がよほど好きじゃなきゃ描けない漫画が多かったです。
  色々細かい事が気になっても、それは特撮が昔から好きだからだという事なんだよね多分・・・?こういう本が正しいファンのあり方かは微妙だけど、コミックについては絵が上手い人ばかりが描いてるので、ヒーローアクターさんやスーツアクターさんの絵は激似です。特撮オタクの葛藤そのものが形になったような本でした。だから「愛」も入ってるんだな、と思った。屈折してるけど(笑; 2009_9/8)



◎ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090907-00000511-san-soci
  以前書いた耳かき店関係の事件ですが・・・最悪の結果になったみたいです。お金の取り方が半端じゃない・・・とは思ったけど、だからって2人も殺されていいわけはないし。女の子としてはけして気持ちのいい仕事ではなかっただろうし努力は要する仕事だったかもしれないし。それでもこの不況期に男が払った数十万円いやそれ以上のお金は、誰もが自由にできるようなお金でもなく、恨みは持たれても仕方ない額だったのかもしれず・・・なんとかならなかったのかと本当に思います。(2009_9/7)


◎ 下に書いた元総統括がブログで「コスプレ研究というサイトに連絡したが返事がないといっている会社がある」と書いていますが、その「コスプレ研究」というサイトは僕のページではないと思いますので念の為。
  ただ、自分が不快感を感じたメールアドレスや、ちょっと勘違いしてると思ったアドレスは受け取り拒否にはしています。僕には関わらない方がいいでしょう。
  少なくとも僕が取り合う程度にまともな質問なら取り合っていますので。メールはトップページの下の方にもありますが、こちらまで送ってもらえれば(末尾がco.jpだと偽者のメルアドなので注意)、可能な限りページ上で返事します。ただ、ミリタリー系連中や悪質イベンターによる叩きが多いので、ホームページなどを持っている人が使っているオープンなメルアド以外には基本的に返事しません。(2009_9/7)
  (※ とはいえ普通にメール送ってくれる分にはちゃんと読みます。過去にすごくひどい罵倒を受けたとか、明らかに年下なのに見下した文を書いてよこすとか(年功序列主義ではないが礼儀はあると思う。僕とは無関係ですが、僕が叩かれてるスレッド(例スレッドタイトルに問題有;)で僕よりかなり年長者らしいgrと呼ばれる人物がなじられているのを読むと、おまえらいくつだと虫唾が走ります)、そういうのは受け取り拒否リストに入れてるんで、過去僕を攻撃した人のメールは結構はねてると思いますが(最初からいきなりははねないです)、それはインターネットメール文化では推奨されている仕方がない事(迷惑メール受け取り拒否)なのでご了承の程を。 )


◎ 「仮面ライダーディケイド」最終回感想。やっぱり「W」1話の前に書いておこうと思います。最終2話は石田監督。
  本当の最終回は冬の劇場版に持ち越し!!??もうなんというかどたん場でこれですか、みたいな(笑)。いや、全然構わないけど。
  剣崎一真登場。オリジナルブレイドの彼が登場してくれたのは本当に嬉しかったです。なんていうか、いきなりキングフォームになっているので、彼ら的な時系列は、各最終回が終わった後の時間帯なのかな、というのは何となく判る。ジョーカー入ってるっぽくてカッコ良かったです。
  それにしても川原氏演じるスーパーアポロガイスト(ベタ過ぎw)はなんというか、悪いやっちゃなぁ!!という(笑)。誰でも花嫁にしたがるんだなという。確かに夏海は魅力的ではあるけれど、まぁなんというか怪人の首領格の狙う所というのはよく判る。
  各キャラみんないい演技してました。ディケイドというのは、色んなポリシーを持ったライダーたちの世界をめぐる物語で(というよりディケイドが各ライダーのポリシーを認めて確立させていく物語とも言えるんですが)、結局旅を続ける彼らのポリシーというのがどういうものだったのか?というのが結論だったと言える。士も夏海もユウスケもはっきりしたポリシー持って、旅を続けて行く。
  「どんな旅にも無駄はないよ。どんな人生にも無駄がないのと同じようにね」という栄次郎店主の言葉は、やっぱり一番この物語でいい言葉だったかもしれません。
  で、剣崎がキングフォームに変身、ユウスケ死亡→復活でアルティメットクウガ化、ディエンドがディケイドを撃つところで劇場版に続く。すごい終わらせ方です。テンション高すぎです。なんていうか平成アニメ版009と似た方式だよね。
  以前感想文で書いた通り、つまりディケイドがディケイド版平成ライダーたちの世界を救って行く事=過去の平成ライダーの世界への破壊(冒涜)行為。それは何となく感じていたよね。ディケイド版ライダーというのはつまり各平成ライダーファンの喩えなのではないかとも。
  士の口癖は「大体判った」ですが、オリジナル版平成ライダーの世界は「大体判った」じゃ済まないわけじゃないですか。(自分なんか全部「大体判った」で片付けられてるけどね。そういう人達とは話そうとも思わないけど)
  でも、もしかすると、オリジナルの平成ライダーだって「たとえ」で、「比喩」かもしれないわけで、実は企画段階でモデルになった人は各作品で重複しているかもしれないわけじゃないですか(笑・・・)。
  あくまで見る側の視点がそれぞれのスタッフで違うから、ライダーの表面的な数が増えているだけかもしれないし、そういう意味では「スタッフの内にある、誰かのイメージ」がそうさせているだけかもしれない。当然誤差もあるかもしれないし、でもそれでも平成ライダーは続いてきたわけだよね。
  究極的に言えば、平成ライダーがここまで続いている理由は物語性や俳優さんやスーツアクターさんの志の高さやレベルの高さもあるけれども、ぶっちゃけ「玩具」や「デザイン」のレベルの高さってのもあるわけで・・・・・・その視点で言うならば、中に誰が入っていてもスーツ(皮)が同じなら「仮面ライダー●●」である、という思想は確かにありうるわけです(しかもディケイドはガンバライドまで加わっているのだが)。企画優先であって、テーマがどうこうという問題ではないかもしれない。
  平成ライダーでアギト以降ライダーバトルがよく起きるのも当然で(昭和ならライダー同士は戦わないのが当然だったから)、そこにはマーケティング上の理由以外はない。で、そこにテーマなり演技なりを付加していくのが番組スタッフ→キャストの方々のやっている事なわけで、つまり、ディケイド=士や夏海、雄介たち(とTVスタッフ)の旅は、「カタチ」として存在する各平成ライダーたちの世界に、テーマを再付与していく作業だったといえる。スタッフは善悪の狭間で怪人とライダーの戦いもライダー同士の戦いも描き、ライダーたちの救いも描き、その葛藤そのものの上で作品を作っている。それがオープンに晒された作品が「ディケイド」だった。
  東映の人が「東映が困った時にはライダーやプリキュアや戦隊が助けてくれる」と言って特撮ファンにはかなり不評だったんだけど、つまり、それに反発する戦いでもあるんだよ。ディケイドの戦いは。
  ディエンドはその外部のマーケティングすら冷ややかに見つめているような、つまりアイテムコレクター(ネットゲームでもそっちに興味を持っている人はいる)としての視点だから、それらをある意味肯定してしまっている。「レア=お宝」が、どういう効果を物語に及ぼすのか、その確認に興味が集中しているのが海東で・・・でも海東もいいヤツになったよなぁ、と。
  そしてそういう「平成ライダー10周年企画」が、ディケイドという存在を作ったのであれば、つまり冬の劇場版はそれについての本当の平成ライダーとディケイドとの戦い。この戦いを生み出したのは、玩具会社でありスタッフや版権側なのだが・・・・・結局の所、それを乗り越えて「ディケイド」というオリジナル作品を勝ち取らなければならないのは士や夏海やユウスケや海東たちなんだよね。
  そういう意味では冬の劇場版では五代雄介と小野寺ユウスケのように、オリジナルとディケイド版ライダーの対話シーンも見たいんだけど。冬の劇場版でどういう意思疎通があるのかっていう。
  何にせよ最終回は素晴らしかったです。テレビ版スタッフの方々乙彼さまでした!!・・・って、まだ終わってないのか。劇場版には仮面ライダーキバーラがでるし(多分夏海?)、もう一人の士も出るみたいだし、旅の極北は・・・一体どうなって行くんだろうね・・・??!! (※いや、今は極北でないことを祈ります 2009_9/7)
  

◎ フジテレビ開局50周年・手塚治虫生誕80周年作品「ジャングル大帝」を見ました。本当にそれにふさわしい作品で・・・もうレオと賢一が出会ったあたりから涙が出っぱなしで。2時間位のアニメでこれだけ泣きながら見ていたってのは、本当90年代の劇場版フランダースの犬以来なんですが・・・
  フランダースの劇場版の場合、先行きを知っているからパブロフで泣ける、ってのもあるじゃないですか。今回のアニメは違っていて、パブロフじゃないんだよね。話はオリジナルとは根本的に違います。今回のアニメはW主役です。レオが川田妙子さん、賢一少年役が矢島昌子さん。で、パンジャの声が時任三郎さん、レオの母親のエライザ(ライア+エルザ?)役が松嶋菜々子さん。黒豹のトトの声が船越栄一郎氏・・・でもうレオも賢一も超かわいいし、パンジャもかっこいいしエライザも素敵だし、トトのセリフでだら泣きし続けるし・・・全てに泣かされっぱなしでした。
  自然どころか動物の命まで望むままに操り、人工のネオジャングルを支配しようとする賢一の父、でもその賢一の父の持っている傲慢は、人間の大人全てが持っているものかもしれないわけで。明らかにそれが伝わってくるわけです、人間の男は多分みなこうなのだ、という主張が。
  物語の中でレオは 本当に強く なっていく。賢一も最初は好奇心だけだったけれど、現実を見る勇気を持っていく。レオは父親を殺した人間を許せる位に強くなるけれど、それは子供ならではのものかもしれない。自分の年だとレオや賢一だけじゃなく、パンジャやトトの心にも共感できるじゃないですか。
  物語の中では動物たちはレオのまだ知らないジャングルを目指す事になるんですが、確かに「昔は良かった、本当のジャングルは良かった」なんて、生き残った老人たちの懐古に過ぎないのかもしれないよね。ジャングルに戻ったらまた弱肉強食の世界が待っているかもしれないのだし、それについてはこのアニメではあまり語られてない。
  ただ、そこにレオがいて賢一がいるのなら・・・って思わせてくれる所がこのアニメの希望かなと思いました。とにかく画面が美しいし、レオたちがよく動いて、声優さんの演技が素晴らしく、音楽も雄大で・・・本当に見て良かったです。
  こういうアニメSPはひさしぶりです。多分今の子供や若者たちが「ジャングル大帝」って聞いたら、今後はこの作品が代表に上がるんじゃないか、って言う位良かったです。永遠に語られるアニメSPかもしれません。 (2009_9/7)
  

◎ 例の最大規模同人イベントコスプレ広場の元総統括(総統)にはミリタリー系やガンマニア系の友人が多いようで、以前から書いている「アーチェリー居合いをやっている散弾銃所持予告者で八王子サバゲー場反対住人たちに対して短刀画像をブログにUP(4月)して脅しとしか見えない来訪予告をしていたコスプレイベントスタッフ」の 他 に も 、
  元総統括同様、アメリカに実銃を所持して射撃場通いしていたような人物がいるそうです。しかも彼はFRPなどの造型経験もあり、かなり趣味がコアで自ら弾丸製作の経験もあるのだそうです(該当人物が また実銃を撃ちたくて仕方ない とブログに書いています)。
  エアガン(エアソフトガン)でも初速の速いものは殺傷性につながる事があるので、BB弾以外を射出した時危険じゃないように、日本では発射速度や威力が規制されているわけですが・・・
  更にその人物が、多摩地区の環境団体のセミナー施設で、コスプレ撮影イベントを開催しながら、逆に僕がストーカーであるかのように、コスプレイヤーに喧伝しつづけているみたいで。でも聞いた公式ブログに反論をしようとしても、自分からは書き込みできないみたいです。
  該当イベントは閉鎖型イベントなので、定員も30人位なのですが・・・実銃持込は禁止だそうです。しかし、Cure側のイベント紹介サイトを見た所、刀剣類は持ち込み禁止項目に入っていません。
  なぜ八王子や多摩地区に、彼らミリタリーオタクやガンマニアが粘着し続けるのか。サバイバルゲーム場に反対していた者たちに対する叩きに関連があるのかもしれないのですが(例のサバゲー場も林の環境保全が設置条件に予定されていたらしいので、パターンが似ています。また、7月に2chニュース板で反対教師に対する叩きがあった時にも(こちらこちら参照)、僕を攻撃している人々が叩きに加わっていたようです。不安です。)
  故意に近い場所での開催を狙ってきているらしいので、かなり不安でしょうがないです。一応連絡まで。(某官公庁にも連絡済です)  (2009_9/6)
  

◎ 「W」開始ですねー!!超楽しみ。実は自分が80年代の時に高校漫研で書いてたシガチョコも、行動型のチョコとコンピューター秘書のラビットが事件解決するというのを狙ってたし、ある意味色んな意味似てはいるのだが(ていうか次回予告でモロ松田優作の「探偵物語」のパロディーがあった所でまじ吹いた)、70年代アクション派の翔太郎と、安楽椅子探偵のフィリップが、完全にダブル主役でイーブンな立場にある、っていう所が、どう生きてくるのかな、っていうのが楽しみです。なにより予告からしてキャラが立ちまくりなので、物語に期待するな、って方がヘンでしょう。楽しみx2!!
  颯爽と、というのもキーワード。昔の月光仮面や、例えばウルトラマンや当然仮面ライダーでさえ「颯爽」はヒーローの枕言葉だったのだが、最近はその「颯爽」が似合うヒーローは意外と少ない。「ハードボイルド」もテーマだそうなんですが、颯爽も大事だと思う。颯爽を描くにはクレバーじゃなきゃいけないので。その辺時がたった進化分にメドがついたって感じなのかなぁと思う。いやむしろそう簡単には颯爽にならないのだろうか?・・・いや、普通にいきなり颯爽としてていいかもしれない、うん。
  話が変わって、基本的に自分は匿名掲示板住人が嫌いなので、スレッド立てなんて過去殆ど全くやっていない。通算でも片手で足りる位で、少なくともこの5〜6年は1コもスレ立てしていないんですが、
  そんな僕でもたまに冗談っぽいスレを立ててみたくなる時はある。例えばもうすぐ「W」が始まるので特撮板に
  >【この秋君は】○○○に【刺激を受ける】
  なんてスレッドを立ててみたくもなっているよ立てないけど。’○○○’は書き込み者任意。例えば・・・
  「この秋、’キミクン’は、颯爽と登場する’半分コ怪人’に、刺激を受ける!!!」
  のようなのが延々と続くスレ。・・・・・・ダメか、やっぱ。
  そんなこんなで、明日から「仮面ライダーW」スタートです。スカッとする1年になるといいなぁ。(2009_9/5  ※「キミクン」は、僕が小学生の時時々使っていた2人称複数。=君々。)

  ※追: ・・・ていうか自分も推理物は書けるんだけど・・・お話書く時には一応伏線張って書く人だし。でも多分子供向けでは書けない方にトリックや描写が走る傾向がある・・・。
  ただ、仮面ライダーのような子供番組では、例えば○○と○○を混ぜて爆発物を作ったとか毒薬を作ったとかは描けないじゃないですか。555などの脚本家の井上氏もコナンでそういう成分描写は書かなかったらしいし、その信条は自分は正しいと思うしね。
  だから「W」の場合も、例えば密室トリックとか、アリバイ調査とか、動機調べなどに絞った推理物になるんじゃないかと思う。殺害方法描写は「怪人ドーパントだから」で済むので・・・。
  つまりそういう成分や詳細な方法の描写がないからって、探偵物としてレベルが低いとは思わないで見る事を、年長ファンにはすすめたいと思います。1話のOAもまだですが・・・
  でも実は探偵の仕事には結構地味なのも多いんだろうけどね。ペット探しとかw
       

◎ http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/drama/?1251982204
  最近では深夜番組の「虎の門」でよく知られていて、ウルトラマンメビウスでは39話「無敵のママ」にも出演していた、女優の美保純さんがメニエール病で舞台降板だそうです。自分の親族もメニエールっぽい状態にはなったりしてたので(最近はそうでもないようなんですが)、大事を取るのがいいのかもしれないです。舞台からおっこったら大変だもんなぁ・・・お大事に!!
  一応美保純さんは「リカの想い出」(NESCO/文藝春秋)に1ページコラムも載せているのでリカつながりって事で。小学2年生で初代リカちゃんで遊んだって事は・・・本当にリアルタイム世代なんだなぁ・・・。みなさんも気をつけてください!!・・・って、誰に!!??(2009_9/4)


◎ 選挙が終わって、16日には民主党政権鳩山首相が誕生するらしく、政権移譲の真っ最中だそうですが・・・やっぱりなぁ、高速道路の無料化はいい事かもしれないけど、配偶者控除の廃止はよくないよなぁ、と思う。
  この辺はウチでもマニフェストをしっかり読んでた人で気に入らない人はいて。民主党政権も自民党と同じお金持ちの人に優しい政権になるのでは、って不安はある。議員立候補者に海外留学していた人とか多いじゃないですか?悪いとは言わないけど。
  アメリカよりもアジア寄りに、という考えには自分は反対。アジアの統一通貨とか、僕はよくないと思う(鳩山氏もいきなりそういう事言うつもりはないと思うが)。日本の通貨価値がアジアと同価値になるという事は、つまりマネーゲームで儲けられる可能性も薄れてしまうわけで(FXなんて自分はする気もないが)、つまりある意味「他力本願」じゃない?このままでは中韓の上昇気流ってそれほど続かないと思うし。民主党内にも反対派多いだろうし・・・しばらくは国民の意見の代行に徹するべきじゃないかなぁと
  ただ、苦労人は苦労人の気持ちがわかるだろう、という事で、民主党議員の中でも開きはあると思うんですが。なんで社民、国民新党、共産党、新党日本が伸びなかったかな・・・国民新党代表に亀井氏がおさまったのは自分は賛成ですが・・・
  自民党はやりなおしみたいですが、石破氏が代表になるのであれば自分はとりあえずは賛成。どちらにしても4年後の為に相当な若返りと見直しを図ってくるだろうし、それさえできれば4年後はいい勝負になるのではと思うんだけど・・・とりあえず政権移譲だよね。(2009_9/3)


◎ で、お台場の1/1ガンダムの展示終了日の8/31は台風で大雨だったらしく、テレビでもひどい状況だったんですが、それでも行った人たちは偉い!!なんか来ていた人や子供たちがすごい笑顔だったのが印象的でした。自分も行くべきだったかな。雨の中のガンダムって撮れるの最初で最後だったかもしれないし。残念・・・
  右は劇場版兇痢岼ァ戦士」風。『緑化はこれからだ!!』・・・自分が行けたのは短時間だったけど色んな写真が撮れました。撮影は全部旧型のライカレンズつきパナソニックデジカメです(^^)
  既に解体は始まっているらしく解体ライブスレなんてのもあるみたいですが。寂しいなぁ・・・次の展示場所はどこだろう?
  なんだかんだ言って、これは日本アニメ界の誇る、空前の現代アートに扱われるかもしれないわけで。ある意味MOMAに飾られても全くおかしくない。それこそ日本にその種の現代美術館が建った時などに買取られても当然な位。しかしやっぱり五輪までは地方や各国めぐりか倉庫行きかな・・・
  とにかく落書きがなかったのが、すばらしい事だと思う。夜間も見張りの人がいたのかな・・・皆様お疲れさまでした・・・自分ももっと行きたかったよ;(。。)
  今日のニュースによると東京は2016年の五輪招致都市の中ではもっとも国民の熱意が低い国と言われてしまったので、開催不可能になった場合は、開催地にまでサポーターで行ってもらいたいよね。ポーズ付きで五輪旗持ってさ。いやまだ希望は捨てないけれども。 ( 2009_9/3 行った時の日記は コチラ )


◎ 9月になりました!秋です!! で、このホームページのトップページも20万ヒットになりました。感謝です♪♪
  とは言え過去のホームページの時代から考えれば、最近のカウント数って全然少ないんだけど(最初のHPが20万ヒット、次のHPはカウンターなし、ブログが107万ページビューで、現行の同人ページもカウンターなし状態・・・)。
  アクセス数って判った方がいいような、そうでもないような。
  ただ、各アイテム紹介ページに直接検索から来ている人が多いので、実際にはもっとすごい数行ってます。ふるる(ハーボクロック)の脇のカウンターはページビューが表示されてるわけじゃないから。
  特に日記とか、最近では1ケ月で3000件位って感じなので・・・
  もうちょっと頑張って書かなきゃダメかなぁ、って感じです。やっと秋になってくれたので、頑張れそうです。夏は本当に苦手なんだよ・・・・(ー。ー);;;;; (2009_9/3)







 
 
2009年8月へ